【人妻体験談】セミナーで知り合った巨乳人妻と失神するまでセックスしまくった

私は女性が快感を得ることに最大の喜びを感じます。

女性を一回だけでなく、5回、10回といったように、できるだけ多くイカせることが満足度を高めるのです。

また、女性を快楽に導くことに夢中になるあまり、自分自身の快感を忘れてしまうこともありますが、それで満足しています。

信じられないかもしれませんね。

長い前置きになりましたが、今日は先日公共施設のセミナーで出会った人妻のユカと結ばれたということを報告したいと思います。

ユカとは以前から顔見知りで、彼女の美しさに心惹かれていましたが、なかなか声をかけることができませんでした。

しかし先日、セミナーが終わった後、勇気を出して声をかけることができました。

ユカも私に興味を持ってくれていたようで、スムーズに会話が進みました。

そこでお茶に誘ったら、快くOKしてくれました。

お互いに話が盛り上がったので、ついにお酒に誘ってみました。

これも快くOKしてくれました。

とりあえず居酒屋に行って、ユカは身を緩めたのか、家庭のことやいろいろなことを話してくれました。

彼女は30歳で子供がいること、そして旦那が彼女の初体験の相手であり、他の男性とはエッチをしたことがないことなどを教えてくれました。

私が「セックスには満足しているのか」と尋ねると、彼女はあまり満足していない様子でした。

彼女によれば、セックスの時、旦那は普段は言わないような優しい言葉をかけてくれるので嬉しいのですが、実際の行為は前戯もあまりなく、いきなり挿入して突いてくるだけで、射精したらすぐに寝てしまうのだそうです。

