爆乳熟女との体験談|巨乳人妻で童貞卒業した!フェラからの筆おろし体験

今、僕が好むようになったタイプの女性との初めての経験についてお話ししましょう。

ただし、バストが大きい女性や年上の女性が嫌いな方は読み飛ばしてください。

学生の頃、バイト先のスーパーで働いていた女性が、僕の好みを決定づける出来事となりました。

彼女の名前は京子さんで、当時は30代後半くらいでした。

他のおばちゃんたちの話によると、彼女は一度結婚したことがありました。

彼女の体型はややふくよかで、身長は普通くらいでした。

彼女の整った顔立ちと白い肌、そして特に驚くべきは突出したバストでした。

初めて彼女を見た時は、まるで森川まりこのような衝撃を受けました。

当時、私はバ乳を持つ女性は小説の中の登場人物でしか存在しないと思っていました。

だから、レジを打つ彼女の姿を見るたびに、トイレでこっそりとオナニーしていた日々を過ごしていました。

ある日、たまたま休憩室で彼女と一緒になりました。

彼女が食べきれなかったお弁当をすすめられ、私がそれを美味しいと褒めたことがきっかけで、話す機会が増えました。

数ヶ月後、彼女は私のために自宅で手料理を振舞ってくれることになりました。

約束の日、彼女のアパートに向かうためにもらったマップを頼りに行きました。

ドキドキした気持ちを抑えて呼び鈴を押すと、彼女がドアを開けてくれました。

「いらっしゃい。

どうぞー。」

彼女を見た瞬間から、私は興奮しました。

いつもアップスタイルの髪が下ろされ、黒いニットカーディガンを羽織っている彼女の姿は、いつもの制服姿とは違い、女性らしさを一段と醸し出していました。

「まだできてないから、ちょっと座って待っててね。

お茶でも飲む?」 彼女に案内されてダイニングルームでお茶を飲んでいると、キッチンで彼女が料理をしている姿が時折見えます。

彼女が少し茶色がかった長い髪を持ち、黒いスカートで包まれた大きなお尻と黒いストッキングに包まれたぷよぷよした脚を見ているだけで、後ろから抱きしめたくなる衝動にかられます。

「待たせちゃってすみません。

お料理ができましたので、お持ちしました。

今日のお食事が始まりましたが、そこから先は予想以上に大変なことが起こりました。

再び料理を目の前にすると、それは驚くべき大きさでした!本当に目の前には巨大な膨らみがあって、ちょっと気を緩めると目がそちらに引き寄せられてしまうくらいです。

彼女はニットのセットアップを着ていましたが、カーディガンの折り返された袖や肩の落ち具合から察すると、かなり大きなサイズのものだと分かります。

しかし、それでもカーディガンを前で留めようとすると苦しそうな感じがあり、膨らみがあまりにも大きすぎて引っ張られているのか、ボタンとボタンの間に隙間ができてしまっています。

さらに、いつものブラウスの上にエプロンを着用しているため、柔らかいニットを着ている今日はちょっとした動きでもおっぱいがぷるんぷるんと揺れる様子がわかってしまい、とても興奮してしまいました(後で分かったところ、彼女のサイズはトップで124cm、Kカップだそうです)。

いつもそれが視界に入ってくるのに、彼女に気づかれないように振舞うことに必死でした。

しかし、何と彼女の一言で状況が急展開しました。

食事が終わってデザートを食べながらお茶を飲んでいる最中、思わず気を緩めてしまったのか、京子さんがテーブルにその大きなおっぱいを乗せていたところに私の目が留まりました。

