【人妻体験談】出会い系で釣った35歳Fカップの美人妻は超淫乱だった

人妻体験談

出会い系サイトで私は一人の人妻と出会いました。

プロフィールには28歳と書かれていて、人妻であることは書かれていませんでした。

最初にメールをしたとき、彼女は途中で「実は35歳で既婚者です」と言ってきました。

しかし、彼女から送られてきた写真は本当に美しい女性でしたので、私はあまり気にせずにそのまま進めることにしました。

私はこれまで5年ほど出会い系サイトを利用してきましたが、彼女の写真は間違いなくトップ5に入るほどの美人でした。

これは絶対に逃すわけにはいかないと思い、彼女に頻繁にメールを送り、笑顔を取るのに努めました。

彼女がウソを暴露してからは、彼女は旦那の不満ばかりを話す人でした。

かなり厳しいご機嫌取りでしたが、メールを始めてから約2週間後、待ち合わせに成功しました。

実際に彼女に会ってみると、彼女は美しいだけでなく、35歳という年齢に相応しい色気を漂わせる人妻でした。

彼女は美人だけでなく、服のセンスも良く、スタイルも良かったです。

彼女は昔はもっと大きなFカップのバストを持っていたそうです。

「今はまだFカップ?」と尋ねると、彼女は衝撃的なことを言ってきました。

「だって、子供を4人も産んだら形が崩れちゃうんだから」と。

こんな4人の子供をもつ人妻とセックスした経験はありませんでした。

正直言って、4人の子供がいるとはショックでした。

それでも私は彼女と楽しい時間を過ごすためにリラックスし、食事をしながら下ネタを含んだ会話を楽しみました。

彼女が下ネタを言ってくれたので嬉しかったですが、4人の子供を持つ彼女との関係は複雑でした。

食事の後は普通にカラオケに行って帰宅しました。

私は急いで手を出すことにはリスクがあると思い、慎重に行動しました。

しかし、帰宅後は彼女に「今日は楽しかったよ」とメールを送りました。

彼女はホテルに誘われなかったことを嫌われたと思っていたようです。

「また会いたいくらいですよ〜」と彼女は返信し、その後約1週間後に2回目の待ち合わせをしました。

それまでに私たちはメールでさらに下ネタを交換していたので、私はもうホテルに誘うつもりでいました。

この方は、前回の出会いの際に、「フェラが好きだ」とか「旦那が早漏で欲求不満だ」と言っていました。

また、「クリを触られると潮吹く」とか「今はピルを飲んでいる」という話も聞きました。

そのような話を聞くと、もう体を求めたくなる気持ちになると思いませんか。

前回同様、まずは食事をし、その後、駐車場の車の中でキスをしました。

彼女は待ち望んでいたようで、最初から情熱的なキスを交わしました。

彼女の舌は長いのか、口の中を舌で舐め回すように動かしていました。

彼女は舌が性感帯なのだから、という理由でフェラ好きなのだと教えてくれました。

私は今までに味わったことのないようなキスでした。

彼女が舌を出し、フェラのようにしゃぶる姿は他の女性も見かけますが、彼女は本当のフェラのように動かしていました。

「もっと舌を出して…」と言われ、初めてあたかも舌でフェラされているような気持ちになりました。

キスしながら喘ぐ女性とは初めての経験でした。

私はほとんど舌を動かさずにキスをするので、それで満足だと言われて、彼女の巨乳を揉みました。

「乳首も触っていいでしょうか」と可愛らしい声で言われ、乳首を愛撫されると更にキスが卑猥なものになりました。

彼女の胸は萎んでいたとはいえ、それでも大きく、揉む感触も十分にある大きさでした。

およそ10分ほどでしょうか。

胸を揉みながらキスをしていましたが、「他の場所に行きましょう」と人妻から誘われました。

そこで私たちはすぐ近くのラブホに向かいました。

お互いに会う前にシャワーを浴びていたので、部屋に入るとすぐに絡み合いました。

キスをしながらベッドに押し倒し、キャミタイプのワンピースを捲り上げて彼女の胸を揉みまくりました。

服を脱がせると、4人の子供を産んだ体には見えませんでした。

出産経験のある女性は、お腹に線が残ることがありますが、彼女にはほとんどありませんでした。

あのスイカのような線を見ただけで、興奮が醒めてしまうこともありますからね。

彼女の体を舐めながら、ブラとパンツを脱がせました。

胸は少し垂れていましたが、乳首は小指の先ほどの大きさでした。

その長い乳首は感じやすく、摘まんでも舐めても感じていました。

骨盤の上部には陰毛が生えていましたが、クリトリスの周りからは無毛の部分があります。

相手が「かなり薄いねぇ~」と言うと、「これでも濃くなった方だよぉ」と答えました。

手入れをしてしまうと、薄すぎて温泉などに行くと前からビラビラが完全に露出してしまうそうです。

ビラビラは特に大きくはないですが。

指を触ってみると、かなりの湿り気があり、アナルにも液が流れている状態でした。

クリトリスを舐めながら指を挿入し、上部を刺激するだけで彼女は凄まじく喘いでいました。

こんなに感じてくれる相手は初めてで、自分は上手くなったという気分になりました。

しかも、わずか5分ほどで彼女は潮を噴き出しました。

初めて潮を噴かせたので、少し驚きました。

「出ちゃうっ!出ちゃうっ!!」と彼女が言っていましたが、こんなにたくさん出てくるとは思っていませんでした。

でも、イクことと潮を噴き出すことは違うらしく、その後も少しずつ潮を出しつつ、感じまくっていました。

指では彼女をイカせることができず、腕も疲れてきたので一旦中断しました。

すると彼女は私の服を丁寧に脱がせ始め、風俗のような全身リップが始まりました。

これがまた気持ちよくて、声が出そうになりました。