ユカはなぜか気持ちが惨めになり、その夜は全然眠れないと打ち明けました。

私は「ひょっとしてイッたことがないのでは?」と聞いてみました。

ユカによれば、旦那とのセックスでは一度もイクことはなく、自慰行為でもイク寸前まで行くことはあるけれども、最後までイケないのだそうです。

そこで私は「自慢ではないけれど、私がエッチでイカせられなかった女性はたった一人だけです。

私の夫との性行為では、一度も絶頂したことがなく、オナニーでも絶頂寸前まではいくけれど、最後までいけないという状況です。

そこで私は、ジョークを交えながら、「自慢じゃないけど、今までセックスで絶頂させられなかった女性は一人だけだよ。

一度試してみる?」と言ってみました。

彼女は笑いながら「またまたー」と言っていましたが、それほど驚いた様子はありませんでした。

その後、趣味のことなどいろいろな話をしながら、二人とも結構お酒を飲みました。

お店を出る時、思い切ってユカに「うちに寄ってかない?」と提案してみました。

ユカは「何にもしない?」と聞くので、「無理にする趣味はないよ」と答えると、「少しだけなら」とOKしてくれました。

私の自宅に二人で入り、まず私はお茶を入れました。

ユカは「なんか緊張するね」と言いながら部屋を見回していました。

私はここがチャンスだと思い、思い切ってユカを抱きしめました。

ユカは抵抗しませんでした。

そこで私はすかさずユカとキスをしました。

最初は唇同士が触れ合うだけでした。

やがて私は舌をユカの口に入れました。

最初はユカは私のされるがままでしたが、そのうちに自分からも舌をからめてきました。

タイミングを見計らって私はユカをベッドに運び、両者とも服を素早く脱ぎました。

キスを再開し、同時に私はユカの胸を揉み始めました。

ユカの息遣いが少しずつ荒くなっていきます。

最初は乳首を刺激せず、脇の下辺りから徐々に責めていきました。

乳首の周りが感じるようで、中指で円を描くようになぞると、「アアー」と喘ぎ声を上げ始めました。

更に続けるとその声がだんだん大きくなります。

いよいよ乳首を責めていきました。

最初は触れたか触れないかの程度で指の腹で軽く触れました。

そのたびに、ユカの体がギクッと反応します。

ユカは、乳首の周りを指でなぞると、乳首の先端を軽く触れる刺激を交互に繰り返すことで感じ始めます。

私は少し経過したと感じ、右手でユカの左の乳首を触り、舌で右の乳首を転がし始めました。

ユカのあえぎ声は、隣の部屋でも聞こえるほど大きくなりました。

約10分ほど続けたでしょうか。

すると、ユカの体がけいれんを始めました。

私は思わず、舌をもっと激しく動かし、乳首をなでる指の動きも速くしました。

すると、ユカは「イックーー」と叫びながらイッてしまいました。

ユカはこれまで一度もイッたことがなかったのに、胸への愛撫だけでイッてしまいました。

私は「胸だけでイッちゃったね」と言ってから、ユカが恥ずかしそうにそっぽを向くのを見ました。

たまには胸だけでイケる子もいますよね。

私はこれまでに二人目に出会いました。

それにしても、胸だけでイケる子がこれまで一度もイケなかったなんて驚きです。

ユカがまだ放心状態の時、私はしっかりと彼女を抱きしめました(女の子がイッた後はとても大切です)。

落ち着いた頃、私は彼女の下半身に手を伸ばしました。

しかし、いきなりオマ○コを触ることはありません。

まずは太ももの外側をなで、ゆっくりと内ももに手を移動させていきます。

少しオマ○コに触れてみました。

すでにぐしょぐしょに濡れています。

私が「洪水のようになってるよ」と言った途端、ユカは「イヤ」と顔をそむけました。

本当に可愛いです。

私はビラビラの外側を触れる程度で、ゆっくりとなで始めました。

ユカはまた「アアー」と声を上げ始めました。

指を徐々に中心に向かって移動させます。

指が中心に触れた瞬間、ユカの声は一段と高くなりました。

ただし、クリトリスは確認できませんでした。

そのため、私はオマ○コの周りをなぞりながら、時々中心に向かって指を滑らせる動作を繰り返しました。

すると、ついにクリが現れました。

指でその突起をしっかりと掴みました。

普通の女性よりも少しわかりにくいかもしれませんね。

おそらくユカのパートナーは、まだこのクリの存在を十分に理解していないのでしょう。

クリを指でツンツンと押すたびに、ユカは高い声で「アッ」と叫び、身体を反らせます。

本来イカないはずのユカも、すぐにイク寸前まで来ています。

オマ○コもびしょびしょで、指で触れているとつるつると滑ります。

ただし、本当の絶頂はもう少し先になります。

次に、膣の周りを指で滑らせながら、中指を少しずつ膣内に挿入します。

「ウウッ」とユカが喘ぎます。

十分に濡れているため、中指はスルリと吸い込まれます。

中指を少し曲げると、ザラザラとした感触があるはずです。

それがGスポットです。

そこを丹念に刺激しながら、同時に指を出し入れしていきます。

「気持ちいい?」と尋ねると、ユカはうなずきます。

さらに続けます。

「アッ、アッ、アッ」 ユカの喘ぎ声も大きくなっていきます。

そろそろイカせてあげようかなと思い、指を膣から抜いて、クリに集中します。

愛液でびしょびしょになったクリを指の腹で軽くなぞります。

約10分ほどこの行為を続けたでしょう。

ユカの「アアー」という声が絶え間なく部屋に響き、身体も硬直してきます。

いよいよイク瞬間です。

少し力強くクリを押し、円を描くように刺激しました。

「アッアッアッ」 ユカの息遣いが速くなります。

「もうイッちゃいそう」 ユカが叫びます。

私は「いいよ。

今までの我慢をして、思いっきりイッちゃって」と声をかけます。

指の動きもさらに速くしました。

「あああーーー」 「へへっ!!!」 私は優しくユカを抱きしめました。

ユカも私の背中に手を回し、強く抱きしめてきました。

「こんなに幸せなセックスは初めてだわ」 ユカは空洞な目で言いました。

「私も同じくだよ」と私は返しました。

でも、ここで終わらせるわけにはいかない、それが私のスタイルだから(笑)。

今度は、指を膣に入れながらGスポットを刺激し、舌でクリをじっくりと舐め上げます。

これで、ユカをさらに5回も連続でイカせました。

ユカは倒れそうになり、そのまましばらく眠りにつきました。

私自身は、いつものことながら絶頂まで辿り着けませんでした。

でも、ユカの幸せそうな寝顔を見て、十分に満足できました。

やっぱり、女の子をイカせることは何とも言えない喜びですね。

これまでセックスした女の子の中には、ユカと同じように、今までイッたことがないと言っていた子もいました。

でも、ほとんどの子はイカせることができました。

ただ一人、イカせることができなかった子がいました。

その子はセックスに否定的な印象を強く持ち、それを払拭するのがとても難しかったです。

それにしても、ユカの旦那のように、自分だけが気持ちよければいいというセックスしかしない男性は意外に多いんですよね。

でも、こういう男性が多ければ多いほど、女の子たちは私のところに集まってくるので、まあそれはいいとしましょうかね。