そして、私の視線に気づいた彼女が「あっ、ごめんなさい。

いつものクセで」と言いました。

それから私は言いました。

「私はぽっちゃり体型で胸も大きいので、肩が凝ってしまうんですよ」

「でも、小柄な女性からすれば、それは贅沢な悩みかもしれませんよね」

「…Shuuくんはそう思うかもしれませんが、本当に大変なんですよ」

「女性らしい体型は素敵だと思います」。

よくある話題から、私の好みをちょっと伝えてみました。

「でも、Shuuくんはボン・キュッ・ボンみたいな体型の女性がお好きなんでしょう?」と彼女は言いました。

「えー、ぽっちゃり体型の女性も好きですよ。

それは」。

「京子さんみたいな人が好きですよ…」と、緊張しながら言ってしまった僕に対して、京子さんは「本当?」と尋ねました。

「ねえ、本当なの?」 顔が赤くなり、自分に自信がなかったので、僕はうなずくことしかできませんでした。

静かに立ち上がった京子さんが僕の後ろに回り、驚くべきことに抱きしめられました。

「本当なの?嬉しい」 彼女の抱擁の中で、ふんわりとした芳香と、背中に感じる柔らかいがしっかりとした重みがありました。

もう既に勃起し過ぎて痛い状態です。

数分経ったでしょうか、何もできない僕を無言でソファの方に誘います。

ソファで横に座ると、彼女は首に手を回し、首筋や顔に唇をつけてきます。

彼女の体にぴったりと寄り添われて、触れる腕や胸には柔らかい胸の感触があります。

これにはもう耐えられませんでした。

思い切ってキスをしましたところ、彼女の反応がどんどん激しくなって、舌を絡める積極的なキスになりました。

「ハァハァ」 感情が高ぶったのか、京子さんは激しいキスをしながらも、僕の手を取り、胸に当てがいました。

ニットの上からでも、ブラで巨大なかたまりが支えられていることが分かります。

女性の胸を触るのは初めてで、その膨らみが大きすぎるため、指先を動かすこともできず、ただ触っているだけでした。

やがて、京子さんは僕の下半身に手を伸ばし、パンツの上から硬くなったものをなで回し、ついにはジッパーに手をかけ、僕のものを引き出しました。

京子さんの舌使いや荒い吐息、手に伝わる重みと柔らかさに加えて、優しくゆっくりと弄られる感触があり、我慢できませんでした。

わずか数回強く触れられただけで、 「あ、あっ」 と声が出て、いったのです。

「気持ちいいですか?」 彼女は耳元でささやきながら、手に残った精液のことを気にせず、優しく手コキを続けてくれます。

一度射精した後も、彼女の唇が首筋に触れたり、精液でぐちゃぐちゃになりながらも手コキされる感覚に、すぐに再び勃起してしまいました。

「しゅうくん、気持ちいいですか?」と彼女は甘い声で囁きます。

「今日は手や口だけで我慢してくださいね」と続けて言います。

その言葉とともに彼女はゆっくりと姿勢を変え、僕の前で跪き、先ほど出した精液がついたままでも、そのまま口に含んでしまいました。

唾液をたっぷりと含みながらも、亀頭を口の中で転がしたり、竿の部分に舌を這わせたりしてきます。

激しいフェラとは異なり、ゆっくりと愛されるようにされることで、かえって興奮を覚えます。

彼女は僕のものをしゃぶりながら、自分のおっぱいを弄り始めましたが、それだけでは満足せず、再び僕の手を誘います。

フェラされながらも、下から手を入れて巨大なおっぱいを抱えました。

「ああっ、なんて大きくて柔らかいんだ」と思いながら、その大きさと触感を手と指でたっぷり味わいました。

服の上からではありますが、しばらくおっぱいを触りながらのフェラが続きました。

やがて思い立ったように、彼女は立ち上がり、部屋の明かりを少し暗くすると、目の前で徐々に服を脱ぎ始めました。

カーディガンを脱いで、スカートを降ろすと、ムッチリとした太ももと、黒いパンストの奥に見える黒いパンティーが現れます。

そしてニットを脱いだ時、ゴージャスで巨大な黒のレースのブラが目に飛び込んできました。

彼女の肌が白いため、黒いブラがより際立って見えます。

私の目の前には、顔が入るくらいの巨大なカップのブラがあります。

そのブラの中には、かろうじて収まっているというよりも、ギリギリ抑えられているという感じです。

ブラの上部は盛り上がり、深い谷間を作っています。

薄暗い部屋で光る少し黒ずんだ下着姿の京子さんの豊満な身体を見た瞬間、私は非常に興奮しました。

彼女の姿を見ているだけで、私は自慰行為にふけりました。

私が手を引いたとき、京子さんはそのままの姿で再び私に跨り、私に体全体をプレスし始めました。

つい我慢できずに手を胸に伸ばすと、その柔らかさと大きさに加えて、ブラのレースの感触がたまりませんでした。

しかし、私は手を出しすぎないようにしました。

しかし、京子さんは下着の上から触られるだけでは物足りなくなったのか、ブラに手をかけ始めました。

まさに私の目の前で彼女がそれをしている時、「Shuuくん、気味悪がらないでね」と京子さんが私に言いました。

おそらく私が彼女の大きすぎる胸に驚いたのかもしれません。

私が首を振るわずにいると、京子さんはブラを外すためにホックに手をかけ、肩ひもをずらしました。

黒いブラが外れると、まさに中身がこぼれ落ちるように、京子さんの腕の中に流れました。

彼女はなんとか両腕で押さえていましたが、中身がはみ出していました。

そして腕を解いた瞬間、私は息をのみました。

そして、先ほど彼女が言っていた意味がすぐに分かりました。

年齢的な要素もあるかもしれませんが、巨大なおっぱいは完全にたるんでいました。

しかも、そのおっぱいの先端には約12cmの乳輪と、親指ほどの乳首があり、白い乳房の部分と濃くなった乳輪とのコントラストが、非常に艶やかな印象を与えます。

「す、凄い」と声に出すと、思わず手を伸ばしてしまいました。

京子さんは、胸を見られるのがとても恥ずかしいようです。

そのため、彼女は僕の頭を胸に抱え込み、思う存分顔を埋めることができる様子でした。

これは、僕にとって夢のような瞬間でした。

京子さんの体臭や汗、そしてフレグランスの香りが混ざり合い、女性らしい香りが僕を包み込みます。

顔を埋めると、まるで窒息しそうなほどに覆われ、片手では掴みきれないほど大きく、指が埋もれる感触のおっぱいを思う存分楽しむことができました。

京子さんはおっぱいに顔を埋めたり触ったりしても嫌がる素振りを見せませんでしたので、思い切って口に含むことにしました。

垂れ下がったおっぱいを手で持ち上げ、乳輪に沿って舌を這わせると、京子さんから妖しい吐息が漏れました。

「ハァ…あ、ああっ…」(ああ、なんて魅力的な形をしたおっぱいなんだろう)僕にとっては初めての経験だったため、これまで観たAVを見ながら真似して舐めまくりました。

おっぱいの大きな乳輪と乳首は舐め甲斐があり、いくら口に含んでも満足できませんでした。

また、近くで見ると乳輪の縁にはブツブツがたくさんあり、大きさや形からすると外国の熟女のおっぱいのように思えました。

京子さんにとって乳首や乳輪が一番感じる部分のようで、必死に抑えているものの、しゃぶればしゃぶるほど彼女の喘ぎ声は激しくなっていきました(後で分かったことですが、乳首や乳輪は彼女の性感帯であり、また乳首をしゃぶられることは数年ぶりだったため、特に興奮し感じたようです)。

