【人妻体験談】熊田曜子似のDカップ人妻に「筆おろし」してもらい童貞を卒業!

人妻体験談

中学まではかなり勉強ができ、地元で有名な進学校に入学したものの、勉強をおざなりにして部活に熱中しすぎた結果、成績が留年に近いほど下がってしまいました。

このままではまずいと思いましたが、手遅れでした。

結局、浪人して普通の大学に入学しました。

私の奥手で人見知りな性格のため、中学までは浮いた存在でした。

高校では少し自信を持ち、3年間で2人に告白しましたが、どちらも振られてしまいました。

こんな状態で大学生活を迎えることになり、リア充なキャンパスライフを少しでも夢見ていました。

しかし、私が入ったのは理系の大学でした。

当然ながら女の子は少なかったですが、工学系の学部ではありませんでしたので、男女比は3対1くらいでした。

私は小さい頃から歌うことが好きでしたので、軽音楽サークルに入部しました。

歌うことは好きとは言っても、人前で歌うことはほとんどありませんでした。

しかし、自分の好きなことを思い切りやってみたかったし、ここで一発芸を披露しなければ、つまらない生活が続くと思い、勇気を出して「ボーカルをやりたい!」と言いました。

すると、なんだかんだでメンバーが集まって、コピーバンドを結成しました。

文化祭などのイベントでライブを行いました。

とても楽しかったです。

私は今、青春を謳歌していると感じました。

しかし、恋愛に関してはこれまでと変わらずでした。

女性の比率が少ないため、顔がそれほど良くなくてもモテるし、別れたと思ったらすぐに他の男性と付き合うことが日常茶飯事でした。

サークル内で仲間が次々と増えていく様子を第三者の目で見て、私は「これに入るのは嫌だなあ」と考えていました。

大学2年の時、サークルの勧誘活動に頑張った結果、かなりの人数が入部してくれました。

その中には、かなり可愛い子もいました。

仮に彼女の名前を香織としましょう。

彼女は薄い茶色の髪をストレートにしており、スタイルも良かったです。

愛想もよく、少し天然な感じも持ち合わせていました。

私は女性との付き合いに慣れていなかったため、彼女にすぐに引かれてしまいました。

私は香織と知り合ってから、彼女と音楽の趣味が似ていることが分かり、お互いに自分の持っているCDを貸し借りするようになりました。

そんな些細なことでも、香織との距離が近づいていることがとても嬉しかったです。

半年くらい経った頃、同級生の女の子から聞きたくなかった情報を聞かされました。

香織には、付き合って2年くらいの彼氏がいるということです。

彼氏は25、26歳くらいの社会人だそうです。

私は悩みました。

彼氏の容姿はわかりませんが、彼のスペックを聞いただけで自分が負け組のような気がしました。

年齢も上で、社会人ならお金も持っているだろうし、何よりも、自分に自信がありませんでした。

その数日後、私は香織を食事に誘い、彼女に好意を告白しました。

当然、彼女の答えはノーでした。

あわよくばなんて期待していませんでした。

自分の気持ちを整理するための、自分勝手な告白でした。

私の何度目かの恋は失敗に終わりました。

バンド活動は楽しいままでしたが、他のバンドメンバーが全員彼女を持っていることに焦りを感じるようになりました。

しかし、サークル内で彼女を作る気は起きず、他の人間関係もほとんどありませんでしたので、学内の他の女の子と付き合うという選択肢もありませんでした。

そんな時、家でPCをいじっていると、ふと思いつきました。

「そうだ、ネットがあるじゃないか」と。

ちょうどその頃、以前よく訪れていた気になるサイトのことを思い出しました。

サイトに登録しなくてもログインメンバーや日記が見られるので、写真を見てニヤニヤしていました。

完全無料なら試しにやってみるかと思い、登録してみました。

ただし、私は童貞だったので、適当な理屈を持っていました。

