【人妻体験談】Dカップのミニスカ妻が中年のハゲオヤジに寝取られた!ntr体験

人妻体験談

私の妻が浮気をしてしまったのです。

彼女は最近、携帯電話をほとんど使っていないようで、2歳になった息子の世話で忙しく、浮気なんてする余裕はないと思っていました。

しかし、すべては私専用のノートPCが壊れたことから始まりました。

久しぶりに家のPCを触ったら、そこには彼女と他の男性とのラブメールがあったのです。

確かに、ここ1年ほどは自分のPCばかり使っており、家のPCは触ったこともありませんでしたので、油断していたのかもしれません。

しかし、なぜこんなにも大事に保存していたのか、私を舐めているのでしょうか?せめて見つからないようにもっと複雑に隠すべきでした。

「女友達」というフォルダを開けると、中には見覚えのある男性の名前がたくさん並んでいました。

たしかに、彼女があまり携帯を触っていなかったのは理解できます。

(一緒に食事しましょう。

何でもごちそうしますから)(何度言えばわかるのでしょう?結婚前とは違いますよ、私には夫と子供がいますから)(結婚する前だって彼氏がいたけれど、一緒に食事に付き合ってくれたでしょう)これだけでもまだマシなほうで、もっと露骨なメッセージもありました。

(エッチしましょう。

毎日送り迎えをして、ご褒美にキスさせてくれた時に「今度ね」と言っておいて、もう7年も経っているんですよ)(昔のことは忘れました。

そんなことばかり言っていると、もうメールしないですよ)(ごめんなさい。

もう少し待ってください。

怒らないでください)他の男性たちも似たようなメッセージを送ってきており、結局、私の妻を抱きたいと思っているだけの人たちなのかもしれません。

しかし、彼らは女王様気分を楽しんでいるだけのようにも思えました。

そんな中で、「特別」というフォルダを開けてびっくりしました。

普通、そんなに大事にするべきではないはずですよね。

「特別」とはどういう意味なのか、つい開けてしまいました。

そもそも、私がこんな女性を妻に選んだことが間違っているのかもしれません。

女性を顔やスタイルで選ぶべきではなかったのかもしれません。

私は彼女と別れると言われ、その隣には新しい彼氏がいる姿を見ました。

32歳になって突然、社会の厳しさに直面し、人生が暗闇に包まれ、後ろから突き飛ばされるような感じがしました。

「さっさと降りてこんか!」という言葉に俺は腹が立ち、イライラしながら叫んでしまったが、降りてきたのは若い女性だった。

その瞬間、彼女の姿に見惚れてしまった。

彼女はサラサラの髪が肩甲骨の下まで伸びており、顔はちょうど俺の半分ほどしかなく、はっきりとした二重瞼がある大きな瞳が特徴的だった。

鼻筋は通っていて、その下には小さな口があり、そして口元にはちょっとスケベな笑みが浮かんでいた。

しかし、何よりも目を引いたのは彼女の大きなおっぱいだった。

彼女は胸元の明るいサマーセーターを着ていたため、その谷間がちょうど見えそうで、吸い込まれるような魅力を感じた。

急いで下を見ると、細くて引き締まった腰に真っすぐ伸びた美脚があった。

しかも、普通のミニスカートではなく、超ミニスカートを穿いていたので、思わずバンパーの傷を見るフリをしながら、下から覗いてしまった。

「ごめんなさい。

お怪我はなかったですか?」と彼女が言った。

俺は頬を赤くしながら答えた。

「僕は、どこもお怪我はございませんでした」彼女に笑われ、その笑顔を見た俺は、警察署で事故の状況を聞かれている最中でも、頭の中は彼女のことでいっぱいだった。

いったん外に出ると、破れかぶれで彼女に誘いをかけた。

「お詫びに、お食事でもご馳走させてください」「お詫び?私が追突したのに?楽しい提案ね。

今夜は駄目だけど、別の日に是非またお会いしましょう。

でも、彼女に怒られちゃうかな」「僕には彼女なんておりません」元彼女のこと、本当によく別れてくれた。

次の土曜日の夜、彼女と会った瞬間、彼女は腕を組んで近づいてきて、大きなおっぱいを俺の腕に押し当てた。

一瞬、俺は驚いて腰を引いてしまったので、周りの人からは変な人と思われたかもしれない。

「実はあの日、付き合っていた彼氏と別れて、考えごとをしていて事故を起こしてしまったの」まさか。

俺は初めて神の存在を信じるようになった。

「実は僕も、彼女と別れたばかりなんですよ」「そうなんだ!こんなことってあるんだね。

食事だけで別れるのは寂しいわね」と彼女は言った。

次に彼女は、「飲みに行かない?」と提案したが、私は彼女をもっと知りたいと思った。

彼女は20代前半だと思っていたが、実際は私より1つ年下の31歳で大人の女性だった。

彼女は話も早く、私たちはすぐにラブホテルにチェックインした。

私はこの素晴らしい女性をどう楽しませるか考えていたが、気がつけば彼女はパンツを下ろしていて、彼女の巧みなフェラで興奮してしまい、ベッドに行く前に早くも口の中で果ててしまった。