彼女は「あっ…ああっ…あんあん…」と喘ぎながら、仰け反って僕の頭を抱え込んだり、長い髪を振り乱しながら、腰を動かして下半身をアソコに擦り付けてきます。

もし先ほど射精していなかったら、間違いなくこの状況だけでイってしまっているでしょう。

ある時、私は相手の左腕を自分の胸の下に入れて持ち上げ、両方の乳首をしゃぶりやすくしました。

同時に、私の右手は相手のパンストとパンティーの中に入り、小刻みに動かし始めました。

“しゅうちゃん…もっと、しゃぶって、しゃぶって…”と私は言いました。

私の右手の動きはますます激しく早くなっていきました。

私は上半身を完全に相手に預けていたので、必死に舌で乳首や乳輪を探し、舐め回し続けました。

やがて、小さな声が聞こえ、 “あぁ…イク…” その後、大きな喘ぎ声とともに、相手の身体が一瞬ビクッとしたかと思うと、私は相手に抱きつき、ぐったりとなりました。

私は荒い息遣いのみを耳にしました。

相手の右手の指先がべっとり濡れているのを感じたとき、なぜか異様に興奮しました。

しばらくすると、相手の息が整ってきたので、私は身体を離そうとしましたが、相手のモノがまだ勃起しているのを見ると、私は跪きました。

相手の腕を乳房の下から入れ、胸の谷間で相手のモノを握り、優しくしごき始めました。

私のしごく動きに合わせて乳房が揺れ、それはまるで別の生き物のように大きく見えました。

私はゆっくりとしごきながら、たまに唾液をたっぷり含んで口で攻めたり、大きく咥え込んだりしました。

フェラそのものの気持ち良さに加えて、私が彼をしゃぶったり咥えたりしている様子や、恍惚とした顔、そして揺れる長い髪の動きによって、私自身も興奮が高まっていくのを感じました。

さらに、私の膝の上には露わになった巨大なおっぱいが乗っていました…。

やがて、私は唾液でべとべとになったモノをおっぱいで挟み、手を外側に添えてゆっくり上下に動かし始めました。

唾液によっておっぱいが滑りやすくなり、柔らかな触感があるため、「ああっ、気持ちいい…」と声が出てしまうほどです。

彼女は上から下までの動きがどんどん激しくなりながら、上擦りで関心を持って尋ねてきます。

夢のような光景が目の前で起こっている実感と、それに伴って感じる気持ち良さに、すでに一度射精したばかりであっても、もう我慢できなくなりました。

「もう、出るよぉ…」と言うと、彼女の大きなおっぱいの中で完全に発射してしまいました。

その後、京子さんは湿ったタオルで私の下半身を優しくふいてくれ、2人でソファに寄り添って話しました。

私は甘えるように彼女の肩に頭を預けました。

彼女は私がこんなことを初めてすることを知って驚き、申し訳なさそうに「こんな私でいいの?」と言いましたが、実際に私はそれを望んでいたことを正直に話し、彼女に教えて欲しいと頼みました。

最終的には彼女は「こんな私でもいいの?」と言いながらもOKしてくれました(前の日から生理だったので、この日は手と口だけでした)。

私の依頼により彼女の性欲が目覚め、それ以降数年間、熟女の性欲の強さを経験し、京子さんの体に溺れることになりました。

それによって得た経験の強烈さから、私は巨乳熟女を追い求めることから抜け出すことができず、現在に至っています。

— 京子さんとのその後について、初体験のことは省略して、さらにその後の展開について書こうと思います(ただし、前回の話の方が私にとっては衝撃的です)。

彼女との関係は週に1回程度でしたが、最初の数ヶ月の内に恥ずかしがりながら進展していきました。

しかし、時間の経過と共に彼女は性的に欲求的になりました。

年齢の進行や、結婚後期以降からセックスレスの状態が続いていたことが一因ですが、一番の理由は私の女性への嗜好そのものにありました。

私よりも若く、自分の体型のコンプレックスを非常に好む男性(私の彼氏)が現れたからです。

私は大きすぎる胸と巨大な乳輪・乳首を持つことをコンプレックスに感じていました。

それが彼氏にとってはどんな女性よりも魅力的であると言われることに、私は驚きました。

自分の体の特徴について嫌悪感を持っていると思っていたので、彼氏がそれに興奮することは予想外でした(また、以前の夫との関係は性格的な不一致が大きく、性的にも合わさらなかったと彼氏は話していました)。

しかし、彼は私の体のその部分に興奮するだけでなく、私よりもかなり歳の離れた従順な男性でした。

彼の存在は害がなく、私にとっては都合が良いものでした。

最初は信じられなかったのですが、途中からは彼が私の体に興奮していることを確認することが、私自身も興奮させる一因となりました。

彼に興奮されることが京子にとって好ましいならば、京子はあらゆる面で彼の好みに合わせることにしました。

髪を腰のあたりまで伸ばしたり(どうしてか、髪が長くてたくさんあるのに興奮するのです。

これも女性らしさを強調する憧れの現れでしょうか)、下着の色やデザイン、室内での衣服の選び方、そして服装がコスプレ風になるようなことまで。

ある日の京子との体験を例に挙げると、こんな感じでした。

「いつも通りに呼び鈴を押すと、京子がドアを開けてくれます。

“Shuuちゃん、待ってたわよ。

早く入って”今日も身体にぴったりとした服。

白くて柔らかいモヘア素材の半袖ニットにグレーのタイトなスカート、黒いストッキングを合わせています。

ニットの柔らかい感じで、彼女の体の豊かさが強調されているだけでなく、胸の非常に大きなサイズも一目で確認でき、私は既に半勃起状態なのです。」

彼女がすぐに僕に尋ねます。

「ちゃんとマナーを守っていたの?宿題をしっかりやりましたかね?」

僕は恥ずかしそうに自分のバッグから取り出します… 1週間前に借りた京子さんの黒いブラとそれに合わせたパンティーのセットで、私の顔が完全に隠れるほど大きいです。

彼女は私たちが会っていない間に、私が自分の下着で自慰行為をすることを宿題として私に課し、その証拠としてブラのカップの中に射精するように求めました。

それは2〜3日間連続で着用して(彼女が意図的にそう指示していました)、京子さんの巨大なブラとパンティーは私にとって最上の刺激物でした。

顔をカップの近くに寄せるだけで、彼女の体臭や汗と一緒に混じった独特で強烈な女性の匂いがします。

そして、このブラが彼女の巨大な胸を包んでいたという事実を考えるだけで、私の股間は完全に興奮し、彼女との実際のセックスやあらゆる妄想が浮かんだり、時には巨乳の外国人AVを観ながら、カップにたっぷりと射精しました。

