【人妻体験談】温泉で巨乳妻が寝取られたエッチ体験!勃起したチンコを咥えた

人妻体験談

私は現在39歳で、公務員として市役所で働いています。

妻は34歳で、のんびりとした性格で、普段は私に頼ることが多いです。

2人の子供を持っていますが、出産後も体型は変わらず、白い肌とFカップの巨乳が自慢の妻です。

彼女はよく、安藤美姫に似ていると言われます。

私たちは新宿の高層ビルで開催されたカップリングパーティーで出会いました。

そこで巨乳でおっとりした妻は、男性たちから大人気で、行列ができるほどでした。

ある日、私は有給休暇を取って家族で温泉に行くことにしました。

その日も妻は私の趣味に合わせ、胸元の大きく開いたシャツとミニスカートを着て出かけました。

妻は周りの男性たちからいやらしい目線を向けられるたびに、興奮と優越感を感じていました。

そして、私が知らない間に、妻は男性たちからスケベな視線を浴びることが興奮材料であることに気づいたようです。

それにもかかわらず、彼女は露出の多い服を着ることに嫌悪感を持たず、むしろ喜んで身に着けていました。

温泉へ向かう途中、電車を乗り換えるために妻は子供をトイレに連れて行きました。

私は売店で待っていましたが、妻と子供が戻ってきたとき、一瞬で私の心がざわめきました。

なぜなら、妻と子供の後ろには一人の男が後をつけていたのです。

その男は50代くらいの年齢で、男性ホルモンの塊のような風貌でした。

頭は禿げかかっており、中年太りしていました。

妻は子供の手を引くために身をかがめながら歩いていたため、彼女の胸の谷間がちらちら見えていました。

妻の乳房は、果実のようにブルンブルンと揺れ動いていました。

そしてその男は、妻の胸元を覗き込みながら、ニヤニヤといやらしい笑みを浮かべていました。

私は妻をそのままにしておいたらどうなるのか、興奮した気持ちでいっぱいになりました。

しかし、子供が心配だったため、私は妻たちに声をかけました。

「ママ〜、ここだよ〜」すると男はすばやく身をひるがえしてどこかへ去っていきました。

正直なところ、安心しましたが、もっと状況を見極めるべきだったと後悔の念もありました。

その後、私たち家族は長野原草津口行きの電車に乗り換えました。

車内は人がまばらで、私たち家族はボックス席に座りました。

子供は先ほど買ったダルマ弁当を食べながら、外の景色を見てはしゃいでいました。

私は先ほどの光景が頭から離れず、それによって下半身が完全に勃起していました。

もしもあのままほっといたらどうなっていたのだろうと思うと、興奮が収まらず、電車がガタンゴトンと走り出す中でもその興奮はなかなかなくなりませんでした。

仕方なくトイレに行って解消しようと思ったその時、一人の男性が私たちに話しかけてきました。

「ここ空いてますかねぇ?」それは先ほどの中年男性でした。

彼は私たちの後をずっとつけてきていたのです。

これまで妻を痴漢したり盗撮した男たちは、バレないようにこっそりと行動していましたが、この男性は違いました。

彼は堂々と話しかけてきました。

しかも、車内がガラガラの状態なのに、わざわざ妻の隣に座ろうとしたのです。

これはあまりにも不自然でした。

妻のシャツは大きく開いたままで、男性の目線は妻の胸元に集中していました。

角度からして、ノーブラだと男性にはわかったはずです。

さらに、男性の股間部分も大きく膨らんでいました。

妻に欲情して勃起しているのでしょう。

私はその光景を見て、恐ろしいほどの興奮に襲われ、勃起したズボンを隠しました。

しかし、男性は私とは違って大きく膨らんだズボンを隠すそぶりさえありませんでした。

妻はその姿に恥ずかしそうに目を伏せました。

私は興奮で心臓がバクバクしていて、男性の問いかけに答えることができませんでした。

すると、今度は子供に話しかけてきました。

「ボク、これからどこに行くの?」と。

子供は無邪気に答えました。

「草津温泉だよ」「じゃあ、おじさんと一緒に行かないかい?」子供もまたそれに応じました。

「うん、いいよ」私たちは、無邪気な子供を利用されてしまい、断る理由を失ってしまいました。

男性:「奥さん、ここに座らせてもらってもいいでしょうか?」 妻:「ええ、どうぞ」 妻は少し恥ずかしそうにしながら、席を寄せて隣に男性を座らせました。

私の興奮も非常に高まっていましたが、妻も私と同じように異常なほどの興奮を感じているようでした。

彼女は自分の体が狙われていることを理解しているようです。

不安な様子ではありましたが、大きく開いた胸元を隠すことなく、むしろ男性により見やすく見せるために姿勢を変えるように見えました。

それを見た男性は、いやらしい笑みを浮かべました。

男性:”家族旅行ですか、素晴らしいですねぇ。

” 私:”ええ、そうですよ。

” 男性:”私は50歳になっても家族がいないんですよ。

本当に羨ましい限りですよ。

” 私:”ずっと独身なんですか?” 男性:”まぁ、以前は妻がいましたが、私の浮気癖が原因で離婚になっちまいましてね。

” 私:”そうなんですか。

” 男性:”旦那さんも男性ならわかるでしょう。

たとえ妻がいても魅力的な女性がいたら抱きたくなるんですよ。

で、他人の妻に手を出して、しかも妊娠させちゃってね、それが相手の旦那さんとうちの妻にバレて結局離婚になっちゃったんですよ。

最近はもう頭がこんなんで、女性に相手にされなくなっちまったんです。

“男性は、禿げかかった頭をなでながら話しました。

男性:”でもね、この歳になっても性欲だけは人一倍なんですよ。

魅力的な女性が胸を揺らして歩く姿を見るとたまらなくなって、少しも勃たなかった部分が勃ち上がるんですよ。

そんな時はトイレでオナニーするなんて安っぽいことしませんよ。

勃ってしまった自分自身を相手にして、存分に肉欲を満たすんですよ。

” 私:”そ、そうですか…でも、相手が既婚の女性で旦那さんや子供が一緒だったら、そういうことはできませんよね?” 男性:”いやいや、そんなの気にしませんよ。

むしろ子持ちの既婚女性なんて、ぷにぷにしてて最高なんですよ。

もしもの時には、力づくで奪われてしまうかもしれないという話だけど、その男性の発言に私は黙ってしまった。

男性はさらに私の妻について褒め言葉を言い、大きな胸と美しい肌を褒め称えた。

妻は身をよじって姿勢を変えていたが、それは男性から胸がよく見えるように体を適度に移動させるためで、男性が私から妻を奪うことを匂わせているのに、無意識のうちに男性を誘ってしまっていたのかもしれない。