「mixiやSNSで出会えるような女はとんでもなくビッチで、童貞の私がどうしようもない相手だと思っている」と。

さらに、「イケメンやコミュニケーション能力の高い人じゃないと、まず無理な世界だと思っている」とも考えていました。

逆に、有名な出会い系アプリやサイトは競争率が非常に高く、私のような人には向いていません。

そこには写真を第一に求めるユーザーや、軽い関係を求める女性が多く集まっていますが、彼らからの返信はほとんどありません。

もし連絡が取れたとしても、デリヘルの営業や売春目的の女性くらいしかいないかもしれません。

さらに、聞いたこともないような出会い系サイトは非常に危険で、個人情報が抜かれてしまい、さまざまな会社から理解できないメールが大量に送られてくる可能性があります。

実際に経験したことがありますが、童貞の私でも輝ける唯一の場所があります。

それは出会い関連の掲示板です。

有名なサイトよりも会員数は少ないかもしれませんが、かなりの穴場です。

私が利用したのは人妻密会掲示板という場所でした。

める友掲示板などにも登録してみましたが、返信率はかなり高かったです。

ただ、近くに住んでいる人がなかなかいないという難点もあります。

また、める友では本当にメール目的の人が多く、理屈はこれぐらいにして本題に戻ります。

モロ顔写真はちょっと怖いので、目の周りだけの写真を撮り、プロフィールもきちんと設定しました。

検索して住所が近い人にメールを送りましたが、返信がなかったり、メールのやりとりが続いてもすぐに終了してしまったりしました。

うまくいかないなと思っていた時、知らない人からメールが届きました。

その人の名前は曜子ということでした。

住んでいる場所は少し遠かったですが、このメールを受け取った時はとても嬉しく、努力してメールのやりとりをしました。

世間話や音楽について話し、とても盛り上がりました。

この時点で、曜子が3歳の子供を持っていることを知りました。

このサイトは人妻向けのものということがわかりました(笑)。

メールを始めて約2週間後、「サイトを経由するのは面倒だから」という曜子の提案でメールアドレスを交換しました。

そこからは携帯メールでやりとりをし、やがて彼女はパソコンも使っているということで、スカイプIDを交換しました。

初めてのスカイプ通話は緊張しました。

曜子さんの声は、ちょっと大人っぽさを感じさせます。

「ああ、やっぱり年上だな」と再確認してしまいました。

彼女は女性らしさをあまり感じさせない、さっぱりとした話し方をしていて、私自身が女性とのコミュニケーションに不慣れでも、比較的気楽に話ができました。

この時、彼女からはサイトでは公開されていなかった顔写真の写真をもらいました。

彼女の二重まぶたの大きな目がとても印象的でした。

スカイプで通話する頃には、私もだいぶ慣れてきたころでしたが、ある日家庭料理の話題になりました。

当時、私は一人暮らしをしており、自炊をほとんどしなかったので、「実家の手料理が恋しいなあ」とかそんな話をしたと思います。

すると、曜子さんから予想外の言葉が飛び出しました。

彼女は「料理作りに行ってあげようか?」と言いました。

私は動揺しました。

「え、それってつまり家に来るってこと?でも距離もけっこうあるし」と心の中で思いました。

それに私は曜子さんに興味はあったけれど、距離もあるし、少し迷っていました。

私は「・・・本気?」と尋ねました。

曜子さんは笑って「本気も本気だよw」と答えました。

私は「いや、悪いよ、けっこう遠いし」と言いました。

しかし、曜子さんは「いいのいいの、あなたにちゃんとしたものを食べてほしいし」と言いました。

「いやでも・・・」と私は言いかけましたが、曜子さんは「私の料理を食べたくないの?」と聞きました。

「・・・食べたいです」と私は答えました。

曜子さんは「よし!w」と言って、迷いつつも、私は曜子さんに会いたい気持ちが勝ってしまいました。

