痴漢体験談!電車の中で人妻が男2人に痴漢セックスされた!

ある日、私はがらがらとしていて座席が空いている特急電車に乗り込みました。

車内は涼しくてクーラーが効いており、私は生脚にミニスカートを履いていたので少し寒さを感じました。

そこで、私はサテンのキャミソールの上に重ねていたボレロをしっかりと羽織り直すことにしました。

朝早く起きたせいか、背もたれに体を預けるとすぐに眠気が襲ってきました。

規則的な揺れ音であるガタンガタンという音が心地よく、乗客のほとんどいない電車の中で私は目を閉じて、眠気に身を任せました。

しばらく経った頃、私は太ももに違和感を感じて目を覚ましたのです。

その違和感を感じながらゆっくりと目を開けると、私の背筋に寒気が走りました。

なぜなら、私の隣と正面の席には大学生風の若い男性二人が座り、私の太ももをいやらしい手つきでなでまわしていたのです。

(あり得ない…!)私は現実を拒否するように、目をきつく閉じました。

しかし、夢ではないという証拠として、太ももを這い回る二つの手の感触がありました。

(嘘、嘘…やだ…っ…どうしよう…)私は身動きが取れず、体は硬直してしまいました。

二人の男性は私が完全に寝ていると思っているようで、私に抵抗するタイミングがつかめませんでした。

「あの、もっと触りたくなってきちゃったんですけど…おっぱいを揉んでもいいですか…?」黒髪の男性は、もう一人の男性の意見を確かめるためにそう尋ねました。

男たちの間に微妙な上下関係があるようで、私の前にいる茶髪でホスト系の男性は、呆れたように答えました。

「お前相変わらずおっぱい好きだなあ。

いいんじゃない?彼女はよく眠っているみたいだし、起きないよ」(そんな…っ!)私はそっと目を開けて男たちの様子を窺いました。

茶髪の男性は相変わらず私の太ももを撫でまわしていましたが、隣のがっしりした黒髪の男性は、息を荒げながら私の胸に手を伸ばしてきたのです。

(あっ、待ってください!)黒髪の男性が、少しガサツそうな外見に似合わず、優しく私の胸に手を触れてきました。

彼は五本の指で乳房をくすぐるように撫で、それによって私の体は震えました。

ゆっくりと優しく、彼は乳房を持ち上げるようにしながら全体を揉みしだいてきました。

(あぁ、そんな…)恐怖と嫌悪感が混じり、甘い刺激が腰の奥から湧き上がってきます。

茶髪の男性も太股を撫でるだけでなく、指を一本這わせて膝のあたりを優しくくすぐったりと、なんだかいやらしい触り方をしています。

そういえば最近、忙しくて彼氏に会えていなかったなぁ。

男たちの指が敏感な内股や乳房をゆるゆると這いまわる中、全身に快感が広がり、渇いた体に水が染み込むように感じました。

(ん…はぁ…は…あ、ん…)「…すごく柔らかいですよ。

ブラ、外したいなぁ。

生で揉んでみたいな…」「外せばいいじゃない。

寝てるし」「マジですか?でも、危なくないですか?」「大丈夫大丈夫。

他に客もいないし。

見ててくれよ…」(きゃっ!?)茶髪の声と共に、私の太股が一気に押し上げられ、私はM字開脚の体勢になるよう強制されました。

今日は確かアイスブルーの紐パンを履いていた気がします。

目を閉じていても、彼らの視線が私の恥ずかしい部分に集中していることがわかります。

彼らがじっと見つめる様子を想像するだけで、全身が熱くなりました。

「この子、紐パン履いてるんだぜ…」茶髪の指が下着越しに慎重に繁みの部分をなぞり、私は体がビクッと反応しそうになるのを必死で抑えます。

こんなにいやらしい指の動きって、どうしてこんなに…。

彼は恥丘をゆっくりと円を描くように撫でられ、私は体がくねりたいのを必死で堪えています。

「ほら、こんなことしても起きないんだぜ?ブラぐらい大丈夫だって」茶髪の男性があそこの周辺をつんつんとつつきながら、笑いが混じった声で言いました。

黒髪の方は無言で微笑みながら、私の背中のフックを軽く外しました。

ブラジャーがすぐに上に滑り上がり、男性の大きな手が胸を包み込みました。