おそらく男性からは、乳首まで見えているかもしれない。

男性は妻のそんな態度にさらにスケベな笑みを浮かべた。

そして、ふと目を下に向けると、男性の手が妻の膝の上に置かれていた。

子供を利用して妻の隣に座らせたことや、妻が胸元を隠そうとしなかったことから、私たちの趣味について確信を持ったのだろう。

男性は最後に私に対して妻を抱かせてくれと言った。

男性は私に見せつけるように妻の膝を指差した後、今度は太ももをさすり始めた。

妻はその手を払わずに顔が赤くなり、呼吸も荒くなっていた。

もし私がこの状況を放っておけば、それはもはや黙認となってしまうだろう。

男性は私と妻を関係させることができると思っているに違いない。

男性はさらに私の反応を試すように、妻の太ももの奥までさするようになった。

私にとっては、これが男性を排除する最後のチャンスだった。

私は妻を寝取らせる覚悟は持っていない。

妻を守らなければならないのだ。

しかし、男性は中年太りではあるが体は大きく、必要ならば力づくで私から妻を奪うと意味ありげに匂わせている。

私は体が細く、男性としては貧弱な部類だ。

暴力では間違いなく負けるだろう。

車内はガラガラで、助けてくれる人もいない。

私の股間は完全に硬くなり、非常に興奮していた。

しかし、私は勇気がなく、興奮しすぎていたため、男を追い出すことができなかった。

男は私の様子を見て満足そうに笑顔を浮かべ、妻のスカートの中に手を入れた。

おそらく彼は私を嘲笑っていると思った。

男は言った、「お前の妻をいただくぞ」と。

間もなく、妻の股間から濡れた音が聞こえてきた。

夫である私と子供の前で、男は妻の性器を触り、妻は感じていた。

子供は母親が男に触られているのを不思議そうに見ていたが、私は何も言えなかった。

男は私の反応を楽しんで、妻の性器を刺激していたが、やがて独り言を言った。

「そろそろ挿入しようか」と。

男「僕、おじさん気持ち良くなってもいいかな?」息子「うん、いいよ、どうしたらいいの?」男「僕は何もしないから、お母さんにしてもらうからね」息子「そうなの?」男「うん、お母さんももう準備ができてるみたいだから、僕そろそろ挿入したいんだ」息子「ふ~ん」子供には何のことか理解できなかっただろうが、それはとてもはっきりとした言い方だった。

男「ところで僕、電車の一番前だと車掌さんの席がよく見えるんだ」息子「えっ本当?」男「本当だよ、ちょっと見てこなよ」息子「わ~い、パパ~一緒に見に行こ~」妻は男に彼女の肉体を奪われるかもしれない瀬戸際にいるのに、息子は無邪気にはしゃいでいた。

