手マン体験談!漫喫で20代巨乳JDにフェラ&クンニのエロ体験

3ヶ月ほど前の7月の中旬、同僚の友人がセッティングしてくれた女子大生と合コンをしました。

参加したのは20歳の女の子が2人と21歳の女の子が2人でした。

その中で、私は20歳の女の子とメールアドレスを交換しました。

はっきり言って、4人の中で一番存在感の薄い子でした。

つまり、浮いてしまった子がいてかわいそうだから私が…という感じの話です。

その子はにこにこしながら周りを見ていて、自分からは積極的に会話してこないタイプでした。

質問をすると答えはするのですが、答えたら終わりで話が続かない感じでした。

服装も地味めで、煙草も吸わず、ちょこちょことサワーを飲んでいました。

私以外のメンバーは盛り上がって楽しそうでしたが、浮いてしまった子がかわいそうだから、私が彼女に付き添ってあげました。

彼女の名前は由香里で、20歳で大学2年生の黒髪の清純系の印象の子で、一人暮らしをしています。

顔の印象は…という感じで、不細工ではないけれども可愛いわけでもない感じでした。

聞いてみたら、彼氏は過去に2人いたそうです。

高校の同級生と合コンで知り合った男性です。

最近はずっとフリーだと言っていました。

勘違いされているのかもしれませんが、その日私が彼女に付き添ってあげたことで、彼女は私を「優しい人」と思ってくれたようです。

いつも合コンなどに行くと1人取り残されてしまうので、私が相手をしてくれて嬉しかったと言っていました。

私は特に彼女の好みではなかったので、軽くあしらっていたのですが、彼女からは日々のメールが頻繁に来るようになりました。

短文ではなく、見た目とは異なり可愛いデコメも使ってきます。

性格はいいのだろうなと思いながら、ずっとメールのやりとりが続いていました。

数週間経ったある時、「飲みにでも行きましょうか」という話になり、由香里は喜んで応じてくれました。

あまりお酒は飲めませんが、飲んでいる雰囲気が好きなんです!と言っていました。

私が「私が酔っ払ったら介抱してくださいね」と言うと、「任せてください!」と返ってきました。

期待もしていなかったので、待ち合わせ場所に行くと、由香里が既に待っていました。

遠くから見ても地味なオーラが全開で、携帯電話をいじっているのですが、周りの景色に馴染んでいるようでした。

由香里さんは声をかけられると、すぐに笑顔になって、それを見てちょっと可愛いなと思ってしまいました。

今考えると、それはギャップのある反応だったのかもしれませんね。

そのまま私たちは居酒屋に行き、飲みましたが、由香里さんはあまりお酒を飲まなかったです。

少し顔が赤くなるだけで、私が焼酎を飲んでいるときにニコニコして見ているだけでした。

見守られている感じがして、気分良く飲むことができたのも、やはり少し好意を持ってくれていたのかなと思いました。

「どうする?帰る?明日早いんだっけ?」「明日はバイトもないから大丈夫ですよぉ。」

「じゃあ、カラオケ行く?」「えぇ~だったら満喫がいいな。」

「満喫?マジで?」「はい…1人じゃ行けなくて…」 なんで満喫にするんだろうと思いましたが、仕方ないので一緒に行くことにしました。

終電まであと2時間ちょっとありました。

2時間ほど休憩して帰るのも悪くないかなと思いました。

行ってみると、ちょうどカップルシートのような部屋が空いていたので、そこに入ることにしました。

正直言って、私は満喫にあまり入ったことがありません。

だから、景色が新鮮でちょっと楽しい気分になっていました。

大きめのソファに靴を脱いで座り、コーヒーを飲みながら私はテレビのニュースを見ていました。

由香里さんは何冊か漫画を持ってきて、それを見始めて、お互いに完全に別の世界になってしまいました。

そこで由香里さんはカーディガンを脱ぎましたが、実は彼女の体には少し興奮していました。

合コンの時や飲んでいる時でも、彼女は薄いカーディガンを脱がなかったんですよ。

だから、初めてその時薄着になった彼女の姿を見たんです。

なんていうか、ムッチリ系で谷間がたくさんある巨乳タイプです。

後で聞いた話なんですが、男性の視線が胸に集中することがわかっているので、恥ずかしいんだそうです。

小さい貧乳ではないことは少し分かっていましたが、こんなに立派な巨乳だとは思っていませんでした。

だから、すぐ隣で漫画を読んでいる由香里さんの体を、テレビを見ながらチラチラと見ていました。

