【人妻体験談】会社で同僚の美人妻が寝取られ悶える・・・

人妻体験談

今回は、私が秋に起こった出来事について詳しくお話ししたいと思います。

私は山本順と申します(仮名)、現在29歳です。

妻の由里子さんも同じく29歳で、私と結婚してから2年半が経ちました。

私たちは同じ会社で働いており、現在も共働きをしています。

由里子さんは非常に優秀な方で、厳しい試験を突破して国立大学を卒業しました。

彼女は経営本部で課長補佐として働いており、私とは異なりレベルの高いポジションです。

私自身は中堅私立大学を卒業し、営業部で平社員として働いています。

入社当初から、由里子さんは私たちの間で一目を置かれる存在でした。

彼女は頭脳明晰で可愛い容姿を持ち、私にとっては手の届かない存在でした。

しかし、4年前の本部での同期会で偶然、私の隣の席に由里子さんが座ることになりました。

彼女はサッカーが大好きで、その話題で盛り上がりました。

思い切って「一緒に試合を見に行かない?」と誘ってみたところ、意外にもOKの返事が返ってきました。

由里子さんは才女でありながら、徹底して勉学に打ち込むタイプではなく、オシャレやブランド物にも興味がありました。

初めて彼女の私服を見たとき、白いミニスカートに目を奪われました。

薄いストッキング越しに見える彼女の美しい足に心を奪われ、サッカーの試合に集中することができませんでした。

その後、何度かデートを重ねるうちに私たちは交際を始め、やがて結婚しました。

これにより、私たちの関係は社内で大きな注目を浴びる話題となりました。

経営本部は将来の幹部候補生が集まる部署であり、由里子さんは私よりも出世も早く、それに比例して年収も多い状況です。

そして、ある日のことですが、私が経理部に書類を提出した帰りにトイレで用を済ませていると、近くで2人の人が話している声が聞こえてきました。

彼らは連れションをしているようでした。

 

「週末に経営本部の旅行があるらしいんだけど、ちょっと面倒くさいな…」

「部長が提案したらしいらしいんだけどさ…」

「どうせ、由里子補佐を誘ってる作戦だよね…」

「酔わせて、自分の部屋に連れ込もうとしてるってことかよ!」

「あはは…でも、本部の飲み会で由里子さんの脚を触ってたからな〜。でも、由里子さんも部長の強い推薦で若いのに課長補佐になっちゃったから、強く怒れないんだよ…」

「なるほど!でも、由里子さんは結婚してるんだけどね!」

「まぁ、大人の関係ってことで、いいんじゃないの…」

「でも、由里子さんなら俺も一回お願いしたいよ!」

「みんなもそう思ってるけどさ!でも、人妻で部長が狙ってる女だからな〜」

「多分、酔わされるんじゃないかって思うから、才女由里子さんの乱れた姿を見れるかもよ…」

「足元が乱れてパンチラを見れちゃうかもよ…」

「才女のパンティか…見てみたいですね〜」

などと話していました。

 

私はとてもショックで、不快感を覚えました。

由里子さんの社員旅行…どうしよう…。

その日の夜、私は由里子さんに旅行を欠席するように説得しましたが、

「欠席?それは無理よ、部の公式行事だから…でも、どうして?」

と聞かれました。

 

「い…いや…心配だから…」

「心配?なにが?私が浮気をするの?」

「違うよ!無理矢理酔わされて…そういうこともあるだろう!」

「大丈夫だよ、私は自分の限界以上は飲まないから心配しないで…」

と言われました。

 

私は、経営本部旅行の前日の木曜日に吉田君を呼びました。

彼は私の2年後輩の社員で、社内の英会話スクールで知り合いました。

彼も由里子さんと同じ経営本部に所属しています。

一流大学を卒業し、私とは異なり幹部候補生です。

由里子さんの直属の部下で私と同じくタイガースファンということで、親しくなりました。

夕方の居酒屋で…

「山本さん、何の話だろう?」

「実は…経営本部の旅行の件なんだけど…」

「明後日のこと?それが?」

「言いにくい話だけど…由里子さんを守って欲しいんだ…」

「えっ?どういうこと?」

私は恥ずかしながら、トイレで聞いた会話の内容を教えました。

「そういうことですか…確かに由里子さんは人気がありますね。才能があり、美しいので…」

「やっぱり、部長は由里子に興味があるのかしら?」

「正直に言いますと、多分その通りですね。経営本部には他に、婚期を逃した見た目平均以下の39歳と42歳の女性がいますので、やはり由里子さんには人気が集まるでしょう…」