そして、もしかしたらもしかするのかもしれないという気持ちもありました。

予定を話し合って、曜子さんが外出できる日に私のアパートに来ることになりました。

当日、私は部屋の掃除を済ませ、最寄り駅に曜子さんを迎えに行きました。

待っていると、曜子さんから電話がかかってきました。

「今着いたよー、どこ?」と彼女が言いました。

「駅前の喫煙所辺り」と私が答えると、「えーと、あ、いたいたw」と彼女が返事をしました。

すると、駅からこちらに向かってくる女性が一人いました。

顔を事前に知っていたので、すぐに彼女だと分かりましたが、想像していたよりもちょっとぽっちゃりしていました。

曜子:「はじめまして!」 俺:「あ、はじめまして」 曜子:「…緊張してる?w」 俺:「ええ、少しです」 曜子:「なんで敬語なの?w」 俺:「いや、ただの習慣です」 曜子:「普段通りタメ口でいいよw」挨拶が終わった後、近くのスーパーに行きました。

作る料理はシチューと肉じゃがに決めていました。

変な組み合わせかもしれませんが、冬に近づいてきたため寒かったし、手作りの感じが欲しかったので、この料理にしました。

曜子:「野菜が結構高いねー」 俺:「地域によって価格が違うんですか?」 曜子:「店によってだと思うよ。

普段はチラシを見て安いところに行ってる」 俺:「へーそうなんだ」そんな会話をしながら、買い物かごにポンポンと商品を入れていきました。

俺:「さすが普段買い物してるだけあって、スムーズだね」 曜子:「そうでしょーw」野菜や肉などの材料を買って、いよいよアパートに帰りました。

家に上がる時はさすがに緊張しました。

曜子:「おじゃましまーす、おおけっこうキレイだね」 俺:「掃除したからそうなったんです」 曜子:「エロ本はどこかなー?(押し入れをガラッと開ける)」 俺:「やめてw」エアコンを入れて少し暖まった後、料理の準備を始めました。

曜子に「テレビでも見てゆっくりしていて」と言われましたが、手持ち無沙汰で退屈だったので、じゃがいもの皮むきなどを少し手伝いました。

そんなこんなで料理が完成しました。

曜子:「お待たせしました!」 俺:「おー、手料理だね」 曜子:「なんか反応が悪いなw」 俺:「いやいや、感動してるんですよ」 曜子:「そう?じゃあ食べましょう!いただきます」 俺:「いただきます」さすがに普段から料理をしているだけあって、曜子の料理はとても美味しかったです。

シチューはちょっと多めに作ってあったけど、2回おかわりしたおかげでほとんどなくなりました。

曜子「今着いたよー、どこにいるの?」 俺「駅の近くの喫煙所ぐらいです」 曜子「えーと、あ、見つけたw」 一人の女性が駅からこちらに向かって来ていました。

事前に顔を知っていたので、すぐに彼女だと分かりましたが、 予想以上に少しぽっちゃりしていました。

曜子「初めまして!」 俺「は、初めまして」 曜子「・・・緊張してる?」 俺「ええ、そうですね」 曜子「なんで敬語なの?」 俺「いや、その」 曜子「普段通りにタメ口でいいよ」 挨拶が済んだ後、近くのスーパーに行きました。

作る料理はシチューと肉じゃがに決めていました。

変な組み合わせですが、 冬が近づいてきたので寒かったし、 家庭的な感じの料理を作りたかったのです。

曜子「野菜の値段高いなー」 俺「地域によっても値段は違うのかな?」 曜子「店によっても違うよ。

普段はチラシを見て安い店に行ってるんだ」 俺「へー」 そんな会話をしながら、買い物かごに商品を次々と入れていきました。

俺「普段から買い物しているだけあって、スムーズに進んでるね」 曜子「そうだろーw」 野菜や肉など、材料を揃えて、いよいよアパートへ帰ることにしました。

家に上がるときは少し緊張しました。

曜子「おじゃましまーす。

おお、きれいな部屋だね」 俺「掃除したからだよ」 曜子「エロ本はどこにあるかなー?(押し入れを開ける音)」 俺「やめてくれw」 エアコンを入れて少し暖まった後、料理を始めました。