ノースリーブから伸びる腕を見る限り、肌もムチムチ系で色白です。

2〜3畳のスペースなので、興奮しまくりでした。

私が彼のちら見に気付いたとき、由香里は笑って、「何を見ているのですかぁ~?」と言いました。

彼は答えました。

「いやぁ、肌が綺麗だなと思ってさ。

触ってもいいですか?」由香里は言いました。

「ダメですよぉ」と。

彼は又言いました。

「何で?エロいことを考えちゃった?」由香里は言いました。

「考えていませんけど!」彼は言いました。

「じゃ~いいじゃん」。

由香里は言いました。

「えぇぇ・・・・」。

彼はどんどん強気になれるタイプですね。

「いいじゃん、いいじゃん」とゴリ押しで腕をナデナデしてみました。

これがまた想像通りの綺麗な肌で、ツルツルで全然産毛も無い感じでした。

「毛の処理してるの?すごぇ~ ツルツルなんだけど」と彼は言いました。

由香里は言いました。

「していませんよぉ~ もともとあんまり無いから」。

彼は言いました。

「へぇ~ マジで超綺麗だね」と。

由香里は言いました。

「ちょっと触り過ぎですよっ!」彼は言いました。

「あっゴメンゴメン、舐めてもいい?」由香里は言いました。

「ダメに決まってるじゃないですかっ!変なこと考えないでください」。

彼は言いました。

「変なことって?教えて?」由香里は言いました。

「もういいですっ!」彼は言いました。

「じゃ~舐めてもいい?」彼は言いました。

「ちょぉ~~っとぉ~~っ!ホントに舐めないで下さいよっ!!」私たちは小声でこんな小競り合いをしていましたが、結局彼は彼女の腕にキスまでしました。

案外由香里は「ダメ」とは言っても嫌がっていなかった。

むしろ楽しそうな感じがしたので、これはもっとやれるかもしれないと思って行動に出ました。

「ちょっとさぁ~ 横にならない?」彼は言いました。

「いいですよぉ~」と由香里は言いました。

「はい、腕枕ね」と彼は言いました。

「腕枕ですかぁ~?もぉぉ・・・」由香里は文句を言いつつ、彼の腕の上に頭を乗せてきました。

それでも彼女はマンガを読んでいました。

彼は右手で彼女の右腕を掴んでみました。

一瞬彼女は彼に振り向きましたが何も言わなかったので、彼はそのままプニプニした腕を揉んでみました。

「太っているからやめてくださいっ」と側で由香里は言いました。

「そうか?このぐらいが一番いいと思うけど。

ガリガリはダメだぞ」と彼は言いました。

「そんなものですかぁ~?もっと痩せて可愛くなりたいのに」と由香里は言いました。

「ガリガリは色気がないからな。

オッチャンはこのぐらいが好きだ」と彼は言いました。

「あはは、おっちゃんって。

まだ若いじゃないですか」と由香里は答えました。

彼は腕を揉み揉みしている間に話していましたが、彼女は全く拒否しませんでした。

私の股間はすでに固くなっており、我慢できなくなった私は巨乳に手を伸ばしてみました。

ムニュッとした巨乳独特の柔らかい触感がありました。

思わず「うわぁ~最高じゃん!」と思った瞬間、彼女は驚いた表情で私を振り返りました。

彼女の胸がビックリしたのは理解できますね。

彼女は体をくねらせ、逃げるように私の方を向いてきます。

「ちょっとぉっ!」「ん?何かしましたか?」「何かって言われても・・・。

どこを触っているんですか?」私は胸を触っていたことを告白しました。

「おっぱいを」「おっ…だめですよ!もうぉ」と彼女は触らせたくないような態度で私に向かってきました。

そのため、私たちはかなり密着していたということです。

多分、この時点で彼女はすでに興奮していたんだと思いますが、見た目からは全くわかりませんでした。

「まぁ~まぁ~いいじゃん」と私は彼女の肩を抱き、彼女の体を抱き寄せてみました。

「ちょっとぉぉ~」彼女は文句を言いつつも私の胸に身を任せてきたので、私の胸には彼女の巨乳の感触がありました。

「こんなことされるのは久しぶり?」と私は尋ねました。

「はい…凄く…」「気持ちいいでしょう?しかも楽しめて」「ちょっと緊張しますけどね」「その緊張がいいんじゃないですか」「んまぁ…そうかもしれませんね」「由香里ちゃんってドMなんでしょ?」「えっ?何を言っているんですか?違いますよ!」「いやいや、完全にドMじゃないですか」私は彼女の肩を強く抱き寄せ、巨乳を押し付けるようにしても彼女は逃げませんでした。