「なるほど…心配ですね…」

「山本さん、心配するのは美しい奥さんをもらった男の宿命ですよ!逆に羨ましいですよ」

「旅行では気持ちが開放的になりますから、心配ですね!」

「分かりました。由里子さんなら大丈夫だと思いますが、何かあったら助けますよ!」

「ありがとう!頼みます!…ところで、ビデオ撮影などをするのですか?」

「はい、写真とビデオは私の役目ですよ…」

「旅行が終わったら見せてください!様子を知りたいんです」

「本当に山本さん、心配性ですね…分かりました(笑)」

まずは少し安心しました。

 

旅行当日、朝食を食べながら私は由里子に言いました。

「酒を飲みすぎないでくださいね!寝る前に電話してください!」の2つです。

「わかりましたわ!だからそんなに心配しないでくださいね!」と言って、着替えに行きました。

オレンジのシャツに白いミニスカートを履いて、寝室から出てきました。

私は独占欲が強いので、由里子のミニスカートから伸びた脚を部長や他の男性社員に見せられるのが悔しい気持ちになりました。

ストッキング越しに見えるピンクのペディキュアがセクシーに見えました。

醜い人間と思われたくないので、笑顔で由里子を見送りました。

由里子の旅行当日、私はパチンコで時間を潰していました。

何をしても、由里子が心配で落ち着かない時間が過ぎました。

夜の9時ごろ、吉田に携帯で電話してみました。

「吉田さん、様子はどうですか?」

「うーん、由里子さんは結構飲まされていますが大丈夫ですよ!」

その時、吉田の電話越しに『吉田、王様ゲームしましょう!準備して!』と聞こえてきました。

「えっ? 王様ゲームって何?」

「山本さん、すみません!忙しいのでお願いします!」

と言われてしまい、由里子の様子が心配になりました。

 

心配とは、もしかしてエッチな命令で困っているのではないかと不安になりました。

深夜1時を過ぎても、由里子からの電話は掛かってきませんでした。

私が何度か彼女に電話をかけましたが、由里子は出ませんでした。

心配で眠れないまま、部長に何かされているのではないかと考えました。

朝の7時頃、ようやく由里子から電話がありました。

「由里子、約束の電話だったんだよ!」

「ごめんなさい…酔って寝てしまってた…」

「何も起こらなかったの?」

「起こってないわよ、でも心配させてごめんなさい…」

本当なのだろうか… 私は絶対に自信が持てませんでした。

昼過ぎに由里子は帰ってきました。

「ただいま!あなたに電話しなくてごめんね!」

「もう…いいよ…それより、エッチなことされなかったの?例えば、王様ゲームとかさ…」

由里子の表情が一瞬驚いた表情に変わりました。

「そんなこと、絶対にしないわ!もう変なこと言わないでよ!」

由里子は嘘をつきました。

なぜ嘘をつくのだろう?私に心配させたくなかったから?それとも…。

旅行から2日後、私は吉田の家を訪ねました。

「由里子は大丈夫だったの?」と聞くと、

「うーん…かなり飲まされていましたけど…」

「王様ゲームはどうだったの?」

「まあ…それなりだったかな…」

吉田の口ごもりが私の不安を募らせました。

 

「とにかく、ビデオを見せてよ!」

「山本さん、温泉の宴会だったから…由里子さんはコンパニオンのような状態で…」

「ちょっと我慢するけど!早く見せて!」

観光のシーンを早送りにして、宴会のシーンから見ました。

 

部長の挨拶から始まり、1時間ほど経過すると、パーティーはかなり乱れてきました。

男性12人は浴衣を着ていて、女性3人は私服を着ていました。

女性たちの中で一番若い由里子が、酒を注ぎながら回っていました。

立ち上がったり座ったりするたびに、彼女の白いミニスカートがめくれ上がり、ストッキング越しに彼女の脚が露出されていました。

「由里子さんの美しい脚、本当に素敵ですよね。

ミニスカートなので、見えそうでドキドキしました」と吉田さんは笑って言いました。

その後、由里子さんは部長に引っ張られて隣の席に座るように言われ、飲まされることになりました。

肩に手を回されたり、脚を触られたりしていました。

「部長、由里子さんに触りすぎですよ!」と誰かが注意しました。

「飲みの席ではいつもそうですよ。

由里子さんは我慢強くて、すごいですよ」と他の人が言っていました。

その後、由里子さんはかなり飲まされてしまいました。

部長は由里子さんを立たせ、チークダンスを始めました。

部長の右手が由里子さんのお尻に触れていました。

由里子さんは注意したようで、部長は手を引っ込めましたが、今度は由里子さんに気付かれないように、ミニスカートの後ろの裾をつかんで上げていきました。

男性陣は大声援を送っていました。

由里子さんの後ろ姿から太ももが少しずつ見えてきました。

パンチラ寸前でした。

その時、42歳の女性社員が

「由里子ちゃん、スカートが危ないわよ!」

と叫び、由里子さんは慌てて部長の手を払いのけました。

 