「たくさん出たね。

溢れそうになったわ」と彼女は冷静な表情で言った。

彼女が飲み物を一気に飲み干してしまったのを見て、私は呆然として立ち尽くしていたが、その間に彼女は服を脱ぎ始め、小さな下着だけで手招きする仕草をした。

「洗ってあげるから来て」と彼女は言った。

私の下半身は彼女の下着姿を見て元気を取り戻し、バスルームに入ると彼女が巧みにオチンチンを洗い、タマタマまで洗ってくれてしまった。

ついつい射精してしまった。

ベッドに行くと、彼女はペースを握り、私の顔に跨って逆さまになって重なってきた。

「恥ずかしいから、そんなに見ないで」と彼女は言ったが、押し付けてくる以上、オマンコ以外見るものはなかった。

「そんなに激しくしないで。

紀子また逝っちゃう」と言われても、彼女が自分から腰を動かし、俺の口の周りをベチョベチョにしているのだから仕方ない。

「そんなに激しくしないで」と言われるがままに彼女の腰を揺さぶると、彼女は何度か悲鳴のような声を上げ、ようやく私の上から降りてきた。

彼女はオチンチンの先端にコンドームを巧みに被せた。

プロのような技術だ。

彼女は数日前にOLを辞めたと言っていたが、この腰の使い方を見る限り、もしかしたらそれ以外の仕事をしていたのかもしれないと少し疑ってしまった。

また一度発射した後、私は流石に限界だと感じたが、彼女の目はまだ飢えているように見えた。

「お願い。

彼女が連続で攻撃してきた結果、私は合計5回も射精させられ、何もかも忘れさせられました。

しかし、冷静になると、彼女のプロの技術に喜ぶかどうか悩みます。

なぜ彼女がこんなに上手いのか不思議です。

しばらく付き合っていると、彼女がプロではないことがわかりましたが、では彼女は誰からそれを学んだのか気になります。

しかし、彼女の締まりの良いオマンコや巧みな腰使いを経験してしまった私は、彼女から離れることができなくなっていました。

彼女を他の男性に渡したくないというよりも、彼女の気持ちの良いオマンコを他の男性と共有したくないのが本音です。

そして婚約することになりました。

事故から1年後には結婚式を挙げましたが、その頃は、こんな素晴らしい女性をこれまで残しておいてくれた神に感謝し、妻として迎え入れる前に必ず神に祈りを捧げていました。

もちろん、私が受けるというよりも、私が与えられていたという表現の方が正しいかもしれませんが。

「お掃除は苦手なのでしょう」そんなことは私が休日にやっておくから、彼女は昼間は休んでいればいいんです。

「お料理はあまりしたことがないから下手なの。

ドライブのときに持っていたお弁当は、本当はお母さんが作ってくれていたの」なんて素直な女性なんだろう。

料理が下手でも、彼女が私のオチンチンを上手に扱ってくれるから問題ありません。

「その代わりお洗濯は好きですよ」洗濯は主婦の基本ですからね。

こんな家庭的な女性が他にいるでしょうか?しかし、結婚して3ヶ月経つと、妻の携帯代が急に上がり始め、昼間は何人もの男性とメールばかりしていることが分かります。

「孝司って誰?」「ごめんなさい。

以前勤めていた会社の先輩で、お昼ご飯はほとんど彼と…」「清彦は?」「ごめんなさい。

以前よく服を買っていたお店の店長で、お洋服はほとんど彼と…」「和雄は?」「ごめんなさい。

中学校の同級生で、送り迎えはほとんど彼と…。

淳は高校の同級生で、よく夕食を…。

真司は車を買ったディーラーの…」「もういい!」「彼らはただの友達です。

もしもあなたが嫌なら、二度とメールしないから怒らないで」と、妻は立ち上がり、私の目をじっと見ながら、ミニスカートの裾を徐々に上げる。

すると、そこには私が大好きな白いTバックが現れた。

「ごめんね。

今夜は何でもするから許して」このような言葉に、私の変態的な欲望が目覚めてくる。

「それなら、恥ずかしいから嫌だと言っていた、オナニーするところを見せてもらおうか」彼女とは過去に体の関係もなく、現在もメールだけで会ってはいなかったようだったので、私は許してしまった。

