痴女体験談!逆ナンされた30代痴女に生フェラから精液を飲み干された

私は大学生で、お菓子や雑貨を扱うディスカウントショップでバイトをしています。

週4で、夕方からのシフトで働いています(休日以外)。

彼女とは4年付き合っていて、この冬は旅行をプレゼントしたいと思っているので、お金が必要でした。

だから、夏の間はバイトをたくさん入れて、平日は昼から頑張っていました。

主にレジ打ちを担当していますが、お客さんが少ないときは品出しもやっています。

毎日安い店なので、常にお客さんで忙しい日々です。

夏休みももちろん忙しくて、毎日子供連れの主婦のお客さんが店の通路を埋め尽くすほどに増えます。

そんな中、2週間ほど前に気づいたことがありました。

毎日来るお客さんの中に、30〜40代くらいの女性がいるのですが、彼女は必ず私がレジをしているところに来て会計をしています。

彼女はロングヘアでウエーブがかかっており、パッチリとした目、背が高くて胸もかなり大きいです。

いつもジーンズを履いて、ラフな格好をしていて、なんとなくHな雰囲気の痴女女性です。

最初は偶然かなと思っていましたが、品出しをしているときもよく目が合います。

そして、いつも目が合った後に彼女は意味ありげにニコッと笑います。

だんだんと彼女に興味を抱くようになりました。

ある日、レジに私しかいなくてお客さんも少なかったとき、彼女がやってきました。

「松田君って言うんだよね」と彼女は言いました。

そして、一つだけガムをレジに置きます。

「はい、私が松田です」と答えました。

私たちスタッフはみんな名札をつけているので、お客さんの中には私の名前を覚えている人も多いです。

「君、バイトは今日は3時までなんだよね」と彼女は言いました。

私は一瞬、彼女がなぜ私のバイトの終了時間を知っているのか疑問に思いました。

「バイトが終わったら、もし良ければ一緒にお茶に行ってくれませんか?」「えっ・・いや・・それは・・」「でも、お茶だけでいいからお願いします」「終わったら連絡してくださいw」そう言って、彼は紙に携帯番号を手早く書いて僕に渡して、お店を出て行ってしまいました。

正直、どうしようか迷いました。

何となく不安な気持ちもありましたが、同時に期待も抱いていましたので、バイトが終わるとすぐに電話してしまいました。

番号を入力してコールすると、すぐに彼の声がしました。

「はい」「あの、松田です・・先ほど・・」「ああ、松田君ね。

お店の裏側の駐車場で待ってるから」僕が言い終わる前に、彼はそう言って電話を切ってしまいました。

言われた通り、駐車場に向かうと、一台の軽自動車が僕の前に止まりました。

「さあ、乗って」「あの・・どこへ行くんですか?」少し怖かったので尋ねると、「どこって、お茶する約束でしょう?」と答えました。

「あ・・そうですね・・」迷っている姿を見せるのは嫌だったので、素直に助手席に座りました。

「このごろずっと目が合ってたでしょう?」彼女は車を運転しながら言いました。

「はい・・なぜですか?」「なぜってw可愛い子だなって思ってたから、それで声をかけたんだよ」「ええっ・・」「何を言ってるの、こんなところまで来ると、貴方も同じ気持ちだったんじゃないの?」「あ・・まあ・・」図星でした。

喫茶店に入ると、簡単に自己紹介をすることになりました。

彼女の名前はマヤさんで、37歳の主婦で、子供はいません。

旦那さんは自営業です。

「松田シロウと申します。

大学2年生で、一応彼女がいます。

「実は、シロウって言う人がいるんですよw 彼女がいることを知ってたんですけど、何度か彼がバイト先に来たことがあったんですよね」 「すいません、さっきから気になってたんですけど、なんでバイトの終わりの時間とか、彼女のことを知ってるんですか?」 「あ、ごめんなさい、そういえばちょっと変な話でしたねw」マヤさんはちょっと恥ずかしそうに笑って言います。