(あ、ん…っ)手のひらが乳房の形にそってそっと触れ、サテンの滑らかな生地越しに乳首が微妙に刺激されます。

(ダメ…乳首、そこダメ…っ!)同時に、茶髪の手が内ももの弱いところを撫でさすってきます。

黒髪の男性が胸を触るたびに、人差し指から小指までが順番に乳首を刺激し、そのたびに甘い快感が体中を走り抜けます。

男性は指先で軽く乳首を引っ張るように刺激してきます。

その巧みな指使いに、私は我慢できずに声を抑えようとします。

体が熱くなってきました。

乳首をつままれた感覚と、触れられそうで触れられないアソコの熱さが広がります――。

「おーおー、エッチな顔になっちゃってるよ…彼氏としてる夢でも見てるのかな?」茶髪の男性がにやりと笑いながら、アソコの割れ目を下から上に軽くなぞりました。

すると、私の体がビクッと反応しました。

茶髪の男性は反応を楽しむように、割れ目を指一本で何度もなぞってきます。

体が震えて、もう少し強い刺激が与えられれば、喘ぎ声がもれてしまいそうです。

黒髪の男性はしつこく乳首をつまんだり擦ったりしながら、上から下まで同時に快感を与えます。

私はもう頭がおかしくなりそうでした。

突然、茶髪の男性の指が止まりました。

もどかしい…もっと、もっと気持ちの良いところを触れて欲しいです…。

衝動に駆られて、微かに目を開けて茶髪の方を見ます――目が合いました。

反射的に目を閉じようとしましたが、もう遅かったです。

あいつは私が起きていることに気づいています――。

茶髪の男性は鼻でふっと笑い、突然指で下着越しにクリトリスを押し上げました。

「んぁ…っ!」思いもよらない激しい快感に、私は高い喘ぎ声をあげてしまいました。

男たちは顔を見合わせて低く忍び笑いました。

「可愛い声だなぁ。

「なんで寝てるのに元気がないんだろうね」「本当にそうだね、寝てるのに元気がないよ」「こんなことをしても、絶対に起きないんだろうなぁ」と言わんとする契約の言葉だった。

――おそらく、あなたはさらに気持ちよくなりたくて寝ているふりをしていたのでしょう――――では、あなたを気持ちよくしてあげるから、私たちについて黙っていなさいね――男たちの意図に気づくと、私の体は震えました。

これから起こる出来事への恐怖と同時に期待が込み上げてきました。

茶色の髪の男の細い指が紐パンの紐にかかり、するりと解けたかと思うと、前の布が落ちて私のそこが露わになりました。

「すごい、見てごらん。

もうとろとろでぐちゃぐちゃだよ」茶色の髪の細い指がクリトリスに滑りこませるように動きました。

「あ、あっ…!」乳首も先程からビンビンに尖っていますよ。

こんな淫乱な女を見たことなんてないよ…」気がつけばキャミソールも上げられていて、黒髪の男が敏感に尖っている乳首の周りを舌でなぞります。

「ふぅ…あ、あっ、あぁ…!」二人に同時に愛撫されるなんて、生まれて初めてです。

気が狂いそうな快感が背骨を駆け抜けました。

もう、ここが電車の中だなんて信じられません。

ガタン、ガタンと揺れる電車の音、男たちの荒い息遣い、私の恥ずかしい部分から聞こえるぬめぬめとした音、そして、私の止まらない喘ぎ声。

「ん…はぁ、いやっ、あ…あぁ…っ!」茶色の髪の指がクリトリスを優しく、時に激しくリズミカルに刺激してきました。

太股がひくつき、腰が揺れます。

黒髪の男が乳首をちゅぱちゅぱと吸い上げると、私の声が一際高くなりました。

「あ…あぁっ…やあぁ…ッ!」黒髪の男が乳首の先をちろちろと舐めながら「あぁ…やばい…我慢できなくなってきたかもしれない」と小さな声で呟きました。

次の瞬間、黒髪の男はジッパーを下ろし、ギンギンに勃起したものを握り出し、私の手に強く握らせました。

黒髪の男は私の手に自分の手を重ね、その太く硬いものを扱き始めました。

まるで熱い鉄の棒を扱っているような感触に、頭がくらくらしました。

「あああ…本当に困った…。

すみません、私もう挿入したいんですけど…」「え?私より先に?だめでしょう」「では、せめて私にもそちらの方を触らせてください…」「仕方ありませんね」男たちはそう言いながら、お互いの位置を入れ替えました。