彼女から「テレビを見ながらゆっくりしていて」と言われましたが、 手元で何もすることがなかったので、 じゃがいもの皮をむいたり少し手伝いました。

こうして、料理が完成しました。

私「ごちそうさまでした」と言いながら、おいしい夕食を食べた後、満足感でいっぱいです。

曜子さん「おそまつさまでした」とお返しいただき、私の言葉に喜んでくださいました。

「おいしかった」と言っていただいて、料理を作る価値があったと感じました(笑)。

その後、コタツで暖かさを共有しながら、しばらくおしゃべりしました。

私が正面に座り、曜子さんが左側にいるような配置でした。

初めて直接顔を合わせる機会でもあり、予想していたとは違ったという話をしました。

音楽の話で盛り上がった後、くつろいだ雰囲気になり、会話が途切れました。

私は、「こういうのんびりした雰囲気がいいなあ」と思っていましたが、その時、曜子さんが私の左手を突然握りました。

曜子さん「手、きれいだね」と言われて、私は「そうかな?」と答えました。

曜子さんは「家事をすると手が荒れちゃうんだよ」と言いました。

私は「水仕事の手入れは大変だって聞くよ」と返しました。

曜子さんは「そうなんだよ」と言って、また会話が途切れました。

しばらく沈黙が続きました。

まったりした空気から何かが変わった気がしました。

ふと気づくと、私たちは女性と男性で部屋に二人きりになっていました。

私はこういう状況を経験したことがありません。

戸惑っていると、曜子さんが私の手を握ったまま、ゆっくりと頭を下げ、手の甲にキスをしました。

私の心拍数が上昇しました。

曜子さんは何度か手の甲にキスを繰り返した後、ゆっくりと顔を上げ、私の顔を見ました。

目が少し潤んでいるように見えました。

そして、彼女はコタツから出て、私の隣に座りました。

そして再び私の顔を見つめています。

(これは、あのことを意味するのか?)私の心臓はドキドキとしているのがわかりました。

少し迷いましたが、意を決して彼女に顔を寄せ、キスしました。

ただ唇を触れ合わせるだけのキスでした。

おそらく10秒くらいでしょう。

ゆっくりと顔を離して、曜子さんを見ました。

曜子さん「やっとしてくれた。

手にキスした甲斐があったよ」とにっこり笑って、私の理性は飛んでしまいました。

再び、曜子さんとキスを交わしました。

何度目かのキスで、舌を絡ませてきました。

曜子「お待たせしました」 俺「おー、手料理ですね」 曜子「なんか反応が悪いみたいですねw」 俺「いやいや、これでも感動しているんですよ」 曜子「本当ですか?じゃあ、食べましょう!いただきます」 俺「いただきます」 曜子の料理はさすがに普段からやっているだけあって、とてもおいしかったです。

シチューは少し多めに作ってあったけれど、2回おかわりしたおかげでほとんどなくなりました。

俺「ごちそうさまでした」 曜子「おそまつさまでした」 俺「いやー、おいしかったです。

満足満足です」 曜子「そう言ってもらえると、作った甲斐がありましたねw」 その後、コタツで暖を取りながらしばらく談笑しました。

私たちは正面を向いて座っていて、曜子は私の左側に座っていました。

直接顔を合わせるのは初めてだったので、「想像していたのとは違う」とかそんな話をしました。

音楽の話で盛り上がった後、落ち着いた雰囲気になり、会話が途切れました。

「ああ、こういうのんびりした雰囲気がいいなあ」と考えながらいると、 曜子が突然私の左手を取りました。

曜子「手がきれいですね」 俺「そうですか?」 曜子「家事をしていると手が荒れてしまうんですよー」 俺「水仕事は手のケアが大変だと聞きますね」 曜子「そうなんですよー」 その後、また会話が途切れました。