「もう少しで、由里子ちゃんのパンティが見えるところでしたよ!」

と男性社員からブーイングが起こりました。

 

「あら、そうなの?じゃあ私のパンツ見せてあげましょうか!」と42歳の女性社員が言い返しました。

「経営本部のマドンナ、才女の由里子ちゃんのパンティが見たいんですよ」

と逆に皮肉を言われて笑いが起こりました。

 

私はビデオを見ながら怒りを感じ、

「他人の妻のパンティを見ようなんて、図々しい連中だ」

と思いました。

 

吉田さんも「もう少しで由里子さんのパンティが見えそうで期待しちゃいました」と言ってきました。

「お前は…」私は少し呆れてしまいましたが、由里子さんのパンティがどれだけの価値を持っているのか、多くの男性が見たいと思う現実に驚きました。

その後も由里子さんは飲まされ続けました。

少し飲みすぎかなと思っていると、王様ゲームが始まりました。

「山本さん、ここから先は見ないほうがいいと思うんですが…」

「いいんですよ!気にせず見ましょう!」

「でも…由里子さんも、それなりに大変そうですよ…」

「とにかく、由里子の状況を知りたいんです!王様ゲームで由里子さんがどんなことをしたのか知りたいんです!」

私は不安な気持ちでビデオを見続けました。

 

最初は軽いお題目でしたが、段々とエッチなお題目になっていきました。

そして、由里子さんが当たりました。

「3番と6番がキスをする!」

「え~?私できません!」

由里子さんが立ち上がりました。

 

「ダメですよ、由里子ちゃん!拒否したらゲームにならないですよ~!」

「でも…私、結婚してるんですよ!」

「俺もしてるよ!」

相手の40歳のハゲ課長がニヤけながら言い出しました。

 

「で…でも…」と言いながら、由里子さんは座敷の真ん中に歩き出しました。

「吉田君、ビデオは止めておいて!」

由里子さんは撮影担当の吉田に命令しました。

 

「分かりました…」と言いながら、吉田は撮影を続けていました。

大歓声の中、軽く唇が触れる程度のキスをしていました。

由里子さんは顔を真っ赤にしていました。

私は怒りで爆発しそうでした。

「山本さん…ビデオを止めましょうか…?」

吉田が私の心情を察して聞いてきました。

「由里子さんはまだ何かやるつもりなのですか?」

「ええ…まあ…」

5回目のゲームで、また由里子さんが当たりました。

「4番が8番の股間を触る!」

「無理です!絶対無理!」

亜希子さんが触られる側でした。

相手は福部長です。

「大丈夫!パンティの上から軽く触るだけですよ!」

「触らせられるわけないじゃないですか!」

由里子さんは必死に抗議していました。

その時、由里子さんを狙っている部長が助けに入りました。

「お前ら、由里子ちゃんは人妻だぞ!それは無理だよ!お題目を変えてやれ!」

正義感か?嫉妬か?分かりませんが、とにかく部長が助けてくれました。

 

「そ…それじゃ…やり直しましょう!ラストゲームにしましょう!」

吉田の声が響きました。

 

一瞬の緊張が解け、ムードが元に戻りました。

「それでは最後のイベントです!最後は1人だけが選ばれます!男性が選ばれた場合、浴衣とパンツを脱いでダンスをします!女性が選ばれた場合は、1枚だけ脱いでそれをオークションにかけます!それでは…5番目の人です!」

そして、再び由里子が選ばれました。

 

「え~?私が?1枚だけ脱ぐって言われても…」

オレンジのシャツと白いミニスカートを身に着けた由里子は困った顔をしていました。

「由里子ちゃん!連続で断るのはダメだよ!」

「でも、でも…」

「大丈夫!脱げば、私が浴衣を貸してあげるよ!」

副部長が言ってきました。

 

