【人妻体験談】ご近所妻にデカチンコをフェラ責め!妹にはデカマラ挿入!

人妻体験談

私が現在住んでいるのは、2階建ての築20年以上のアパートです。

このアパートはかなり古くて劣化もしていますが、でも駅からは15分ほどの距離に位置しているため、部屋は広くて住みやすいです。

何より嬉しいのは、1階に庭が付いていることです。

私は田舎出身なので、自然の緑がないとなんだか物足りないのです。

私は大学に入学してからこのアパートに住んでおり、今年で2年目です。

このアパートには8世帯が住んでいて、私は1階の一番奥にある部屋に住んでいます。

隣の部屋には大学生が住んでいて、その隣は社会人の方だそうです。

2階にはなぜか主にファミリーが住んでおり、子供が1~2人いる家族が多いです。

その中でも私の真上に住んでいる仁美さんは、まさに美人な若妻です。

彼女の姿を初めて見た時、エプロン姿で出てきたのですが、その美しさに見惚れてしまいました。

仁美さんはとても気さくで、会うたびに挨拶を交わすようになりました。

彼女は「今日は暑いですね」「寒いですね」といった話題を提供してくれます。

彼女には小学生の男の子がいるので、彼女の旦那さんは本当に幸せなんだろうなと思っています。

私が引っ越してから、ゴールデンウィークが終わった頃に庭に雑草がどんどん生えてきました。

そこで、私は土曜日の朝から雑草を取る作業を始めました。

私が住んでいる部屋は、一番奥にある特権的な位置にあり、庭も隣りと比べると1.5倍ほど広いのです。

汗だくになりながら作業をしていると、上から声がかかりました。

「雑草取るの大変ですね~」

「まぁ、そんなにでもないですよ。運動にもなりますし」と私は答えました。

すると、仁美さんが笑顔で言いました。

「頑張ってくださいね~」と。

しかし、数分後に私の頭上から洗濯物が落ちてきました。

それは仁美さんの旦那さんのトランクスで、ゴムがすり切れて薄くなっていました。

私は声をかけましたが、返事はありませんでした。

仕方なく、私はその洗濯物を自分の物干し竿にかけました。

しかし、その後1時間ほどの間に合計4枚の洗濯物が落下してきました。

風が強かったこともありますが、これは少しやりすぎではないかと感じました。

それは旦那さんと子供の洗濯物でしたので、清掃が終わるまで私はその洗濯物を吊るし続けることにしました。

私が雑草を抜いている最中、仁美さんが顔をのぞかせました。

洗濯物が落ちていることを伝えると、それは玄関ではなく庭に直接降りてきた。

仁美さんはすぐに麦茶を持ってやってきて、綺麗になった場所に椅子を出して、お茶を飲みながら軽く会話をした。

“ねぇ、ここでバーベキューができるんじゃない?”と仁美さんが言う。

まだ草が生えていない場所を指差しながら、仁美さんは私に言った。

“水道もあるし、大家さんが許可すれば可能そうですよね”。

仁美さんによると、以前この場所に住んでいた人々は庭をきれいにしていなかったとのこと。

しかも彼らはあまり家にいなかったため、交流もなかったと言っていた。

私は仁美さんの話を聞いている時に、偶然大家さんが通りを歩いていくのを見た。

仁美さんが聞いてみると、煙に注意し、事前に報告すれば許可するとのことだった。

“ちょっと待っててね!”と仁美さんは2階に戻り、戻ってきた時はジャージを着ていた。

彼女はとても美しい女性なのに、オバチャンみたいなジャージ姿で笑えた。

それから2時間かけて、私たちは庭の雑草を抜いた。

世間話やバーベキューのことを話しながら、時間はあっという間だった。

それに、姿勢を曲げて作業している時に透けたパンツのラインが見えるのも楽しめた。

汗が滴る首筋や、汗で濡れて髪がくっついた姿はエロくてたまらなかった。

“決まったら連絡するから、携帯の番号を教えて”と言われ、お互いのメールアドレスや番号を交換した。

すぐに仁美さんからメールが来て、来週の日曜日に行こうと誘われた。

食材の準備は仁美さんがやると言い、私は椅子やテーブルをセットして当日を迎えた。

旦那さんと子供も遠慮がちにやってきて、私たち4人でバーベキューが始まった。

仁美さんはテキパキと働く一方、旦那さんはあまり動こうとしない。

だから私が動いて子供と遊び、昼前から始まったバーベキューは夕方まで続いた。

子供も仁美さんもとても楽しんでいたようで、「またやろう!」と繰り返し言っていました。

第2回目は旦那さんがいなくて、代わりに仁美さんの妹が参加しました。