「まあ、ちょっとうっかりしちゃって。」

「すいません、僕も正直な話をしましょうかw」「さっきも言ったように、君のことが気に入って見ていたんです」「ぶっちゃけ、一目ぼれってやつかなぁw 可愛いなって思って、話をしたいなってタイミングを見てたんですよ」 「それで、君のバイトの終わりの時間とかも、調べているうちに彼女とかも見かけたりしたんですよ」 「あ、そうだったんですか・・いや、はは、参っちゃいましたね・・」 「マヤさん、こんなことよくやってるんですか?」 「初めてですよ」マヤさんは即答しました。

「そんな感じしませんか?でも、実は結構緊張してるんですよ?」 「さっき携帯の番号を渡した時も手が震えてたんですからw」マヤさんは色っぽく笑って言います。

「でも、シロウ君も・・あっ、シロウ君って呼んでいいかしら?」 「はい・・」「君はなんで電話くれたの?可愛い彼女がいるのに、私みたいな叔母さんに興味があったんですか?」 「いや、叔母さんって・・マヤさんは十分綺麗だし・・その色っぽかったから・・僕も気になっていたし・・」 「嬉しいわw」そう言って、マヤさんは僕の手を取って笑います。

その笑顔を見ると、彼女の目がちょっぴりHな感じに見えました。

「本当に、シロウ君って学生時代に好きだった人にそっくりなんだけどね」マヤさんは僕の顔を見つめながら、懐かしそうに言います。

彼女はどこか遠くを見つめているようにも見えました。

「その人とはどうなりましたか?」 「ええ、相手には彼女もいたし、最終的に私の想いは片思いのままでした。

その当時、私自身も今の旦那と付き合っていたので、結局は叶わなかったのです。」

「その人は大学を卒業した直後に交通事故で亡くなってしまったんですよ。」

「そうだったんですか・・・」 「ただ、その出来事が今の旦那と結婚する理由になったわけではありません。

ただ、シロウ君を見るとなぜか急に昔の気持ちが蘇ってきちゃって(笑)」マヤさんはテヘッと笑いながら、コーヒーカップを両手で持って飲みながら私に目だけで笑った。

「でも・・・旦那さんに悪い気がするのは・・・」 「あら、本当に悪いと思っていたら、私の誘いについてきてくれないでしょう?」 「・・・・・・」痛いところを指摘されてしまった。

