熟女の寝取られ体験談!妻が他人夫の肉棒を受け入れた・・

私たちは45歳と43歳の夫婦で、妻の名前は理香です。

理香は身長が156cmで、丸顔のポッチャリ体型です。

実は、私たちの容姿は歳を重ねてもなかなか衰えていないと言っても過言ではありません。

知人からも「素敵な奥様ですね」と言われることがあり、それを聞くとなんだか自信になってにんまりしてしまいます。

20代や30代の頃は、私たちも他の男性同様、頻繁に夜ごとの性行為を楽しんでいました。

しかし、40代後半になると、私の精力は減退の兆候を見せ始めました。

終わった後、妻は何も言いませんが、私は申し訳ない気持ちで一杯になります。

私たちがまだ性的興奮を迎える中で、妻は女盛りを迎えているというのに、私自身が十分に相手にできていないと感じるのです。

そのきっかけは、あるWebサイトで乱交体験や寝取られ体験に関する告白を読んでからでした。

私は「最愛のパートナーが、他の男と手を握りながら貫かれている姿を想像する」という表現に心を動かされ、寝取られ願望が生まれてしまいました。

男性の中には、愛する妻が他の男性と関係を持つことによって得られるこのような興奮を求める人もいるかもしれません。

私の性器は普通のサイズだと思います。

勃起した時の長さは16cmで幅は4cmほどです。

充分立派なものではありませんが、私は清純で貞淑な妻がより大きな男根で満たされているところを自分の目で見たいという願望がますます高まってしまいました。

ある日、私は勇気を振り絞って妻にお願いしてみました。

「理香が他の男性のペニスを受け入れている姿を見たい」と。

当然、妻は「何を考えているの?私がそんなことされるのに平気なの?」と激しく怒りました。

しかし、その後も段階的に「一緒に年を重ねてきたのだから、もう若くはないし、私が乱れた姿を見ることでさらに愛情が深まると思うんだ」という自分なりの理屈を妻に語り続けました。

私はお願いするタイミングは必ず、妻が絶頂に達した後です。

何か月もかけて頼み続けた結果、妻の態度が少しずつ変わってきました。

「うーん、分かったわ」と言いました。

あなた、そんなことしたいんだ。

・・・全然知らない人とするなんて・・・」「今は凄い抵抗があるわ。

あなたの前で、そんなことされると、私どうなってしまうかわからないよ。」

「あなたがそこまでしつこく言うのだったら・・・どんな人とするの?知らない人にされても気持ちよくなるの?」 → 私は、以前の話の流れから、知らない人との関係についてあなたとお話ししたいと思っているんです。

ただ、私は未知の人と関わることに対して非常に抵抗があります。

あなたの前でそれをされると、私は自分がどうなってしまうかわからないんです。

あなたがそこまで強く望むなら、その相手にはどんな条件を求めるのですか?知らない人との関係を気持ちよく受け入れることができるのですか? 1年間かけて、ついに妻の許諾を得ました。

