【人妻体験談】人妻の元カノにフェラ!クンニから騎乗位セックス

人妻体験談

先週、私は5年ぶりに高校の同窓会に参加しました。

幹事をしている人が、何故か「5年に一度」という不思議なルールを設けているようで、前回の開催は私たちが25歳の時でした。

同窓会には30歳になった同級生の半数以上が既婚者であり、女性のうち7〜8割は既婚者でした。

同窓会は金曜日の19時から始まる予定でしたが、私の仕事は19時には終わらないため、私は20時半頃に到着しました。

会場は小さなレストランを貸し切っていて、私が到着した時にはもう終わりの雰囲気が漂っていました。

私はお腹もすいていたので、少し食事をして、1次会は30分ほどで終了しました。

しかし、まだ帰る人は少なかったので、2次会が近くのカラオケで行われることになりました。

久しぶりに会う同級生と話しながら歩いていると、元カノの姿が目に入りました。

私たちは3年前の夏から交際を始め、大学1年の冬に別れた関係です。

お互いの友人との関係が楽しかったため、だんだん会わなくなり、そして別れることになりました。

彼女と目が合ったので、「久しぶりだね」と話し、しばらくぶりに会話をしました。

彼女は前回の同窓会には出席していなかったので、話では聞いていましたが、彼女は既に結婚しており、子供もいることがわかりました。

私たちは子供の年齢やまだ結婚していない理由などを話しながら歩いていました。

私には年下の彼女がいますが、まだ結婚に踏み切れずにいます。

「もう決断をするべきだよ」と彼女にはっきり言われながらも、私たちはカラオケに行きました。

参加者が多かったため、私たちは3つの部屋に分かれました。

私はまだお酒を飲んでいなかったため、ほかの人々と違う様子に少し戸惑いを感じました。

その時、仕事先から電話がかかってきたので、外に出て電話をしました。

私は場についていけない気持ちもあり、出席したことがあるだけで満足し、帰ることを考えました。

電話をかけて10分ほどが経ちました。

電話が終わって店に戻ると、なんと元カノがちょうど店の前にいました。

彼女も電話をしていたようで、ちょうど切ったところでした。

「お仕事ですか?」と彼女が尋ねました。

「はい、まぁ~そうですね。

あなたはまだ子供なんですね?」と私が返答しました。

「夫が今日帰りが遅いって言ってたの」と彼女が答えました。

「じゃあ、子供たちは?」と私が興味深げに尋ねました。

「知ってました?うちは2世帯なんですよ」と彼女が教えてくれました。

「夫の両親とですか?」と私が確認しました。

「私の両親とです。

だから心配ないのです」と彼女が安心そうに答えました。

「へぇ~、自由に遊びまくってるんですね」と私が驚きました。

「そんなことありませんよ。

今日も久しぶりに出かけてきたんですから」と彼女が弁解しました。

幸い、私たちは嫌いになって別れたわけではなく、普通に会話をしていました。

元カノは10年前に比べてかなり年を取った印象だったので、ちょっとぽっちゃりしているように見えました。

とはいっても、太っているわけではなく、昔はかなりスリムだったんです。

初めて彼女の裸を見た時、私は思わず目が見開いてしまいました。

彼女の腕や足は細く、まるで細い棒のようでした。

全く余分な脂肪がないスリムな体に、不釣り合いなほどの豊満な胸が目立っていました。

彼女は痩せているのにCカップの胸を持っていて、普通のCカップよりも大きく見えました。

まるでエロアニメのキャラクターのようなスタイルで、痩せているのに胸だけが大きかったんです。

しかし現在では普通に脂肪がついてきたようで、胸はさらに大きくなっていました。

「そういえば、あなた太ったね」と私が言いました。

「えぇ~、言わないでよぉ~。

子供を産んでから大変だったんだから」と彼女が嘆きました。

「ダイエットしたの?」と私が興味津々で聞きました。

「はい、今よりも10キロぐらいあったんですよ」と彼女が答えました。

「でもまぁ~、今の方が普通じゃない?昔は痩せすぎだったから」と私が彼女の体型について意見を述べました。

「そうかなぁ~。

昔は本当に痩せすぎだったかもしれないけど、今の自分にはちょうどいいと思っているの」と彼女が考えを述べました。

