【人妻体験談】淫乱妻に豹変した元カノに強制フェラされ、潮吹きでお返しした

人妻体験談

大学時代に付き合っていた元カノの名前は美佐枝でした。

私たちは合コンで知り合い、付き合い始めてから3年が経ち、就職した後に別れました。

先日、久しぶりに街で偶然美佐枝と会い、そのまま一緒に飲みに行きました。

そして、セックスをしてしまいました。

美佐枝と付き合っていた頃は、彼女の男性経験は一人だけでした。

私自身もそれほど経験豊富ではなかったため、その時はお互いが未熟だったなと思います。

セックス自体は普通に行っていたのですが、軽くお互いを舐め合った後、正常位で挿入して腰を振って終わりました。

当時は、もっと様々なことをしたかったと思っていましたが、オモチャを持って行ったら彼女に泣かれてしまいました。

「私はそんな下品なことはしたくない」と言われ、なぜ下品なのかと思いましたが、それ以降はとても普通のセックスだけでした。

美佐枝は、今で言うところの「宮崎あおい」のようなタイプの子でした。

ふんわりとした雰囲気があり、清潔感があるといえるでしょう。

身長は155cmほどの小柄な体格で、しかし脱ぐとDカップの美しい胸を持っていました。

見た目は少し子供っぽいところもあり、セクシーさはまったく感じられませんでした。

ある日の休日出勤の日曜日、私は夕方に青山で仕事を終え、そのまま買い物をしていました。

ふらふらと歩いていると、後ろから突然肩を叩かれ、振り向くと美佐枝が立っていました。

「やっぱりぃ~!久しぶりだね!元気だった?」と美佐枝は元気いっぱいに言いましたが、私は驚きました。

昔の面影はあるものの、彼女からは女性の魅力がプンプンと感じられたのです。

「おぉ・・・お前美佐枝か?随分変わったなぁ」と私は言いました。

「えぇ~?変わったぁ??老けただけじゃない?」22歳で別れてから6年間も会っていなかったのに、彼女が私であることを見抜いたのだと聞いて驚きました。

彼女は歩く姿から私を見抜いたと笑っていました。

彼女が疲れたように気だるく歩く姿は昔のままです。

しかも髪型も当時とあまり変わっていなかったのです。

美佐枝から「最近どうしてるの?」と尋ねられ、私たちは道端でお互いの近況を報告しました。

彼女はまだ独身でありながら、仕事も忙しくしているという話です。

驚いたことは、美佐枝がすでに結婚していたことです。

彼女は結婚してから1年半ほど経っているそうで、相手はなんと9歳年上なんです。

今彼女は28歳なので、旦那さんは37歳でしょうか?それにはびっくりしました。

美佐枝は私に「この後予定はあるの?」と聞いてきました。

私は「何もないよ」と答えたところ、彼女は「じゃあご飯奢って!」と腕を強引に掴まれ、歩かされました。

彼女が行きたかったのは、イタリアンのレストランでした。

そこで軽くお酒を飲みながら、昔話をしていました。

美佐枝が話している間、机に肘をつきながらおしゃべりしている彼女の胸元は、寄せて上げられているようで、谷間がバッチリと見えていました。

「昔はお前、そんな胸元の広い服着なかったよな」と私が言いました。

「うぅ~ん、でもあの頃はまだ子供でしょう?」と彼女は答えました。

「今は昔と違って、色気を出している感じだぞ」と私は言いました。

「そりゃ~結婚もしているから、色気を出さないとね」と彼女は言いました。

話の内容も、外見も、彼女はかなり変わっていました。

昔のような照れもなく、セクシーさを全面にアピールしているように見えました。

彼女のスタイルは昔と変わらず、少し興奮してしまいました。

食事が終わったので、私は帰ろうとしましたが、美佐枝はまだお酒を飲みたいと言いました。

「でも旦那さんが待っているんじゃない?」「残念ながら、旦那さんは出張中です!」と彼女は言ってきました。

私は日曜日も仕事をしていて、明日から月曜日が始まる予定でしたので、できれば後日に会いたいなと思っていました。

しかも、奢ってもらうことを知っていたので、少し考えてしまいました。

「じゃあ、昔よく行っていたあの小さな居酒屋に行こうか?」と私が提案しました。

「あっ、それいいかも!行こう、行こう!」と彼女は興奮しました。

私たちが行ったのは、学生時代によく通っていた小さな居酒屋でした。

そこは個人経営の店で、大学生や卒業生たちでにぎわっていました。

以前友達がそこに行った話をしていたので、そちらに向かいました。

電車だと乗り継ぎが2回あるため、仕方なくタクシーを利用しました。

タクシーに乗っていると、後ろの座席なのになぜか相手がとても近づいてきます。

会話中も不自然に顔を寄せてきたりして、俺はなぜか緊張してしまいます。

目的の居酒屋に着いたら座敷に案内され、そこで元カノを観察していました。

彼女は髪をかき上げたり、飲み物を飲む時の口元などでとても魅力的に見えました。

彼女は俺の気持ちを察しているのか、体の接触も頻繁にあります。

「触らないでくれよ、誘っていると勘違いされちゃうよ」「えっ、可愛いこと言ってくれるの?もしかして誘っているの?」「冗談じゃない、お前は既婚者だろ。

俺にも彼女がいるんだから」「へぇ、じゃあ誘ったらどうなるの?」「ちゃんとタクシーで帰らせるけど?」「帰りたくないって言っても?」こんなやり取りに驚きつつ、内心ドキドキが止まりませんでした。

