媚薬で犯した体験談!友人の母親に媚薬を飲ませて中出しセックスした

今回は、高校3年生の時に実際に経験した出来事を紹介したいと思います。

当時、私はヤンキーの先輩から特定の薬を購入させられました。

そして、私は仲の良かったクラスメイトである晴彦(仮名)の母親である香苗さん(仮名)にその薬を試してもらうことにしました。

香苗さんは晴彦を17歳で出産したため、年齢的には私とはオバサンというよりもお姉さんといった感じの女性で、ルックスも辺見えみりに似たかなりの美人でした。

香苗さんは私と晴彦の家から車で約10分のレンタルビデオ店で働いていましたので、計画を立てやすい存在でした。

晴彦は国立大学受験のために毎週4日(月水金土)塾に通っており、週末は塾から直接私の家に泊まりに来るのが定番でした。

計画は晴彦が私の家に泊まる予定とし、晴彦の父親である長距離運転手が仕事で不在の時に実行することにしました。

実行の日、私は自分の両親に晴彦が泊まりに来ることと、私のバイトが終わるのが遅くなるので晴彦に食事をして待っていてほしいと連絡しました。

そしてレンタルビデオ店に向かいました。

香苗さんの仕事終わりの時間は以前から把握していたので、わざとらしく「こんにちは!」と声をかけてみました。

「こんにちは!今日は晴彦が泊まりに来るんですよね?ごめんなさい、いつも迷惑をかけています」「いえいえ、私もいつも呼びつけてすいません」「何か借りに来たのですか?アダルトは貸しませんよ(笑)」「いいえ、違いますよ(汗)何か適当に借りようかと思って…それにこれから晴彦を迎えに行く予定です」「えっ!どこに?彼の家に行くのですか?」「そうです」「じゃあ、私ももう終わりなので車で一緒に行ってもいいですか?」「お願いします」予想通りの展開でした。

私は香苗さんの車に乗り、晴彦宅まで約10分の間、世間話をしながらずっと薬を使用するタイミングを考えていたので、何を話したのかはよく覚えていません。

ただ、「晴彦に彼女はいるのか?」という質問をしつこくされたことだけは覚えています。

晴彦の家に着いた私は、リビングでコーヒーをいただきながら世間話を続けていました。

その間、私は薬を投与するタイミングを狙って、「晴彦は通常何時ごろに終わるのですか?」と聞きました。

「予定表を見てみましょう」と香苗さんは席を立って予定表を取りに行きました。

その隙に、私はコーヒーに薬を4滴入れました。

「約19時ごろだそうです」と香苗さんが戻ってきました。

「まだ2時間ほどありますね(汗)」「大丈夫ですよ、ゆっくりしていてください」と香彦さんは心配そうに言いました。

私は約20分間様子を見ましたが、香彗さんには何の変化もありませんでした。

さらに、香彗さんの飲み物に5滴入れることに成功し、また20分ほど様子を見ましたが、まったく変化がありませんでした。

諦めかけた時に、香彗さんがトイレに行くために立ち上がりました。

私はソファーを見ると、大きくはないけれどシミがあるのを発見しました。

その様子を見て興奮して、香彗さんの戻りを楽しみに待ちました。

香彗さんが戻ってくると、私はスカートがハーフパンツに変わっていることに更に興奮し、行動に移しました。

「スカート、やっぱり濡れていたんですね」「気付いていたんですか!?」「何か言いづらい場所だったから笑い」「台所で水をこぼしてしまったので濡れてしまいました」「膝のところも濡れているようですね」「えっ、どこですか?」香彗さんが下を向いた瞬間に、私は香彗さんのハーフパンツと太ももの隙間に手を入れました。