そして、妻と一緒にインターネット掲示板で男性を募集するか、ある特定の場所で定期的に開催される乱交パーティーに参加するかを相談しました。

私は、メールのやり取りや条件交渉に時間がかかる特定の男性を探すよりも、手っ取り早い乱交パーティーの参加を提案しました。

そのパーティーはエイズの証明書の提示やプレー上のルールがしっかりと守られているため、信頼できる運営が行われています。

何よりも、私は妻が複数人と関係を持って欲しいと願っていたのです。

「乱交パーティーというのは、複数の人と一緒にするものですよね?あなたは、私がそんな姿を望んでいるのですね。

わかりました。

ただ、どんな状況になっても私は知りませんよ」と妻は言いました。

しかし、私の要望に妻は受け入れてくれました。

本当に素晴らしい妻です。

そしてついに、パーティーの主催者から集合場所までの案内が届きました。

前日には、一緒にお風呂に入り、私が妻の陰部の周りを綺麗に剃ってあげました。

その結果、妻の陰部のピンク色が際立って美しい状態になりました。

待ち合わせ場所は、A市の駅前です。

数分後、ワゴンカーがやってきて私たちを目的地まで運んでくれました。

その目的地は某マンションで、しばらくして最初にプレーのルールについての説明がありました。

私は、パーティーの責任者に他の女性と関係を持つことを控えて、妻の行動を観察することを希望しました。

パーティーの責任者は、私の要望を了承してくれました。

私は妻の方を見ると、緊張しているのか身を引き締めていました。

参加者は、私の妻を含む女性3人と、私を含む男性8人でした。

また、カップルのように見える若い2人は見学だけのようでした。

私たちは、いつもとは違う空間で、特別な経験が始まる準備をしています。

まずは別室に移動し、身につけているものを全て脱ぎます。

そして、私は皆さんに「どうぞ、お楽しみください」と声をかけると、長い間待ち望んでいた出来事が始まります。

妻は私の方を見つめ、少し悩んだような表情で「本当にいいの?」と尋ねてきます。

私はうなずきながら、妻の希望を叶えるために他の人との関係を持つことに同意することを示します。

理香が他の人と関係を持ち、その様子を私が見ていることを望んでいたのです。

最初に近づいてきたのは40代の男性でした。

彼の股間を見ると、私とほぼ同じサイズのものを持っていました。

ここでは彼をAさんと呼びましょう。

事前に私はAさんに、妻が私の妻であること、私が傍で見ていること、そして中出しを望んでいることを伝えました。

Aさんの手が妻の肩に触れると、妻の体がビクッと反応しました。

私は妻に言います。

「理香、彼は素敵な人だと思うよ。

優しい人だから安心してね。」

妻は緊張して腰を閉じようとしていますが、Aさんは優しく妻に話しかけます。

「あなたは本当に美しいですね。

こんな素敵な方と初めて遊べて嬉しいです。」

Aさんと妻は抱き合ったまま、Aさんの手が妻の全身を愛撫し始めました。

妻の心臓の鼓動が速くなっているのがわかります。

これが初めての経験でありながら、夫の前で他の人に愛撫されるということになるのは、私の妻だけです。

やがてAさんの舌が妻の口に入り、キスを始めました。

妻は「あっ、う~んっ」と小さな喘ぎ声を漏らし始めました。

Aさんの顔が徐々に妻の股間に近づいていきます。

妻はつい足を閉じようとしていますが、私は言います。

「理香、隠さないで。

もっと足を広げてください…」妻は最初はクリ攻めに抵抗しつつも、体が反応して喘ぎ声が続いていきます。

妻の快感がどんどん高まっているようです。

「あっ!駄目っ!」「あっ、あっ・・・」Aさんのクンニ技術は本当に優れているのでしょうか。

どんどん快感が高まり、喘ぎ声も激しくなってきました。

もう他人に喘ぎ声を聞かれてもかまわないと思うほど興奮が高まっているのでしょうか。

その上、もしペニスが挿入されたらどうなるのか、私は心が震えました。

そして妻はようやく、体操で行うブリッジのように腰を1〜2度浮かせました。

これは妻が快感の最高潮に達した時の動きです。

最愛の妻が、とうとう他の男性にイカされてしまった光景を目の当たりにし、私のペニスも大きく勃起してしまいました。

いよいよ挿入の瞬間だと思いましたが、愛撫が続けられ、妻が腰を浮かせる動きが頻繁になってきました。

忌まわしい行為だと分かっていながらも、快感に身を任せる姿を夫に見られているせいか、妻は声を押し殺しながら泣き叫ぶような声になっています。

しばらくするとAさんが体勢を変えました。

右手で亀頭を掴み、妻の秘部に近づけています。

Aさんが小声で何か妻に囁いたようです。

その瞬間、妻が私の方に切なげな目を向けました。

まるで、「あなた、ごめんなさい!今から他の人の男性のものが入るのよ。

入ってもいいの?!!」と懇願しているようでした。

私は、「ごめんなさい。

自分勝手なことをさせて。

奥まで入れてもらって!いっぱい絶頂していいよ!」と妻に答えました。

肉棒が妻の秘部に向かって力を加える様子が見え、太いものが徐々に秘部に滑り込んでいくのがはっきりと分かりました。

突然、妻が「あぁっ!・・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」と悲鳴を上げました。

とうとう妻が他の男性のものを受け入れた瞬間です。

Aさんは優しさの限りを尽くし、妻の上に覆いかぶさりました。

しばらく動かずに挿入していたAさんが、やがて妻のお尻を両手で抱え込み律動を始めました。

「あっ!あああっ~、ゆっくり・・・んっ!あああ~っ・・・」「Aさんのものが入ったよ。

えーっと、気持ちの良さはどうでしょうか?とても感じやすくなっているでしょうか?ごめんなさい!感じても大丈夫なのでしょうか…感じちゃう…気持ちが良くなるわ…と、Aさんのペニスは妻の性器に快感の波を続けて送ります。

Aさんの声が聞こえました。

「ああぁー締まっていますね、奥さんも、我慢しないで声を出してもいいんですよ。」

彼の囁きに安心したのか、妻が解き放たれたように喜びの声を上げはじめました。

「はぁぁっ!!んっ!!…入っています…いっぱい入っています~…」「あなたっ!凄いわ~っ!気持ち良いわ~っ!」妻の体は、絶頂に向かってどんどん高まっているようです。