お酒も飲んでいたので、自分も大胆になっていたのかもしれません。

元カノに触られたりされることに乗せられて、俺自身も触るようになってしまいました。

正直言って、俺はもう下心ムクムクでした。

だから店を出ようと彼女に「家に行きたい」と言われた時、はっきりと断れませんでした。

コンビニで買い物してから彼女を自分の部屋に招いてしまいました。

「きれいにしているね!」と彼女はソファーに座りました。

ミニスカートなので太ももが露出しまくっています。

でも彼女はそれを気にする様子もなく、露出したまま座っていました。

「彼女が掃除してくれるからね」と彼女は言ってまた乾杯しました。

しばらくして昔の写真を取り出して、それを見ながら二人で楽しく喋りました。

写真を見ている時、ちょっと近づけばキスできるぐらいの距離です。

彼女の甘い香りを嗅いで、恥ずかしいけど勃起してしまいました。

もう我慢できないと思っていた矢先、彼女が電話をかけてきました。

「彼女だから静かにしててくれよ」と厳しく言われ、俺は彼女の電話に出ました。

彼女は疑いもせず、疲れているだろうから早く寝るようにと気遣ってくれました。

あぁ~~と、すごく申し訳ない気持ちになりつつ、無理して話し続けました。

女性は電話が好きな傾向がありますよね。

彼女は寝ると言いつつも、友達との会話を始めました。

私は相槌を打ちながら彼女の話を聞いていました。

すると、視界の隅で何か動く気配があったので振り向くと、元カノが四つん這いでこちらに向かってきました。

「何か用?どうしたの?」と焦って口で尋ねました。

美佐枝は「シーッ」と口に人差し指を当て、にやにやしながら近づいてきたんです。

「待って!何をしているの!ちょっと!」と声を出さずに伝えましたが、なんと美佐枝は私の太ももに頭を乗せてきました。

思いっきり膝枕状態になってしまって、しかも話している私を下からにやにやしながら見ているんです。

すごく焦りましたが、彼女に気づかれるのを恐れています。

相槌を打ちながら動こうとしましたが、美佐枝は動こうとしないんです。

もういいやと諦めて会話を続けていると、今度はスエットの上から股間を揉み始めたんです。

彼女との会話でやっと萎え始めた男性器を、美佐枝が揉み出したわけです。

私は焦って腰を引いて逃れようとしましたが、そうすると美佐枝は男性器をぎゅっと掴んできました。

「やめてくれって」と声に出さずに抵抗する私を楽しむかのように、美佐枝は男性器を揉みまくりました。

結局は私の意思とは関係なく、男性器は元気に勃起してしまいました。

「大きくなったよぉ~」と口だけで言う美佐枝は、なぜか嬉しそうでした。

なぜこんなことをするのか…昔の美佐枝からは信じられない行動でした。

「やめてくれよ」と何度も抵抗する私に、いきなり頬をぷくっと膨らませる美佐枝は、いきなりスエットを下げてしまいました。

スエットとトランクスのゴムを掴んで引っ張ると、勃起した男性器が顔を出してしまいました。

「ダメだって!やめてくれよ!」という私に、「勃ってるぅ~~」とからかうようにはしゃぐ美佐枝でした。

美佐枝とのエピソードを冗長表現を使って日本語で説明します。

僕が腰を引こうとした瞬間、美佐枝が亀頭にキスをしてきました。

思わず僕は「んはっ」と変な声を出してしまいました。

すると彼女は「どうしたの?」と聞いてきましたので、「お茶をこぼした!」と必死に言い訳しました。

その頃には、美佐枝は亀頭を舌でベロンベロンと舐めまくっていました。

つき合っていた頃からは想像もできないほどの舌の動かし方で、本当に彼女が美佐枝なのか疑ってしまうほど上手でした。