果たして彼女は脱ぐのでしょうか?私は興奮しました。

困り果てた由里子は顔を赤らめながら、「じゃあ…ストッキングを脱ぎます…」と答えました。

やはり、下着を見せるのは抵抗があったのでしょう。

「おお~!ストッキングだ~!」男たちは興奮していました。

由里子は中央に立ち、慎重にストッキングを脱いでいきました。

ミニスカートのため、パンティが見えないように注意深くストッキングを下ろしていきました。

男たちは静まり返っていました。

「由里子さんがストッキングを脱ぐ仕草、なんだか色っぽいですね!」吉田が言いました。

「お前、おしゃべり過ぎだよ!」私は怒鳴りました。

やっと由里子の膝までストッキングが脱げました。

本来なら、絶対に見ることのできない由里子のストッキングの脱ぎ場面に、男たちは見入っているようでした。

「ああ…恥ずかしい…」由里子は脱ぎ終わったストッキングを丸めて司会者に渡しました。

「それでは、オークションが始まります!経営本部の美人で才女の由里子課長補佐が一日中履いていたストッキングです!最初の価格は1000円からです!」

2000円!3000円!4000円!と値段は上がっていきました。

 

「もしかしたら、由里子さんの香りが付いているかもしれませんよ!」

その言葉で入札価格は1万円まで上昇しました。

その時です!「5万円!」と部長が大声で叫びました。

会場は一瞬静まりました。

そして部長が競り落としました。

部長は由里子のストッキングを受け取り、その場で由里子に返しました。

他の人が手にすると、必ず匂いを嗅ごうとするので、早くトイレに行ってストッキングを履き替えてきてください。

「部長、ありがとうございます」と由里子は非常に感動しました。

彼女はストッキングを履き直し、部屋に戻り、部長と一緒に飲んでいました。

そのうち、由里子は酔った状態で眠り込んでしまいました。

「由里子ちゃんが苦しそうだから、部屋に連れて行ってあげるよ」と部長は言って、由里子を宴会場から連れて行きました。

「おい!由里子は部長にのろけられたのか?なぜ誰も助けないんだ?」と誰かが叫びました。

「それは…部長は次期取締役候補で権力を持っているからです…」と吉田が答えました。

「権力を持っているからといって、他人の妻を寝取って良いわけがないじゃないか!それよりも、二人は由里子はどうなったんだ?」と私は尋ねました。

「それについては…」と吉田は話し始めました。

「由里子と部長はどうなったの?」と吉田は困った表情で話し始めました。

「実は…部長が由里子さんを連れ出してから10分後に、私が様子を見に行ったんです。間違って部長の部屋に入ってしまったふりをして入ったんですけど…」

「どうなっていたんだ?」

私は最悪の結果を予想し、泣きそうになっていました。

「非常に言いにくいですが…酔い潰れた由里子さんの上半身を、部長が裸にしていました…」

「ふざけるな!クソ部長!!」

私は怒りのピークに達していました。

部長が部屋に入ってきた私に驚いて『お前、出て行け!』

と大声で叫び、その声で由里子さんが起きたのか、いや~と叫んだんです。

そして、部長は急いで部屋を出て行きました…

「それなら…由里子は…」と私は尋ねました。

「ええ…最後まではいっていないです」と吉田は答えました。

私は一安心したと同時に、自分が脱がされた屈辱感で気持ち悪くなってきました。

「クソ部長め!由里子のおっぱいを見たのか…吉田…お前も見たのか…?」と私は尋ねました。

「えっ?い、いや、暗かったから…見えていません」と吉田は言いました。

多分、吉田は由里子のおっぱいを見たのでしょう…。

私のことを気にかけてくれていると言ってくれていましたが…。

「ところで…本当に由里子さんは酔っぱらっていたんですか?それとも、意識がはっきりしていて、合意の上だったんですか?」

「由里子さんは浮気をするタイプではないんですよ!」

「そうだといいんですが…それにしても会社の状況はどうなっているんですか?」

「お互い大人なので…」

家に帰ってからも、興奮している状態が続いていました。

部長に怒りをぶつけてやる覚悟で、転職を考えるくらいでした。

なかなか眠れず、深夜の2時過ぎに由里子の携帯が鳴りました。

メールでした。

まさか、部長からのもの?私は由里子の携帯を手に取りました。

メールには「なんとか山本さんにごまかしました。

安心してください」と書かれていました。

送信先は…吉田でした!ごまかすってどういうことだ?朝になって、いつも通りに由里子と朝食をとっていました。

由里子の表情は普段通りでした。

「どうしたの?私の顔ばかり見てるじゃない!」