そう、次に会うまでに数回、私は喜んで宿題をやったのです。

京子さんはブラを手に取って、乾いた精液で光り輝いたカップの内側を確認し、満足げな笑みを浮かべました。

「いい子ね」と一言言った後、彼女は優しく私に抱きつき、キスをしてきます。

彼女の官能的な話し方や、下半身の動き、押し付けられる胸によって、私の勃起がすぐに分かり、彼女の手がゆっくりと私を愛撫し始めます。

その場で彼女が上手にパンツを緩め、下着を脱がされ、私の股間をじっくりと楽しんだ後、 「じゃあ、あっちに行きましょう」と言われ、彼女が私のものを握り続けながら、私はリビングに連れて行かれます。

京子さんは私にリビングのソファの正面に置かれた椅子に座るように言い、部屋の照明を少し暗くしてからソファに座りました。

その後、彼女はゆっくりと自分の胸をなで始めました。

彼女は性行為の際に私が長く持続するために、また自分の体を見て興奮している私を確認したいという強い欲望から、自分の淫らな姿を見せることを私に要求しました。

いつもすぐに射精してしまいます。

“ねえ、シュウちゃん、触りたい?” 彼女の服を着ている状態でも、彼女の前面の膨らみを見るだけで、私のものはすぐに元気になります。

“ねえ、私の大きなものが見たいんでしょ?触りたいんでしょ?” 自分のものを握りながら、私は黙って頷きます。

“ちゃんと言ってごらん…大きなおっぱいが見たいって” 優しい口調で、彼女は私に口に出すように促します。

“お、大きなおっぱい、見たいです” “誰のおっぱいが見たいのかしら?” “京子さんの、お、おっきなおっぱい見せてください…” 私を恥ずかしそうに見て、彼女はフフッと笑います。

“いいわ。

シュウちゃんになら見せてあげてもいいわよ。

その代わり…いっぱい出して…” ここからは、京子さんが私だけのためにストリップをする始まりです。

彼女はニットの裾を持ち上げると、大きすぎるホワイトのブラジャーが露わになります。

外国製のフルカップブラを着ていても、まだ胸の一部が収まりきらず、谷間が深くできています。

スカートが落ちると、薄暗い照明の下でブラにパンティー、ストッキングを着たままの京子さんの身体が生々しく映ります。

京子さんは立っていて、胸の大きさを強調するためにブラの上から手でおっぱいを撫でたり、脇から前に押し寄せて谷間を作って見せてくれました。

彼女が着ているブラは白くて大きく、上部にはゴージャスなレースが施されています。

透けている部分からは乳輪の一部が見えていて、それが非常にいやらしい雰囲気を醸し出して、私の興奮をさらに高めます。

ゆっくりと揉むたびに彼女の指がブラにめり込み、中の大きな塊はいやらしく形を変えます。

私は自分自身をしごきながらも、興奮が高まるのを抑えようとしますが、その巨大なブラから中身があふれ出すのを待ち望んでいます。

京子さんは自分の胸を触りながら、私がしごく様子を見て恍惚とした表情を浮かべていました。

そして、今度はソファの後ろに回り、ゆっくりと一つずつ肩紐を外し、ソファの背もたれに手を置いて焦らします。

自然に前屈みの姿勢になった京子さんが腰を揺らすと、ブラで支えられている巨大な乳房の谷間は非常に深く、先端は背もたれに着くほどで、腰の動きに合わせて揺れ続けます。

腰の動きはますます激しくなり、たまに髪をかきあげながら、口を半開きにして喘ぎながら腰を動かす京子さんは、まるでバックから突かれているかのようです(早く彼女の大きな乳を掴んで、彼女のマ○コにバックから突きまくりたい…)。

