痴漢 体験談!電車でうたた寝したら2人の男に痴漢セックスされた

ある日、早朝に特急電車に乗り込んだ時の出来事です。

その電車は非常に空いており、私はクーラーが効いた車内でミニスカート姿で少し寒さを感じました。

そこで、私はサテンのキャミソールの上に重ねていたボレロをきちんと羽織り直しました。

朝早かったので、車の背もたれに体を預けるとすぐに眠気が襲ってきました。

心地よいガタンガタンという揺れに身を任せ、ほとんど乗客のいない電車の中で目を閉じました。

しばらく経つと、太ももに違和感を感じて目を覚ましたのですが、そのときに聞こえた囁き声は私を驚かせました。

「ああ、すごいですよ。

すべすべしていてたまりません」「こんなエロい脚をさらして眠っているんですから、触られても仕方ないですよね」そんな声が耳に入り、私はゆっくりと目を開けました。

そして目の前の光景を見て、私の体は寒気が走り抜けました。

なんと、若い大学生風の男性2人が私の隣と正面の席に座って、いやらしい手つきで私の太ももを撫で回していたのです。

(嘘でしょう!)私は現実を受け入れられず、必死に目を閉じました。

しかし、太ももを這いまわる二つの手の感触は、それが夢ではないことを教えてくれました。

(うそ、やだ…どうしよう…)私は身体が硬直して動けませんでした。

二人の男性は私が深く眠っていると思っているようで、抵抗する機会がつかめませんでした。

「あの、もっと触りたくなってきちゃったんですけど…おっぱいを揉んでもいいですか…?」黒髪の男性はもう一人の男性に許可を求めるように尋ねました。

男たちの間に微妙な上下関係があるようで、私の目の前にいる茶髪の男性、ホスト系の方は呆れたように答えました。

「お前、相変わらずおっぱい好きだな。

いいんじゃない?彼女はよく寝ているみたいだし、起きないよ、起きないよ」(そんな!)私はそっと目を開けて男たちの様子を窺いました。

茶髪の男性は相変わらず私の太ももを撫でさすっていましたが、隣に座っている黒髪の男性は息を荒げながら私の胸に手を伸ばしてきたのです。

(うわぁ…っ!)黒髪の男性が、見た目の体育会系っぽさからは想像できない、優しく繊細な動きで私の胸に触れてきました。

彼は五本の指で乳房をくすぐるような触り方をし、それによって私の体はぞくっと震えました。

彼はゆっくりと乳房を持ち上げるような動きで全体を揉みしだきました。

(うん…あぁ…っ)恐怖や嫌悪感に混じって、腰の奥から甘い痺れが広がってきました。

茶髪の方も太ももを撫でるだけでなく、指一本でなぞり上げたり、膝のあたりを優しくくすぐったりと、非常に遊び心のある触り方をしてきました。

彼らは慣れているのか、いやらしいとさえ感じられる触れ方をしてきました。

そういえば最近忙しくて、彼氏とあまり会えていなかったんだ。

男達の指がやわらかな内股や乳房をゆるゆると這いまわり、渇いたからだに水が染み込むように、全身に快感が広がっていきました。

(ん…はぁ…は…あ、ん…っ)「…すごく柔らかいですよ…。

ブラジャー、外したいなあ…生で揉んでみたいです…」「外せばいいじゃん。

だってお前、寝てるんだろ?」「マジですか?それって本当に大丈夫ですか?」「平気平気、他にはお客さんもいないし。