Aさんは、私が見やすいように妻の脚を大きく広げさせ、妻の両足を肩に持ち上げて結合部が見えやすいようにしてくれました。

そして、一律一動をゆっくりと大きく動かし、ズブッ、ズブッと妻の中に突き入れます。

「ああぁぁぁっ!!」「いやぁぁぁっ!!奥まで届くうぅっっ!!」更に交わりは変わり、妻がAさんの上に背面に乗る体位に変わりました。

妻は私に見せつけるかのように何度も体を弓なりにし、腰を突き出します。

Aさんが送る快感をより一層受けるために、腰を思い切り浮かせます。

結合部が見えています。

妻の口からは、我慢できない、切ない喘ぎ声だけが漏れてきます。

「奥さんの中は、とても締まりが良すぎて、そろそろ限界です。

中に出しても良いですか?」Aさんが尋ねました。

「思い切り中に出してください。」

結合部は、すごい状態になっていました。

妻の割れ目が肉棒をしっかりと受け止め、Aさんの肉棒が秘所から出したり入れたりするたびに、なかなか離そうとせずに、薄い肉の襞がペニスにまとわりつくように上下に動きます。

肉の襞につながる大陰唇が広がり、大きく開いた割れ目からは先の尖ったクリトリスや尿道が見えます。

「奥さん、もう限界です!私、イくわよ!中に出しますよーっ!ああぁぁぁぁっ!出ちゃう~うっ!!」妻が私の手を強く握り返してきます。

「ああ~あっ、あなたっ!私、中に出されるのよ!出されるところ、見せてくれ~っ!!」「あぁっ!・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!出ましたぁ~あぁぁ~っ!!気持ちいい~っ!!!」挿入されていた男性器が収縮する瞬間、妻は喜びの叫び声を上げます。

Aさんの男性器が妻の膣から抜かれると、大量の精液がじゅわりと流れ出ました。

薄いピンク色の膣壁から自然に滲み落ちてきます。

妻の陰部には穴が開いており、小さな空洞ができています。

至福の瞬間です。

私たちの最愛の妻が、目の前で他人の精液を受け入れたのです。

私の陰茎も極限状態になっています。

妻も徐々にこの状況に慣れてきたようで、快感に身を委ね、声を出すことにためらいを感じません。

プレーが終わった後はシャワーを浴びることになっています。

私は妻に対して、「疲れたでしょう?シャワーを浴びてきてください。

もう一人だけ頼んでおきますね」と伝えました。

どの場所にも、疲れた男性を代わりに相手できる持久力のある方がいると聞いていますし、女性が気を失った時に介抱できる人も常連の方がいると聞いたことがあります。

妻が体を洗っている間に、特に大きなものを持っている男性に声をかけました。

年齢的に私と同じ40代に見えます。

「すごいですね。

常連さんですか?」「まあ、そんな感じです。

男性が疲れてしまって、女性が待ち遠しくなるような時、私の番になるんですよ。」

私はその男性に、妻の相手をお願いしました。

彼のことをBさんと呼ぶことにしました。

「もうすぐ妻が戻ってきますが、一度彼とお相手していただけませんか?」「私のこういうのでよければ、喜んで使ってもらいますよ。」

私の心は、興奮して震えてきました。

「こんなに大きなものを受け入れたとき、妻はどうなるんだろうか…」彼の男性器は、完全に勃起しているわけではなく、半勃ちの状態ですが、勃起時には20cm程度の長さがあるようです。