「あなたも共犯なんですから、その辺は今は言い合いませんよ(笑)」 「それにね、あの人も今、職場の子と楽しくやってると思うわよ。

浮気ってことですか?」 「そうです(笑)もう3年くらい、あなたと同じくらい年の若い可愛い子に夢中なのよ。」

「どうも、私たちのセックスの相性が悪いみたいなのよ。

結婚して8年になるけど、まだ子供ができないし。」

「あっ・・・やめましょう、そういう話(笑)」 「はい・・・」 「あなたもそのつもりだったんでしょう?だから、あなたが気にする必要はないわよ。」

「それより、学校のこととか話して聞かせてよ。

せっかくだし、楽しい話題とかを聞きたいなぁ」 「そうですねぇ」と私たちは楽しく1時間ほど話をして、マヤさんが代金を支払って喫茶店を出た。

「久しぶりに楽しかったわ。

最近は人と話す機会がなくて。」

マヤさんが車に乗ってエンジンをかけると、突然天気が悪くなり、雨が降り出してきた。

それに伴って急に冷え込んできた。

「あのね、私には関係ない話だけど、最近は旦那のお母さんと上手くいっていなくて笑」と言って、マヤさんはちょっと寂しそうな表情で苦笑いをしました。

「家にいてもつまらないのよ笑」。

私は彼女に同情しました。

「もし良かったら、その話を聞いてあげるよ」と言いかけた私に、マヤさんは急に抱きついてきてキスしてきました。

私はそのまま彼女を抱きしめました。

マヤさんの舌が私の口の中に入り、コーヒーの味がしました。

「ごめんなさい、寂しくて…」「いえ…」「もう一回キスしてもいい?」「はい…」私たちは、予想もしなかった状況で車の中で人妻とディープキスをしていました。

彼女とは違う形の唇と押し付けられる胸の感触に驚きました。

「シロウ君、キス上手だね笑」「ありがとうございます…旦那よりもずっと気持ちよかったです笑」ハンドルに寄りかかって私を見るマヤさん。

雨はますます激しくなっていました。

「どうかな…私と続きをする?」「……」私は黙って頷きました。

マヤさんは私を確かめると、静かに車を走らせてすぐ近くのホテルに入りました。

受付を済ませて私たちは2人部屋に入りました。

「旦那と昔よく来たのよね、ここ」「…僕も彼女とたまに利用します…お金がないからたまにですけど…」「そっか笑学生だもんね笑」「シャワー、先に使うね」と言うと、マヤさんはシャワールームに入り、すぐにシャワーの音が聞こえました。

すると急に私の携帯が鳴りました。

見ると、彼女からの着信でした。

私は廊下に出てから電話に出ましたが、彼女はまったく知らずに明るい声で話していることが私の罪悪感をかき立てました。

そして、私はアルバイトが終わった後、友人に会って少し相談を聞いてから喫茶店で話をして帰ると嘘をつきました。

彼女は何も疑わず、早く帰ってきてねとだけ言って電話を切りました。

彼女の性格からして、おそらく2時間はもう電話をかけてこないだろうと思います。

「シャワー、空いたよ」とバスタオルを巻いて濡れた髪のままのマヤさんが出てきました。

ベッドに入ると、マヤさんはすでにベッドに入り、部屋の電気が薄暗くなっていました。

ドキドキしながらベッドに入ります。

「緊張してる?」とマヤさんが尋ねてきます。

「はい・・」「私も緊張してる・・」「ねえ・・キスして・・」と言われたので、キスします。

マヤさんの手が首に絡みつき、舌がお互いの口の中をうごめきます。

マヤさんの体が私の体に絡みつき、ボリュームのある胸が私の体に押し付けられてつぶれます。

マヤさんの手が胸から徐々に下腹部に移動し、そしてとうとう私のペニスに触れます。

「すご・・・熱い・・・」と、溜息のような言葉が漏れます。

そのまま、マヤさんは優しく私のペニスを握り、細い指先で上下にゆっくりとしごきます。

「・・凄く固いね・・」「・・・・・・うっ・・」「それに凄くビクビクしてる・・凄い・・」「あんまり上手くないかもしれないけど・・」「見ないでね・・・」マヤさんはそう言いながら、薄い掛け布団の中に潜り込みます。

マヤさんの手は、ペニスを這い回り、だんだん先端が暖かく濡れたものに包まれます。

「うっ・・」気持ちよさで声が漏れます。

上手くないかもしれないけれど・・・凄く上手いじゃないか・・と思いました。

少なくとも、彼女に普段してもらっているものとは比べ物にならない、優れたフェラチオでした。

ゆっくりとペニスの先端を口に含み、舌と頬、唇を使って情熱的にしゃぶってくる様子は、まるで意識を持った女性器のように細やかに動くものです。

そのとき自分でも情けないくらい女の子のような声が出そうになります。

その声を聞くたびに、マヤさんの動きが的確になり、僕の快感を確実に引き出していきます。

思わずマヤさんをどけようとしましたが、マヤさんはイヤイヤするようにして離れず、むしろ口を離すどころか、よりいっそう強く早く動かし、ペニスをしぼり出すような動きになります。

腰が浮くほどの快感を感じながら、マヤさんの口の中に思い切り射精しました。

大量の精液が勢い良くマヤさんの口の中に当たるのを感じました。

マヤさんはそのまま吸い出すようにして全てを飲み干し、尿道に残った精液も綺麗にしました。

そして顔を差し出して、「よかった?」「はい・・凄いです・・こんなの初めてでした。」

「ふふよかったw」と嬉しそうに笑って抱きついてきます。

重みのある胸がまた僕の胸板の上でつぶれる姿は、まだ固いままだと言います。

「マヤさん・・今度は・・・」「うん・・今日はゴム要らないから・・そのまま来て・・・」そう言うと、騎乗位の姿勢になり準備をします。

マヤさんのヒップと胸の割に引き締まった腰を掴み、ゆっくりと反り返ったペニスをマヤさんのアソコに擦りつけました。

こすり付けるたびにマヤさんが少し震えます。

「私やばいかも・・・今日凄く感じすぎるかも・・」マヤさんの入り口の周りは既にドロドロヌルヌルになっており、固くなったクリトリスがこすりつけるたびにコリコリとペニスにあたります。