男の目的は明らかだった。

私と息子を遠ざけて、妻と二人っきりにすることだ。

眼前には妻が男に性器を触られ、時折反応していた。

私が今、子供と一緒に座席を離れると、男性はさらに大胆な行動をすることが明らかでした。

息子が私を急かし、男性が言いました。

「ほら、旦那さん、息子さんが行きたがってるよ」私は黙っていました。

男性はますます荒々しいトーンで言いました。

「何やってるの?早く行かないと」男性は欲望の極限に達し、私はついに言いました。

「じゃあ、ママ、ちょっと拓海と一緒に景色を見に行ってくるね」妻は「ええ」と了解しました。

それが妻を物にする瞬間であり、妻もそれを了承しました。

息子は「わ~よく見えるね、車掌さんカッコいいね」と喜んでいましたが、正直なところ、私は頭が空っぽでした。

今頃男性は妻に対して何をしているのだろうか。

妻の胸を思い切り揉みしだいたり、妻の妊娠可能な状態を確認したりしているのだろうか。

それとも激しいキスを交わして、妻に自分の女であることを自覚させているのだろうか。

私は2人の様子を見たいという強い衝動に駆られました。

「拓海、ここで一人で待っていられるかい?」と私は息子に尋ねました。

「うん」と息子が答えました。

「じゃあパパはちょっとママのところに行ってくるけど、ちゃんとここで待ってるんだよ」と私は言いました。

息子は「は~い」と言いました。

私は足が震えているのを抑えながら、恐る恐る妻たちの様子を見に行きました。

男性に気付かれないように、隣の車両からそっと覗き込むと、男性は妻を膝に乗せて胸の谷間に顔を埋めていました。

私は反射的に二人の行為を止めようと思いましたが、足がガクガク震え出し、その場で崩れ落ちてしまいました。

私には、男性が自分の女と情事をしている最中に邪魔をする権利などありません。

男性が妻の体を貪っている間、私には何もできず、ただ茫然と立ち尽くすことしかできませんでした。

ただし、唯一の救いは、二人がまだ交わることがなかったことでした。

しかし、しばらくすると、男性が私に気づきました。

そして、男性は再び不快な笑顔を浮かべ、自分のズボンのチャックを開き、自身の性器を取り出しました。

そして、それを私に見せつけました。

勃起したその性器は、非常に大きかったのです。

「あんたの妻に生で挿入してやる」とまさにその意志表示でした。

男性は妻を膝の上に乗せたまま、私の方に向かわせました。

そして、私が目撃していることに気づいた妻は驚きの表情を浮かべました。

しかし、それでも私から目をそらすことはありませんでした。

すぐに男性は自分の性器を妻の性器に当てがい、ゆっくりと挿入していきました。

もちろん、避妊具を使用せずに生で挿入する行為です。

妻は男性のペニスの大きさに驚いた様子で少し混乱していました。

しかし、すぐに覚悟を決めたようでした。

苦しそうな顔をしながら、妻は挿入される生のペニスを見つめていました。

男性は巨大なペニスが妻の体と調和するように、焦らずゆっくりと挿入を続けました。

そして、巨大なペニスが妻の体内に完全に収まると、妻の体は大きく反り返り、ビクンビクンと痙攣しました。

妻の痙攣が収まるまでしばらくの間、男性は動かずに静止していましたが、やがて男性はピストン運動を始めたのです。

それはまさに生殖行為そのものでした。

妻は涙を浮かべながら、忍耐強く快感に耐えているようでしたが、男性は勝ち誇ったようにニヤリと笑い、妻を振り向かせてディープキスしました。

妻は男性に逆らうことなく、それを受け入れました。

男性はその後も欲望のままに妻を強姦し続けたのです。