見ててくれよ…」(きゃ…っ!?)茶髪の声と共に、私は突然太ももを押し上げられたかのように、M字開脚の姿勢にされてしまいました。

今日は、確かアイスブルーのストリングパンツを履いていましたね。

目を閉じていても、男たちの視線が恥ずかしい部分に集中しているのがわかります。

彼らの食い入るような目を思い浮かべるだけで、私の体全体が熱くなります。

「ストリングパンツを履いてるぞ、この子は…」茶髪の指が下着越しにゆっくりとVラインの揃い目辺りをなぞり、私は身体がはね上がりそうになるのを必死で我慢しました。

まさに、いやらしい指の動きです。

恥丘を円を描くようにゆっくりと撫でられ、私は腰がくねりそうになるのを必死で堪えました。

「ほら、こんなことしても起きないんだぜ?ブラジャーも大丈夫だって」茶髪がアソコ周辺をつんつんとつつきながら、笑みを交えた声で言いました。

黒髪の男性は私が話すのに返事をせず、にっと笑って私の背中のフックを軽く外すことでそれに応える。

ブラジャーはすぐにずり上がり、男性の大きな手が胸を包み込んだ。

(ああ、ん…っ)彼の手のひらがさわさわと乳房の形をなぞり、サテンの滑らかな生地越しに乳首が微妙に刺激されるのを感じた。

(やめて…乳首はだめ…っ!)その間にも茶髪の男性の手は内ももの弱いところを撫でてくる。

黒髪の男性が胸をさわるたびに人差し指から小指までが順番に乳首を刺激し、そのたびに甘い快感が体を走った。

男性は指先で乳首を軽く引っかいてくる。

彼の器用な動きに、私は息が荒くなり抑えられなくなった。

体が熱くなってきた。

男性によってつままれた乳首と刺激を受けているが触れられない部分が、とろけそうに熱く感じられる――。

「おーおー、エッチな顔をしてるね…彼氏とエッチな夢を見ているのかしら?」茶髪の男性がにやりと笑いながら、私の陰部の割れ目を下から上に一本指ですっとなぞった。

すると、私の体が驚いて跳ね上がった。

茶髪の男性は反応を楽しむように割れ目を指で何度もなぞってきた。

体が震え、もう少し強い刺激が与えられれば今にも喘ぎ声が漏れてしまいそうだった。

黒髪の男性は執拗に乳首をつまんで擦ったり揉んだりし、上から下へ同時に与えられる快感に、私はもう正気を保てなさそうだった。

突然、茶髪の男性の指が止まった。

もどかしい…もっと気持ちのいい場所に触れてほしいのに…。

欲望に流されてうっすらと目を開けて茶髪の男性を見ると――目が合った。

反射的に目を閉じようとするが、もう遅い。

彼は私が起きていることに気づいている――。

茶髪の男性はふっと鼻で笑い、突然指で下着越しにクリトリスを押し上げた。

「んあっ…!」突然襲ってきた強烈な快感に、私は思わず声をあげてしまった。

男たちは顔を見合わせて低く忍び笑いをした。

「可愛い声を出してるね。

なんてこった、いくら寝ているとはいえ、なんでこんなことになってしまったんだろう?「本当によく寝てるけどなぁ」「そうだよね、寝ているはずなのに」「こんなに寝ていても、どうしても起きないんだなぁ」と、私たちはぼやいていた。

それは、暗黙の了解を含んだ言葉だった。

――お前は、もっと快感を得るために寝てるふりをしていたんだろう?――――じゃあ、気持ちよくさせてやるから、俺たちのことは黙っていてくれよ――男たちの意図に気づいて、私の体は震えた。

