顔面騎乗の体験談|同僚の人妻に顔面騎乗から顔射した!

人妻体験談

例年私と同僚のMさん(28歳)が担当している研修について、

今年はMさんが都合で参加できなくなったため、

Aさん(36歳既婚女性)とB君(24歳男性)の3人で行くことになりました。

 

私は普段は品行方正であり、何の問題もない社員ですが、実は盗撮マニアなのです。

以前は本屋や電車で逆さ撮りもしていましたが、一度捕まりそうになった経験があり、それ以来はあまり危険な盗撮はしなくなっていました。

そんな私にとって、毎年の研修はこっそりと楽しむための一大イベントでした。

ホテルでのチェックインでは、私が全員の部屋の鍵を配る役割を担当しています。

しかし、Mさんの部屋では、先に入ってベッドが映る位置に時計型の盗撮カメラをセットした後で、鍵を渡すことにしています。

私はバスルームを盗撮したいのですが、適切な位置がないため、ベッドを狙っています。

ただ、残念ながら生乳や裸を撮影することはできていません。

それでも、Mさんの可愛い下着姿は何度も盗撮させてもらっています。

仕事での同僚の盗撮は、活動が減ってしまった私にとって、その刺激とスリルが最高の楽しみでした。

今年はMさんの代わりにAさんが一緒です。

まだAさんを盗撮する機会はありませんでしたので、私にとっては最高のチャンスでした。

Aさんは娘さんがいるママさんですが、

身長はそれほど高くありませんが、

服の上からでも美しいプロポーションが分かるほどバランスが取れており、

特に桐島カレンに似た美人でした。

 

初めて会ったときから、

Aさんの旦那さんが羨ましくてたまらないほどでした。

 

そんな美しい人でありながら、

仕事も素早くこなし、少々厳しい性格の一面もありますが、

男性には全く興味がないというクールな雰囲気も、

私にとっては一番の魅力でした。

 

夕方の研修が終わり、ホテルのレストランで夕食を取ります。

その後、外出して一杯と誘ってみましたが、

例年のMちゃんと同じように断られました。

 

Bを連れていっても楽しくも何ともありませんでしたので、

部屋で缶ビールを飲んで有料テレビを見た後、寝ることにしました。

 

まあ、帰ってからの盗撮の再生が楽しみです。

翌日の昼に研修を終了し、

会社に戻ってBに研修の記録のまとめ方を教えました。

 

定時には仕事を終えて帰宅しました。

Aさんも滅多に外泊しないので、

部屋でビールを飲んで楽しそうにしていました。

 

でも、少し寂しいなと思いました。

でも、私には盗撮があるので、

それでいいやと思いました。

 

早速部屋に戻ると、

撮影したものを再生してみました。

 

最初はAさんが夕食から戻ってきたところから映っていました。

ただ、私のカメラのセットが甘く、

立っていると胸の辺りまでは映るのですが、

肝心の顔が映っていませんでした。

 

まあ、ベッドに腰掛けたり寝たりしていれば顔も映るのですが、

Aさんは紺系のスーツのままで、いきなりベッドに仰向けにドーンと横になりました。

 

タイトスカートの脚も開いていて艶かしいですが、もちろん下着は見えません。

「ふうっ」とか言いながらしばらくその状態でいましたが、

そのうちに立ち上がり、カメラから消えました。

 

おそらくバスルームに行ったようです。

今後の展開に私もドキドキしてきました。

少し残念なのは、

このホテルはビジネスホテルなのにバスと洗面所が独立していることです。

 

もし安価なユニットバスだったら、

ベッドのところで着替えるシーンもあるかもしれませんし、

Mちゃんのヌードなども見ることができるかもしれません。

 

洗面所はかなり広くて、カゴなどもあるので、

そこで着替えてしまいます。

 

遠くでシャワーを浴びている音が聞こえ、

またAさんが戻ってきました。

 

何と、ホテルに備え付けの白いバスローブを着ていました。

Mちゃんはいつも寝るときにジャージを着ていましたが、

今回は初めてです。

 

ホテルのバスローブは膝上までしかなく、

短く感じられました。

 

Aさんは缶ビールを開けてテレビをつけ、

ベッドに座りました。

座った瞬間、膝上丈のバスローブがさらに短く感じられ、

白くて滑らかな太ももが露わになりました。

 

バスローブの紐は腰の辺りで軽く結ばれただけのため、合わせ目が少し開いており、もう少しでその付け根が見えそうな感じでした。

上半身も同様で、

胸の付け根もだらしなく開いており、

ハッキリと谷間が見えていました。

 

私は完全にテレビ画面に釘付けでした。

Aさんがリモコンを操作したり、

ビールを飲んだりするたびに、

バストやアンダーヘアが見えそうな感じになりました。

 

残念ながら決定的な瞬間はなく、

Aさんは画面から消えて、なぜか服を着替えて戻ってきました。

 

そして、ボーっとテレビを見続けていました。

それからしばらく時間が経ち、遠くで音が聞こえたため、

Aさんが立ち上がり、画面から消えました。

 

