手マン体験談!キャバクラ嬢を手マンからフェラ、中出しした方法

私がバイトしていたキャバクラで、あるお客様がこんなことを言ってきました。

「いくら払えば手マンさせてくれますか?」当時は「えっ、何言ってるんですか!それは嫌ですよw」と言いましたが、そのお客様は24歳くらいでかっこよかったため、内心では手マンでお金をもらえるのなら、ちょっと考えてしまいました。

しばらく経って、そのことを忘れかけた頃に、そのお客様とアフターでカラオケBOXに行きました。

最初は普通に歌っていたのですが、次第に酔ってきてお客様がベタベタと触ってきました。

「えっ、何をしているんですかw」とはっきりと拒否しつつも、お客様だからあまり冷たくしてしまうと店に来なくなってしまうとまずいため、強くは言えませんでした。

すると、お客様は私のキャミソールをめくってブラの中に手を入れてきました。

「えっ、ダメですよ」と言いましたが、お客様はかなり興奮していて、「だって可愛いんだもん」とキスをしてきました。

「お金を払うから手マンさせてください。

お願い」とまた言われました。

手マンだけならまだしも、もしそれを許したら、他の女の子に話されてしまったら困るなあという気持ちもあり、「ん?、ダメですよ。

お店の人に見られちゃいますよw」と断りました。

お客様は「2万円払うからさ。

誰にも言わないし」と財布から2万円を出し、テーブルに置いて、胸を触らない方の手をスカートの中に入れ、太ももを触ってきました。

それからまたキスをし、首筋を舐めてきました。

私も少し興奮し始めて感じてきてしまいました。

お客様は首筋から下に降りてきて、キャミソールとブラを下げておっぱいに吸い付きました。

かなり上手にされて、我慢していましたが、チョット声が出ちゃいました。

「ん、ダメですよ」と言いながらも、次第に気持ちよくなってきて、手マンされてほしいと心の中で思っていました。

太ももの手はパンツの上からゆっくりとクリトリスを触り出しました。

自分でもわかるくらい濡れていて、かなり恥ずかしかったです。

私が抵抗しないでいることをOKと解釈したのか、お客様は「本当に可愛い」と言いながらまたキスをし、パンツの中に手を入れてきました。

自然に、彼がやりやすいように、私は脚を少し広げてしまいました。

恥ずかしいくらいに濡れていたので、彼も「あぁすごい。

すごいね」と言いながら、クリトリスをゆっくりと指で触ってきました。

私はとても快感を感じて、「店で噂されてしまうかもしれない」とか、「もうお客として呼ばれないかもしれない」と思っていた気持ちが吹き飛んでしまい、自然に小さな声を出してしまいました。

彼も段々と興奮してきて、「あ~すごく濡れている」と言いながら、音を出しながらクリトリスを回すように触ってきました。

私も我慢できなくなり、どんどん腰を動かしてしまいました。

もっともっとして欲しいと思っていました…彼は私のそんな気持ちを分かってくれたのか、パンツを一気に脱がし、自分の膝の上に私を乗せ、後ろから手を回して片手でクリトリスをもう片手で膣を触ってきます。

とても気持ち良くて、「ん..あ、そこダメ..」という声が出てしまいました。

お尻に彼の大きくなったものをズボン越しに感じ、ますます興奮していると、耳元で「すごいビショビショ...気持ちいい?」と聞かれたので、「ん..気持ちいい」と答えました。

「もっと..もっとして..」と言うと、彼は「もう1万円出すから舐めさせて」と言ってきました。

意外な言葉に戸惑いましたが、黙っているとOKと解釈したのか、彼に向かい合わせに座るように椅子に膝立ちさせ、彼が膝立ちする私の間に納めるようにして座りました。

外を店員さんが通るのではとちょっとドキドキしましたが、平日のせいか大丈夫そうでした。

ミニスカートの中に手を入れると、クリトリスをペロペロと舐め始めました。

「あぁダメ..気持ちいぃ..」と思わず言うと、彼も興奮したのか、音を立ててクリトリスをベロベロと舐めてきました。

我慢できずに「あぁ..もうイッちゃいそう..」と言うと、彼は両手で私のお尻をつかみ、クリトリスを舌で早く舐め回しました。

非常に快感で、「あぁ、素晴らしい…すごい…あぁ、もうイキそう…あ、イッてしまう」と彼の頭を自分の性器に押し付けてしまいました。

とても気持ちよくて興奮しました。

しかし、その場所で他の人に顔を見られてしまったことがとても恥ずかしかったです。

その後、彼もまだ勃起して収まらないと言って2万円を渡してフェラチオをし、最終的には更に3万円をもらって最後までしてしまいました…。