【人妻体験談】27歳、同僚の既婚女性(人妻)とオフィスで毎晩セックス

人妻体験談

オフィスでの出来事ですが、私は最近、同僚の奈津美と深い関係になりました。

奈津美は総合職で、27歳でありながら既婚者です。

ご主人は弁護士で、子供のいない典型的なDINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ)夫婦です。

私は34歳で、妻は都市銀行で働く総合職であり、子供もいません。

私たちは似たような状況であり、「夫婦で過ごす時間が少ない」と話し合っていました。

 

ある夜、私たちは二人きりで残業しているときに、

奈津美が疲れていたのか、机の上で居眠りを始めました。

私はこれが時々あることなので、

気にせずに自分の仕事を黙々と片付けていきました。

しかし、1時間たっても奈津美は起きませんでした。

 

奈津美が疲れているなと思い、横を見ると、

椅子に腰掛けた彼女のお尻の重さと、

スカートから伸びた太めの腿が目に飛び込んできました。

 

私は静かに彼女の背中に手を置いてみましたが、

奈津美は気づきませんでした。

そっと手を背中に進め、お尻に触れました。

 

スカート越しに体温が伝わってくる感覚に、

私は甘い興奮を抑えきれませんでした。

手のひらに力を込め、奈津美のお尻の弾力を感じながら、

指でかすかに浮かび上がるパンティーラインをなぞりました。

 

もう一方の手は、彼女の膝を撫でながら、

内ももを撫でるようにしてスカートの中に入れました。

 

柔らかな温かさと湿気感が刺激を誘うように感じられました。

 

足を少し開かせ、

人差し指で股間の柔らかい部分を押すと、

奈津美は「うっ…うぅーん」と反応しました。

 

驚きましたが、

彼女はまだ寝ぼけているようでした。

私はすぐに手を引っ込め、再びパソコンに向かいました。

奈津美も起きて仕事を始めました。

 

30分後、

「先輩、メールを送ったので読んでください」

と奈津美が言いました。

私は彼女が隣にいるのに声をかけなかったことに疑問を感じながら、

画面を開くと、こんなメールが書かれていました。

 

「先輩、 さっきの続きをどこか静かな場所で行ってください」

と言われた瞬間、奈津美は納得そうに頷きました。

 

二人はホテルに向かい、

疲れきってベッドに倒れ込むように横になりました。

 

お互いに服を脱がし合います。

私が奈津美のブラウスを脱がすと、

奈津美は私のワイシャツを脱がします。

奈津美のタイトスカートを下ろすと、

私もズボンを下ろします。

 

ブラジャーを取ると、

奈津美の小さいけれども美しいおっぱいが露わになりました。

乳首は茶色がかったピンク色で、

それをゆっくりと口に含んで舌でなめると、

奈津美の体がビクッと反応します。

 

おっぱいをもみながら、

舌はおへそを経由して股間に進みます。

パンティーの上からクリトリスを刺激すると、

奈津美は私の頭を彼女の太ももで強く抱きしめます。

 

それをなんとか払いのけて、

奈津美の足を思い切り上げてパンティーを脱がせました。

彼女の陰毛は柔らかくて細い感じでした。

奈津美を四つんばいにさせ、

後ろから女性器全体を舐め上げました。

その際、彼女のお尻は私の手に震えながら掴まれています。

 

舐めながら下半身を奈津美の顔に近づけると、

彼女は私の男性器を欲望に駆られるように咥えます。

激しく顔を前後に揺らしたり、

横から舐めたり、

唾液で濡れた亀頭を刺激したり、

袋の裏を軽くなでたりします。

 

私も奈津美の陰唇をかるく噛んで引っ張り、

クリトリスに熱い息を吹きかけながら、

舌をとがらせて膣に挿入し、

中を掻き回します。

 

奈津美は、

おちんちんを咥えたまま喘ぎ声を上げます。

しばらく離れて、

私はあぐらをかいた姿勢で奈津美を前から抱き寄せるのです。

 

私の足をまたいで、

ゆっくりと奈津美の腰がおちんちんの上に沈んでいく様子があります。

 

おちんちんはじわりと奈津美の中に入っていきました。

奈津美は感じて、

「あぁっ」と短い声を上げました。

 

奈津美の小柄な体を抱きしめ、

ひざの上で跳ね上げるように動きます。

おちんちんは奈津美の膣の中を突きます。

「先輩、とても気持ちいいです。あぁぁぁぁぁ

」と奈津美は言います。

奈津美は想像以上に感じやすい女性のようでした。

「あっ、いいです。当たってます、奥に当たってます…」

と言いながら、

「先輩、もっと、もっと、もっと」

と求めます。

私もその要求に応じて、

奈津美を一層激しく突きます。

「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」

と奈津美は声を出しながら、

首に手を固く巻きつけ、

自らも腰を前後や上下に動かし始めます。

 

そのくねくねした動きはとても刺激的で、

私もますます激しく奈津美を突きます。

奈津美のおっぱいは激しく揺れ、

私の胸板にも感触が伝わります。

 

腕を振り解き、

奈津美のおっぱいをちゅーっと吸うと、

彼女は

「噛んでください。先輩、噛んでください」

とおねだりします。

私はそのおねだりに応え、

おっぱいを噛んであげました。

 

奈津美は

「出してもいいですか?奈津美ちゃんの中に」

と言います。

私は

「出すよ。中に出すよ」

と答えます。

「あぁっ、先輩。あぁっ、先輩。あぁっ、あぁっ…先輩」

と奈津美も言います。

お互いを呼び合いながら、二人は絶頂に達しました。

 

それ以来、私と奈津美は週一回ほど、

会社帰りの深夜にセックスをする関係になりました。

 

奈津美のご主人は出張が多く、

家をあけているため、

私の妻は銀行で忙しく疲れ果てており、

私が帰宅するといつも寝ています。

私たちはお互いに満たされない身体の欲求を割り切って解消しています。

 

最近では、かなり変態的なこともしています。

 

例えば、

お互いのオナニーを見せ合ったり、

ロープを使ったりしています。

昼間はビジネススーツを着こなす奈津美がこんなに乱れるのに驚くほど、

奈津美はセックスに貪欲です。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

関連ページ

【人妻体験談】Dカップのセックスレス人妻に中出しした!

【人妻体験談】人妻の元カノにフェラ!クンニから騎乗位セックス

【人妻体験談】同じマンションのBカップ妻のエレベーターで誘惑された

【人妻体験談】同僚の美人妻を盗撮!オフィスで騎乗位から顔射

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!