これから起こることへの恐怖と、同時に期待が湧いてきた。

僕らの茶色の髪の男性の指が、紐パンの紐にかかり、するりと解けた。

紐を解くと、前の布が落ちて、アソコが露わになった。

「すごいよ、見てごらんよ。

もうとろとろでぐちゃぐちゃだよ」茶色の髪の細い指が、ぬるぬるとクリトリスに塗りつけるような動きをする。

「あ、あっ…!」乳首も、さっきからビンビンに尖ってるよ。

こんな淫乱な女性は初めてだよ……」気づけば、キャミもたくし上げられ、黒髪の男性の舌が敏感に尖った乳首の周りをなぞっている。

「ふ…あ、あぁ…っ!」二人に同時に愛撫されるなんて、私にとって初めての経験だった。

背筋を駆け抜ける快感が、次々と私の身体を巡る。

これが電車の中で起こっているなんて、思いもしなかった。

ガタンガタンと揺れる電車の音、男たちのはぁはぁという荒い息遣い、私の恥ずかしい部分から響くくちゅくちゅという音、そして私の止まらない喘ぎ声。

「ん…はぁ、いやっ、あ…あん…ッ!」茶色の髪の指は、クリトリスを優しく、時に激しくリズミカルにこすり上げる。

太ももがひくついて、腰が揺れる。

黒髪の男性は乳首をチュパチュパと吸い上げ、私の声が一際高くなる。

「あ…ああっあん…やあぁ…ッ!」黒髪の男性がちろちろと乳首の先を舐めながら、「ああ…やばい…我慢できなくなってきたかもしれないな…」ぼそりと小さな声でつぶやいた。

次の瞬間、黒髪の男性はジッパーを下ろし、ギンギンに勃起したものを握り出すと、私の手にぎゅっと握らせた。

黒髪の男性は私の手の上に自分の手を重ね、その太く固いものを扱き始める。

まるで熱い鉄棒を扱っているような感触に、私は頭がくらくらしてきた。

「あああ…マジで困った…。

すみません、私もう準備ができているのですが…」「え?私より先に?それは絶対に駄目でしょう」「では、少なくとも私にもその部分を触らせてください…」「仕方ないなあ」男たちはそう言って、お互いの位置を入れ替えた。

絶え間ない快感が途切れ、一瞬の安息を味わったが、黒髪の男は猛烈な勢いでその部分に舌を這わせてきた。

「はあ、ハアン…ッ!」荒い息が激しく当たる。

舌が素早く動き、クリトリスを舐め上げる。

「ふぁ…ああぁ…ッ!」そして、太くて硬い指がゆっくりとそこに挿入される。

私のそこはそれを熱望し、引き締めて放さない。

指がゆっくりと曲がると、それは私の最も感じる部分を刺激する。

「や、ああぁ…だめ…っあぁ…ッ!!」黒髪はもう1本指を挿入すると、最も弱い部分を押し付けながら中で指を動かしてくる。

クリトリスを激しく舐め上げる舌も一切弱まることなく、指で刺激する弱いところを押さえられ、刺激の快感に振り回されながら、自然と背中を反らせる。

腰がくねくねと動き止まらない。

「はあん…っあ、ああ…だめ…ッもう…あっ、ああぁ――ッ!!」快感が背骨を痺れさせ、私は絶頂に達した。

快感が波のように押し寄せ、腰が何度もビクビクと痙攣して、私は力尽きた。

「ぁ…はぁ…っ…はぁ…っ」二人の男はにやりと笑いながら、意気消沈して浅い息をする私の姿を見つめている。

「あーあ、彼女は逝っちゃったなあ」「電車の中で知らない男に指でイってしまうなんて、信じられないほど淫乱なんだねえ」「そうだな。

でも…」茶髪の男がふいに私の乳首をぎゅっとつまんだ。

「あぁん…ッ!」まだ絶頂したばかりで全身が敏感になっているところに強い刺激を加えられ、私は反射的に甘い声を漏らしてしまった。

「まだまだ不足しているようですね?」茶髪の男性は、色素の薄い瞳をきらりと妖しく輝かせながら話します。

「さあ、代わってくださいよ。

太いものをこれに挿入してやりますから」私も早く終わらせてもらえるとありがたいです…私ももう危ないですから」茶髪の男性は再び私の正面に回り、ジッパーを下ろして立てたものを掴み出します。