特に何の期待もしていないまま画面を見ていると、

すぐにAさんが戻ってきました。

 

しかし、彼女だけでなく、

もう一人の男性も一緒に戻ってきました。

顔は見えませんが、

ズボンにシャツを着ているため、男性のようです。

二人は一緒にベッドに向かって歩いてきました。

 

そして、

突然男性がAさんを抱きしめました。

 

私は驚いて、

視線が画面に釘付けになりました。

 

Aさんは嫌がるどころか、

男性の背中に両手を回して自分も抱きしめているような様子でした。

 

男性の右足がスカートに巻き込まれるような感じで、

Aさんの両脚の間に入り込んでいるようでした。

 

その体勢だと、

男性の太ももにAさんの股間が触れているのかもしれません。

 

男性は抱きしめていた手を徐々に下げていくと、

Aさんの豊満なお尻をスカートの上から揉んでいました。

 

最初は片手でしたが、

やがてもう一方の手もお尻に降りてきて、

両手でお尻のボリュームを楽しんでいました。

 

それからしばらくして、

Aさんの尻に興じることにしました。

 

彼女の尻のスカートをめくり上げていきました。

Aさんは男に従って、

男の胸のあたりに顔を埋めているような様子です。

 

とうとうAさんのお尻が完全に露出しました。

そこには、驚いたような感じを覚えるブラックレースのTバックに似た少ない生地のセクシーなショーツがありました。

 

まさかAさんが出張中にこんなセクシーな下着を身に着けていたなんて。

尻側しか見えませんでしたが、

おそらくあのレースのデザインから察するに、

正面も透け透けで陰毛が見えそうな感じでした。

 

男はその黒い下着の上から尻をなで回し、

その後布地を引っ張って紐のようにしてAさんの股間をいじめていました。

 

あのAさんの尻が丸出しでした。

Aさんは嫌がるどころか、

画面に映っていないため確認できませんでしたが、

男にキスを求めているように見えました。

 

その間、男の指は尻の方からAさんの股間をさすり始めました。

 

最初は下着の上からでしたが、

すぐに指は下着の中に入り、

おそらくは直接Aさんの女性器を刺激しているのだと思いました。

 

ゆっくりとした前戯を終えると、

男はポンとAさんの尻を叩きました。

Aさんはその合図に男の背中から手を離し、

スカートを下ろし、ブラウスを首から外して、

上下揃った黒いショーツとブラジャーだけの姿になりました。

 

すぐにブラジャーも外して、

上半身は裸でパンティーだけの姿になりました。

 

このやり取りから、

この二人は今日だけでなく何度も一緒になっている関係だとわかりました。

 

Aさんのおっぱいは少し垂れ気味でした。

モデルのように美しく整った形ではなく、

少しガッカリするような感じもありましたが、

年齢と出産の経験を考えると、これくらいのものかと思いました。

 

ただし、黒ずみはなく、

普通のピンクと茶色が混ざったような薄い色合いの乳輪と乳首があります。

 

ボリュームも服の上から感じるほどではありませんでした。

その後、Aさんが男性を脱がす役割になりました。

Aさんは、おっぱいが丸出しのまま男性の近くに座りました。

(Aさんのその仕草はとてもセクシーです。)

 

彼女はベルトのバックルに手をかけ、

慣れた手つきで外し、ズボンと一緒にパンツまで一気に脱がせました。

男性のちんこはすでにギンギンに勃起しており、

ビヨンと現れました。

 

巨根とまでは言えませんが、

私のものよりかなり大きく黒光りしています。

 

当然のように、

Aさんはその男性器を口に含み、

フェラチオを始めました。

 

赤い口紅をペニスに塗りたくるように、

ヌメヌメとしたスロートがとてもエロティックです。

 

いつものキリッとした表情ではなく、

なんとも淫靡な雰囲気の恍惚とした表情に、

Aさんは変わりました。

 

桐島カレンに似た美しい女性が、

美しさを壊してしまうほどに頬をふくらませ、

男性器を咥えている様子に、

私は呆然と見とれてしまいました。

 

Aさんは思い切りスロートを繰り返し、

紅を引いた唇から唾液が垂れ流れながらも、

フェラチオに没頭しています。

 

彼女は舌を裏筋に這わせ、

睾丸をしゃぶり、

黒光りした男性器で頬をビンタされながらも、

うっとりと男性に奉仕しています。

 

私も一度でいいから、

こんな美しい女性に奉仕されたいと思うような、

羨ましい光景でした。

 

フェラチオが一段落すると、

男性はついにAさんをベッドに押し倒していきます。

 

画面に男性の顔がはっきりと映りました。

「あっ」と、それはB君でした。

「くそっ、あの若造」とつぶやきました。

B君はまだ1年しか入社していない新入社員です。

僕は驚きながらも、

画面の中で起こっている出来事に呆然としている。

なんと、一回りも年上の人妻のAさんとの関係がこんなに……。

 

Aさんは黒いパンティーを脱ぎ、

B君はAさんの垂れ気味の乳房を鷲掴みにしながら、

彼女のクリトリスのあたりを擦り刺激していく。

 