私の右手の動きも徐々に早くなり、息遣いも荒くなります。

彼女も私を見て興奮したのか、自然と片手でストッキングの上からアソコを触り始め、セクシーな声を出し始めます。

動くにつれてブラは徐々にずれてきて、全体が露出してきています。

もしも、巨乳が好きな方ならばわかるでしょうが、ブラジャーから乳房があふれ出る瞬間というのは、非常に興奮するものなのです。

私はその瞬間をずっと待ち望み、胸元に目を凝らしていました。

そしてとうとう、でろーんという感じで大きな乳房がブラジャーから完全に離れ、私が大好きないやらしい感じの赤茶けた巨大な乳輪が目の前に飛び込んできます。

「ハァハァ…き、きょうこさん、早く、早くぅ…」

私がもはや耐えられないほどの興奮状態に達しているのを察した京子さんは、優しく言います。

「Shuuちゃん、いかせちゃう?もういくの?出して。

私の前でいっぱい出してぇ…」と。

私は耐えられなくなり、「ああー」と思わず声が漏れてしまうと同時に、大量に放出してしまいました。

放出し終えた私に、彼女はソファを回り、近づいてきました。

フローリングの床にぶちまけたことなど気に留めることもなく、軽くキスの後、彼女は跪いて、今出したばかりの私のものをちゅぱちゅぱと口で舐め始めました。

「Shuuちゃん、いい子ね。

嬉しい、うれしいわ…」と呟きます。

彼女の身体を堪能できるのは、このような儀式の後なのです。

そして、そんな儀式の後はいつも京子さんの手料理を食べさせてもらっていました(いつも濃厚で、まるで精力をつけることが目的のようなものです)。

私はバスローブを着たまま、時間をかけて料理を堪能しながら、その間には他愛もない会話をすることが日常的でした。

食事をいただいたお礼ではないのですが、食べ終わった後の皿洗いくらいは私も手伝うことがありました。

そんな片付けをしている最中でも、いきなりプレイが始まることもありました。

「ねえ、Shuuちゃん、まだ終わりたくないのぉ」と、食事中の話し方とは明らかに異なる甘えた声で私に話しかけてきます。

私の背後に回る京子さんは、洗い物をしている私に寄り添い、バスローブの上から体を触ってきます。

バスローブの厚みを通しても伝わってくる、背中越しに感じる彼女の巨大な胸の存在に、私の手が止まってしまいます。

「もう元気になるかしら」と彼女は言います。

彼女の手がバスローブの合わせ目から滑り込んできて、巧みに下半身を愛撫されると、元気にならないわけがありません。

「あぁ、もうこんなに硬くなってる…。

シュウちゃぁん、もう待ちきれないわ、ハァ…」

「も、もうちょっとで終わるから」

「ねぇ、早くぅ…シュウちゃんのが欲しいのよぉ」

京子さんの声は、私の硬くなったものを握りしめるような懇願に満ちており、耳に響きます。

「あ、あとちょっとで終わるから…」

彼女は私のものをパンツにしまい、バスローブを閉めて待っていると言って、一度キッチンやリビングを出て行きました。

私は洗い物を終えると、心臓がドキドキしながら、京子さんがまだリビングに戻ってこないことに気づきます。

(トイレに行っているのかな)ソファに座ってしばらくしてから、違う様子で戻ってきた京子さんがいます。

彼女の脚は黒いタイツに包まれ、化粧もばっちりで、ルージュを塗り、ウェーブのかかった長い髪も梳かし直され、よりゴージャスな印象を与えます。

「お待たせ。

シュウちゃんの好みに合うといいんだけど…」

いつものように照明を暗くし、彼女は黒いレースの長手袋をつけ、部屋の中でありながら、そこで黒いハイヒールを履きます。

そして、バスローブの紐を解き、前を開けた瞬間、私の目は京子さんの体に釘付けになりました。

彼女は黒のサテン地にレースが施されたコルセットを胸元に着けており、同じく黒のガーターベルトと黒いタイツ、ハイヒールの姿が目に飛び込んできます。

アンダーウェアに包まれた、白くふっくらとした体は、その組み合わせから放たれる魅力に加えて、特にコルセットによって引き締まった腰の部分に納まっている(というよりもそれが収まりきれず、強烈な谷間が見える)巨大な胸の存在は、異常なほどに強調されています。

その様子を見た瞬間、興奮が急速に高まります。

そんな淫らな体に引かれるように、私はふらふらと立ち上がり、近づきました。

「ねぇ、どう?Shuuちゃんのために揃えたのよ」

「す、凄い…」

としか言えず、絶句してしまった私は、首元にキスをされながら、バスローブの前をすぐにはだけられ、パンツからアソコも露わにされてしまいます。

「あぁ~ん、嬉しい。うれしいわ。こんなになってしまうなんて…」

片手で硬さを確かめるようにゆっくりと扱きながら、もう片方の手は私の首に巻きつけて、耳たぶや頬をたっぷりと唾液を含めてキスや舐めをしながら、京子さんは耳元で囁きます。

「はぁぁ、可愛いわ…Shuuちゃんは私のモノよ…今日もたっぷりとShuuちゃんを楽しませてあげるから…ね」

「あぁぁぁ、あぁぁぁ」

いつもの素手とは違うレースの感触で刺激され、声を出さずにはいられない私の顔や上半身は、既に京子さんの唾液でベトベトになっています。

舌をねっとりと絡ませられながら、私はソファに押し戻され、そのまま座らせられました。

片膝をソファにつけたまま、前かがみになった彼女は、私の首に手を回しながら、さらに執拗にキスを続けます。

舌の動きとともに唾液がどんどん流れてきて、口の中が侵されるような妙に淫らしい感触に身を任せました。

「んっ、んんっ、あぁ…今度はShuuちゃんの好きなことしてあげる…」

喘ぎ声を上げながらそう言うと、京子さんはソファの背もたれに私の首をかけさせて、上を向かせます。

「うん、うんんっ、あぁ…これからはShuuちゃんの好きなことをしてあげるわね…」

息を荒げながらそう言い、京子さんはソファの後ろに回り、私の首をソファの背もたれにのせて、上を向かせました。

セクシーな仕草で長い髪をかき上げながら、彼女は私の顔の上に身をかがめる姿勢をとり、コルセットで盛り上がった巨大な塊で私の視界が完全に遮られます。

次の瞬間、京子さんは一気にパンパンに張ったコルセットを引き下げ、自分の巨大な乳房を露にしました。

垂れ下がった洋ナシのような形をした巨大で過ぎる乳房が私の目の前に現れます。

乳房があまりにも大きくて下がっているため、普段は正面から見えないCDサイズの巨大な乳輪や乳首も今は完全に見えます。

私が見せられるほどの誘惑に抗えず、むしゃぶりつきたくなる衝動が抑えられなくなりそうな私を見透かすかのように、京子さんは私の肩を押さえ込んで動けないようにします。

そのままじらすようにゆっくりと彼女が腰を下ろすと、巨大な乳輪がますます目の前に迫り、視界が遮られる瞬間、何とも言えない柔らかい感触が私の顔全体を包み込みます。

(あぁぁぁ、柔らかくて気持ちいい~) 京子さんの体臭や汗、香りと乳房の感触に包まれると、それだけで私はイってしまいそうになります。

その大きさや重みを分かるように意図的に上下させたり、柔らかさを強調するために身体を左右に揺らしたり、乳房をゆっくりと顔に触れさせたりします…。

時には息ができなくなるほど、ぴったりと吸い付くような感触で私の顔をいじめる巨大な乳房です。

「どう、大きなおっぱい気持ちいいでしょう?Shuuちゃんはママの大きなおっぱいが大好きでしょう?」 京子さんが甘ったるい声で言う「大きなおっぱい」という言葉が非常に生々しく響きます。

