【人妻体験談】170㎝の高身長人妻にフェラされた!そのままバックが突きまくった

人妻体験談

去年まで、私は1年間の出張である特定の都市に住んでいました。

マンションは会社が用意してくれた3LDKの広々としたお部屋で、1人で暮らしていました。

私以外には、1人暮らしをしている人はほとんどいなかったと思われます。

引っ越しの挨拶に隣の奥さんを初めて会いました。

彼女は私よりも2つ年下で、とても可愛らしい若い奥さんです。

彼女は酒井紀子さんに似た容姿で、身長は170cmもありました。

彼女がスキニージーンズを履いていたため、その細い足がはっきりとわかりました。

奥さんの旦那さんは製薬会社で働いており、毎晩遅くまで帰ってくるようです。

引っ越してから約1ヶ月後のある日、偶然奥さんと居酒屋で再会しました。

私は友達数人と夕食を食べようと思って入った居酒屋で、奥さんが一人で飲んでいるのに気づかず、カウンターで一人食事をしていました。

すると奥さんが「あれ?斎藤さん?」と声をかけてきました。

振り返ってみると、キャミソールとスキニーパンツ姿の奥さんがいました。

「こんにちは。

食事ですか?」「ええ、そうなんです。

一人のために食べるので」「それなら一緒にしませんか?私たち友達3人で飲んでいますよ」「いいえ、お邪魔しちゃ悪いですよ」「全然平気ですよ。

私たちはみんな結婚していて、男性がいると喜ぶんですから」と奥さんは誘ってくれました。

少し驚きましたが、誘われるまま一緒に行くことにしました。

居酒屋に着くと、本当に大歓迎してもらいました。

彼女たちは私の仕事や結婚について質問攻めにし、少し酔っていたようで楽しそうでした。

私たちがある程度飲み終わった頃には、彼女たちはカラオケに行こうと誘ってくれました。

私は引っ越してから全く遊ばずにいたので、まずは行ってみようと思いました。

話してみると、彼女たちの旦那さんはみんな遅くまで帰ってくるので、彼女たちはストレスがたまっているそうです。

近くにカラオケがあったので、私たちは4人でそこに向かいました。

カラオケに行ってからもお酒は途切れませんでした。

彼女たちは酔っ払いながらも歌ったり飲んだりして、かなりストレスがたまっていたのだろうと思いました。

隣の奥さんは24歳で、他の2人は25歳です。

酔った勢いで「3時間くらい行く」と言っていたのに、実際はそんなに経たないうちに私たちはみんな酔っ払ってしまいました。

3時間が経つころには、私たちはすっかり酔ってしまっていました。

そのため、皆一人で歩くことができない状態になりました。

そこで、仕方なく一人ずつタクシーで送ることにしました。

しかし、彼らは酔っ払っていたため、自力で歩くことができず、私が一人ひとりを背負って運ぶことになりました。

彼らはみな体型が豊満だったので、彼らの背中に触れながら、背負っていました。

2人を自宅まで送り届けた後、私と隣の奥さんはマンションに戻ってきました。

タクシーの中で寝ていた奥さんは、かなりよろめいていました。

家の扉まで来たのですが、彼女は酔っ払っていて鍵が見つけられませんでした。

バッグの中を探してみましたが、鍵は見つかりませんでした。

「鍵はどこですか?」「う~ん・・・ここに入れたはずだけどなぁ~・・・あれぇ~」「落としたんですか?」「落としてないよぉ~・・・だってここに入れたのに~」「いやいや、無いんですよ。

落としたんですかね?」「う~ん・・・そうなのぉ?」「旦那さんはいつ帰ってくるんですか?」「わからないよぉ~電話もないし~」「どうしましょうかね・・・鍵を探しましょうよ」「それよりトイレに行きたいにゃ~~」「にゃ~じゃないですよ。