まだ努力していますが、もう1つの方法を試してみることはできませんか? 「じゃあ、得意な騎乗位で頑張ればどうですか?」と友人が言いました。

私は懐かしいけれど、それは無理だと答えました。

友人は「なんで?夫との関係が悪いの?」と尋ねました。

私は「そんなことじゃないけど、家には子供も親もいるから」と答えました。

友人は「へえ~、でもこっそりやるのが好きそうだから?」と笑いました。

私は子供や親がいる場面では緊張するので無理だと答えました。

そんな話を笑いながらしていました。

彼女の騎乗位は非常に激しく、まるでラテンの血が流れているかのような腰の振り方でした。

彼女は自分勝手に腰を振り、昇天し、そしてすぐに再び腰を振り始めて昇天し…というような感じでした。

何度も何度も小刻みに昇天し続け、最後には我慢し続けて深い絶頂に達するような女性でした。

しかし、それは騎乗位に限った話で、フェラなどはあまり得意ではありませんでした。

元カノと別れて付き合った女の子は、非常に上手で感動しました。

今になって思えば、彼女のフェラは普通のレベルに過ぎませんが、元カノの下手さに驚いたと言いたいのです。

私と元カノが付き合っていたことは周知の事実なので、彼女たちは訪ねて来ては「お邪魔しましたぁ〜」と言って帰ります。

何人もの人が訪ねてくるので、仕方なく私たちはカラオケに戻りました。

カラオケには約3時間ほどいて、終電の時間になってからゆっくりと帰り始めました。

半数ほどになってもまだカラオケは続き、次に居酒屋に移動しました。

私たちはとにかくタクシーで帰ればいいと思っていたので、ゆっくりとお酒を飲むことにしました。

元カノも久しぶりの外出だったため、約10人で飲んでいました。

お酒を楽しんでいるうちに気が付けば2時近くになってしまいました。

全員がタクシーで帰る予定でしたが、同じ方向に向かうグループに分かれて乗っていきました。

しかし、なぜか私と元カノだけが「昔を思い出しながら2人で帰ろう」と言われ、私が元カノを送ることになりました。

実は私たちは全く逆の方向に向かっていたので、最初は嫌でしたが、元カノが私に抱きついて「よろしく〜」と笑って言ったので、抵抗できませんでした。

昔よりも大きくなった巨乳に圧倒されたことがあります。

その時はタクシーに乗っていて、色々な話題で盛り上がっていましたが、徐々に興奮が高まってきました。

美しいミニスカートから伸びたスラッとした脚、そして先ほど触れた巨乳の感触。

私の興奮に彼女は気付いていないのでしょうか?元カノは無防備に触ってきます。

我慢できなくなった私は太ももに手を置いてみました。

でも、元カノと一緒にタクシーに乗っているとき、彼女は嫌がるかもしれないと思いましたが、実際は笑顔で私の手を払いのけることもありませんでした。

私が彼女の太ももを触ると、彼女は私を見つめて照れた表情を浮かべました。

私は以前の経験から、この表情は彼女が興奮していることを意味しているのだと思い出しました。

私は勢いに乗って、昔の会話を続けながら彼女のパンツの上から陰部を触りました。

彼女の熱っぽい陰部を強く押したり、クリトリスを刺激したりしてみました。

その結果、彼女は私の腕にしがみつきながら、巨乳を押し当てて必死に声を抑えました。

私は彼女の手を取り、彼女自身の股間に導きました。

すると彼女は私を見上げながら官能的に自分の股間を弄り始めました。

お互いにお互いの股間を弄り合う状況になり、タクシーの運転手にも気を配らなければなりませんでした。

会話は続いていましたが、やはり状況は少し不自然になっていきました。

私は窓の外を見て、すぐ近くにラブホテルがあることを思い出しました。

しかも、ここは大通りでタクシーも頻繁に通ります。

ですから、すぐにタクシーを拾えるだろうと瞬時に思いました。

「そこのコンビニで降ります」と運転手に伝え、元カノは「えっ?」と驚いた表情を浮かべました。

料金を支払い、私は元カノを連れてラブホテルに向かいました。

最初は彼女が「どこに行くの?」と尋ねてきましたが、途中からは何も言わずに私の腕に抱き付いたままでした。

都内は都市部であり、終電が終わっているにも関わらず、まだ人々が歩いていました。