彼女が僕を見上げるエロい顔には、昔の彼女の面影は一切なくありませんでした。

彼女は僕をからかうように亀頭を舐め回し、僕は会話に集中することができませんでした。

「でねぇ~…聞いてる?」と彼女がツッコんできました。

僕は「んっ?あぁ~聞いてるよ」と、快楽と現実の世界を行き来しながら返事しました。

この反応が彼女の楽しいのか、美佐枝のフェラはますます激しくなりました。

気がつけば彼女は僕のチンコを根元まで咥えていて、口の中で舌をローリングさせていました。

絡みつく舌の感触が気持ちよすぎて、彼女との会話はまったく聞こえませんでした。

こんな僕の態度を彼女は「疲れてるんだね」と勘違いしてくれました。

彼女からは早く寝てと言われて電話を切ったのです。

「美佐枝、何してんだよ!バレたらどうすんだよ」「えぇ~っ…だって楽しいんだもん。

バレてなかったんでしょ?」と美佐枝は言いました。

「そりゃバレてないと思うけどさ。

いくらなんでも…」と僕は文句を言いつつも、美佐枝にチンコをしゃぶられっぱなしでした。

「ホントに彼女としてるのぉ?こんなにカチカチになっちゃってさぁ」「してるよ、ただ最近は忙しいから会ってないだけで」「じゃぁ溜まったアレを沢山出してあげるね」と彼女に促され、ベッドに移動しました。

すると美佐枝にあっという間に全裸にされてしまいました。

美佐枝は洋服を着たままでしたが、そのまま僕の上に覆い被さってきて激しいキスをしてきました。

僕は昔のウブなキスしか覚えていないのですが、美佐枝の貪欲で卑猥な舌の動きに興奮しました。

文字通り「舌にしゃぶりついてくる」ようなキスをされ、自然と手は美佐枝の胸に触れていました。

久しぶりに揉む美佐枝の胸は… ブラジャーのせいか、少し硬く感じましたが、やはり昔通りの大きさでした。

美佐枝は私に胸を揉まれ、鼻から吐息を漏らしながらキスしました。

彼女は舌を出し、ベロンベロンと舐めてきて、まるでAV女優のようでした。

「んぁぁっ…アツくなっちゃった…」彼女は私の上に跨りながら、見下ろすような感じで洋服を脱ぎ始めました。

脱ぎ方もエロく、ゆっくりと衣服を脱いでいきました。

上半身がブラジャー1枚になった時、再びキスしてきて「取って?」と言いました。

フックを外すと目の前に懐かしい美しい乳房が現れました。

少し垂れてしまっている…と彼女は言いましたが、昔に比べたら少し垂れていましたが、それでも美しい乳房です。

思わず手を伸ばして柔らかい巨乳を揉みました。

乳首を指先で転がし、私は興奮して胸を見入っていました。

彼女は私を見ながらスカートも脱ぎ、ゆっくりとパンストとパンティも脱ぎました。

お互い全裸になり、まずは抱き合って体温を感じました。

抱き合ってみると、当時のままの感触でしたので、彼女は体型を維持しているんだなぁ〜とぼんやりと思いました。

もうこうなると私も彼女を求めてしまい、私が上になりながらキスをしながら巨乳を揉みました。

彼女は私の男性器を握り、手コキしてくれました。

こんなにエロくなるとは思いませんでした…と昔を思い出しながら体を舐めました。

その時に「あれっ?」と思わず声が出ましたが、なんと彼女はパイパンでした。

脱いでいる時はおっぱいにしか目がいっていなかったようで、体を舐め始めてやっと気付きました。

「剃っているの?」「うん、旦那が剃るように言ったから」「じゃあ、いつもパイパンなの?」「もう剃っているし脱毛しているので大変なんだから」懐かしい美佐枝の女性器を、両足を広げてじっくり観察してみました。