じゃあ、私のトイレを使ってください」そんな流れで、彼女は私のトイレに入りました。

私はリビングで水を飲みながら、「まいったなー」と思っていました。

すると、水の音とともに扉の音が聞こえました。

しかし、彼女は戻ってきません。

不思議に思いながら廊下の扉を開けてみると、寝室の扉が開かれていました。

焦って寝室に入ってみると、彼女がベッドの上に倒れ込んでいました。

「ちょっと!ちょっと!ここは私の家じゃないんですよ?」「う~ん・・・・」「私のうちで寝ないでくださいよ。

ちょっと起きてくださいよ」「いいのぉ~・・・眠いのぉ~」「そうじゃなくて、ここは私のベッドなんですよ」「あぁ~~そぉ~~~」もう何を言っても無駄な感じです。

まだ23時だし、しばらく寝かせてから帰ってもらうことにしました。

風邪を引いて困ることがあるから、私は妻をじっくりと布団に寝かせました。

そこで、彼女の体を触ったり動かしたりする中で、彼女のキャミソールが胸の谷間を露出していることに気付きました。

その中で、白いブラジャーも見えており、予想以上に大きな胸を持っていることがわかりました。

でも、彼女は寝ているし、思い切って胸の谷間をじっくりと観察してしまいました。

妻を寝かせた後、私はシャワーを浴びてリビングでテレビを見ていました。

少し酔いも醒めてきたので、ビールを飲みながら、午前0時を過ぎるまで待ちました。

そろそろ彼女を起こそうと思って寝室に向かいました。

「もう帰る時間だよ、旦那さんが帰ってくるよ」と彼女を揺さぶって起こそうとしました。

しかし、彼女はまったく反応しませんでした。

「マジでヤバいよ!」と強引に起こそうとして布団をめくってみると、そこには真っ白な巨乳がありました。

彼女は寝ながらキャミソールとブラジャーを外しており、横に丸まって寝ていました。

驚いてすぐに布団を元に戻しました。

これはまずい、かなりまずい。

もし旦那さんに知られたら、ここに住むことはできなくなるし最悪だ。

でも、一瞬しか見ていない巨乳をもう一度見たい。

ただ、彼女が起きたとなればまずいし、どうしようか迷いました。

リビングに戻ってビールを飲みながら、しばらく悩みました。

やはり我慢ができなくて、起こしているフリをして再び確認することにしました。

再び寝室に行き、ベッドの隣にしゃがんで万全の準備をしました。

「起きないとまずいよ」と言いつつ、布団を胸まで下げました。

柔らかそうなおっぱいがすっぽりと見えました。

真っ白なおっぱいに少し赤みのある乳輪と、陥没した乳首が目の前に広がりました。

私は起こすふりをしながら彼女を揺すりました。

そうすると、おっぱいもプルプルと揺れました。

一度布団を元に戻し、再び起こすふりをしながら布団の上からおっぱいを触りました。

「う~ん…だめってば…」と彼女はモゾモゾと動きながら言いました。

我慢できなくなった私は、何度もおっぱいを触りながら起こすふりを続けました。

それでも彼女は起きませんでした。

布団を動かしてみると、以前は陥没していた乳首が今度は立っていました。

私はその光景を目にした瞬間に限界に達しました。

私はしゃがんだまま、舌でその乳首を軽くなめました。

