【人妻体験談】Dカップのセックスレス人妻に中出しした!

人妻体験談

僕は現在マンションで一人暮らしをしているんだけど、最近隣に住んでいる3階の奥様と意気投合してしまったんだ。

僕が一人暮らしをしていることを知っているので、彼女からの誘いには驚きました。

僕のマンションは8階建てで、総戸数は32戸ほどの小規模なもので、偶然エレベーター待ち中に奥様が

「今日は暑いですね~一人暮らしですか?」

と声をかけてきたんだ。

僕は

「え~、一人暮らしですよ。帰ったらビールを飲んで寝ますw」

と答えると、

「ビール一人じゃ寂しいですよね~」

と誘ってきました。

 

僕は思い切って

「奥さんの所でご馳走になりますか?でも旦那さんに怒られちゃいますよね」

と言ってみたところ、

「今日は旦那さんがいないので大丈夫ですよ。子供は夏休みで母親の元にいるんです」

と彼女が答えました。

 

「今からいらっしゃいませんか?一人でビールを飲むよりは楽しいかもしれませんよ」

とさらに誘われ、

僕は

「了解しました~着替えたらお伺いしますね」

と返答しました。

 

さっそく、

僕は部屋に戻りシャワーを浴びてから彼女との約束の場所に向かいました。

 

ピンポンを押すと、

そこにはTシャツとスウェット姿の彼女が現れました。

彼女は胸が大きく、

いつもムチムチしたジーパンを履いて保育園に子供を送り届けているそうです。

 

今回はリラックスしたスウェット姿でお出迎えしてくれました。

彼女の家に入ると、子供の物や旦那の物がいろいろとあったけれど、それなりに整理されていました。

 

すぐにビールを飲み始め、彼女の家庭の愚痴などを聞きながら楽しく会話をしていました。

結構飲んで帰ろうとすると、

「まだ大丈夫じゃない?」

と言われ、なかなか帰す気配がありませんでした。

だんだん話題は旦那さんや彼女との関係になり、

「へ~、旦那さんとはあまりエッチしないんですか?出会い系サイトを利用しているんですか?」

と僕が尋ねると、

彼女は

「あまり使わないんですよ~。携帯も古い型で画面も小さいし、パソコンも使いこなせないんです」

と答えました。

「じゃあ、欲求不満になったりしないんですか?」

と尋ねると、奥様の態度が一変しました。

「そうなの!私でもこの年齢でも欲求不満になるんですよ!私がおかしいのかしら?」

と心配そうに言います。

「いや、そんなことはありませんよ」

とおっしゃるものですから、私は困り果てました。

 

すると、奥様は一気に話題を彼女とのセックスに変えました。

「まぁ、それなりに楽しんでいますよ。普通のカップルなので」

と答えますと、奥様は羨ましそうに言います。

 

「そうなんですか~、若いといいですよね~」

「それにしても暑いですね~」

「クーラーを入れましょうか?それとも…」

ところが奥様は突然Tシャツを脱ぎだしました。

 

「汗をかいたので、着替えてくるわ。ちょっと酔っぱらった感じですね~」

私はもう帰るつもりでしたが、

奥様はシャワーを浴びるために風呂場に入りました。

 

そして、奥様からの声が聞こえてきました。

「あなたも一緒に入りましょう?うふふ」

というのです。

私は我慢できなくなり、

すぐに服を脱いで奥様のいる風呂場へ直行しました。

そこには、綺麗な白い肌の奥様がシャワーを浴びていました。

私が入ると、すでに勃起している私のペニスを奥様が一気に握りました。

そして、すぐに口に入れてディープなフェラチオを始めました。

奥様の胸を触ると、大きな胸がプルプルと揺れ動いていました。

奥様はフェラチオをしながらもがき苦しんでいました。

フェラチオを終えると、

奥様は私を浴槽の縁に座らせ、自分の腰を沈めて入れてしまいました。

 

「この感覚!久しぶりです!」

と奥様は言いながら腰を上下に動かしました。

 

私は立ち上がってバックで突き始めると、奥様の胸が上下に揺れ動きました。

「もっと突いて!思い切り来てください。そう、そこのところを突いてください」

と奥様は卑猥な言葉を連発しながら胸を揉みました。

奥様は片手で自分の大きくなったクリトリスを激しくこすりました。

「あぁ、久しぶりにイキそうです。

あっ…もう…ダメ…イッちゃいます」

と言うと、身体が震えてビクビクとなりました。

 

私もすぐに引き抜こうとしましたが、

奥様は突然振り返り、私の口にカポッと入れました。

私の勃起したペニスから精液を吸い出すように、奥様がしゃぶりました。

「おいしいわ。

久しぶりに飲んだものです。

何年ぶりかしらね~」

その後、

しっかりとシャワーを浴びて、美しいベッドルームに移りました。

そこで

私は正常位で激しく挿入しました。

彼女は「気持ちいい、気持ちいい」と連呼しました。

私が

「旦那さんに言いますよ」

と言ったところ、

彼女の膣がしっかり締まり始めました。

 

「やめて、旦那には言わないで…はぁ?そこそこ…そこを突いて」

と言いました。

私は「奥さん、もうすぐイクよ。出すよ」

と言うと

彼女は

「中でいいの」

と言いました。

 

「えっ?」と思いましたが、

イク寸前に引き抜けばいいと考えました。

 

そして激しく突いていくと、イク寸前でした。

「奥さん、イキますよ」

と言うと彼女は脚を後ろで交差させて私のペニスが抜けないようにしました。

 

そのまま彼女に

「中で出して!」

と言われ、精液を大量に注ぎ込んでしまいました。

奥様の顔は色っぽく、一人の女性として性行為を楽しんでいるように見えました。

 

引き抜くと、精液と愛液が混じった白濁液が彼女の膣から滴り落ちていました。

「奥さん、とても気持ちよかったですよ。

旦那さんが羨ましいですよ」

「旦那とはこんな激しいことはしないわ。

また来てくれるって約束してくれる?」

と彼女は言いました。

 

「いつでも大丈夫ですよ、奥さん」

と私は答えました。

そして私たちは再び一緒にシャワーを浴び、

何事も無かったかのように玄関を後にしました。

お互いの携帯番号を交換し、週末に備えることにしました。

 

人妻、もしくは若妻の濃密さを味わってしまうと、普通の若い女の子では満足できなくなるような気がしました。

もちろん若い子もいいですけどね。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

関連ページ

【人妻体験談】人妻の元カノにフェラ!クンニから騎乗位セックス

【人妻体験談】27歳、同僚の既婚女性(人妻)とオフィスで毎晩セックス

【人妻体験談】同じマンションのBカップ妻のエレベーターで誘惑された

【人妻体験談】同僚の美人妻を盗撮!オフィスで騎乗位から顔射

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!