絶え間ない快感が途切れ、私はほっと息をついたと思った矢先、黒髪の男は獣のような勢いで私のそこに舌を這わせてきました。

「はぁ、はぁ…ッ!」荒い息が私のそこに直撃しました。

舌が素早く動いて私のクリトリスを舐め上げます。

「ふぁ…ああぁ…ッ!」そして、太くて性欲を感じさせる指が私のそこに触れると、ゆっくりと中に挿入されました。

私のそこはそれを待ち望んでいたかのように、締め付けて離さないのです。

指がゆっくりと曲がると、私の一番敏感な部分を刺激してきます。

「や、ああぁ…だめ…っあぁ…ッ!!」黒髪はもう一本の指をゆっくりと挿入すると、弱い部分を刺激しながら指を動かしてきます。

舐め上げる舌も激しく動きを弱めず、指で刺激を受けながら私は快感に翻弄され、勝手に背中が反ってしまいます。

腰のくねりが止まらないのです。

「はあん…っあ、ああ…だめ…ッもう…あっ、ああぁ――ッ!!!」快感が全身を駆け抜け、私は絶頂に達しました。

波のような快感が押し寄せ、腰が何度も痙攣します。

そして、私は一気に力を抜きました。

「ぁ…はぁ…っ…はぁ…っ」二人の男はにやりと笑いながら、ぐったりとした私の姿を見つめています。

「あーあ、いってしまったなあ、この子」「電車の中で知らない男に指でイかされるなんて、信じられない淫乱ですねえ」「そうだな。

でも…」茶髪の男が突然、私の乳首をつまんできました。

「あぁん…ッ!」まだ敏感な状態である私の全身に強い刺激を加えられ、私はつい甘い声を漏らしてしまいました。

「まだまだ足りないみたいですね?」茶髪の男性の薄い色素のある瞳が、妖しく輝きました。

「私が代わりにやってあげますよ。

太いものを挿入してあげるので」 「早めに終わらせていただけるとありがたいです…私ももう限界ですから」と私は言いました。

茶髪の男性は再び私の前に立ち、ジッパーを下ろし、そこから立ち上がっているものを握りました。

彼の顔は中性的な印象ですが、握られたものは生々しく、血管が浮かび上がっており、勃起しています。

その対照的な光景に、私の背筋は震えました。

茶髪の男性は私の足首を両手でしっかりと掴み、一気に開かせました。

彼のものの硬い先端が、私のクリトリスに押し付けられました。

「あ…やん…っ!」茶髪の男性は軽く腰を動かし、その先端で私のクリトリスをじわじわと刺激してきました。

「はあぁ…っ!」粘膜同士がこすれ合う刺激に、私はもう絶頂まであと一歩の状態でした。

…欲しい。

中に、熱いものが、欲しくてたまりません――。

「や…あ…あぁ…っ」ぬちゃりと先端が濡れた入り口に触れ、じわじわと徐々に挿入されていきました。

私の中は十分に潤っており、襞が肉棒に絡みつきながらそれを受け入れました。

もっと奥まで…もっと…と、私は喘ぎながら腰を揺らしました。

理性はほとんど残っていませんでした。

この異常な状況に、興奮が爆発していました。

「あ、んん…っ!」ついに最奥まで挿入され、私は快感を叫びました。

「あー…すごい、膣がぬるぬるして…やばい、締まる…っ」男性の声と同時に、彼は激しく腰を突き上げました。

「あ、ああぁ…ッ!」激しい突き上げが繰り返されます。

何度も、何度も、深く、深く。

高く張ったものが私の中で何度もこすり、気絶するような快感が湧き上がりました。

気持ちいい。

何も考えることができません。

私は、頭が真っ白になる感覚を覚えながら、首を振り腰を動かしています。

すると、黒髪の男性が羨ましそうに「いいですね、気持ちよさそうです」と呟きました。

しかし、私はそんなことに気を取られる余裕はありません。

ただ叫び声を上げ、腰を振って茶髪の男性の動きに応じることしかできませんでした。