妹も仁美さんよりも強気で魅力的な人で、初対面の私に動じることなく、ちょっとした合コンのようなバーベキューになりました。

その後、私たちは月に1~2回のペースでバーベキューをするようになり、毎回旦那さんはいないけれど妹が必ず参加するようになりました。

時々、仁美さんや妹の友達も参加していました。

ちなみに、妹には彼氏がいて、酔った時には彼氏の愚痴を言いたくなるようです。

その時は仁美さんがなだめて話を聞いていました。

バーベキューを頻繁にするようになり、夏が終わるとあっという間に9月になりました。

いつものように仁美さんと妹、息子と私の4人でバーベキューをしていました。

しかし、16時過ぎに突然天候が悪化し、大雨が降り始めました。

子供を私の家に避難させ、3人は急いで片付けをしました。

その時、ふと見ると白いTシャツを着た仁美さんの胸元からはピンクのブラジャーがはみ出していました。

思っていた以上に胸が大きいのか、Tシャツが張り付いていて官能的に見えました。

一方、妹は薄手のブラウスを着ていたため、完全にブラジャーが見えていました。

水色のブラジャーは水着のようで、あまり官能的には見えませんでした。

その後、子供を家に入れてから私はすぐにお風呂のお湯を入れ始めました。

結果的に、私たちが片付けを終えた頃にはお湯が入っていました。

「風邪を引かないように早くお風呂に入った方がいいね」と言って、私は3人を玄関から送り出しました。

ところが、ドーンと大きな音と共に停電が起きました。

どうしたのかとみんなでパニックになっていましたが、私たちは子供をお風呂に入れることにしました。

仁美さんが一人だけ入るのもなんだし、不思議なことに私と一緒に入ることになったのです。

無事にお風呂に入れて2階に送り届けた後、私は初めて彼女の部屋に案内されました。

彼女は息子に向かって「お兄ちゃんと一緒で楽しいね~?」と言いましたが、その後に彼女が私の男性器のサイズを暴露し始めました。

全員が固まったような感じで、「あはは・・・あ・・・はは・・・」と苦笑いしていました。

息子は空気を読めず、「だってこんなだったよ!ママ!」とサイズをジェスチャーで示しました。

彼女は「そうね・・・うん・・・すごいね・・・」と変な反応をしましたが、私はかなり不快な気持ちになりました。

そのため私は「じゃあ、これで失礼するわ」と下に戻りました。

ビールを飲んでいると、まず彼女がやってきました。

彼女はお礼としてお惣菜を持ってきました。

彼女が私の男性器のサイズを暴露したせいか、会話がややこしいものになり、私は恥ずかしく感じました。

停電も治り、お惣菜を食べながらテレビを見てビールを飲んでいると、今度は妹がやってきました。

シャンプーの良い香りが漂っていましたが、なぜか彼女もビールを飲むことになりました。

2時間ほど彼氏の愚痴や私の女性関係の話を聞かれ、彼女の旦那さんが帰宅したので妹は帰って行きました。

妹は帰る間際にメールアドレスを教えてくれと強く言い、無理やり交換させられました。

気候変動の影響なのか、夕方になると雷雨が頻繁に起こるようになり、バーベキューは3週間ほど中止になりました。

それから、10月のある日に突然彼女からメールが届きました。

「金曜日から連休ですが、旅行の予定はありますか?」という内容でした。

私は全く予定がないことを伝えると、「じゃあ木曜日に夕食に行きましょう」と誘われました。

この時、息子も一緒に行く予定だったし、彼女の旦那さんも同席するのかと思っていました。

しかし、木曜日になって約束の時間に彼女が現れたのは、彼女一人でした。

「あれ?○○ちゃんはどこにいるのかな?」と、息子について尋ねてみました。

息子は「旦那と今日から旅行に出かけた」と答えました。

二人で食事に行くつもりはなかったので、私はかなり緊張しました。

そこで、新宿の多国籍料理店に向かいました。

飲みながら聞いてみると、子供と旦那は旦那の実家に行ったようです。

行かなかった理由は「両親に好かれていない」からだそうです。

少し酔った状態の仁美さんは、いつも以上にプライベートな話をしていました。

実は、旦那は仁美さんと結婚する前にすでに婚約者がいたということです。

実は旦那が嘘をついていたようで、知らずに付き合いを始めたそうです。

その婚約者はお互いの両親が顔見知りで、仕事の関係でもつながりがあったそうです。