そして、驚いたことにその陰茎の太さでした。

亀頭周辺が膨らみ、太さはコーラ瓶程度あるかもしれません。

そばで目にすると、大きく突き出た亀頭、十分に使用されている様子が分かる光沢のある巨大な男性器に私は驚いてしまいました。

こんなものを挿入されたら妻はどうなってしまうのだろうか。

「もうやめて!」と泣いてしまうのだろうか、それとも、「壊れてもいいから続けて!」と快感に身を任せるのだろうか?心臓がドキドキしてきます。

妻が戻ってくるまで、Bさんとしばらく話をしました。

「Bさんの立派なもの、うちの妻に合いますかね?」「おそらく大丈夫だと思います。

こちらから声をかけた女性の中には痛がって途中でやめてしまうケースもありましたが、彼女から求めてきた場合はほとんど問題ありません。

特に奥さんの場合、ご主人がそばにいるので安心ですよ。」

そうこうしている間にシャワーを浴びた妻が戻ってきました。

先ほどのセックスで心も体も解放されたせいか、少し興奮している様子が分かります。

私のそばに寄ってきた妻に、「こちらの方が、おまえの2回戦の相手をしてくださるBさんなんだよ。」

と紹介しました。

「ご主人から伺った話以上に素敵な奥様ですね。

ご主人の許可を得て相手させていただきます。

よろしくお願いします。」

「こちらこそ本当に。

私、初めてなんです。

主人が言ってしまって…今日初めて参加しました。」

「おまえ、Bさんのものを見てごらん!」妻は、私に促されて、Bさんの股間に目をやりました。

すると妻は、驚きの表情を浮かべました。

明らかに、興味よりもむしろ巨大な男性器を恐れ、挿入することに畏怖の感情を抱いている様子です。

「すみませんが、私にはこのようなこと、できそうにありません。

ほかの女性に頼んでください、お店のスタッフにお願いすることはできますか?」妻は、私の言葉を聞いて、やっと状況に身を委ねる決心をしました。

Bさんには、大丈夫だと言われているようです。

Bさんに全てを任せて、彼女の指示に従ってみてください。」

Bさんが前戯を始めました。

確かに、Bさんは女性を扱う経験が豊富なのか、女性の身体に心得があるのか、とても経験豊富な感じでした。

妻は、以前よりも大きな喘ぎ声をあげ始めました。

Aさんの時と同じように、Bさんの唇が妻の股間に触れると、妻は自ら腰を上げ、私に性器を突き出すような姿勢をとりました。

「ああぁぁぁぁぁぁぁ~っ!変な感覚~う、私もう我慢できない~っ・・・」「素晴らしいですね。

気持ちよさそうですね。

大丈夫です!Bさんの大きなものでも入りますよ。」

「ああ~ぁぁ~っ!頭がおかしくなりそうっ!どうしようもないっ!」Bさん、妻がそう言っています。

もう少しで入れていただけませんか?」「では、おっしゃる通り、始めさせていただきます!」Bさんの大きなものが妻の秘部に向かって進みました。

すでに、妻の外陰はびしょぬれの状態ですが、果たしてこの巨大なものが妻の中に収まるのか、私は妻の手を強く握り返しました。

妻の小陰唇は、Bさんの大きなものの先端に震えながら触れています。

おそらく、今後予想もつかないほどの挿入を前に、彼女の心の中も未知の感覚への不安と少しの期待で震えているに違いありません。

「では、始めますよ!」Bさんが私に目で合図をし、彼が妻の秘部に力を込めました。

「いやあぁぁぁぁぁ~っ!入ってくる~っ、入ってくる~っ!だんだん奥まで入ってくる~っ!」Bさんの太い先端が、妻の膣の肉壁を押し広げ、徐々に膣の内部に入っていきます。