しばらくの間、黙っていました。

まったりとした雰囲気から何かが変わったように感じました。

ふと気づくと、私たちは部屋に二人きりで女性と一緒にいる状況です。

こんな経験はこれまで一度もありませんでした。

未経験の雰囲気に戸惑っていると、 曜子が私の手を引き続けたまま、ゆっくりと頭を下げ、手の甲にキスをしました。

心拍数が急上昇しました。

曜子は何度か手の甲にキスを繰り返した後、 ゆっくりと顔を上げ、私の顔を見ました。

彼女の目が少し潤んでいるように見えました。

ディープキスは方法がわからないため、相手の指示通りにしていました。

思わず、「キスってこんなに気持ちいいものなのか」と感じました。

その時、私の体はすでに戦闘モードに入っていました。

キスしながら、おそるおそる相手の胸に手を触れてみました。

服の上からでも、その大きさがわかりました。

カップの数は分かりませんが、手のひらに収まるほどの大きさでした。

本能に従って揉んでいると、相手の曜子さんはいつものクールな雰囲気とはまったく異なる艶のある声を出しました。

しばらくキスと胸の愛撫を続けて、少し疲れてきた頃に、どちらからともなくキスをやめました。

曜子さんは「ベッドに行きましょうか?」と尋ねました。

私は「はい」と答えました。

曜子さんは「できれば電気を暗くしてくれると嬉しいな。」

とニコニコ笑いながら言いました。

私は豆電灯だけで照らされるように電気を暗くし、ベッドに移動しました。

シングルベッドには2人で寝るので、少し狭かったです。

さて、ここからは完全に未知の領域です。

上手くできる自信はありません。

そこで、私は正直に告白することにしました。

「曜子さん、実は初めてなんです」と言いました。

曜子さんは「そうなんですか」と答えました。

私は「だから上手くできるかどうか心配です」と言いました。

曜子さんは「大丈夫、私がサポートしてあげるから」と笑顔で言ってくれました。

「頼りにしてください」と私は言いました。

曜子さんは「おまかせください」と言って、胸をドンと叩きました。

そのおどけた反応を見て、私はだいぶ安心しました。

ベッドに座ったまま、再びキスをしました。

同時に胸も揉みました。

これだけで十分に気持ちよかったです。

しばらく続けると、曜子さんの手が私の股間に伸びてきました。

「うわっ、カチカチ。

興奮してるんだね?」と言って、ズボンの上からなでてきました。

その感触や、女の子に触られている状況で、私の体は沸騰しそうでした。

私はコタツから出て、相手の隣に座ってきました。

そして改めて、相手の顔を見つめてきました。

(これは、あれか?そういうことなのか?) 心臓がドキドキと鳴っているのがわかります。

少し躊躇しましたが、意を決して顔を近づけ、 相手にキスをしました。

唇を合わせるだけのキスでした。

およそ10秒ほどでしょうか。

ゆっくりと顔を離して、相手を見ました。

曜子「やっとしてくれた。

手にチューした甲斐があったよw」 はにかむような笑顔を見て、理性が飛びました。

再び、相手とキスを交わします。

何度目かのキスで、舌を絡ませてきました。

ディープキスのやり方なんてもちろん知りませんので、相手に導かれるままでした。

キスってこんなに気持ちいいものなのか、と思いました。

この時点で、私の息子はもう戦闘態勢に入っていました。

キスをしながら、おそるおそる相手の胸に手を触れてみると、 服の上からでも大きいのがわかりました。

カップ数なんてものはわかりませんが、 手の平に収まるかどうかくらいの大きさです。

本能に従って、むにゅむにゅと揉んだところ、 曜子「ふっ・・・んっ・・・」 普段のサバサバした雰囲気とは全然違う、 艶のある声にドキリとしました。

しばらくキスと胸の愛撫を続けた後、 ちょっと疲れてきた頃に、どちらからともなく唇を離しました。

曜子「・・・ベッド、行こ?」 私「はい」 曜子「できれば電気を暗くしてくれると嬉しいなー、なんてw」 電気を豆電灯だけの状態にして、ベッドに移りました。