しかし、結局は婚約が破棄され、仁美さんと結婚することになりました。

ですから、孫ができても仁美さんは受け入れられず、今でも遊びに行くことができないようです。

約3時間ほどで飲み会を切り上げ、アパートに戻りましたが、しばらくしてから再び私の部屋で飲むことになりました。

「今日は飲みたい気分!」とうれしそうに話す仁美さんに、実家から持ってきた美味しい焼酎を飲ませました。

きっと寂しかったのかもしれません。

仁美さんが丸まって座っている姿を見て、私は思わず後ろから抱きしめてしまいました。

最初は仁美さんも驚いた様子でしたが、すぐに身を委ねてくれました。

しばらくそのまま抱きしめていましたが、私はそれだけで完全に勃起していました。

腰を引いてバレないようにしましたが、背中に触れてバレたようです。

突然、「クックッ・・・」と笑い声がして、すぐに仁美さんが笑い出しました。

「ねぇ~こんなにいい雰囲気なのに背中に触れているんですけどぉ・・・」と笑いながら振り返り、私の顔を見て爆笑しました。

「大きいのは聞いてたけど、本当に大きいね・・・存在感あり過ぎるわ」と、笑いながらの仁美さんの姿を見て、私も恥ずかしさと共に爆笑していました。

「このサイズだと痛がる子が多いんですよ。

本当に暴れん坊な息子なんです」 「えぇ〜そんなに大きいんですか?ちょっと見せてください」 と言わんばかりに、自然な手つきで私のチンコを握ってきました。

驚きましたが、仁美さんは「へぇ〜…」と大きさを確かめていました。

仁美さんの表情はいつもと違い、すでに艶っぽい女性の顔になっていました。

その顔に引きずり込まれるようにキスをし、仁美さんも積極的に舌を絡ませてきました。

初めて体験する貪るようなキスでした。

これまでの元カノたちとはまったく違い、愛おしむようでもあり、激しいようなキスでした。

しかも、くぐもった声を鼻から鳴らし、キスだけで圧倒されていました。

圧倒された私は力なく後ろに押し倒され、仁美さんが目の前に被さってきました。

「あぁぁ…もうだめ…」 そう呟くまもなく、上からキスをされ、さらに貪欲な舌の絡ませ方をされ始めました。

私も興奮しまくっていたので、背中やお尻を触ったり揉んだりしました。

身体をクネクネとさせつつも、仁美さんは舌を絡ませ続けました。

我慢できずに身をひるがえし、今度は私が上になりました。

仁美さんが悪戯っ子のような目で私を見上げる姿にグッときましたが、もう遠慮なくキスをして豊満な胸を強く揉みました。

触ってみるとやはり大きな胸で、プニョプニョとして想像以上でした。

カーディガンのボタンを外しながらも舌を絡ませ、シャツを捲り上げてブラの上から顔を押し付けました。

顔だけでブラと胸の間に唇を入れ、そのまま舌を伸ばして乳首を舐めてみました。

乳首に舌が触れた瞬間、仁美さんは体を震わせて悶えました。

ブラを取ろうとしましたが、「だめ…もう垂れちゃって恥ずかしいから」と拒否しました。

「いや、そんなことはありませんよ・・・とてもきれいですし」と言いました。

しかし、彼女は恥ずかしそうに言いました。

「じゃあ、ブラを外してみましょうか?」と私は尋ねました。

「うん・・・」と彼女は言いました。

子供を産んだ後なのか、彼女の乳首は小指の先ほどの大きさで、乳輪も大きく、その卑猥さは想像を絶します。

少し萎んだ熟女の胸と見た目のきれいさとのギャップに、私は興奮しました。

乳首を丁寧に舐め回し、甘噛みしたり吸い上げたりを繰り返しました。

その度に彼女は甘い声で喘ぎ、私の頭を抱きしめながら悶えまくりました。

ゆっくりと手を下に滑らせ、パンストの上から彼女のアソコに触れると、かなり熱くなっていました。

「恥ずかしい・・・」と抵抗する彼女を強引に押さえつけ、脚を開いてみると・・・なんとパンストにまでしみが広がっていました。

薄いピンクのパンツには、膣を中心に大きなしみが広がっていました。

指で触れてみると、ヌルヌルとした感触が伝わってきました。

「すごく濡れているね・・・」と私は言いましたが、

「恥ずかしいから言わないで・・・」

と彼女は言いました。

「でも、本当にすごいよ。見てごらん」

と私は言いました。

「んやぁ・・・言わないでよ・・・」

なぜか言葉責めのようなことが始まり、指でクルクルと触れたりして、クリを中心に愛撫しました。

しかし、彼女を脱がそうとしたら、

「シャワーを浴びていないからダメ」

と強く拒否され、彼女はお風呂に入ってしまいました。

 

