【人妻体験談】童貞の僕が、Eカップ人妻にトイレでフェラ抜きされたエロ体験

人妻体験談

友達の家から帰る途中、私は急にトイレに行きたくなりましたので、立ち寄ったスーパーマーケットでの出来事です。

このスーパーマーケットは私が初めて行った場所で、戸惑っていました。

その時、偶然にも万引きをしている人を目撃しました。

私はその人が手提げバッグにお菓子を入れる瞬間を、ほぼ1メートルほどの距離で見ました。

すぐに目線はその人の顔にいきましたが、驚いたことに、その人は普通の女性でした。

おそらく20代後半ぐらいの年齢だったと思います。

彼女はセミロングの髪を持ち、ジーパンとTシャツのカジュアルな服装でした。

私と彼女の目が合い、彼女もかなり驚いているようでした。

私はパニックになり「ヤバいことを見てしまった」と焦り、急いでその場から立ち去りました。

トイレに行かなければならないので、私は店員に「トイレはどこですか?」と尋ねました。

「奥にあります」と説明されている最中、突然後ろから腕を掴まれました。

驚いて振り返ると、先ほど万引きしていた女性でした。

後で分かりましたが、私が店員に相談していると思ったようです。

店員も驚いた顔をしていましたが、私はその女性に引かれるように連れて行かれました。

私たちは棚の曲がり角を曲がると、店員からは見えなくなりました。

その瞬間、女性が振り返って「お願い!黙っててください!」と言いました。

彼女は完全に勘違いしているようで、「はぁ?」と言ってしまいました。

彼女は私の両腕を掴んできて、「お願い!おねがい!言わないで!」と懇願しました。

「ちょっと、痛いし、言わないですよ。

トイレに行きたいので」と私は言いましたが、彼女は「だめ!お願いだから!」と言って引き止めました。

「本当にトイレに行きたいんですけど」と私は言いましたが、彼女は「公園にもトイレがあるからそこで済ますことができる」と言いました。

「いや、だって店のトイレを借りればいいし」と私は言いました。

私たちは何となく変な口論をしているようで、周りの客たちにも注目されていました。

それを気にした女性は、「こっちに来て、もうすぐそこですから」と私を連れて行きました。

とりあえず、トイレに行ければいいかと思って、素直に一緒に付いて行きました。

ところが、横の出口から出て、店の裏にある公園に連れて行かれたのです。

「あそこがトイレだから」と言われ、少し早足でトイレに入りました。

用を済ませて出てくると、女性がまだ出口のすぐ近くに立っていました。

本当に困ったなと思いながら、無視しようとしました。

しかし、再び腕を掴まれて「お願いだから言わないで」と、また始まりました。

何度も「言わないよ、もう帰るし」と言っても、信用してもらえませんでした。

最後には「私、結婚していて、このことがバレたら離婚されちゃう」とか、「良かったらお茶を飲む?」といったわけのわからない状態になってしまいました。

彼女は必死に訴えてきていたので、少し怖かったのですが、よく見ると悪くない顔をした人妻でした。

だから、思わず同情してしまいました。

「なんでそんなことをしているの?」と尋ねると、彼女は自分でもよく分からないがなぜか手が勝手に動いてしまったり、ストレスがたまっていたのかと言いだしました。

私は変な人に捕まってしまったと思いながら、帰るタイミングを見計らっていました。

会話が途切れた瞬間、「じゃあ、もう帰るんで」と言って横をすり抜けようとしたら、再び腕を掴まれました。

「こっち来て、お願い、こっち来て」と腕を引っ張られ、連れ込まれたのは、先ほど入った男子トイレでした。

「ちょっと!何をするんだよ!おい!」と抵抗する私を、彼女は必死に引っ張ろうとしました。

漫画やテレビではそんなことはまずないと思いますが、実際にこんなことをされると本当に怖いんです。

相手も必死で、抵抗しても腕がとても痛くなります。

公衆トイレには入り口に扉もないので、そこで少しくらいの口論が起こりました。

「もう本当に落ち着いてくれ、お願いだから落ち着いてくれ」「分かっている、ごめんなさい。

ただ、あなたに説明する機会が欲しかったの」と彼女は言いました。

了解しました。

以下は冗長表現で、より詳しく丁寧な口調で書き直した文章です。

「分かってるでしょう?お願いです」と言われました。

しかし、私には何が分かっているのか理解できません。

「まだ若いからすぐに経験できるでしょう?」と言われました。

「え?何を言っているのですか?」と私は混乱してしまいました。

「私は何でもしますから、だから…」と言われました。

その言葉にピンと来ました。

もしかしたら、この状況はAVのようなものではないかと思いました。

もしかしたら、私は童貞を卒業させられるのでしょうか。