パイパンになっているので、全てが見えました。

やはり大陰唇が昔よりも大きくなっているように感じました。

それよりも、透明な液体が膣から滴り落ちそうになっているのを見つけました。

彼女との性的な経験を詳しく説明します。

私はクリトリスを指でさわり、指先で転がしてみました。

彼女は元々陰毛が薄く、完全に剃り残しもなく、きれいなパイパンでした。

クリトリスを触りながら、指で割れ目を左右に広げてみると、赤く充血したオマンコが広がっていました。

私は彼女が以前に舐めようとすると嫌がることを思い出しました。

「なぜですか?」と尋ねると、彼女は恥ずかしいからと答えました。

しかし、今は恥ずかしいという感情もなく、私に舐めてほしいと言ってくれました。

彼女のオマンコを両手で左右に広げ、クリトリスからゆっくりと舌を這わせていきました。

私は彼女が感じているとわかり、なぜか冷静な気持ちになりました。

膣の穴や尿道の周りを舐めまわしました。

現在の彼女はクンニが好きで、私は彼女をクンニでイカせることにやや競争心を抱いていました。

その結果、彼女はクンニで絶頂を迎え、たまに様々な嬉しい出来事もありました。

私は彼女に見せつけるように本気でクンニをしました。

最初はあまり反応を示していませんでしたが、途中からの彼女の喘ぎ声には正直驚きました。

彼女は以前清楚だったことを思い出しました。

彼女はシーツを握りしめ、グチャグチャにし、仰け反るわ、腰はクネクネと動きまくりました。

私の忠告も聞かず、かなり大きな声で喘ぎ叫んでいました。

彼女の汁もたくさん溢れ出てきて、指を入れる前にもう一度昇天しました。

私はすぐに指を入れて膣の内部とクンニの両方で攻撃しました。

後悔しました。

私は彼女の中を刺激しすぎたため、2回目の昇天の時に潮を噴きました。

しかも、そのことをあまり言わずに。

彼女も自分自身が潮を噴いたことに驚いたようで、腰を引いて堪えました。

しかし、ベッドには30cmほどの大きな染みがついてしまいました。

私はすぐに濡れたタオルを持ってきて、染みを叩いて拭いたのです。

その後、私たちはバスタオルを敷いて座りました。

ふと、私は不思議なほど冷静になってしまいました。

美佐枝も、「ごめんなさい…」とテンションが下がってしまいました。

「笑っちゃうけど、もし出るんなら言ってよね…」「だって、初めてだし…」 「マジで?」「うん…舐めてもらってイッたのも初めてで…」こんな風に、優越感に浸っていました笑。

まさか、元カノがこんなにエロく変わっているのに、28歳にして初めてクンニでイカされるなんて…最高じゃないですか?イカされたからなのか、初めて潮を吹かされたからなのか、なぜか美佐枝はおとなしくなっていました。