風呂場は装飾が異なるだけで、使い勝手は同じです。

しかし、私は待っていることができず、全裸になってそのまま入ってしまうことにしました。

中に入ると、彼女はまさに全身が泡だらけで、胸と下半身を手で隠していました。

「もう少し待っててください」と彼女は言いました。

「いやぁ~待てなくて」と私は言いました。

彼女の目は私の顔と男性器を行ったり来たりしているのが分かりました。

「そんなに見ないでくださいよ~」とからかうと、彼女は笑って言いました。

「本当に大きいわ・・・」と。

胸が垂れているということでしたが、確かに垂れていました。

ただ、それほど気にするほどではありませんでした。

私にとってはむしろ興奮の要素になったといえます。

仁美さんの美しい顔とのギャップに興奮しました。

彼女はまだ26歳であり、見た目は年を取っているわけではありません。

キスをしながらお互いの体を触り合い、手で彼女のお股をなでていました。

風呂場の縁に腰掛け、彼女がしゃがみ込み、ついに私の股間を舐め始める時がやってきました。

感動に近い感覚がありました。

彼女のうまく使われるしっとりとした舌で、玉袋もしっかりと忘れていませんでした。

彼女は結構奥まで咥えていたようで、2/3程度を口に含んでいました。

彼女は笑いながら「大き過ぎてアゴが外れちゃう」と言いながら、丁寧にシゴいでくれました。

ここで最後まで我慢し、再びシャワーで体を洗ってから出ました。

ベッドでお互いの体を舐め合い、彼女の薄い陰毛を左右に広げてじっくりと観察しました。

これまで出産経験のある人とはセックスをしたことがありませんでしたから、思わず指を入れてみました。

逆に彼女の締まりは良いのかもしれないと思いました。

指を締めつけられる力は、以前の彼女たちよりも強かったのです。

しかし驚いたことに、彼女がクンニされているときの反応でした。

彼女は狂ったように喘ぎまくり、チンコを口に含んだまま喘ぎまくるのです。

腰がピクピクと震え、時にはチンコを口に擦りつけてくることもありました。

そしてなんと、クンニで2回もイッてしまったのです。

1回はクリを舐められた時でしたが、2回目は腰を動かして唇に擦りつけてきました。

少し息苦しくなりましたが、まるで顔面騎乗されているような気分でした。

しかも彼女はイキながらも口からチンコを離さないんです。

本当にすごいですよね。

ゴムをつけて挿入してからの彼女の淫乱っぷりも、私にとっては初めての体験でした。

彼女のきついオマンコは痛みを伴って根元まで入りました。

子宮を完全に圧迫し始めると、私は自分で腰を振るというよりも、下半身が彼女のリズムで動かされている状態でした。

私は彼女の足が私の腰に巻きついて、非常に速いペースで腰を振り始めるのを感じました。

彼女は正常位で一度、バックスタイルで突きまくりながらもう一度高まります。

また、騎乗位では何度も絶頂に達します。

彼女の口癖は「だめっだめっ」であり、気が付けばベッドには大きな染みが広がっています。

最後に正常位のとき、彼女は半ば意識を失っているようで、まるで人形のように無気力になっていました。