シングルベッドに2人なので、ちょっと狭いです。

さて、ここからは完全に未知の領域です。

うまくできる自信なんてありません。

それならば、と私は正直に告白することにしました。

私「曜子さん、実はですね」 曜子「ん?なにかしましたか?」 敬語に対してのツッコミがないのか、空気を読んでいるのか分かりません。

彼女の曜子から「服、脱がせて」と頼まれましたので、従いました。

曜子の上着を脱がそうとしましたが、彼女の下着は緑と黒の花柄で、大人っぽさを感じさせるものでした。

ブラの外し方が分からず手間取っていると、彼女は私の手を取って親切に教えてくれました。

直接彼女のおっぱいを揉むことになりましたが、それはとんでもなく柔らかく感じました。

乳首に触れると、硬くなりました。

そして、口に含んで舐めたら、曜子の声が高まりました。

おっぱいの感触を楽しんだ後、曜子を寝かせて、ついに彼女のパンツを脱がそうとしました。

暗かったのではっきりとは見えませんでしたが、AVのようにモザイクがかかって見えないものがありました。

おそるおそる触れてみると、ヌルッとした感触で、熱かったです。

曜子は「すごいことになってるでしょ。

恥ずかしいw」と言いましたが、私は彼女の粘液を指に絡ませて上下になぞりました。

すると、曜子は感じているようでした。

童貞の私でも気持ちよくできると思い、喜びが込み上げてきました。

その後、舌で愛撫することにも挑戦しました。

初めて嗅いだアソコの匂いは、正直ちょっときつかったです。

舐める最中に吐き気が起きそうになりましたが、それは避けるために根性で「おえっ」と声を飲み込みました。

その後、彼女が私のパンツを脱がしてくれました。

暗かったのでよく見えませんでしたが、人に見られているというのは恥ずかしかったです。

曜子は「すごいね。

もう我慢汁ダラダラだw」と言ってくれましたが、私は「わざわざ言わないでくださいw」と答えました。

曜子はゆっくりと手コキを始め、我慢汁でニチャニチャと音が立ち、触覚と聴覚でとても気持ちよかったです。

私は初めてなので、心配です。

でも曜子は私をサポートしてくれると言ってくれました笑 嬉しくてベッドに座りながら再びキスをしました。

おっぱいも揉みながら、これだけで十分に気持ちよかったです。

しばらくすると、曜子の手が私の股間に触れてきました。

彼女は私が興奮していることに気づき、「興奮してるんだね?」と言いました。

彼女がズボンの上から触れてくる感触や、女の子に触られているという状況に体が火照っていきました。

「服、脱がせて」と曜子に言われ、彼女の上着を脱がしました。

彼女の下着は緑と黒の花柄で、大人っぽさを感じさせました。

ブラの外し方が分からず手間取っていると、彼女は私の手を取り、教えてくれました。

直接おっぱいを揉みました。

とても柔らかく、乳首に触れると硬くなっていました。

舐めると、曜子の声が高まっていきました。

しばらくおっぱいの感触を楽しんだ後、曜子を寝かせて、いよいよパンツを脱がしました。

暗くてよく見えませんが、そこにはAVで見たことがあるようなモザイクで覆われたものがありました。

おそるおそる触ってみると、ヌルッとした感触と熱さがありました。

曜子は「すごいことになってるでしょ。

恥ずかしいw」と言いました。

そのまま指に粘液を絡ませて上下になぞると、曜子は喜び声を上げていました。

曜子が感じている様子を見て、私でも気持ちよくできるんだと思いました。

それを思うと嬉しさが込み上げてきました。

その後、舌での愛撫にも挑戦することにしました。

初めてアソコの匂いを嗅ぐと、正直に言ってちょっとキツかったです。

舐めながらえずきかけましたが、「おえっ」という声を我慢しました。

次は逆に、私が横になりました。

パートナーである曜子さんが私のパンツを脱がしてくれました。

暗かったのであまり見えませんが、誰かに見られているというのは恥ずかしいです。