そのため、私たちはキスすることができず、無言のままホテルに入りました。

部屋に入った瞬間、私は元カノの唇を力強く奪いました。

元カノも積極的に抱きつき、舌と舌を絡ませるように激しく舌を動かしてきました。

キスしながら、私は元カノの大きな胸をたくさん揉み、そのまま太ももの間に手を入れてアソコを強く押しました。

元カノは壁に背中を預け、舌をしゃぶり、太ももでアソコを擦りつけてきました。

昔よりも擦りつけ方がエスカレートしていて、私は興奮しました。

そのままベッドに移動し、元カノを押し倒し、忙しく巨乳を揉みながらキスしました。

シャツを脱がせようとしましたが、「シャワーがしたい」と言われましたので、一時的に中断しました。

その間、キスをしながら時間を潰しました。

数分後、元カノが風呂から消えたので、私も全裸で入っていきました。

体は少しだけたるんでいましたが、それほど醜い体ではなかったので、特に恥ずかしいとは感じませんでした。

勢いよく風呂に入っていくと、私が入る瞬間に元カノが「んきゃっ!」と変な悲鳴を上げました。

どうやら彼女が体を洗っていた時で、全身が泡だらけだったようです。

彼女は必死に体を隠しながら断りました。

「まだ待っててよっ!」と。

しかし、私は彼女の抵抗を無視して抱き付きました。

「だって、子供を産んでから変わったから・・・」と彼女が言いました。

「妊娠線とか?」と私が尋ねました。

「うん・・・だから見せたくないの・・・」と彼女は答えました。

「大丈夫だよ、前に付き合っていた子にもあったから」と私はウソをついてあげました。

実際にそのような経験はありませんが、彼女を安心させるために言いました。

「どれどれ、見せてみな?」と私は明るく振る舞いながら彼女のお腹を見ました。

私たちのお腹には、スイカのような模様がありましたが、その模様は予想よりも薄くて特に驚くことはありませんでした。

私は「そんなに目立たないし、薄くても問題ないよね?」と言いました。

彼女は「でも、気になるかな?」と言いました。

私は「全然問題ないよ」と答えました。

彼女はそれで安心したのか、私たちは一緒にお互いを洗ったり、冗談を言いながらお風呂に入りました。

以前付き合っていた女性はもともと陰毛が薄かったので、足を広げてみると、性器がはっきり見えます。

「昔よりも外陰部が大きくなった?」とか言いながら、私は好きなクンニ(性器を口で刺激する行為)をしました。

最初は控えめだった喘ぎ声もすぐに本気になり、彼女は縁に腰をかけながら大胆に脚を開いて中途半端に叫びました。

彼女がそんなに感じるのかと尋ねると、彼女はクンニなんてもう何年もやっていないと答えました。

子供が産まれる前も、彼女の旦那はあまりクンニをしてくれなかったので、ずっとクンニを受けたことはありませんでした。

クンニを受けたかったのかと彼女の性器を舐めながら尋ねると、「舐めてもらいたかったのぉ~」と絶叫しました。

私はクリトリスを強く吸いながら、膣に指を少しだけ入れると、彼女は簡単に絶頂しました。

お返しに昔下手だったフェラチオを始めました。

亀頭を舐められていると「人妻に舐められている」と思うと興奮します。

しかし、私が一番興奮したのは、元カノのフェラチオのテクニックが格段に上がっていたことでした。

とても上手で、焦ってしまいました。

「お前すごく上手だよ、旦那に教えられたの?」彼女は「うーん、そうかもしれない…うちの夫は私のことが好きだから」と言いながら、舌で刺激する手つきをじっくりと見つめ、本当に風俗嬢のようなテクニックを楽しんでいました。

「それじゃあ、舐めながら自慰してごらん」と私は言いましたが、彼女は不満そうに言いながらも従順に自慰を始めました。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

関連ページ

【人妻体験談】Dカップのセックスレス人妻に中出しした!

【人妻体験談】27歳、同僚の既婚女性(人妻)とオフィスで毎晩セックス

【人妻体験談】同じマンションのBカップ妻のエレベーターで誘惑された

【人妻体験談】同僚の美人妻を盗撮!オフィスで騎乗位から顔射

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!