そして、翌年には息子の優が生まれ、息子が1歳の時に実家に泊まりに行った妻が、夜に男と会っていたことが分かる。

「相手は誰だ!」「達也という、実家の近所に住んでいる幼馴染みです」「やったのか!」「ファミレスで話していただけです」「深夜の1時までか!」「本当です。

達也も結婚しているし、私はあなた一筋なの、信じてください」妻は立ち上がると、私の目をじっと見ながら、ミニスカートの裾を徐々に上げる。

すると、そこには私が大好きな赤いスケスケのパンティが現れた。

「ごめんね。

今夜は何でもするから許して」このような言葉に、私の変態的な欲望が目覚めてくる。

「それなら、恥ずかしいから嫌だと言っていた、オシッコするところを見せてもらおう」彼女に対して恋愛感情はなく、本当に話をしているだけだったようなので、私は許してしまった。

話を戻すが、今回だけは絶対に許さない。

こんなメールを見てしまっては、許すことはできない。

(別れてからも、部長のことは一日も忘れたことはありません。

あんな昼間の病院で再会するなんて、きっと神様が引き合わせてくれたのね)メールからすると、相手は妻が務めていた会社の上司であり、別れたと言うことは不倫の関係だったのかもしれない。

そして再会したのは、日付から見ても息子が風邪をひいて病院に行った二週間前だ。

(私も目を疑った。

でもすぐに紀子だと分かったよ。

周りの誰よりも綺麗で輝いていた)馬鹿だな。

昼間の病院は通常、体調の優れない患者や年配の方が多いため、誰よりも輝いている人はいないと思われますが、この場合は異なります。

ある男性と女性はメールのやり取りを毎日続け、そして彼らはすぐに会う約束をしました。

(しかし、私は紀子と関係を持てるとは思っていませんでした。

彼女は子どもを産んだにもかかわらず、体型やスタイルは以前と変わっていなかったのです。

いや、むしろ人妻としての魅力が増し、以前よりもさらに魅力的でした)おそらく彼らは夫婦関係ではなく浮気の関係にあるようです。

そして今回はダブル不倫になりました。

(あの時、私は彼の奥さんを傷つけてしまったと思い、彼女の子供にも悪いことをしたと感じ、関係を終わらせましたが、私は部長をずっと忘れられませんでした)奥さんに事実がバレて別れたのでしょうか?(私も同じです。

私は派手に遊んでいるように見えるかもしれませんが、実際には紀子とのセックスは不十分で、私は3年間かけて彼女をここまで仕込んだのです)妻が3年も不倫していたと知るショックも大きかったですが、ベッド上の技術は不倫相手によって向上させられたことがわかり、さらに落ち込みました。

でも、いつ彼らは肉体関係を持っていたのでしょうか?先週友達と食事に行った日か、実家に泊まりに行った時か?そうだとしたら、あのばかな両親がうちの子を預かっていたのですね。