これはもう私たちは絶頂を迎えるしかありません!と思い、会話が途切れた瞬間にキスしました。

「むむんっ!」「最初は軽い抵抗がありましたが、舌を入れるとすぐに彼女は身を任せてきました。

たどたどしい舌の動きを楽しみながら、私は彼女を下にして激しく上からキスしまくりました。

私の激しいキスにスイッチが入ったのか、「んはぅっ」と彼女は軽くエロい吐息を漏らし始めました。

私は我慢できず、キスをしながら巨乳に右手を伸ばし、揉み始めました。

私は相手の腕を掴んで止めようとしましたが、代わりに両手で揉み始めたとたん、彼はもはや抵抗しないでいました。

彼女の巨乳を揉みながら舌を絡ませ、次第にエロい吐息が漏れ始めました。

外見からは想像もつかないような場所で、彼女が私に舌を絡ませながら喘いでいるのを見て、私は興奮しました。

気がついたら周りの音が聞こえなくなるほど、激しくキスをしていました。

近くでガサガサという音が聞こえて、私は我に返りましたが、彼女も私と同じく無我夢中のようでした。

私たちは「恥ずかしいね」と笑い合いました。

座り直して、今度は座ったままキスをしながら、彼女のキャミソールの上から巨乳を自由に揉むことができました。

彼女の手を握り、私の股間に誘導すると、彼女は恐る恐るチンコを握りました。

「こういうのって興奮するでしょう?」と私が言うと、「はい…」と彼女は言いました。

「見た目とは違って変態なんだね」と私が言うと、「そんなことないです…ハァハァ…」と彼女は言いました。

「このオッパイは何カップですか?」と私が聞くと、「FかGです…」と彼女は言いました。

揉みながら時々キスをしながら、舌を絡ませました。

彼女の手はしっかりと私のチンコを握りしめ、慣れない動きでニギニギと繰り返していました。

私は興奮して、やはり下半身に手を伸ばし始めました。

太ももに手を置くと、彼女は軽く抵抗しましたが、私は関係ないとばかりに強引にキスをしながら太ももの内側を撫でまくりました。

足に力が入らなくなってきたのを見計らって、私は一気に手を奥まで入れてみました。

彼女は驚いて足を閉じてきましたが、キスしながら指を奥へと突っ込んでいきました。

指先にはムニッとした柔らかさが伝わり、パンツに指先が届いたことがわかりました。

私は強引に動かしながら、ついにクリトリスに指先が触れた瞬間、彼女はビクンっと反応しました。

彼女はもうここまで来たら諦めたようで、足の力も抜けていたので、私はクリトリスを指先で刺激し続けました。

この場面では、由香里さんとのエロティックな経験が描かれています。

由香里さんは興奮し、我慢しながら喘ぎ声を出しています。

彼女は舌を出し、私の指をしゃぶり始めました。

私がパンツの横から指を滑り込ませると、彼女は驚くほど濡れていました。

私は彼女の驚きを口にしながら、彼女の大人しい外見とは裏腹に彼女がエロいことを指摘しました。

私は指先で彼女の濡れた陰部をいじりました。

彼女の中に指を入れ始めると、彼女は必死の表情を浮かべました。

彼女はダメと言いながらも、腰を前にズラして私を受け入れるようにしていました。

私は中指を根元まで挿入し、中を刺激すると、彼女は私に抱きついてきました。

私は彼女を強く抱きしめたまま、指で責め続けました。

周りで物音が聞こえ始め、この状況はやばいかもしれないと思いました。

私は彼女に出ようかと尋ねると、彼女は気まずそうに頷きました。