その瞬間、私の体は力を失ってしまいました。

そして、私は人妻に連れられて、一つだけの個室に入りました。

ここからの出来事は、まるでスローモーションのように感じられました。

人妻は入ったらすぐに、私の荷物とバッグをフックにかけ、その後しゃがみ込みました。

はい、私の目の前でです。

時折、私を見上げながら自分のベルトを外し始め、ズルン!と一気にトランクスも脱がされました。

ズボンとパンツがヒザまで下げられて、私の目の前にはまだフニャチンのポコチンがありました。

私は童貞だったので、それはとても恥ずかしい状況で、硬直してしまいましたが、ポコチン自体は反応しませんでした。

私はそのフニャチンと玉袋を触られるのではないかと思った瞬間、人妻が突然咥えてきました。

うわ〜と声が出そうになるほど、その瞬間を鮮明に覚えています。

生温かい口の中の感触と、べろんべろんと動き回る舌の感触。

初めてのフェラチオで、私は硬直したまま呆然としていました。

口の中で亀頭を舌で転がされ、次第に勃起していくのを感じ取りました。

半勃起になった頃には、ジュポジュポとしゃぶり上げられていました。

そしてすぐにカチカチのフル勃起になり、手コキとフェラチオで立ってられないほど感じてしまいました。

下を見ると、初めて見るフェラチオをする女性の顔がありました…しかも、余裕を持っているのか、私を見上げる際には亀頭をペロペロと舐めながら上を向いてくるのです。

童貞には刺激が強すぎました。

「危ない・・もうすぐ到達してしまいそうです」

「到達? 口に出すの?それともイキたいの?」

「どちらでも大丈夫ですが・・・」

「したいならしてもいいよ」

と彼女は言いました。

 

ああ〜〜それを出したい!でも入れたい!でも今すぐ出したい!そんな葛藤がありました。

私が答えるまで彼女は手コキをしながら見上げるので、悩んでいる時間はありません。

そして私が答えると、私は「おっぱいを見せて」と言いましたw彼女は「うん、いいよ」と立ち上がり、Tシャツをめくり、ブラのホックを外し、ブラを上に持ち上げました。

突然、目の前にふわりと巨乳が現れました。

少し垂れていましたが、それに釘付けになりました。

EかFカップはあったと思いますが、乳輪の大きな巨乳でした。

彼女は私の手を取り、「触っていいよ」と自身で胸を触らせてくれました。

初めてのおっぱい揉みでしたw最初は控えめに触ったり、途中からは思い切り揉みまくりました。

「もう少し優しく触って」と彼女は言いましたが、「ああ、ごめんなさい」と私は謝りました。

「ううん、大丈夫、気にしないで。思い切りやっていいから」と彼女は言いました。

彼女の言葉に勇気づけられて、おっぱいの乳首をくりくりしたり、少し引っ張ってみました。

すぐに乳首が硬くなってきて、これが「乳首が勃つ」ということなのかな〜と思いました。

彼女は私に乳首を弄られながらも、おちんちんを扱い忘れませんでした。

本当に挿入してみたいけど、コンドームがなくて怖いし、どうしよう・・・悩んだ末に、口で出してもらうことにしました。

決めたら彼女のフェラチオは容赦がありませんでした。

以前とは違い、激しい吸引で一瞬で終わりました。

最後は彼女の頭を押さえつけましたが、初めての口内射精を堪能しました。

信じられないほど気持ち良くて、すごくたくさん出た気がしましたw彼女はくすぐったくなるまでおちんちんをしゃぶっていて、私が腰を引いた後、彼女は便器に精子を吐き出しました。

射精して一気に冷静になった私は、恥ずかしくなって急いでパンツを履きました。

人妻は、何も言わずにハンカチで口をふいていました。

私は戸惑いながら、「最初に外を確認してくれる?」と頼むと、人妻は不安そうな表情で外を確かめ、その後、二人で外に出ました。

私は何をすべきか分からず黙っていると、人妻が言いました。

「本当にしなくていいの?」

「いや、まあ、したいけど、ここではできないし…」

「そうだよね、ごめん…これで秘密にしてくれる?」

「うん…それはもう…」

「良かった…ありがとう…」

私たちは変な会話をしながら公園を出て、人妻が見送ってくれるように駅に向かいました。

おそらく、彼女は最後まで私が安全に帰るのを確認したかったのだと思います。

改札に入るまでずっと私のことを見ていました(笑)。

結局、その人妻とはその後も会うことはありませんでしたが、後で後悔することになりました。

ホテルに行く余裕も勇気もありませんでしたし、何より私は制服姿でしたので、あの時が精一杯でした。

それからかなり時間が経ちましたが、今でも時々AVを見ると、あのエピソードを思い出してしまいます。

もっとすごいことを期待していた方々には申し訳ありませんでした。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!