痴漢プレイ体験談

昨日、私たちは夫婦で初めての痴漢プレイを体験しました。

夜の10時過ぎに、私たちは自宅から離れたアダルトグッズや本・DVDなどを販売している店に行きました。

最初に、私一人で店に入り、店内を一通り見回しました。

その時、約10人の男性客がいました。

事前に告知して集まってくれた単独の男性が4人いるはずでしたが、私たちは誰が痴漢プレイのために来てくれた人なのかわからないようにするために、私も妻もその場ですれ違う男性たちが誰なのかを把握できませんでした。

一旦車に戻り、集まってくれた4人にメールを送り、私たちはこれから店に入ることと妻の服装について書き送りました。

ちなみに、妻の服装は、下はミニスカートで、上は半袖のTシャツに薄手のジャケットを羽織った感じでした。

パンツは紐パンにしました(笑)。

さて、私たちはいよいよ2人で店に入りました。

入店と同時に、本のコーナーがあり、そこで雑誌を立ち読みしていた若い男性と中年の男性と目が合いました。

妻は一気に緊張し、私の左腕を両手でしっかりと掴みました。

私たちはDVDが陳列されている通路の狭い方に歩いていると、一人の男性とすれ違った時に妻が「あっ!」と言いました。

私は小声で「もしかして?」と聞くと、妻は「お尻を触られた」と報告しました。

私たちは店内の隅まで進みましたが、後ろから男性が迫ってきました。

私たちが隅で立ち止まると、後ろから来た男性が「見つけたよ」と囁きながら大胆にも左手で妻の胸を揉み、右手で下着の上からマ○コを軽く摩りました。

「もう濡れてるね。

また後で」と言って居なくなりました。

その後、進行方向側から別の男性が近づき、妻の手を掴み、自分の股間を触らせながら、右手でお尻を撫で回し、「コスチューム売り場の方が完全な盲点だよ」と私たちに告げ、コスチューム売り場の方へ誘導するかのように歩いて行きました。

私は驚いて「え?本当に?ここで私が触ってイカせる?」と言いました。

妻はうなずいて「うん。

私、やりたい」と答えました。

車に乗って店に向かっている途中、私たちは外からじっと見られる感じの視線を感じました。

もしかして別の人がいるのかな、と思い、確かめてみたくなりました。

そこで「車に戻る前に5分くらい店内で別行動してみない?」と妻に提案してみました。

妻は「え?一人でフラフラするのはちょっと嫌だよ」と言います。

私は「じゃあ、レディコミを立ち読みしているだけでいいよ」と提案しました。

妻は「それならまあいいかなぁ。

絶対5分ね!」と言って約束しました。

そんなことを話してから、私は妻に立ち読みさせるために立ち止まり、妻を後ろから観察できる場所に立ちました。

そして、もう一人の人物と思われる人は妻の横にしゃがみ、携帯をいじり始めました。

そして携帯をポケットにしまった後、その人は堂々と妻のスカートの中を覗き込んでいました。

しかし、その人が携帯をポケットにしまった時、私の携帯が鳴りませんでした。

え?あの人違うのかな、と携帯を少しいじってまた顔を上げると、いつの間にか妻は二人の男に囲まれていました。

その時、私の携帯にメールが着信し、「これから頂きます」というメッセージが届きました。

なんともう一人の男は二人組でした…。

予想外の展開でしたが、とりあえず5分は静観することにしました。

しかし、男たちは服の上からしか触らず、ちょっと期待外れなまま5分が経過しました。

私は「今日はもう終わりにしてしまいましょう」と声をかけて終わりにしました。

妻は「またイッちゃった(笑)」と言います。

私は「え!パンツ越しで触ってイッてたの!?」と驚きます。

妻は「前より敏感になってきたのかなぁ(笑)」と上機嫌で、痴漢プレイは楽しかったようです。

帰りの車の中で、私は助手席でオナニーしろと言ったら、妻は応じてくれました。

私は「露出もしてみたい?」と言いました。

妻は「どんな感じか分からないけど、やってみたいかも」と言います。

私は「じゃあもう少し暖かくなったらやろうね」と返答しました。

妻は「なんかエッチな気分が収まらないから、今から少しやってみようよ♪」と言い、変態になっていく妻に驚かされますが、嬉しい傾向です。

私たちは家を通り過ぎて、大きな公園に向かいました。

公園では、暗い照明が点灯し、周りには多くのコスチュームが展示されていました。

これにより、コスチュームの展示物が私たちの目を遮るような隠れて見える場所ができていました。

私たちは周りを警戒しながら歩いていると、ある男性が私たちを誘導し、後ろから私の妻に抱きついて全身を触り始めました。

私の妻は目を閉じて黙って触られ続けました。

その間に、他の人々も少しずつ増えてきました。

声をかけた4人の男たちのうち、3人が集まって一斉に私の妻を触り始めました。

中には、男性が陰茎を出して妻に触らせる者もいました。

すると、ある男性が妻の紐パンツの紐を解いて、パンツをスッと取り上げました。

スカートはめくり上げられ、ジャケットは脱がされ、Tシャツとブラもめくり上げられ、妻はほぼ全裸状態になりました。

徐々に足がふらつき始め、もうすぐ絶頂の様子になっていました。

しかし、妻よりも先に手コキをしていた男性が妻の太ももに射精し、オナニーをしていた男性は尻に射精しました。

妻は精液をかけられながらさらに3人に責められ、一人の男性には乳首を舐められ、もう一人の男性には乳首を摘まれ、もう一人の男性にはクリトリスを優しく刺激され、絶頂に導かれました。

そして、絶頂を抑えながら静かにしゃがみ込んで、息を切らしながら服を整えていました。

既に射精した2人は何事もなかったかのように「ありがとう。

楽しかったよ!またね♪」と言って去っていきました。

そして、まだ射精していない私たちを誘導した男性は、ポケットから妻の紐パンツを取り出し、2人の男性が射精した精液をパンツのクロッチ部分で拭き取り、「これを履いてみなよ。

Mの女の子」と言って妻に渡しました。

妻は私を見ながら照れながら「履いてみてよ♪ヌルヌルしてまた気持ちいいかも(笑)」と言い、私たちが見守る中で紐パンツを履きました。

男性は、パンツの上から嫁のマ○コをゆっくりと揉みました。

嫁は、それが冷たく感じるものの、気持ちが良いと呟きました。

しかし、男性は明日仕事が早いという理由で帰ることを選びました。

実際には、もう一人参加者がいるはずでしたが、その人はいないため、嫁と2人きりになったことになります。

嫁は、ヌルヌルして快感を感じており、もう一度絶頂したいと言い始めました。