私は彼女の手をつかみ、駅の反対方向に歩き始めましたが、彼女は何も言わずについてきてくれました。

ラブホに入っても無言でしたが、部屋に入るとすぐにキスをすると、今度は彼女が積極的に舌を絡めてきました。

外見からは想像できないほどのエロさだなと思うほど、私は興奮しました。

ベッドに彼女を押し倒してから、キスをしまくりました。

キャミソールを脱がせると、私は驚きました。

彼女の乳房は真っ白で形もとても美しいのです。

FやGカップでも形が崩れて垂れていたりするのが普通ですよね?若さのせいか、経験が少ないせいか、彼女の乳房はほとんど垂れず、乳輪も薄いピンク色でした。

「こんな美しい乳房は初めて見ました」と私は彼女の乳首に吸い付きました。

もう彼女は我慢することなく喘ぎ始め、その喘ぎ方もまたエロかったです。

「ダメ」と連発しながらも、彼女は実は本当はダメではなかったのです。

トランクスの上から彼は私のペニスを握りながら、しっかりと刺激してきます。

しばらく彼の巨乳を攻めた後、私は彼女のパンツの上から触ってみました。

そして、手をパンツの中に入れて容赦なく彼女を手で刺激しました。

しかし、彼女の中の毛の感触があまりないことに気付きました。

それでも手を使って彼女を刺激し続け、指を入れると彼女は喘ぎまくっていました。

彼女は感じながら私の顔を凝視し、キスすると夢中で私のペニスをしゃぶり始めました。

私は彼女を挿入したくてたまらず、彼女のパンツを脱がせようとしました。

「シャワーを浴びたい」と彼女は言いました。

「じゃあ、一緒に入る?」私は尋ねました。

「恥ずかしいから嫌」と彼女は言いました。

「分かったよ」と私は答えました。

彼女はパンツ1枚だけで風呂場に小走りに消えていきました。

私は彼女を見て、「これはもしかして相当な逸材かもしれないな」と思い始めました。

彼女はムッチリした体型をしていますが、腰にはくびれがあり、太ももや足はそんなに太くありません。

シャワーを交代で浴びてエッチを再開しました。

彼女がラブホのガウンのようなものを脱ぐと、やはり彼女の陰毛はかなり薄いことがわかりました。

恥骨の周りに少し生えてはいるものの、最近生えたばかりのような薄さです。

割れ目の両側には毛がまったくありませんし、全身の体毛も薄いようです。

恥ずかしいと言っていたのに、私が無理矢理クンニをしたら彼女は喜びまくりました。

エロい液体がアナルまで流れ出るほど出ており、小刻みに腰を動かすのがとてもエロかったです。

手マンをしながら私のペニスを彼女の顔の近くに持って行くと、彼女はまず舌で亀頭や竿を舐め始めました。

私の顔を見ながら舐めてくるので、私も恥ずかしくなりましたが、まあまあ上手なフェラでした。

彼女を四つん這いにさせてフェラをしてもらいましたが、ねっとりとした性格で激しさはありませんでした。

なんというか、言いなりなんですよね。

騎乗位をさせても文句もなく上にまたがり、指示通りに腰を振ってくれるんです。

バックで激しく突いたり、ケツを叩いたりすると、相手は喘ぎながら受け入れてくれました。

私が「クビや耳を舐めて」と正常位で抱き締めると、彼は忠実に実行してくれたんです。

お願いすれば何でもしてくれるような、とても満足のいくセックスでした。

私は正常位の時に彼に「腰を動かせる?」と聞きましたが、無理だと思っていました。

ところが彼は「うんっ」と言って、下から腰をグリングリンと振ったので驚きました。

彼は地味で清楚な見た目なのに、20歳ぐらいの年齢でも正常位で腰を振ることができるんですよ。