同時に、彼は耳を舐めたり、

脇の下や首筋にも舌を這わせながら、

ピストン運動でクリトリスを刺激し続ける。

たった学校から出てきたばかりの若者でありながら、

B君は見事なテクニックと余裕でAさんを追い込んでいく。

 

年上のAさんはB君に完全に支配されていることが明らかだ。

B君はクリトリスを男性器でしっかりと刺激しながら、挿入しようとはしない。

何度も言葉責めされたのだろう。

Aさんは言葉責めに応えることなく、恥辱にまみれたおねだりの言葉を口にする。

「お願い、AのおまんこにBのちんちんを入れてください」「いつもAは淫乱なんだなあ」「こんなに私を求めるのか」と。

今まで地味なB君が、職場とは違う自信に満ちた態度でニヤニヤ笑っている。

Aさんは

「いやん、意地悪」

「お願い、早くあなたの熱くて太いものをぶちこんで」

と言う。

ああ、Aさんみたいに品格に溢れた女性でも、

ベッドの中ではこんな風になるのか。

 

少し落胆もしたが、それ以上に私も股間が熱くなってしまった。

そして、その後のB君の攻撃は見事だった。

 

Aさんの脚を広げたまま、

B君は最初から叩きこむような激しいピストン運動で彼女を責め立てる。

 

子供を一人育てているとはいえ、彼女が痛くないのか心配になるほどだ。

しかし、実際にはかなり快感を得ているようで、Aさんは喜びに歓喜の声を上げていた。

「すごいよね」

「もっと奥まで入れてくれ」

「ああ、すごい、当たってる、当たってる」

「ああ、ああ、ああ、ああ」

「すごい、もう死んじゃう、死んじゃう」

「ああ、ああ、イッちゃう、だめ、イッちゃう、ああ、ああ…」

とうとう絶頂してしまいました。

 

私たちの職場でも、

特に目立つ存在であるAさんが、

新人の地味なB君に対してこんな風に絶頂を迎えているなんて、

世の中どうかしてるわね。

 

私は羨ましくて、悔しくて、どうしようもありませんでした。

 

Aさんはまだ射精していないようでしたが、

Aさんから出ている光沢のある勃起したものを抜き出し、

Aさんを少し休ませた後、手の指で責め始めました。

 

「ああ、やめて」

ぐちゅり、ぐちゅり とても卑猥な音が響きます。

 

彼女が潮を吹くことはありませんが、

濃厚な性器から流れ出るので、

シーツもぐしょぐしょに濡れているようです。

 

「ああ、溢れてる、恥ずかしいよ」

Aさんのおねだりは、

目で2回戦を求めているように見えました。

 

正常位から四つん這い、

バック、騎乗位と、

すべての体位でやり尽くしました。

 

B君は乳首だけを親指と人差し指でつまんだり、

尻をパンパンとたたいたり、乱暴に楽しんでいました。

 

そして、あの冷静なAさんまで

「もうだめ、他の人とはセックスしたくない」

とまで言わせてしまったのです。

 

最後はAさんの

「飲ませて」というおねだりを無視し、

顔射でフィニッシュしました。

 

Aさんは文句を言わずに、

最後にフェラチオで清掃までして、

ティッシュで顔から大量の精液を拭き取り、

洗面所に消えてしまいました。

 

被写体の内容の驚きと、

それ以上に興奮させられるものに、

私は圧倒されました。

 

あの二人はいつの間に… これまで全く気づきませんでした。

翌日は土曜日で、

私はあの若者Bが素敵なAさんと不倫しているという事実を知り、

とても悔しくてなりませんでした。

 

しかし、

それでも週末の間、

そのことを考えて自分を慰めた回数は数え切れませんでした。

 

週明けに出社してからも、

私は二人の様子をよく観察しましたが、

全く変わりはありませんでした。

 

Aさんは仕事をテキパキとこなし、

美しく貞淑な既婚女性そのものです。

 

一方、B君は顔も体も特別なところはなく、

ただの普通の若者で、

相変わらず使いっ走りの仕事をしていました。

 

オフィスラブはすぐにバレると言われることもありますが、

この二人の場合は全くそんなことはありませんでした。

 

私自身も、もし盗撮がなければ今でも信じられないくらいです。

B君ももう4年目ですが、それでも彼の関係が続いているとは思えません。

 

Aさんは40歳になりましたが、今でも美しく颯爽としています。

あの出来事以来、何事も起こらず、

Mちゃんが退社したことで、

職場の日常は平凡に続いています。

 

あの二人はまだ関係が続いているのか、

それは二人の様子からは全くわかりませんでした。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

関連ページ

【人妻体験談】Dカップのセックスレス人妻に中出しした!

【人妻体験談】人妻の元カノにフェラ!クンニから騎乗位セックス

【人妻体験談】27歳、同僚の既婚女性(人妻)とオフィスで毎晩セックス

【人妻体験談】同じマンションのBカップ妻のエレベーターで誘惑された

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!