「まあまあ、サワーでも飲んでごらんなさいよ。

出ちゃったんだから」と私は半分のサワーを渡しました。

「なんか昔より意地悪になってるな~」と、サワーを飲む美佐枝の様子を見て、やっと昔の美佐枝を見ることができた気がしました。

裸のままダラダラ話していると、突然美佐枝の携帯が鳴りました。

「あっ!旦那だ…シーっとしてて」と言って、美佐枝は全裸でオッパイを揺らしながら携帯に出ました。

「もしもし~うん、今?今ヤスエの家だよ、もう寝てる…うん、うん…」どうやら自分が家にいないことがバレたようです。

私は静かに見守っていましたが、会話を聞いていると美佐枝の方がなんか強気な感じがしました。

おっぱいをプルプルさせながら何を言っているんだ…と思い、無性に彼女をからかいたくなってきました。

さっきのお返しと思い、私は美佐枝の隣に座りました。

美佐枝もすぐに気づき、ダメダメと手で私を押し退けようとしましたが、そんなことは関係ありません!ということで、私は彼女を押し倒しました。

彼女の両足を掴んで開こうとする足を開き、何の取り扱いもなしにクンニを始めました。

美佐枝の声が時々変な高音で出たりして、彼女が快感を堪えているのが手に取るようにわかりました。

彼女の足に力も入っておらず、電話をしながらのクンニを受け入れているようです。

舐めながら美佐枝を見ると、ダメダメと首を振っていました。

強気な美佐枝はそこにはいませんでした。

ただのM女のような状態でした。

今回は、膣に指を1本入れて、クリを中心に舐めるという行為を試してみました。

その結果、相手は苦しそうな悶え顔をしていました。

舐めるときには、音も出るため、ゆっくりと動かしてみました。

相手の腰はクネクネと動き、騎乗位のような腰振りまでしていました。

また、クリトリスの周りも一緒に強く吸わせると、相手ははっきりと「あぅんっ」と声を出しました。

その後、相手が必死に言い訳をする姿を見ながら、自分は優越感に浸ったり、ゆっくりとクンニを続けました。

電話を切った直後、相手は「マジで危ないってば!」と言いました。

それから、指で刺激するスピードをさらに加速させると、今度は明確に「出そう」と言いました。

しかし、射精されると困るため、中断し、代わりに顔の近くに自分の陰茎を移動させました。

相手はすぐに舐め始めると、シックスナインの形で互いに舐め合いました。

その後、「もう入れて」と初めて促されました。

しかし、ゴムをつけるために立ち上がっている最中に、相手は「ゴムは必要ないよ、信じているから」と言いました。

相手は既婚者ともゴムを使用していないため、性病などは心配していませんか?私は危険だと思いつつも、性欲に負けてしまいました。

以前は常に生で行っていたと話しながら、生挿入しました。

正常位でゆっくりと腰を動かしながらキスをしていると、相手の方が爆発し始めました。

相手は「もっと!もっとして!」と俺を睨むような感じで見つめ、突然下からの腰振りをしてきました。

この動きには驚きましたが、自分は彼女の巨乳を掴んでいたまま停止してみました。

相手は勝手に下で腰を激しく動かし、クリトリスが摩擦され、亀頭が子宮に当たるように動かしていました。

「なぜ勝手に動くの?どうすればそんなにエロくなるの?」と尋ねると、相手は「だって…んぁぅっ…だってぇ…」と言いました。

やはり騎乗位が一番すごかったです。

相手は私の胸に手を置き、グリングリンと左右に腰を振りまくりました。

私が代わりにしっかりと掴んで揉みまくっていると、巨乳がブルンブルンと揺れる様子がありました。

彼女は強く揉まれると興奮すると言っていたので、私は強く掴んで指の間から乳首がムニュッと出るほど揉みました。

「ダメッ…イッちゃうっ…イッちゃうっんっ…!」と彼女の美佐枝は騎上位で勝手に腰を振り、大絶叫のまま昇天しました。

彼女はグッタリと私に倒れかかり、肩でゼーゼーと息をしていました。

疲れていた私は正常位に戻り、腰を振りまくって最後は腹に射精しました。

何度もイッた美佐枝は満足した様子で、私に早くイッてほしいと言っていました。

お腹に出た精子をティッシュで拭き、美佐枝はお掃除フェラをしてくれました。

その時私のチンコはヒリヒリしていて、笑えました。

全裸のまま爆睡してしまい、気が付いたら朝でした。

急いでシャワーを浴びて着替え、美佐枝と一緒に駅に向かいました。

「また遊ぼうよぉ~」と駅に歩いている時、美佐枝が私に絡んできました。

「朝からジャレてくんなよ」「えぇ~イイじゃん、遊ぼ?」「分かった分かった。

またメールするから」「旦那が出張の時は遊んでね?」「彼女と遊んでなきゃね」「会ってくれたらご奉仕してあげるからぁ」朝っぱらから全開だった美佐枝を見て、本当に女性は変わるものだなぁ~とつくづく思いました。

彼女には申し訳ないけれど、また多分会ってしまう気がします。