そして、彼らは毎日、ばかげているほど愛のやり取りのメールを続けています。

昼間ずっとメールをしている彼は、仕事をしていないのでしょうか?しかし、最後のメールに書かれていたことが、何とか息をしていた私にとっては致命的でした。

もう息ができません。

死ぬー。

(旅行を楽しみにしているよ。

先週は久しぶりだったので、優しくしてしまったけれど、旅行に行ったら昔のように、朝までじっくりいじめてやるからね)(いや、優しくしてください。

紀子をいじめないでください)(いじめないで?紀子はいじめられるのが好きでしょう?数年経って変わるわけがありません。

本当はどういじめられるのかを想像し、今も濡らしているのかもしれません。

正直に言ってみてください)(ごめんなさい。

指が勝手に…)(触っているのですか?いけない奥さんですね。

そんな奥さんには、来週はしっかりとお仕置きしないとだめですね)来週と言えば、土日に女友達と温泉に行くと言っていたはずです。

おそらくその日、息子を再び実家に預ける必要がありました。

私たちは買い物の途中で、息子が眠ってしまったことに気付きました。

帰宅してきた妻は、私がパソコンの前に座っているのを見て不安になりました。

「これは何?」「なんだか変わった形のパターンがあるんだね」と言いながら、妻は安心してテーブルを拭き始めました。

私は叫んでしまいました。

「この男は誰だ?」すると、妻の手が再び止まりました。

「こんな人、プロのゴルファーだったのか?」妻はその場から動けなくなってしまいました。

あまりテーブルを激しくこすりすぎると、ニスが剥がれる可能性がありますよ。

私の後ろでインターネットを見ている私の妻は、泣きそうな顔で延々とテーブルを拭き続けていました。

考えた末、妻は私を引き離しに掛かりました。

「ねえ、あなた。

優も眠ってしまったから、いいじゃない?」妻は背中に大きな胸を押し付け、手を前に回して私の股間を触ってきました。

「こんな日中に?」と私は言いました。

「だって、やりたくなっちゃったんだもの。

お願い、この気持ちを叶えて」と妻は言いました。

私は妻が裏切り行為をしていることにどう立ち向かうべきか迷っていましたが、最終的には彼女を抱くことにしました。

「好きだよ…あなたなしでは生きていけない…好き・好き…あなたが大好き」と妻は不安になって私がメールを見ているかもしれないと感じ、故意に私に好意を示し続けました。

「すごい…あなたのものは素晴らしい…紀子はどうしようもなくなっちゃう」と彼女は感じながらも、ほめることも忘れませんでした。

そして、その夜、私が保存していたメールやアドレスはすべて消去されていました。

一度出しても許されなかったので、続けて進められてしまった私はしばらく寝てしまいましたが、妻は私の5倍くらいの回数逝ってしまったはずなのに、ベッドから抜け出してメールを削除したのでした。

プリントアウトができなかったことは残念でしたが、妻の体力には驚かされました。

「来週も妻が浮気する」という言葉はどこかで聞いたことがありますが、こうなったら妻が逃げられないように、来週は彼女の行動を確実に監視してやるでしょう。

しかし、女友達との予定については、温泉に行くとは限らないし、待ち合わせ場所や時間もわからない状況です。

おそらく今後の連絡はメールで相談し、決めることになるかもしれませんが、そのメールは女友達がすぐに削除してしまう可能性もあります。

ただ、私は鈍感なので、彼女を尾行するなどうまくいくはずがありません。

では、どうするべきでしょうか?諦めて、メールを見たことを告白し、来週の旅行だけでも止めるべきでしょうか?「旅行は来週だっただろう?確か紀子の行く旅館に売っている温泉饅頭は、皮が薄くて美味しかったような記憶があるな」と私は思わず口走りました。

「そうだったら、お土産はそれにしましょう」と彼女は即座に返事しました。

彼女がすんなりと同じ旅館に泊まることに同意してくれたようです。

翌週の土曜日に、私は旅館のロビーにいました。

私は落ち着かなかったので、チェックインの2時間も前に到着してしまいましたが、フロントのスタッフさんが美人だったので、つまらないことはありませんでした。

「あなた?!」私がフロントのスタッフさんに見入っていると、やはり同じ旅館に来た彼女が私を見つけました。

彼女は状況が理解できず、しばらく不思議そうな顔をしましたが、自分の置かれた状況がわかると、今にも泣き出しそうな表情に変わりました。

隣を見ると、相手は性欲が強そうで、頭頂部が薄くなっている親父です。

私自身も年齢を重ねるにつれて、薄毛になる可能性が高いため、ハゲという言葉を使いたくはありませんが、この人だけはハゲ親父と呼んでしまいたくなります。

彼女が善処であったのは、このハゲ親父と3年間も関わりを持っていたからです。

「ご主人?…これは違うんです…駐車場で…偶然一緒になっただけです」私が言いかけたところで彼女とハゲ親父は、突然腕を組んだままでした。

「あなた、聞いてください。

これは…」と彼女は言いかけました。

「私が優を育てるんです。

二度と私たちの前に姿を現さないでください!」彼女は泣き出すほどの大きな声で叫びました。

そのため、周りの客も驚き、何が起こったのかと一斉に私たちを見ました。

私は恥ずかしかったので、旅館を後にしましたが、ハゲ親父は彼女の隣で困惑していました。

その後、私は妻の母親の家に行って息子を連れ帰りました。

しかし、家に帰ると私よりも大きな声で妻が泣いていました。

私はどうしたらいいのかわかりませんでした。

二度と彼女をこの家に入れたくありませんでしたが、彼女は合鍵を持っています。

私は男らしく振る舞おうと思い、手紙をテーブルに叩きつけながら、彼女に実家に帰ってもらうように言いました。

「実家に帰ってください。

養育費は必要ありません。

その代わり、息子とは二度と会わせません」と書いてありました。

私はすぐに彼女を実家に送り返しました。

ところが、彼女は「帰ってきて。

私が悪かったです」と言って帰ってきたのです。

少し嬉しかったです。

息子を預けて急いで家に帰りましたが、妻だけでなく彼女の両親も来ていました。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!