彼の顔立ちは中性的な印象ですが、それに対して彼のものは生々しく、血管が浮き出ており、陰茎が立派にそびえ立っています。

その対比のいやらしさに、私の背筋に寒気が走りました。

茶髪の男性は私の足首を両手でしっかりと握り、一気に大きく開かせます。

そして、彼のものの緊張した先端が、私のクリトリスに押し付けられます。

「あ…やめて…っ!」茶髪の男性は軽く腰を動かし、その先端でクリトリスをくちゅくちゅと刺激します。

「はあぁ…っ!」粘膜と粘膜が擦り合い、私はそれだけで絶頂してしまいそうでした。

…欲しい。

中に、熱いものが欲しくて堪りません――。

「や…あ…あぁ……っ」ぬちゃり、と先端が濡れた入り口に当てられ、ゆっくりと挿入されていきます。

すでに十分に潤っているその場所に、肉棒を引っかけながら受け入れていきます。

もっと、奥まで…もっと…とばかりに、私は喘ぎながら腰を揺らします。

理性はほとんど残っていませんでした。

この異常な状況に、麻痺するような興奮を味わっていました。

「あ、んん…っ!」ついに最奥まで挿入され、私は喜びの声を上げました。

「あー…すごい、ぬるぬるとした膣内…やばい…締まる…っ」男性はその声と同時に、力強く腰を突き上げます。

「あ、ああぁ…ッ!」激しい突き上げが繰り返されます。

何度も、何度も、深く、深く。

立派な陰茎が一番気持ちのいい場所を何度も刺激し、私は感じることしかできません。

快感が高まっていく。

何も考えられません。

「ああ、そんな…やめて…ああっ!!」 黒髪の男性はゆっくりともう一本指を挿入し、一番敏感な部分を刺激しながら指を動かし始めました。

舌で激しくクリトリスを舐め上げる動作も止めず、指で弱いところを刺激されることによって、 激しい快感の波に翻弄されながら自然に背中が反ります。

腰の動きが止まらないのです。

「はあん…あ、ああ…やめて…もう…あ、ああっ――っ!!!」 脊髄を刺激するような快感が全身を駆け抜け、私は絶頂に達しました。

波のような快感とともに腰が何度も痙攣し、そして私は一気に力を抜きました。

「は…はあ…っ…はあ…っ」 二人の男性はにやりと笑いながら、ぐったりと浅い息をする私の姿を見つめていました。

「ああ、イッちゃったなあ、この子」 「電車の中で知らない男に指でイかされるなんて、信じられない淫乱だねえ」 「そうだね。

でも…」 茶髪の男性が突然私の乳首をつまんだ。

「ああんっ!」 絶頂したばかりで全身が敏感になっているところに強い刺激を加えられ、私は反射的に甘い声を漏らしてしまいました。

「…まだまだ足りないみたいだね?」 茶髪の男は私の足首を両手でしっかりとつかみ、一気に広げようとする。

茶髪の男の硬直した先端が、私のクリトリスに強く押し当てられる。

「あ…やん…っ!」 茶髪の男は腰を軽く動かし、先端でクリトリスをくりくりと刺激してくる。

「はあぁ…っ!」 粘膜と粘膜がこすり合わされる快感に、私はそれだけでまた絶頂してしまいそうだった。

…欲しい。

中に、熱いものが、欲しくてたまらない――。

「や…あ…あぁ……っ」 ぬちゃりと、先端が濡れた入り口に当てがわれ、ゆっくりと挿入されていく。

十分に濡れている場所は、肉棒を引き寄せて受け入れるように蠕動している。

もっと、奥まで…もっと…とばかりに、私は喘ぎながら腰を揺らす。

私には理性はほとんど残っていなかった。