曜子さんは言いました。

「すごいね。

もう我慢汁がダラダラだw」私は「わざわざ言わないでくださいw」と返しました。

曜子さんは「ふふふw気持ちよくしてあげるね」と言いました。

ゆっくりと手で刺激を始めました。

我慢汁がニチャニチャと音を立て、触覚と聴覚による気持ちよさが半端ではありません。

私は言いました。

「ちょっと待って、それはやばいですよ」曜子さんは「ん?いいんだよ、我慢しなくても」と答えました。

私は「でもなんか申し訳ないような気がして」と返しました。

曜子さんは「あなたが気持ちよくなってくれれば、私も嬉しいしw」と言いました。

少しして手での刺激が止まりました。

そして息子が温かい感触に包まれました。

数秒後にフェラされていることに気づきました。

手でされるのとはまた違う気持ちよさです。

手コキより刺激は控えめで、暴発することなく終わりました。

曜子さんが言いました。

「俺君」と呼びました。

私は「?」と尋ねました。

曜子さんは「そろそろ・・・」と言いました。

私は「あ、うん」と答えました。

ついにこの時が来ました。

もしもの時のために、前日にゴムを購入しておいたので、それを棚から取り出しました。

曜子さんは言いました。

「ゴム、買っておいたの?」私は「こういうことになった時に無いと困るかなと思って」と答えました。

曜子さんは「かわいいなこいつw」と頭をナデナデしてきました。

曜子さんを寝かせ、正常位の体勢で挿入を試みました。

しかし、私は童貞でしたので、どこに入れるかが分かりませんでした。

それを曜子さんも予想していたようで、手で導いてくれました。

ゆっくりと腰を進めました。

息子全体が温かい感触に包まれていきました。

根元まで挿入し、そのまま曜子さんとキスを交わしました。

曜子「気持ちよさそうだけど、もっと他にやりたいことある?」 俺「すごく気持ちいいけど、他にも試してみたいかな」 曜子「それなら好きなように動いていいよ」 腰の動かし方が上手くいかず、不器用な感じになってしまう。

それでも、 曜子「んっ、あっ、ふぁっ・・・!」 喘ぎ声を聞いているだけでも、満足感を感じる。

別の体位を試してみようと、体勢を変えてもらい、バックになってみた。

予想通り、うまく挿入できず、曜子にサポートを頼んだ。

上から抱きしめながらおっぱいを揉み、 そのまま腰を動かそうとするが上手くいかず。

お互いの体格差も関係しているのかもしれない。

結局、片足だけ立った状態で曜子を突き、突き続ける。

この体勢はけっこう疲れることがわかった。

再び正常位に戻る。

おっぱいを揉みながら腰を振る。

手には柔らかい感触、息子には滑らかな感触。

気持ちいい。

しかし、しばらく正常位を続けていて、何か変だなと気付いた。

確かに気持ちいいけど、イク気配がない。

それどころか、全力だった息子が少し萎え始めている。

ここで、少し前にネットで読んだ知識が思い浮かぶ。

「オナニーで強く握りすぎるとセックスでイケない」とか、「足ピンクッションをするとセックスでイケない」とかそういう話。

俺はまさにこのパターンだった。

セックスでイケないなんてと思っていたけど、現実は厳しいものだ。

曜子が俺の変化に気付いたのか、声をかけてきた。

曜子「・・・私の中、気持ちよくならない?」 俺「そんなことないよ。

でも・・・イケなさそう」 曜子「そっか。

初めての時イケないって話はよくあるから・・・」 俺「・・・ごめんなさい」 曜子「気にしないでいいよw」 そして曜子は、驚くような提案をしてきた。

曜子「ゴムを外して試してみましょうか」 私は躊躇しました。

躊躇しない方が変ですよね。

私「いや、それは…」 曜子「ゴムがない方が気持ちいいから、大丈夫かもしれないわ」 私「でも、避妊…」 曜子「今日は安全日だから大丈夫よ」 私「でも…」 曜子「私は、あなたに私でちゃんとイかせてあげたいの」 最後の言葉に心が揺れました。