興奮して乳房を弄ぶことを許されていないため、自分のものを自慰するしかありません。

それでもまだまだ気持ちのいいことがたくさんあるから、自分でイクことは許されていません。

京子さんの手が僕の肩から離れたことで、自由にすることができるようになりました。

その目の前には、重さだけでダラ~んと垂れ下がった爆乳があります。

それを両脇からゆっくりと掴むと、柔らかい感触と共に、僕の細い指が中に入り込みます。

指の間からは余分な肉が溢れ出てきます。

指先に力を込めるたびに、大きな乳房は柔らかさを変えながら形を変えます。

揉むほどにCD大の乳輪がパンパンに膨らみ、さらに淫靡な印象が強くなります。

手全体で重さや柔らかさを堪能しながら、乳輪のぶつぶつを指で刺激したり、親指ほどもある乳首を摘んだりすると、京子さんは長いため息から次第に妖しい声に変わっていきます。

舌を乳首に伸ばし、舌全体でなぞりながらゆっくりと舐め、チュパチュパと軽く吸うと、京子さんの一番感じる場所のひとつである部分に快感が広がります。

彼女は我慢できない声をあげます。

この声を聞いて僕も我慢できなくなり、理性を失って乳房をむしゃぶりつきました。

デカ乳輪を思い切り口に含みます。

飲み込む勢いで頬張ってもほおばっても、巨大な乳房は僕の手と口から溢れ出し、当然ながら完全に収まることはありません。

その大きさに振り回されながら、たっぷりの唾液を含んでしゃぶり続けました。

京子さんも喜んで右の乳首を吸わせてくれます。

身体を揺らしながら、吸わせるのを左側に変え、両方を吸いやすくするように両腕で乳房を挟んでくれます。

またまた、驚くべき快感に彼女は厭がる様子もなく身体を揺らし始めました。

彼女が身体を揺すりながら乳房を持ち上げると、もう片方の乳房も揺れるため、たぷたぷと僕の顔に当たります。

彼女が腰を落とすたびに、乳房の柔らかさが顔全体を包み込み、その快感は言葉にできないものでした。

巨大な乳房を楽しむためには、視覚的にも触感的にも垂れ下がった乳房を舐め上げること以上に、他に方法はあるのでしょうか。

京子さんは飽き足らない様子で、乳を含む一方で、ソファの背もたれを越えて私の勃起した股間に手を伸ばし、わずかに届く亀頭を触り刺激します。

すでに巨大な乳房と私の手、顔は唾液まみれですが、それでも彼女は執拗にしゃぶり続け、飽きることはありません。

むしろ、このままずっと彼女の中に埋もれたまましゃぶり続けたいと思うほどです。

しかし、その至福の瞬間が京子さんがゆっくり身体を起こしたことで一時的に中断されました。

若干息を乱しながら、彼女は私の正面に立ち、片足をソファに乗せると、パンティーの脇からアソコに指を入れ弄ります。

「Shuuちゃんがたくさんしゃぶるから、もうこんな感じだよ…」と彼女は言いながら、濡れた指先を私の唇に当て、それをしゃぶらせます。

パンティーを脱ぎ、茂みが見える生々しい姿でソファにもたれかかった京子さんは、私を跪かせ、左脚を私の肩にのせます。

再び彼女をじっくりと見つめると、ウェーブのかかった栗色の長い髪が前に垂れ、巨大な洋ナシの半分を覆っています。

胴体はコルセットで締められ、むっちりとした太腿から細い足首まで黒いストッキングとハイヒールで美しく強調されており、私にとっては神聖な光景です。

彼女は太腿の間を少し開けると、濃くない陰毛の奥で濡れたアソコがはっきりと見えます。

僕は大胆な彼女の行動に戸惑いながらも、彼女はフフフと笑みを浮かべて言います。

「しゅうちゃん、今度はこっちの方に向いて。

こっちもきれいにしてもらうわね」と。

彼女は無理矢理僕の頭を掴んでしまいます。

最初は彼女のぽっちゃりした太ももに噛み付いてみたけれど、すぐに彼女は指で彼女のアソコを広げながら(こっちよ)と誘います。

彼女のアソコは、強烈な雌の匂いが漂い、広がった貝殻のような穴を僕は忠実に舐め回しました。

舌を唇の周りで動かし、徐々に中に入って行くと、彼女は「ウウッ」とかすかな声を上げます。

徐々に快感が広がり始めると、自然と彼女の腰が動き出し、アソコを僕の顔に押し付け、彼女の足が僕の肩に絡みつきました。

彼女はフンフンという鼻息から喘ぐような声へと変わっていきました。

「あ~~っ、しゅうちゃん、上手ね、いいわぁ~」と彼女は言いました。

声も激しくなってくると、舐め取った愛液はぐんぐん増えてきて、僕の鼻の先から口までべとべとになってしまいました。

しかし、そのことは気にせず、僕は彼女を心地よくさせるために必死でした。

舐めながら、自分の指で彼女のクリトリスを刺激していた瞬間、彼女の体がビクッと動きました。

「しゅうちゃん、こ、ここ、ここよぉ」と彼女は指でクリトリスをつまんで示しました。

僕は舌先から全体を使って丁寧に舐め上げると、彼女の反応は今までとは比べ物にならないほど激しさを増していきました。

「ああっ、ああっ、だめ、だめ、あ~~っ、ああ~~んっ」と彼女は叫びました。

彼女は声に加えて、激しく腰を動かし始め、僕の頭を抱え込み、髪を引っ張りました。

彼女が動くたびに、アソコ越しに大きな乳房がたゆんたゆんと揺れるのが見えました。

顔を彼女に埋めながら舌が疲れるのと格闘しながらも、思わず左手が伸び、乳房を揉んだり、乳首をつまんで刺激しました。

京子さんはとても興奮しており、僕は彼女のマ○コを舐めることによってさらに刺激を受けます。

どれくらいその状態が続いたのかわかりませんが、心の中で「京子さん、早くイってください」と叫んでも、すぐに彼女は大きな声とともに身体全体がビクビクと痙攣し、力が抜けてぐったりとなりました。