この異常な状況に、とても興奮していた。

「あ、んん…っ!」 ついに最奥まで挿入され、私は喜びの声を上げた。

「あー…すごい、オマンコがぬるぬるで…やばい…締まる…っ」 その声と同時に、男は力強く腰を振り上げた。

「あ、ああぁ…ッ!」 激しい突き上げが繰り返される。

何度も、何度も、深く、深く。

突起したカリが内部の一番感じる場所を何度もこすり、気が遠くなるような快感が湧き上がる。

気持ちいい。

何も考えられない。

頭が真っ白になりながら、私は首を振り、腰を淫らに動かす。

「あ、あんっ、あっあっあっ…ああぁ…ッ!!」 「いいですねえ、気持ちよさそうです」 黒髪の男が羨ましそうに呟く声が聞こえた。

でも、私はそんなことにはあまり気を取られていられない。

私は頭が真っ白になり、身体の中に快感が広がっていくのを感じながら、首を振りながら腰を動かしています。

「あ、あんっ、あっあっあっ…ああぁ…ッ!!」すると、黒髪の男性が羨ましそうに呟いています。

「すごく気持ちよさそうですね」と。

でも私は彼の言葉にはあまり気を取られません。

ただ、声を上げて腰を振り続けて、茶髪の男性の動きに合わせることしかできません。

「ああ…もう最高です…たまらないです…っ」彼は短い言葉をつぶやくたびに、私の体を揺さぶるような突き上げを続けています。

「早く俺にもやらせてくださいねー」と黒髪の男性が言います。

「分かりました、あなたもいいものを持っていたのでしょう…それを使ってください…っ」「あ、そういえばそうでしたね…忘れていました」彼の声が聞こえているのに、何を言っているのかは夢の中の言葉のように理解できません。

――いいものを使ってやる…?その瞬間、乳首に感電するような快感が広がっていきます。

「あ、あんっ…やああぁ…ッ!!?」私の視線を追うと、黒髪の男性が乳首にローターを当てているのが見えます。

「ふあ…あっあ…あっ、あ…やぁ、――ッ!!」深い突き上げと相まって、私の声も出せないほどの衝撃です。

体は一気に燃え上がり、私の腰が上がって痙攣します。

突き上げられ続けます。

私の体は痙攣して震えます。

何度も達しても止まらないのです。

「――ぁ――ああぁ――ッ!!」また奥まで突き上げられ、そのたびに私の体は痙攣します。

身を任せるようなうねるような快感の中で、私は体の中に熱いものが放出されるのを感じながら意識を失っていきます。

「ひあ……ッ!!」すぐに意識を取り戻したのは、クリトリスにローターが押し当てられたからでした。

「あっあっあ…ッ!」何度も絶頂に達したにもかかわらず、私の体はまた貪欲に快楽を求めていました。

薄く目を開けると、今度は黒髪の男性が私の前に立っていました。

片手でローターを使いながら、もう片方の手で太く膨張しているものをしごいていました。

それはすでに先走りが光っている状態で、最大限に膨張しているように見えました。

ただ、声を出して腰を動かして、茶髪の男のリズムに合わせることしかできません。

「ああ…もう最高だよ…すごい気持ちいい…っ」 茶髪の男は体を揺さぶるような動きを続けながら、ひとり言のようにつぶやきます。

「早く俺にもやらしてくれよね」 「わかったよ…君はいいモノを持ってるんだろう?それを使ってくれ…っ」 「あ、そういえばそうだったね…すっかり忘れてた」 声は聞こえているけれど、言葉の意味が夢の中のように伝わってきません。