妻がBさんの男根の巨大さに驚きながらも、Bさんは優しく妻を抱きしめています。

「奥さん、入れましたよ。

大丈夫でしたか?今後は、力を抜いてください。

オシッコをするときのように、力を抜いていると楽ですよ。

しばらく奥さんの体に慣れるまでこのままでいましょう。」

妻は私に向かって言いました。

「ああ~っ、ごめんなさい。

入っちゃいました!こんなに大きいのが入っちゃったけど、大丈夫なの?」妻の秘部はBさんの男根を受け入れ、一杯に広がっています。

Bさんが徐々に出し入れを始めると、妻の淫液がその動きを滑らかにしているようです。

「奥さん、そろそろ始めますよ。」

Bさんは妻の腰を引き寄せ、正常位で腰を動かし始めました。

妻の中にはBさんの男根のほとんどが収まり、結合部が音を立てそうになっていますが、驚くべきことに妻の性器は男根を絡ませ続けています。

男根は妻の深い場所まで挿入されています。

「ああ~あぁぁぁぁ~っ!気持ちいい…すごい!奥の方が変な感じがする…」快感が高まりすぎると、妻の意志とは関係なく、身体が快感を求めて制御ができなくなります。

「ダメえ~っ!、いやあぁぁぁ~っ!」と叫びながらも、喘ぎ声が抑えられないようです。

定期的にやってくる快感に耐えられず、妻は首を振りながら髪を乱しています。

妻は声を上げることにも気にせず、ますます快感を感じているようです。

「ああぁぁ~っ、すごい…お願い、激しくしないで…こんなに気持ちいいなんて…」息が荒くなりながら言っていましたが、だんだんと声も出なくなってきたようです。

Bさんは、自分の巨根の持つ刺激を全身で感じ、何度もイキ続けていました。

しばらくの間、リズムと回転運動を止め、私の妻を後ろから抱きかかえ、挿入したままの結合部分を見せてくれました。

私たちがいつも見ている小陰唇は、巨根の太さで隠れ、見ることができませんでした。

ただ、妻の体の白さの中に、ピンク色に続く秘部に黒いペニスだけが突き刺さっている様子がありました。

私は、長い間夢見ていたこの光景を見て、我慢できずに射精してしまいました。

間もなく、Bさんは2回目の攻撃を始め、妻は喜びの声を上げ始めました。

「ああぁぁ~っ、あああああぁっ!!またなの!?先程よりもさらに強く感じるう~っ!」「奥の方が…奥の方が…いつもと違う~っ!もう限界です…もうどうにでもしてぇ~っ…」妻は2度目の絶頂にすぐに達しました。

彼女は、「ああうわぁぁぁぁっっ!!」と叫びながら手足を震わせるようになりました。

それでも、Bさんは容赦なくピストン運動を続けます。

一瞬動きを止めても、すぐに波のような攻撃を繰り返しています。

徐々に亀頭を膣口に引っ込め、そして再び膣の奥深く突き刺します。

妻の秘部には、淫液を通り越して大量の白い液体が垂れてきています。

とうとう、妻の目には喜びの涙が見えるようになりました。

「あううっ!!どんどん入ってくるぅっ!!もうどうなってもいいの~おっ!!もっと、もっと激しく崩してっ!…」妻は、何度も連続して絶頂を迎えているのでしょうか。

Bさんは、私の望みを理解してくださり、亀頭を膣口まで引き出します。

そして勢いをつけて、子宮の底まで一気に突き進ませます。

「にゅるっ!ズブっ!」という繰り返しです。

「あああぁぁぁっ!!また気持ちいい~うっ!!」「あなた、もうダメえ~っ・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!疲れちゃったぁぁぁっ!」妻は悲鳴を上げ、叫び声をあげます。

「いやぁぁぁっ!!」妻は、もう一度イケたのでしょうか。

何度も絶頂に達し、妻の体が本当に続けて欲しいのか、それともやめて欲しいのか、私にはわからないほど乱れていました。

Bさんが、ペニスの動く距離を長くし、一回、二回、三回と速さを増していきました。

「うわああああぁぁぁぁぁぁっっ!!!」妻はこの日一番の絶叫を上げ、身体を弓なりにし、秘部をこちらに向けて最大限に突き出しました。

しばらくそのまま力が入っていましたが、やがてベッドに倒れ込みました。

3人目は無理だと思ったので、お相手をしてくださったBさんに感謝の意を述べ、帰ることを決めました。

妻を抱きながら横になっていると、妻の意識が戻り始めました。

歩き方もふらつく妻を支えながらマンションを出ましたが、その日の帰宅は無理だと判断し、二人でホテルに泊まることにしました。

「すごかったよ、理香・・・他の人のものを感じたの?」とからかうと、「いやぁぁ!意地悪っ!」と胸に顔をうずめてきます。

「あなた、私があんなになってる様子を見てくれてありがとう。

嫉妬しなかった?」妻が私の唇を求めてきます。

「あんなになった理香を初めて見たよ。

すごく気持ち良さそうだったね。」

「ごめんね。

あなたの前で何度もイっちゃって」「Bさんのは、大きかったよね。

入ったときは、どんな感じだったの?」妻は微笑みます。

「うん・・最初は、あそこが裂けちゃうかと思ったよ。

でも、だんだん慣れてきて、気持ちよくなっていったんだ。

すごいよね、Bさんのペニス。」

「あの場所、無事だった?」「ちょっと痛みがあったけれど、Bさんが『私に任せて』って言ってくれたから大丈夫だったわ・・・」「ほんと?Bさんのものが出入りするたびの感覚はどんな感じなの?」「女性はね・・・一度気持ちよくなると、身体がますます刺激を求めるようになるのよ・・・『ああ~っ』って感じになると、次は『あああぁぁぁっ!』って感じになってみたいって思うの。」

「なるほど、そんな風になるんだ。

理香も元々好きだったんだね。」

「言わないでよ!でも、だんだん気持ちよくなるとこの快感がもっと長く続いて欲しいって思うの。」

「ついには、もうどうなってもいいからもっと激しく突いて欲しいって思うようになるの。

もう私の身体が壊れてもいいと本当に思うようになったんだから。」

このような自由な会話を楽しみながら、妻との一夜を過ごすことはとても心地よく、私は妻が思いやって私を受け入れてくれたことに深い愛情を感じて、心から感謝しています。