人妻の私が職場でバイトの部下と不倫セックスした方法と体験談

人妻体験談

私は美樹子との関係がもう8年にもなります。

途中で3年以上も会えない時期もありましたが、細く長く続いています。

元々、私がパートの上司として美樹子を採用しました。

最初の印象は、ショートカットでボーイッシュな感じで笑顔が可愛らしかったです。

彼女の話し方も、東ちずるに似ていると感じました。

当時、彼女は29歳で二人の子供を育てていました。

彼女は一生懸命働いてくれましたし、残業や休日出勤も家の都合次第で嫌な顔もせずに喜んで働いてくれました。

上司としては、とても扱いやすいパートでした。

数ヶ月経つと、多くの仕事を安心して任せられるようになりました。

ある日、いつものように休日出勤をお願いした時、彼女が甘えた声で「えーーーっ、またですかぁ。

いいですけど、そのかわりにデートでも連れて行ってくださいねぇ」と言いました。

その時の彼女の流し目の表情に、私はドキッとしました。

それ以降、信頼できるパートとしか見ていなかった彼女に対して、“女性”としての魅力を感じるようになり、彼女のしぐさや表情、体の部分を“女性”として見るようになりました。

彼女の身長は155cmぐらいで、細くもなく太ってもいないです。

胸も大きくはありません。

むしろ小さめです。

しかし、彼女のお尻は見事でした。

形がとても綺麗でしっかりと張りがありました。

また、文章では上手に表現できませんが、彼女の小さな唇はなんとも卑猥な感じで、唇の右下にあるホクロが一層その卑猥さを強調しているように感じました。

私は彼女の尻を何度も触ってみたい、撫でまわして見たいという願望を抱きました。

しかし、デートに誘ったり、親密になったりするわけではなく、ただ時間が経っていくだけでした。

頭の中では、彼女とのセックスや旦那さんとのセックスを妄想することもありましたが、現実的には、彼女とそうなるなどと夢にも思わなかったのです。

以前、私は大人の女性でありながら7歳年上の人妻と関係を持ちました。

最初は私たち二人だけの秘密だったのですが、ある時職場のパートスタッフたちに知られてしまいました。

パートスタッフたちは私に非難の目を向け、とても大変な状況になりました。

その経験から、私はもう二度と部下と関係を持つことはないと決意しました。

しかし、予期せぬことに、彼女と再び関係を持つ機会が訪れました。

ある6月の日、上司から呼び出され、新しい勤務先への転勤を告げられました。

新しい勤務先は隣の県にある事業所で、30キロ離れていました。

転勤が急で、送別会もなく、皆から手紙や色紙、プレゼントをもらって新しい職場に移りました。

彼女からも私の指導の下で働けたことへの感謝の気持ちや、これからも色々と教えてほしいという手紙を受け取りました。

新しい職場はその地域で最も売上高の高い事業所であり、私にとっては出世のチャンスでした。

そのため、半年間は朝から夜遅くまで仕事に集中していました。

美樹子とは、業務連絡などで以前の職場に電話するときに短い会話をする程度でした。

ただそれだけでした。

ある日、美樹子のいる事業所に電話をかけたところ、彼女自身が電話に出ました。

それから世間話や仕事の話をするうちに、彼女は自分の悩みを相談してきました。

私も彼女も仕事中でしたので、彼女が家に戻った後に彼女の自宅に電話することを約束しました。