「最高です…たまりません」と、茶髪の男性は突き上げる度にうわごとのようにつぶやいています。

「はやく私にもやらせてくださいね」と黒髪の男性が言いました。

「わかりました。

お前にいいものがあったでしょう…あれ、それを使ってやってくれ」と茶髪の男性も返答しました。

「あ、そういえばそうでしたね…忘れていました」と私は言いました、しかし、言葉の意味は夢の中のように伝わって来ません。

「いいものを使ってやる…?」と思った瞬間、乳首に電流が流れるような快感が広がりました。

「あ、あんっ…やああぁ…ッ!!?」目をやると、黒髪の男性が乳首にローターを押し当てているのが見えました。

「ふあ…あっあ…あっ、あ…やぁ、――ッ!!」深い突き上げと組み合わさり、声を出すこともできないほどの衝撃でした。

一気に体が燃えるように熱くなり、私の腰が突然上がり、痙攣しました。

突き上げられ続けます。

また体が痙攣するとびくびくと震えます。

絶えずイキ続けます。

「――ぁ――ああぁ――ッ!!」また奥まで突き上げられ、そのたびに私の体はびくびくと痙攣します。

うねるような快感に身を委ねながら、私は体の中に熱い液体が放たれるのを感じながら意識を失います。

「ひあ……ッ!!」すぐに意識を取り戻しました。

クリトリスにローターが押し当てられていたからです。

「あっあっあ…ッ!」何度も絶頂に達したにもかかわらず、私の体はまた貪欲に快楽を追い求めていました。

薄く目を開けると、今度は黒髪の男性が私の正面に立っていました。

片手でローターを使い、もう片手で極太のものをしごいていました。

それはすでに最大限に膨張しており、先端には先走りが光っていました。

「さぁ、では次は私の番ですね」と言って、突然、そこに押し付けられ、一気に奥まで突き上げられました。

「ああ…あああぁん…ッ!!」以前のものと比べると、太さがまったく異なります。

無理に広げられるような感覚も、今は快楽しかもたらしません。

クリトリスから響く強い振動と一致して、激しいリズムが繰り返されます。

「あっんっあ…あああ…っ!」茶髪の男性が私の乳首をつまんできました。

三箇所を同時に刺激され、私はビクッとしてまた絶頂してしまいました。

収縮すると、物の硬さをより生々しく感じ、また快感が増幅し、再び収縮します――。

「はあ…ああぁ、あああん…ッ!」突然、強い尿意のような感覚が襲ってきました。

全身が汗で覆われ、遅すぎると思った瞬間にはもう遅かったのです。

「あ、あ、は…ああぁ…ッ!」あそこの中に熱が広がったかと思ったら、勢いよく熱い液体が噴き出してきました。

その間も男性は動きを止めず、ぐちゅっずちゅっと奥まで突き上げてきました。

「あ…あっ…あっあっあ、やああぁ――ッ!!」内臓が溶け落ちていくような感覚に襲われ、私はまた深く達しました。

このようなことが何度も繰り返されたのでしょうか。

最後に意識を失い、目を覚ましたときにはもう終点の近くでした。

服もちゃんと整えられ、窓も広く開けられて換気されていました。

座席の汚れもきちんと拭かれていて、さっきこの場所であんなことが起こっていたことは、誰にも分からないでしょう。

しかし、私の腰のあたりにはまだ強烈な快感の余韻が漂っています。

時間を確認したかったので、スカートのポケットから携帯電話を取り出しました。

ディスプレイには新着メールが一件表示されました。

受信メールを開くと――「さっきはどうも潮まで吹いちゃって最高にエロかったよ、可愛いところちゃんと写真を撮ったから、私がメールしたらちゃんと返してね」と書かれていました――背筋が凍りつきました。

ああ、それなのに――この、子宮から湧き上がる期待感は一体何なのでしょうか。