一度、ゴムを外して息子を萎えさせ、 曜子にフェラチオで硬くさせてもらった後、 再度曜子の中に入りました。

衝撃でした。

ゴムの有無でこんなにも違うのかと思いました。

粘膜同士が直接触れ合う感覚です。

他の男性が生で行きたがる理由がよくわかりました。

曜子「どう?気持ちいい?」 私「気持ちいいよ」 曜子「私も、あなたの気持ちいいよ」 再び腰を振り始めました。

慣れてきたせいか、最初よりもスムーズに動くことができました。

そのまま腰を振り続けました。

かなり気持ちいいですが、結局は逝かせる兆しがありませんでした。

自分のオナニーの生活を心底悔やみました。

私「曜子、ごめんなさい…だめみたいだ」 曜子「んっ、そっか…気にしないでいいよ(笑)」 私「曜子がここまでしてくれたのに、勿体ないなぁ」 曜子「気にするなって言ったでしょ(笑)じゃあ、抜いて、横になりなよ?」 そう言われ、素直に従って仰向けになりました。

曜子「多分、今のあなたにはこれが一番いいんじゃないかな」 そう言って、曜子が手コキを始めました。

最初の時は自分でやっていたけれど、 今度は曜子がしてくれて、音が鳴りました。

確かに、挿入している時よりも快感が直接的に感じられました。

おそらく、普段のオナニーの感覚に近いからだと思います。

曜子が私の脚の間に座り込み、前屈みになりました。

そして、乳首で息子の先端を刺激しました。

曜子「こんなことをしてみてはどうかな?」 それから、私はゆっくりと息子の胸をなでたりしました。

その手のぬるぬるとした感触、そして乳首に触れる硬さ。

暗闇に目が慣れると、よりはっきりとその光景が見えるようになり、快感が高まっていきました。

本能に従って、息子の方に当たっていない胸を揉んだ際、曜子は落ち着いていた呼吸が乱れ始めました。

俺「・・・っ」 曜子「気持ちいいですか?」 俺「うん・・・これは気持ち良さそうです」 曜子「よかったぁw もしイキそうになったら教えてくださいね?」 俺の腰のあたりがじわじわと疼いてきました。

他の人の前で射精することを考えてみると恥ずかしいという思考が頭を巡りつつも、息子は絶頂に向けて準備が整ったようでした。

私の反応からそれを察したのか、曜子は息子を強く握り、手の動きを速くしてきました。

曜子「そのまま出してもいいよ・・・私が君がイクところを見せてもらおうかな?」 その言葉でとうとう限界に達し、乳首に押し当てられたまま、私は精液を思い切り放出しました。

ちなみに、この経験のおかげで私はパイズリに目覚めてしまったのです。

最近はパイズリを取り入れたAVがたくさんあって嬉しい限りです。

曜子「うわー、凄い出たねw」 俺「恥ずかしいから言わないでくださいw」 曜子「気持ちよかった?」 俺「・・・はい」 曜子「やったね!w」 頭を撫でられました。

私たちは胸にかかった精液や曜子の私の部分をティッシュで拭き、そのままベッドで横になってしばらく甘えあいました。

突然、部屋にアラームの音が鳴り響きました。

曜子「あっ、そろそろ帰らないと」。

曜子が携帯のアラームをセットしていたようです。

駅までの短い距離、私たちは手を繋ぎながら歩きました。

曜子「地元ではこんなことはできないからねーw」 もちろんできないだろうな、と冷静に考える自分と、女の子と手を繋ぐという行為にウキウキしている自分がいました。

一日中私がリードしていたので、少しは男らしさを見せようと思い、駅に着いて電車賃を出そうとしたら、曜子さんに全力で拒否されました。

曜子さんは言いました、「いいから!私が年上なんだから大人しく甘えていなさい!」私は渋々引き下がりました。

電車が来るまで他愛もない話をする間、私と曜子さんの関係について考えましたが、答えは見つかりませんでした。

曜子さんは言いました、「そろそろ電車が来るかな?」私は答えました、「そうだね」曜子さんは続けました、「今日はかなり頑張ったから疲れたー、眠いー」私は心配して言いました、「寝過ごさないようにね」曜子さんは笑って答えました、「はいはいw」 別れの挨拶をした後、曜子さんが私に近づいてきました。

彼女は小声で囁きました、「私の中ではまた今度ねw」そして、キスをしました。

曜子さんは笑顔で手を振りながら帰っていきました。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!