しかし、彼女のアソコはまだヒクヒクと動いています。

京子さんがソファに横になった私を抱き寄せると、荒い息遣いだけが聞こえてきます。

息が整ってくると、京子さんは私の顔のあちこちにキスをしながら囁いて言います。

「Shuuちゃん、いいわぁ。

Shuuちゃんに舐められるの…」「ママのこと、いっぱいおしゃぶりしたい…」「ほんとう?そんなこと言ってくれるの、Shuuちゃんだけよ。

いい子ね。

また後でいっぱいおしゃぶりさせてあげる…」京子さんは嬉しそうに私をぎゅっと抱きしめながら、私の顔や首元を舐め回しています。

ソファから立ち上がった時、まだ勃起している私のアソコを見た京子さんが「Shuuちゃん、さっきからずーっと大きいままなの?」と聞いてきます。

「うん…」「うふふ、元気ね。

優しくしてあげないとね…」そう言うと、京子さんは横に座った状態から私の下半身に被さるようになり、その瞬間アソコが温かい感触に包まれます。

彼女は口に含んだままゆっくりと丁寧にしゃぶり始めます。

(チュポ、チュポ…ブジュ、ブジュ…レロレロ…ブチュ)

「…んん…んん~ん…ん~~ん…」

彼女がしゃぶってくれている様子は実際に見えませんが、唾液を含んだイヤらしい音と時々彼女が奥まで咥え込むと発する呻き声だけでも十分に興奮してしまいます。

彼女は、私の前に立って体勢を変えました。

彼女は上半身を曲げ、私のものをしゃぶり始めました。

彼女はカリの部分を刺激するために止めずに亀頭部分まで咥えました。

彼女のぽってりとした唇が私のチ○コを上下に動かす感触があります。

京子さんが私のものを丁寧にしゃぶる姿も興奮しますが、それに加えて揺れる大きな乳が見えるのも刺激的です。

京子さんのしゃぶりながら、ゆらゆらと揺れ落ちた巨大な乳が目に入ります。

途中から私はその動きが気になり、凝視してしまいます。

彼女が疲れたのか、跪いて軽くシゴキながら「はぁ〜ん、Shuuちゃんのいいわぁ…いい…ねぇ、後で入れてくれるぅ?」と言います。

上目遣いで私を見つめ、恍惚とした表情を浮かべています。

彼女は亀頭の周りを舌でペロペロと舐めまわしながら「Shuuちゃんのは私のものよ…、後でたっぷり入れて…ねぇ?」と続けます。

私が頷くと、跪いたままでさらに刺激を与えてきます。

私の股を広げ、内腿を舐めながらシゴイたり、サオを咥えながら玉を揉んだり、舌の動きを明確に見せたり、上目遣いで私の表情を確認しながら、私の弱いところを巧みに攻め立てます。

「あっ、ああっ…気持ちいィ…」と声が漏れると、「気持ちいい?…ねぇ、Shuuちゃん、気持ちいいのぉ?…ふふ…こんなのはどうかしら…」と言います。

彼女は私の下に隠れていた巨大な両乳を持ち上げ、私のものを深い谷間に挟み込むように動かします。

京子さんが揺するたびに、私の下腹部に広がる肉の塊が別の生き物のように動き、アソコを刺激してきます。

(どたん、どたん、どたん) 乳房同士がぶつかり合う音が、生々しく響いています。

やがて亀頭が谷間から顔を出し、彼女は唾液たっぷりの口で舐めまわしました。

(ペロッ、ペロッ…ジュルッ…ブチュッ、ブチュッ…) さらに亀頭からサオにかけて唾液を垂らし、しっかりと挟み込みます。

そして、大きくて手に収まらない乳房を上下に動かし、擦りつけます。

僕の下腹部と乳房が当たり、ぱんぱんと音を立てながら、京子さんの手に持ち上げられ、デカ乳輪と乳首を含んだ超乳が、僕のものを包み込み上下に動いている様子を見るだけで、もうイっちゃいそうになります。