香彗さんは驚いて「何をしているのですか!(怒)」と大きな声を出しましたが、パンティーはドロドロに濡れていました。

私は無言でパンティーとハーフパンツを取り払い、マンコに舌を這わせ、香彗さんが大人しくなるまで舐め続けました。

香彗さんの抵抗がなくなり、時々体がピクッと反応してくるタイミングを狙って一気に挿入しました。

「それはダメです!早く抜いてください!」私は無言で相手をせず、「ダメです!大きな声を出しますよ!」と香彗さんが言いました。

「でも、本当に濡れています。

抜くのは無理です」と私は言いました。

「いいから、抜いて!アッ!ァァァー」と香彗さんの体が痙攣し、マンコが締め付けてきたので、香彗さんがイッたことがわかりました。

身体がピクッと反応していることに気づいた後、着ていた服を脱がせてみると、薄緑のブラジャーが見えました。

透けて見える乳首も確認できました。

私はキスしようとしましたが、相手の香苗さんは避け続けましたので、無理でした。

仕方なくブラジャーをずらし、乳首を舐めたり噛んだりすると、彼女は「もう、やめよ!駄目だよー」と言いましたが、私は止められませんでした。

「舐めてあげるから、お願い!やめて!」と言いましたが、彼女は叫びました。

「イヤっ!アッ!ンーーーーー!」2回目の絶頂と同時に、「出る!!」「駄目!外に出して!!」という彼女の言葉を無視し、中に出してしまいました。

香苗さんは驚いて、私を突き飛ばして風呂に飛び込みました。

私は全裸になり、彼女の後を追いかけて風呂に入りました。

「何したか分かってる!?」と彼女は怒りました。

「スイマセンでした」と私は謝りました。

「いいから、帰ってくんないかな!」と彼女は言いました。

「本当にスイマセンでした」「赤ちゃんができても責任取れないくせにマセてんじゃないよ」「責任は取ります!」「取れないでしょ!」彼女がシャワーを止めて脱衣場に上がってきたとき、私は彼女に抱きつきました。

「やめろ!(怒)」「でも、物凄く濡れてますよ。

まだヌルヌルしてる」「濡れてねーよ!」「どんどん出て来るよ。

音してるし」と私は言いました。

脱衣場と風呂では、ニチャピチャ…と音が響いていました。

香苗さんの表情が変わり、口調も怒りながらも少しずつ変わっていきました。

「やめてって!」「じゃあ、やめる」「あん…やめないで…」「責任取れないから…」「いじめないで(泣)」「ベットに行こ!」「激しくして…」香苗さんはMでした。

ベットに移動して4回中出ししました。

3時間、香苗さんは入れっぱなしで8回イったと思います。

その後、晴彦との関係は変わりませんでしたが、香苗さんは仕事先が異動となり、会うことができなくなりました。

会えなくなってから1年後、高校3年の受験シーズンに入った時、晴彦から「香苗さんが赤ちゃんを産んだ」という話を聞き、香苗さんに会うことにしました。

「ひさしぶりだね!」「ひさしぶりです!晴彦から聞きましたが…」「あの子は○○の子じゃないよ(笑)」「ちょっとごめんなさい」「昔のことだよ(笑)!それより、赤ちゃんを見てくれる?」「はい。」

赤ちゃんはぐっすりと眠っていました。

「そういえば、○○君はHが上手だね。

次の日旦那とする予定だったけど…イカなくて、もう旦那とはしなくなっちゃった(笑)」「あの時は、お互いに興奮していてね(笑)」「本当にかなーり相性がいいと思うよー」「そんな話をすると、また我慢できなくなっちゃうからね(汗)」「我慢しなくてもいいのに(笑)」そう言われ、私は香苗さんに抱きつき、パンティーを脱がせて挿入しました。

1年前と比べると、子供を産んだせいもあり、少し緩んできていますが、その代わりに胸がパンパンで、乳首をつまむと母乳が飛び散るほど吹き出していました。

香苗さんは、とても乱れて、久しぶりのセックスを満喫していました。

そして、香苗さんとの関係は今も続いています。