――いいモノ…使ってくれるのか…思うと、乳首に電流が流れるような快感が広がりました。

「あ、あんっ…やああぁ…ッ!!?」 目をやると、黒髪の男が乳首にローターを押し当てています。

「ふあ…あっあ…あっ、あ…やぁ、――ッ!!」 深く突き上げられる衝撃と合わせて、声も出せないほどの衝撃でした。

一気に体が燃え上がり、私の腰がぐっと持ち上がり、痙攣しました。

突き上げられます。

体がビクビクと痙攣します。

絶え間なくイキ続けました。

「――ぁ――ああぁ――ッ!!」 また奥まで突き上げられ、そのたびに私の体はビクビクと痙攣します。

蠢くような快感に身を任せ、私は体の中に熱い液体が放たれるのを感じながら、意識を失いました。

「ひあ……ッ!!」 すぐに意識を取り戻したのは、クリトリスにローターが押し当てられたからでした。

「あっあっあ…ッ!」 何度も絶頂に達したというのに、私の体はまだ欲しがっていました。

うっすらと目を開けると、今度は黒髪の男が私の前に立っていました。

片手でローターを使い、片手で太いものをしごいています。

それはすでに充血し、先走りが光っていました。

「それでは、次は私の番ですね」と言うと、その場所にぐっと押し付けられ、今度は一気に奥まで突かれました。

「ああ…あああぁん…ッ!」一瞬前のものとは太さが全く違いました。

無理矢理広がる感覚も、今は快感にしか感じられません。

クリトリスから響く強い振動と同時に、激しい動きが繰り返されます。

「あっんっあ…あああ…っ!」茶髪の男性が乳首をつまんできました。

三つの部位を同時に責められ、身体はびくりと反応してまた絶頂に達してしまいます。

中が収縮すると、硬いものの感触が一層鮮明に感じられ、快感も増幅し、また収縮して――。

「はあ…ああぁ、あああん…ッ!」突然、強い尿意のような感覚が押し寄せてきました。

身体中が汗でびっしょりとなり、まずい、と思った時には既に遅かったのです。

「あ、あ、は…ああぁ…ッ!」熱がアソコに広がった瞬間、勢いよく熱い液体が噴き出してきました。

その間も男性は動きを止めず、ぐちゅっと奥まで突き上げてきます。

「あ…あっ…あっあっあ、やああぁ――ッ!」内部が溶けていくような感覚が襲い、私はまた深く深く絶頂しました。

そんなことが何度も繰り返されたのか分かりません。

気がつくと最後には気を失い、目を覚ました時にはもう終点が近かったのです。

服もちゃんと直されており、窓も全開になって換気されていました。

座席の汚れもしっかりと拭かれていて、誰にもこの場で起こったことを気付かれないでしょう。

しかし、私の腰の辺りにはまだ強烈な快感の余韻が残っています。

時間を確認したくて、スカートのポケットから携帯を取り出しました。

ディスプレイには新着メッセージが一つ表示されています。

受信メールを開くと――「さっきはとても潮を吹いているところがエロかったです。

可愛い写真も撮りましたので、私がメールしたら返信してくださいね」とありました。

背筋が凍りつきました。

ああ、それなのに――この、子宮から湧き上がる期待感は一体何なのでしょうか。

「それでは、次は私の番ですね…」と言って、その人は私のものを押し付け、一気に奥まで突き上げました。

「ああ…あああぁん…ッ!!」 今までのものとは比べ物にならない太さでした。

強引に広げられる感覚も、今は快楽にしか感じられません。

クリトリスから広がる強い振動と同調して、激しいリズムが繰り返されます。

「あっんっあ…あああ…っ!」 茶髪の男が私の乳首をつまんできました。

三つのポイントを同時に攻められ、私は身体をびくっとさせてしまいました。

内部が締め付けられると、ものの硬さをより鮮明に感じ、快感がさらに高まり、また内部が収縮します――。

「はあ…ああぁ、あああん…ッ!」 突然、強い尿意のような感覚が襲ってきました。

全身に汗が滲み出し、まずいと思った瞬間には既に遅かったです。

「あ、あ、は…ああぁ…ッ!」 おそらく私の中に熱が広がった瞬間で、激しい液体が勢いよく噴き出てきました。

その間も男は動きを止めず、ぐちゅっずちゅっと奥まで突き上げてきます。

「あ…あっ…あっあっあ、やああぁ――ッ!!」 内臓が溶けていくような感覚に襲われ、私は深く深く快感に包まれました。

それが何度も繰り返されたのか、正確には覚えていません。

最後に意識を失い、目を覚ますと、もう終着点が近くにありました。

服は元通りに直され、窓は全開にされて換気されていました。

座席の汚れもきちんと拭かれており、あのようなことがここで起こったことは、誰にも分からないでしょう。

しかし、私の腰周りにはまだ快感の余韻が残っていました。

時間を確認したくて、スカートのポケットから携帯を取り出しました。

ディスプレイには新着メールが一件表示されていました。