「しゅうちゃん、気持ちいい?ねぇ、ほら…こんな大きなおっぱいに挟まれて…」

「あっ、ああ~~~、気持ちいい~っ」

「…ハッハッ…でも、まだよ…まだイっちゃだめよ…」

(でもこのままだとイっちゃうよぉ)と思っていたとき、彼女は動きを止め、僕の上に跨ってきました。

「あぁ、もう我慢できないっ」 京子さんは完全に興奮していた僕のアソコを自分のマ○コに当てはめて、一気に挿入しました。

入り口は狭かったけれど、興奮して十分に濡れていたのか、2、3回お尻を振ったら、ぬぷぬぷっと一気に奥まで入りました。

京子さんの陰唇に僕のモノが引きずり込まれていくのが見えます。

“あっ、あっ、あぁぁぁぁぁ~~~~~~っ” 声を押し殺しながらも、何とも悩ましげな声を上げます。

京子さんが腰を動かし始めると、前後にゆさゆさと動きます。

全身で彼女の重みを感じながら、自分のアソコだけが別の温かいものに包まれていることを感じます。

乳房同士がぶつかり合う音が聞こえてきます。

彼女は谷間から亀頭を口でしゃぶっています。

唾液が亀頭からサオに垂れて、巨大な乳房を上下に動かして擦ります。

乳房と下腹部がぶつかり合いながら、僕のモノを包む大きな乳輪と乳首が僕を興奮させます。

彼女は言います。

「気持ちいい?こんな大きなおっぱいで挟まれて。」

僕は言います。

「あっ、気持ちいい~~~。」

しかし、まだイってはいけないと彼女は注意します。

僕はイキそうになっていましたが、その矢先、彼女は動きを止め、僕の上に跨ります。

僕は我慢できなくなります。

彼女は完全に興奮していて、僕のアソコを自分のマ○コに挿入します。

入り口は狭いけれど、興奮して濡れていたのか、2、3回お尻を振ると一気に奥まで入りました。

ビラビラの陰唇が僕のモノを引き込んでいく様子が見えます。

彼女は押し殺した声を上げながら腰を動かし始めます。

僕は全身で彼女の重みを感じながら、自分のアソコだけが別の温かいものに包まれていることを感じます。

京子さんはディープキスをしながら、モノを深くまたは浅く挿入したときの感触を確かめるかのように上下に動きます。

体が密着しているにもかかわらず、彼女の上下運動のたびに、僕の身体に押しつぶされた乳房の感触がたまらないほど鮮烈に伝わってきます。

“ん~っ、ん~っ…あぁぁ~っつ…” ゆっくりと腰を振りながら、京子さんが次第に興奮していることがわかります。

“あ~っつ、ああ~~っ…あぁぁぁ~~~” 彼女が気持ちの良さに反応し、しゃがみこんだ胸が目の前に現れます。

コルセット越しに腰を押さえ、京子さんが上下に動くたびに、制約なしに大きく揺れる巨大な乳房を視姦します。

腰の動きの激しさと、下腹部同士がぶつかってパンパンと音を立てることからも、京子さんの興奮が高まっていることがわかります。

乳房の揺れを十分に楽しんだ後、我慢できなくなり、京子さんの上半身を抱き寄せ、片方の乳首と乳輪を舐めると、彼女はビクンと一瞬痙攣し、次の瞬間には別のスイッチが入ったかのように激しく動き出し、喘ぎ始めました。

“あぁぁぁ~~~、だめ~~~っ…あんっ、あんっ、あああぁぁぁ~~~っ” 上下の動きを止め、腰を前後左右に揺すりながら、さらにクリトリスを刺激しているようです。

“しゅ、Shuuちゃん…もっと…もっと吸ってぇ…もっとぉ…あぁ~~んっ” 彼女の上半身に体を預け、その重みの下で乳房を執拗に舐める感触と、下半身を完全に貫かれている感覚が交錯し、そこに京子さんの激しい喘ぎ声が加わり、僕の興奮は最高潮に達しようとしていました。

“ああ、もう、クライマックスまで行くよ…” “ダメっ…もう少し、もう少し頑張って…あっ、あん、あん…そのまま…中に出してぇ…” 京子さんは、乳首を吸われながら、腰の動きと指の動きが激しくなりました。

“あああああぁぁぁぁぁ~~~~~~”と大胆な喘ぎ声や絶頂感を感じている様子で、最後に大きな痙攣が起こり、私も我慢できず彼女の中に果てました。

彼女の体に倒れ込むように抱かれながら、彼女のマ○コの中に精液がまみれている感覚が、妙にエロティックに感じられました。

京子さんはディープキスをしながら、モノを深く浅く入れる感触を確かめるために上下に身体を動かします。

身体は密着しているため、上下に動くたびに僕の身体にあたる乳の感触が非常に気持ちいいです。

「ん~っ、ん~っ…あぁぁ~っつ…」 ゆっくりと腰を振りながら、京子さんが徐々に興奮してきているのが分かります。

「あ~っつ、ああ~~っ…あぁぁぁ~~~」 彼女が快感に身をよじると、目の前に巨大な乳が現れます。

コルセット越しに腰を押さえ、京子さんが上下するたびに制約なく揺れまくる大きなおっぱいを見て興奮しました。

腰の動きが激しくなり、下腹部同士が接触してパンパンと音が鳴っていることからも分かります。

揺れるおっぱいをじっくりと楽しんだ後、我慢できなくなり京子さんの上半身を抱き寄せ、片方の乳首と乳輪に口をつけると、彼女はビクンと痙攣し、次の瞬間別のスイッチが入ったように激しく動き始めました。

「あぁぁぁ~~~、だめ~~~っ…あんっ、あんっ、あああぁぁぁ~~~っ」 上下の動きを止め、腰を前後左右に揺さぶりながら、さらにクリトリスを刺激しているようです。

「しゅ、Shuuちゃん…もっと…もっと吸ってぇ…もっとぉ…あぁ~~んっ」 上半身を預けられ、その重みの下で乳房に口をつけている感触と、下半身が完全に責められている感触が交錯し、その中に京子さんの激しい喘ぎ声が加わり、僕の興奮は最高潮に達しようとしていました。

「もう…もう、すごく感じちゃう…」

「だめっ…もう少し、もう少しだけ…あっ、あん、あん…そのまま…中に出して欲しいの…」

京子さんは、乳を吸われながらも、ますます腰の動きと指の動きが激しくなりました。

彼女は大胆な喘ぎ声を上げながら、最後に大きな痙攣を起こし、ほぼ同じタイミングで私も我慢できず、彼女の中で一気に果てました。

彼女はそのまま私に寄りかかっていて、彼女の身体に包まれながら、私のアソコが彼女の中で精液で汚れている感覚が、なんともいやらしく感じられました。