彼女は口をパクパクさせながらも声を出さず、どこを見ているのかもわからないほど迷っているようでした。

彼女がゴムの中で絶頂に達したときは、息が絶え絶えの状態でした。

私たちはお互いに汗まみれで疲れ果てており、しばらく一緒に寝ていました。

約30分後に回復し、抱き合ったりキスをしたり、お酒を飲んだりしながら時間を過ごしました。

そのまま一緒に寝てしまい、朝10時ごろに起きました。

仁美さんが全裸でいるのを見て興奮し、朝からまた触れ始めました。

仁美さんもまた私にしゃぶりついてきました。

結局、13時過ぎに息子からの電話で中断しましたが、15時までひたすらセックスをしていました。

夕方一度帰宅した仁美さんですが、夜にまたやってきました。

彼女は料理を作ってきてくれたので、それを食べながらお酒を飲み、そしてまた自然にセックスが始まりました。

彼女はそのまま泊まりに来ていたので、起きてからもさらにセックスを楽しんでいました。

私たちは2日間ずっとセックスしまくり、彼女は夜に帰っていきました。

その後、仁美さんは何度かチャンスがあるたびに私の家に来て、短時間ですが激しいセックスをしていきました。

しかし、話はまだ終わりません。

なんと仁美さんと関係を持ってから1ヶ月ほど経った頃、彼女の妹ともセックスしてしまったのです。

私は仁美さんのところに遊びに行って帰る途中、彼女がうちで飲んでいると言って彼女を招きました。

そして、彼女が半ば襲われる感じでセックスしてしまいました。

妹はまだ子供を産んでいないため、体はきれいで、仁美さんよりも胸は小さいですが、それでも淫乱な一面があり、彼女の快楽に執着していることを肌で感じました。

彼氏よりも気持ちがいいと明言する妹は、週に1度ぐらいの頻度で私に連絡し、うちに来るのです。

途中からは「ゴムを使わなくていいよ」と生で性行為を行うようになり、自信たっぷりながらも従順な女性に変わっていきました。

最初はあまり好きではないと言っていたのに、「入れてあげないよ」と言われると積極的にフェラチオをするんです。

四つん這いになって、尻をこちらに突き出す姿勢をとって「入れて欲しいならお願いして」と言われると、まるでアダルトビデオのような台詞も言わされることになりました。

仁美さんも同じように、恥ずかしそうにしながらも言うようになっていきました。

姉妹でこんなにも好色だと、お互いには知らなかったんだろうなと思います。

先週は2人ともとセックスしたので、さすがに体が疲れきっています。

仁美さんとのセックスから3日後だったので、妹からは「どこかで他の女性としたんでしょう!」となぜか怒られました。

2人とも今では生で行い、最後は口に出すことがルールになっているようです。

しかも、頼んでもいないのに2人とも、口に出された精液を普通に飲んでしまうんです。

だから、精液の量が分かるらしいです。

味にも違いが出ると言っていました。

この調子だと彼女もいらないし、この部屋からは引っ越せませんね。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!