やがてピストン運動が激しくなり、男性は妻の腰に手を当て、激しく腰を振り始めました。

そして、妻を私の方に向かせるかと思うと、すぐに妻の中に射精し始めました。

妻は涙を流しながら、男性の精液を受け入れ、その間ずっと私の目を見つめていました。

ある男性は、妻の首筋をペロッとなめてから、私を嘲笑うような笑みを浮かべながら妻を妊娠させました。

男性が妻の中に射精した後、私は非常に脱力感を感じました。

足元がおぼつかずにフラフラと息子のもとに戻りました。

私は妻を寝取られた哀れな男性としての姿でした。

息子はずっと車掌室からの眺めを見ていました。

その後も男性は妻を犯し続けましたが、男性の欲望が収まったのは最初の射精から2時間後でした。

終着駅に近づく頃、男性が私たちのもとにやってきました。

男性は言いました。

「車掌さんの席からよく見えたかい?」息子は答えました。

「うん、とってもよく見えたよ。」

男性はうれしそうに言いました。

「よかったね、ボク。」

息子は追加しました。

「うん、おじさんは気持ちよくなれた?」男性は満足そうに答えました。

「そりゃあもう超気持ちよかったよ、ママの中に7回も出しちゃったよ。」

そして今度は私に話しかけてきました。

男性は言いました。

「奥さん、御馳走様。」

私は黙っていました。

男性は続けました。

「奥さん、いい乳だし締り具合も最高だね。」

私はまだ黙っていました。

男性は話を続けました。

「今日は危険日だっていうから、玉ん中カラになるまで出しちゃったよ。」

私はまだ黙っていました。

男性は強く言いました。

「もしできてたら、産ませてね。」

私はまだ黙りました。

男性は更に言いました。

「聞いてんの?ちゃんと産ませろよ。」

私は頷きました。

「はい。」

男性は言いました。

「俺の女とセックスするなよな。」

私は再び頷きました。

「はい。」

そして男性は電車から降りていきました。

その後、妻のもとに戻ると、一応服は着ていましたが、胸元は大きく開いており、色気に満ちた姿は、誰が見てもセックス直後の姿でした。

それを見た私は、非常に悔しさと、今まで経験したことのない興奮に襲われ、すぐにトイレに駆け込みました。

そして、自らの手で射精しました。

妻と交わるのではなく、自らの手で処理しました。

それは、自己防衛のためであり、他の男性のものになった妻と交わることを本能的に避けた結果でした。

やがて、終着駅に到着しました。

息子「お父さん、お母さん、早く行こうよ」 私「はい、バスに乗り遅れちゃうから急がなきゃ」 妻「拓海くん、リュックちゃんは持った?」 息子「持ってるよ」妻は時折立ち止まり股の間を握っていました。

おそらく妻は尿漏れをしていたのでしょう。

息子が妻の手を引っ張って歩いて、何とかバスに間に合いました。

バスの中では少し気まずい雰囲気が流れましたが、無邪気に喜んでいる息子のおかげで徐々に普通に話すようになりました。

ただ、あの中年男性のことには一切触れることはありませんでした。

温泉旅行の後も、私と妻はあの日のことについて一切話すことがありませんでした。

こうして二人の間でそのことはタブーとなり、妻が妊娠してもお互い中絶を言い出すことができませんでした。

結局、1年後に妻は女の子を出産しました。

愛ではなく、単に肉体関係だけで作られた子供です。

あの男性は今頃どうしているのでしょうか。

おそらく他にも被害を受けた女性がいるのだろうと思います。

何よりも、あの日以来男性が現れないことから、他にもたくさん女性がいるのだと思います。

そして私は毎日真面目に働き、男性が言った通りに妻に手を出すこともなく、あの中年男性の子供を育てているのです。