「あっ…もう…あっ…」奥さんは息を荒げながら私の頭を抱きしめてきました。

私はベッドに上がり、奥さんの上に乗って乳首を舐め、胸を揉みまくりました。

「んっ…アツシ…あっあっ…」おそらく旦那さんの名前だと思われます。

奥さんは完全に私を旦那さんと勘違いしているようでした。

顔を見ると、彼女の目は全く開いていませんでした。

恐る恐る私は彼女の唇にキスをしてみました。

すると、目を閉じたまま彼女は激しいキスをしてきました。

舌を私の口に滑り込ませ、しっかりと抱きしめてきました。

私もそれに応えてディープキスをしながら、胸を激しく揉みました。

スキニージーンズのボタンを外して手を入れると、彼女は既に濡れていました。

「ああっ!ああああ…んん…っ」彼女の濡れた部分に触れた瞬間、彼女は仰け反りながら喘ぎました。

もはや我慢できなくなり、私は彼女の部分を指で刺激し始めました。

彼女のクリトリスは硬く勃起していて、私の指で摘んだときには「んんーーー。

んっんっ!あんっ!気持ちいい…あっ…んっ」と彼女は喘ぎながら私の口に胸元を近づけました。

彼女は明らかにキスが大好きなようで、私の舌にも激しく舌を絡めてきます。

それに応え、私は指を彼女の中に入れました。

「あんっああっ!やっ…やだっ…ああ…」彼女は明白に自ら腰を浮かせて、指の動きを受け入れてくれました。

そのため、私も激しく刺激し続けました。

「ああああああっ!やっ!んっイクっ…イックッ!…」彼女の絶頂の瞬間、彼女の目が開きました。

そして私の顔を見て驚きの表情を浮かべました。

しかし、彼女はそれでも絶頂してしまったようで、私に抱きついたまま腰をビクンビクンと震わせていました。

「イッちゃったの?」「はぁ……はぁ……なんでなの?」 「だって奥さんが旦那さんだと勘違いして私を誘ってきたんですよ?」 「えっ…そんな…嘘でしょ…」 「だって奥さん、私に抱きついていたじゃないですか」 「あ…ん…やだ…どうしよう…」 「しかも、私の指で完全にイッちゃいましたね。

どうしましょう?」 「そんなこと言わないで…あ…どうしよう…」 私は横になって奥さんを見て、これはいけると思いました。

ですから私は悩んでいる奥さんの唇に吸い付き、まだ濡れているあそこを触りました。

「んっ…だめっ…んっ…いやっ…あっ…んっ…」 ダメとか言いながら、私が舌を入れると舌を絡ませてきました。

そして2本の指をにゅるっと入れたり、抜いてクリトリスを触ったりしました。

「ダメとか言っても気持ちイイんだ?」 ちょっといじめたくなって言いました。

「あんっあんっっんっ!ちがっ…ダメっ…そんな…」 「だってまたこんなに濡れてるよ?」 「だって…んあっ…だめよ…」 「奥さんやらしいなぁ〜…このまま入れてもいいですか?」 「だめっ…それはダメっ…ああ…んあっ…」 中に入れた指を次第に激しく動かすと、中がヒクヒク動き出しました。

「ねぇ…もしかして振り出すんじゃない?ここ…」 「あんっ!やっ!ああっ!だめですっ!出ちゃう…だめっ…」 「じゃ〜口でしてくれます?そしたら我慢しますけど」 「なんで…んっ…それも…だめよ…あっ…」 指を入れたまま動かすのをやめて、奥さんの顔にチンコを近づけました。