なぜか舌が性感帯なので、舐められるだけで自分も気持ち良いんです。

私の乳首を舐めながら彼女が喘いでいるので、少し驚きました。

彼女が得意だと言っていたフェラは本当にすごかったです。

吸い込む力や舌の動き、手の動きも、これまでで一番上手だったんです。

彼女が四つん這いになってフェラをする様子を男に見せながら、しかも尻が卑猥に動いていたのです。

気持ちよすぎて、思わず乳首をいじめてしまいました。

するとフェラのテンポが速くなり、彼女は私をイカせようとしているみたいなフェラに変わりました。

私は「むりむりむり!!!」と強引に口から抜いてしまいましたが、ほぼフェラだけでイカされるところだったんです。

気恥ずかしいですが、私たちはシックスナインのポジションになり、お互いの性器を舐め合いました。

この方法を選んだ理由は、互いに快感を与え合うことができるためで、私は特にクリトリスに集中しました。

口の中も快感でいっぱいで、クリトリスもとても気持ちよかったので、ますます喘いでしまいました。

最終的には、私の腰が奇妙な動きをし、ブシュワッ!と潮が噴き出しました。

彼が私の顔に飛ばないように腰を動かしていたので、顔が精液まみれになるところで本当に危なかったです。

生で性交するのは怖いので、最初はコンドームをつけて挿入しました。

彼女は4人の子供を生んでいると言っていたので、締まりが悪いのかと思っていましたが、逆でした。

締まりが良いというより、入り口も中も奥も全てが彼のペニスにぴったりと絡みついてくるのです。

何なんだろう、この膣は?と驚くほど、柔らかいけれどもギュッと締めつけられる膣内でした。

挿入して少し動いただけで、彼女の旦那さんが早漏である理由がわかりました。

「今まで付き合ってきた男のほとんどが早漏だったんじゃない?」と私は言いました。

「どうして分かるの?」と彼女は尋ねました。

「やっぱりね…」と私は答えました。

「なぜだよ?」と彼女は続けました。

「この膣が凄すぎるからさ…」生で挿入していたら、私も10分も持ちませんでした。

コンドームが付いていたので、30分ほど頑張ることができました。

正常位では下から自然に腰が動き、騎乗位では本当にすごかったです。

初めて騎乗位でイかされるほど、彼女の腰の動きは激しく過激でした。

それに加えて、彼女の子宮口が亀頭にグリグリ当たる感覚が異常に気持ち良かったです。

「当たるっ!当たってるっ…!んやぁぁーーっ!」人妻もとても気持ち良さそうで、激しく腰を動かしていました。

そのまま騎乗位のまま精液を放出しましたが、彼女自身がコンドームを取って、お掃除フェラまでしてくれました。

彼女にとっては、その後の処理は当たり前の行為だったようです。

「数年ぶりにちゃんと気持ちよくなれたぁ」と喜んでいましたが、やはり先にイカされてしまった感じがありました。

だからと言って、私は男として情けないと感じ、少し休憩後に彼女にクンニを始めました。

「もう終わりかと思っていたのに・・・」と、私はクンニに喜び、一生懸命努力しました。

相手の人妻は喘ぎ声を上げながら「いまっ・・いま入れてっ!!」と叫びました。

私はすでに元気回復していたので、今度はコンドームを使わずに彼女の中に挿入しました。

彼女は濡れていたので、スムーズに奥まで入りました。

彼女は私をガッチリと足で固め、小刻みに腰を動かしてきました。

彼女はキスを求め、私は応じました。

彼女は後頭部をしっかりと掴んでいました。

「んくっーっ!いくっっっー!!イッッククッッ!!!」彼女の絶頂はとても激しいものでした。

私の舌が千切れてしまうかと思いました。

彼女の膣は特殊な動きをしており、彼女は大きくイっていました。

 

この膣の動きと子宮の刺激は、非常に快感でした。

「やべっ!私もイキそう!」

「んっっ!!!イッてっ!!!そのままイッてっっーっ!」

「いいの?中に出してもいいの?」

「んんっーっ!いいの!いいのっ!!出してっっー!」

彼女の言葉に従い、中に出しました。

 

精液がドクドクと出るリズムに合わせて、彼女の腰は痙攣しました。

そして突然彼女は強く私に抱きつき、体全体が痙攣し始めました。

私は彼女の中にいる間、チンコが小さくなるまで抱き合いました。

正確に言えば、彼女が下から私に抱きついていました。

私がチンコを抜くと、彼女はよろよろと起き上がり、萎えたチンコをお掃除フェラし始めました。

刺激的なフェラではなく、舌を使った丁寧なお掃除フェラでした。

私はくすぐったくなって、彼女にやめてもらいました。

彼女の足を開かせて中出ししたマンコを見ました。

精液がアナルまで垂れており、指を入れるとプクプクと溢れました。

お風呂で洗っても精子が時々流れるので、置いてあったナプキンを使って拭きました。

私たちはこれまでに10回以上も会って、中出しセックスをしています。

私たちのパターンは、会ってすぐに彼女が運転席に座ったままフェラをしてくれることです。

その後、軽い食事をしてからすぐにホテルに行きます。

彼女は非常に素晴らしい性器を持っているので、途中からはオルガを使うようになりました。

しかし、彼女はオモチャではなく男性器でイキたいと言っているため、イク寸前になるといつも挿入してほしいと懇願されます。

彼女はもう高校生になる子供を持っているというのに、性欲はとどまることを知りません。

彼女は本当に貪欲な人妻です。

彼女のおかげで私の性欲は常に充実しています。

ただし、こんな奥さんを持つ旦那さんは大変だろうなと思いますね。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!