「んっ・・!!」一気に突き入れると、マヤさんは一瞬大きく反り返り、ガクッと倒れ込んできました。

「ふふw入れただけでイクなんて初めてw」と笑いながら言われ、彼女はキスをしてきました。

「シロウ君の好きに動いていいよ・・」と彼女が言い、僕の動きに合わせて彼女もゆっくり腰を動かしてくれます。

徐々に速くなっていくと、彼女も息を合わせて腰を振り始めます。

パンパンと彼女のおしりが当たる音にまぎれて、ヌチャヌチャと嫌らしい粘膜同士がこすれる音が響きます。

彼女の大きな胸はゆっさゆっさと上下に大迫力で揺れ動きます。

2人は汗だくになりながら、出し入れを繰り返していきます。

「ああっ・・いい・・」「マヤさん・」「気持ち・・・いいですね」「はぁ・・はぁ・・」 マヤさんの肌にはたくさんの汗が宝石のように輝き、それがポタポタと僕の胸に落ちてきます。

乳首が硬くなりました。

マヤさんは両手で豊かな胸をつかみ、体を支えつつ腰を打ちつけます。

マヤさんの目がトロンとして、ペニスが彼女の奥に当たるたびにマヤさんの意識が揺れ動くことがわかります。

「マヤさん・・・そろそろ・・」「入って・・シロウくん・・・・・中に・・・あっ!!」「うぐっ!!」 二回目とは思えないほどの量が先端から噴出し、勢いよくマヤさんの膣壁に当たり、マヤさんの体液と混ざり合って中がドロドロになりました。

「抜かないで・・このまま・・で」と、倒れこんできたマヤさんを抱きしめながらゆっくりと抜かずに前後させています。

すると、また硬さが復活してきます。

体勢を変えて、マヤさんを横にしてゆっくり動きます。

「あっ・・また固くなってる・・あっ・・・すごい・・・」 後ろからマヤさんの乳首を指先で弾いたり、軽くつねったりしながらも、楽しんで遊びます。

「ふううっう・・・」 マヤさんが首を捻ってキスを求めてきます。

舌を絡めながら、ゆっくりとペニスを膣に突き入れます。

太ももの付け根がピクピクと震え、マヤさんが感じていることを教えてくれます。

「あっ・・すごい!!ふぐっつううう!!」 そう言うと、マヤさんの体中に力が入り、すぐにぐだっとなります。

そのまま突き続けて、マヤさんは連続して絶頂を迎えます。

「あっすごいまたイク!!すごい!!ああっ」最後には大きく痙攣し、失禁してしまいます。

それほどまでに素晴らしい経験でした。

「すごかった・・」一息ついて、僕のペニスをお掃除フェラしながら、マヤさんが満足そうに言います。

「僕もとても気持ちよかったです」「ありがとうw」 愛おしくペニスを丁寧に舐めながら、マヤさんの目が優しく僕を見つめます。

ホテルをチェックアウトして、途中までマヤさんに送ってもらい、アパートの近くで車を降りることにしました。

「雨が降っていますけど・・・」「大丈夫です。

雨に濡れて帰った方が、いろいろなことをごまかすことができるし、笑えますね。」

「そうですね、私もそうしましょう。」

「また、そのようなことをしたくなったら、連絡してくださいね。

いつでもお手伝いしますから・・・」マヤさんは笑って言いました。

「はい・・・」マヤさんの車を見送りながら、私は濡れながらアパートに帰りました。

さて、次はいつ電話しましょうか・・・。