「お願い…指…抜いて…」 「なんで?できない?気持ち良くて」 「うん…ねっ…おねがい…」 指を抜いて、体勢を奥さんと逆にしました。

奥さんは上半身裸で四つん這いになっていました。

私は勃起したペニスを握り、舌先で彼女の裏筋から丁寧に舐め始めました。

彼女の竿も丁寧に舐め、次に玉袋まで舐め始めました。

同時に手で上下に握り、玉を口に含んだり舐めたりしました。

亀頭をゆっくりと口に含みながら、舌の動きも構わず継続しました。

彼女が舐めている姿を見ると、四つん這いの姿勢でケツを突き出していました。

もしかしてフェラ好きなのかもしれません。

彼女は激しくしゃぶるのではなく、丁寧にねっとりと舐めることを選びました。

私にとっては久しぶりの経験で、非常に快感のあるフェラでした。

「ねぇ・・・このままでは満足できないから、シックスナインしてくれない?」と私が言いました。

「だめよ・・・そんなの・・・」と彼女は言いました。

「それならずっと舐め続けるの?それとも入れる?」と私が尋ねました。

「えっ・・・うん・・・・じゃあ・・・」と彼女は返事しました。

彼女はスキニーパンツを脱ぎ、パンツ姿で私の顔に跨いできました。

当然、下着には大きなシミができていました。

私がパンツを横にずらすと、アソコがパックリと開き、濡れている様子が目の前に広がりました。

彼女の顔には予想外のビラビラが少し大きく、クリトリスも外に露出していました。

彼女の陰毛は少なく、私はそのままアソコを舐め始めました。

「ああっ!やめてっ!ああああ・・んん・・っ」と彼女は叫びました。

私は彼女のケツを掴み、左右に広げながら彼女を舐めまくりました。

そして軽く指を中に挿入し、入口付近を刺激しながらクリトリスを吸いました。

「ああ、もう我慢できないよ。

おかしくなっちゃう・・んん・・・んぐっ・・」と彼女は言いました。

「もう入れたくて仕方がないんでしょ?」と私が言いました。

「いやっ・・・言わないで・・・んぐっ・・・」と彼女が言いました。

「でも、すごく興奮しているよ。

ヒクヒクさせてるんだから。

入れたいんでしょ?」と私が言いました。

「だめです・・・そんな・・あっ・・・だめです・・・」と彼女は言いました。

私は彼女を強引に起こし、押し倒しました。

そして2本の指を彼女の中に挿入し、激しくかき混ぜました。

「あーっ!あーっ!もうだめっ!もうだめっ!」と言っている人がいます。

「入れたいんでしょ?ほらっほらっ!正直に言ってごらん!」というと、その人は「あっあっ…入れたい…入れたいんだ…」と正直に答えます。

「ちゃんとお願いしなきゃ…してごらん?」と言うと、その人は「入れてください…あっあっ…だめっ!あっ…」と言います。

「ちゃんとお願いしなきゃだめでしょ?」と再度言うと、その人は「いやぁーっ…あんっ…オチンチン入れてくださいっ…んあっ…」と頼みます。

指を抜いて、一気にチンコを押し込むと、なかなかすんなりと奥まで入りました。

「あっ、あっ、あっ…あぁん、いやぁん…ああん…」と喘ぎ始めます。

「やらしい奥さんだなぁ…締め付けてくるよ…」「あんっんっそんなこと言わないでください…んっ!あんっ!!」と奥さんは言います。

「ほらぁ…すごいよ…俺の舌も吸ってごらん…」と言って、顔の前に舌を出すと、奥さんは舌をしゃぶりついてきました。

さらに頭に手を回して、本気で舌をしゃぶりついてきました。

「奥さん、好きな体位は何?」と尋ねると、奥さんは「えっ…あっあっ…言えない…そんなっ…あっ…」「言ってごらん?」と言うと、奥さんは「んあっ…バック…」と答えます。

「じゃ、バックから突いてやるよ…」と言って、バックで突きます。

奥さんはさらに喘ぎだしました。

「あっ、あっ、あーっ!だめっ!イッちゃうっ!イッちゃうぅ~っ!」と言いながら、オッパイを鷲掴みにされて揉まれます。

すると奥さんは勝手にイッてしまいました。

イッている間、アソコの中がウネウネ動いているようでした。

相当スケベな体でした。

正常位の体勢にして、私は休みなく奥さんに突き進みました。

最初は声も出せない状態でしたが、途中からまた奥さんが喘ぎ始めます。

忘れていましたが、生で入れていたこともあります。

「あぁ…もう我慢できない…中に出してもいいですか?」と尋ねました。

「いやっ!…それはダメです!外に…あっ、あっ…外に…っ!」と彼女は拒否しました。

「じゃあ…口に出してもいいですか?」と聞いてみました。

「んっ…いいですよ…お口に出して…あっ、あっ…」と彼女は応えました。

「じゃあ…いくね…口を開けて…たくさん出すよ…」と告げました。

「あっ、あっ…出して!お口に…たくさんください!」と彼女は言いました。

私は彼女を抱えたまま、彼女の頭を押さえつけながら腰を振り、精液を彼女の口に放出しました。

彼女は苦しくないのか、激しくしゃぶりながら吸い込んでいきます。

しばらくしゃぶらせた後、私は彼女からチンコを抜きました。

ティッシュが隣にあったので、それを渡しました。

彼女は口を拭いていましたが、精液は口の中に出していませんでした。

「え、精液はどこ?」「ん…飲みました…」と彼女は答えました。

「まじで?奥さん、ありがとう!」私は彼女に抱きつき、キスをしました。

彼女も笑顔になり、私に抱きついてキスしてきました。

しばらくそんなラブラブな雰囲気を楽しんでいたのですが、ドアの音で現実に戻りました。

隣の旦那さんが帰ってきた音が聞こえました。

彼女は急いで服を着て髪を整えました。

私が覗き見して様子を確認し、大丈夫なことを確認した後、彼女はこっそりと外に出ました。

そして、インターフォンを鳴らしました。

その様子を見届けた後、私はドアを閉めました。

これが隣の奥さんとの初体験のお話です。

実はその後、彼女とはセフレの関係が続きました。

彼女はかなりスケベで淫乱な人でしたので、かなり楽しむことができました…。