「い、いや…別に…」

この場で真相を問いただしても、由里子が本当のことを言わないと思ったので、何も言いませんでした。

仕事が終わって、夜の8時に吉田のマンションに行きました。

「えっと、山本さん!どうしたんですか?」

「話があってね…上がらせてもらうよ!」

私は断りもなく部屋に入りました。

「山本さん、話って何ですか?」

「吉田…お前、俺に嘘をついたんだ!由里子が全部話していたんだぞ!」

私が吉田に誘導尋問をすると、吉田の表情が青ざめてきました。

「あ…す、すみません!由里子さんと関係を持ってしまいました!」

外の答えに私は絶句してしまいました。

「由里子さんを部長から助けた後、自分の部屋に連れて行って…慰めてあげていたんですけど…」私は吉田を殴りました。

「すみません!入社当時から由里子さんに憧れていました。

旅行で由里子さんのセクシーな姿を見て、我慢できませんでした!」吉田は土下座していました。

「お前が由里子に憧れるのは自由だけど、俺の妻ということを忘れているな!良い女と悪い女の違いくらい判断できるだろう!」

「すまなかった…」

「無理やり襲ったのか?それは犯罪だぞ!」

「私が抱きついた時、最初は抵抗されたけど、キスをしたら受け入れてくれたんだ…」

由里子が吉田を受け入れたことに、私はさらにショックを受けた。

「とにかく、お前との友人関係は終わりだ。

もちろん、慰謝料は払ってもらうからな!」私は吉田の部屋を出て行った。

あの由里子が他の男と関係を持ってしまった…。

信じたくない現実に涙がこぼれた。

家に戻ってから20分後、由里子が帰ってきた。

「ただいま!残業で疲れたわ…」紺のスーツに膝上のスカート、白いブラウスの由里子を見つめた。

スーツを脱いでソファーに座った由里子が私に「どうしたの?元気ないわね~?」と言ってきた。

吉田と部長はこのブラウスの中に隠れている由里子の胸を見たんだ…。

更に吉田はその胸を触って揉んで乳首を吸ったんだ…そして…。

スカートを脱がされ、ストッキングとパンティも脱がされ…。

由里子のアソコに顔を埋め舌で舐め回した…。

由里子は他の男に自由にさせた!嫉妬と憎しみが湧き上がる。

「由里子!お前は分別のある女だと思っていたのにな…どうして吉田と寝たんだ!?」私は大声で怒鳴った。

「ああ…」由里子は震えていた。

「あなた…どうして…吉田君が話してくれたの?」

「自慢しながらお前のセックスのことを聞かされたんだよ!」

「う…うそよ!」

「俺を裏切ったんだな?吉田と寝たんだな?」

「あ…ああ…ごめんなさい…吉田君と一度だけ…」

私は由里子の頬にビンタをした。

「冗談じゃないよ!この女はいかがわしい!なぜ吉田と関係を持ったんだ!?」

「ごめんなさい…旅行中にたくさん飲まされてしまって…部長に襲われそうになった時…吉田くんが助けてくれたの…部長がそこまで極端なことをするとは思わなかったので、私はショックで…吉田くんは私を慰めてくれたんです…」

「感動するな、お前が吉田を誘ったのか!?」

「違うんです…でも吉田くんが私を助けなかったら、私は部長に身体を奪われてたんです…部長に逆らえない人間相手に助けてくれたから…それで嬉しくなって…もちろん、それだからと言って吉田くんに身体を許すつもりはなかったんですけど…でも彼の必死な告白に一度だけならと…」

「お前は、一度でも言われたら誰にだって身体を許すつもりなのか!?」

「違います!…あの時、吉田くんが助けてくれなかったら、私は部長に身体を奪われていたのよ…誰にも逆らえない部長相手に助けてくれたの…だから嬉しくなって…もちろん、それでも吉田くんに身体を許す気はなかったわ…でも彼の必死な告白に一度だけならと…」

「お前さ…一度でも百回でも罪は罪だよ!」

「わかっています…とんでもない過ちを犯して、今とても後悔しています…お願いです…許してください!」

「勝手なことを言うな!馬鹿にするな!」…。

その週末から由里子と別居しています。

由里子は実家に帰っています。

由里子は才能があることを認められる一方で、経歴上のバツイチを許せないのでしょうか?本当に私が必要なのでしょうか?離婚は絶対に嫌だと言っています。

しかし私は、由里子が他の男性と関係を持ったことを未だに許せないんです。

なぜか吉田と由里子のセックスを頭の中で思い描いてしまい、悔しさが晴れません。

それでも、由里子と吉田の現在の状況が気になっています。

由里子のような才女で美しい女性と別れることはつらいし…。

でも許せないし…。

だから毎日、モヤモヤと考える日々を過ごしています。

でも、やはり近いうちに決断を下そうと思っています。