なかなか逸材を見つけたな、と感じてその日は朝まで2回もしました。

私たちは付き合うとは言っていませんでしたが、その日から週に1~2回会うようになりました。

2回目は彼の部屋に行ったのですが、お互いに求め合っている感じでたくさんイタズラしました。

久しぶりのセックスで、彼はエッチな感じになっていました。

洗っていないチンコを舐めまくるし、2回目にして生で入れてもOKだったんです。

部屋に通うようになって、ヤリまくりでした。

それで、ある時、彼女は全裸でネットをやっていました。

真面目にレポートの情報を集めていたのですが、全裸だったのでエロく見えてしまいました。

四つん這いにさせて後ろからおまんこを見たり広げたりしました。

「やめてよぉ~」と言いながら、彼女はお尻をクネクネと動かし、私のチンコも元気になってきました。

まぁ、入れるつもりはなかったんですが、バックで亀頭を割れ目に押し当てたりしました。

すると、中がとても濡れていたようで、亀頭がニュルンと入ってしまいました。

「んあっっ!だめっっ!」と彼女に言われましたが、入ってしまったものは仕方ありません。

そのまま奥まで挿入して、ゆっくりと出し入れしてみました。

彼女はネットを見ながらなのですが、膣内はとても濡れていましたよ。

由香里さんは勉強に集中しているのに、なぜかいつも濡れてしまうんですよ。

いつも前戯なしで突然挿入されることに興奮しているようです。

それで、それ以降は隙があればいきなり挿入するようにしましたが、毎回彼女の中はすごく濡れています。

指を入れると中はぐちょぐちょです。

「いつも濡れているの?」「ええ、分かりませんよ」「本当に変態だな、いつも濡れていて」「そんなこと言わないで…」今では由香里が変態でエッチなのがわかっているので、アナル舐めもしています。

遊びから帰って玄関に入るとすぐにしゃがませてフェラをしてくれます。

洗っていないので少し臭いと笑顔で言ってきますが、喜んでフェラをしてくれるんですよ。

我慢できない時はそのまま手をドアにつけさせて立ちバックです。

フェラだけでも濡れてしまうので、そのまま挿れるとすぐに入ってしまいます。

仕事で忙しくて遊びに行けなかった週は、たくさんの動画を携帯に送ってもらいました。

先月プレゼントしたローターを使ってのオナニー動画などです。

会った時にもフェラの動画を撮らせてくれるし、もう完全に俺に信頼しているみたいです。

まだ付き合うとか好きとかは言ったことはありませんけど。

そんな俺ですが、最近ちょっと面白いアイデアが浮かんできました。

大学時代の友達で、ほぼ童貞で彼女がいない6年以上の男がいます。

でも彼はなんと巨根の持ち主なんですよ。

エッチしたくてたまらなくて毎日2〜3回もセックスしているそうです。

そんな友達に由香里を抱かせてみようかなと思っています。

ちょっと由香里に興味を持って探ってみたんです。

「今までオナる時にどんな妄想をしていたの?」と聞いてみました。

「ええ、なんだろう」「複数人にされるとか?」「うーん…それもあるけど…」「犯される系の妄想?」「うん…」「知らない男にデカチンで犯されちゃうとか?」 もし私が隣でそれを見ていたら、おそらくその状況には驚きます。

しかし、私はそれをおかしく感じるとは思いません。

むしろ、興味深いと思うかもしれません。

私は真剣にそのアイデアを考えているので、このことについて積極的に検討しています。