【アナルセックス人妻体験談】義姉とアナルセックスの沼にハマる!

人妻体験談

兄貴が海外に赴任することになって約半年前、私たち家族は驚いた。

彼は中国に行くことになり、当然ながら一人で行くことになった。

兄貴は立樹に「絵里のことを頼んだよ」と言い、心配そうな顔で海外へ旅立った。

絵里とは、私の兄が結婚してから2年目の妻のことだ。

彼女、絵里さんはまだ24歳で、見た目も非常に美しい女性だ。

兄貴が心配するのも無理はない。

絵里さんはお嬢様育ちで、家事にはほとんど慣れていないと言っていた。

こんな美しい妻なら、家事くらいはどうってことないと思うけれど、兄貴はそれを気にせず結婚したはずだ。

もちろん兄貴は絵里さんに夢中で、結婚してからは以前のような遊び人ではなくなった。

絵里さんの魅力は本当にすごいと思うんだ。

だから、兄貴は出張中に絵里さんが浮気しないか心配で、私に彼女を監視するよう頼んだ。

絵里さんはただ美しいだけではないんだ。

去年、家族で海に行った時、彼女がビキニ姿を見たんだけど、まったく凄いんだ。

身長も高く、スタイルも良く、特に形の良い胸が魅力的で目が釘付けになった。

まだまだナンパされることも多いみたいだ。

もし兄貴の妻じゃなかったら、私だって声をかけずにはいられないだろう。

そんな絵里さんのことで、兄貴は気になって仕方がなかったらしい。

「心配するな、私がしっかり見張っているから」と、私は空港で見送る際に兄貴に誓った。

しかし、実際はそんなに簡単なものではなかった。

絵里さんは兄貴が海外にいる間、一人で暮らすことになった。

兄貴夫婦は近所にマンションを借りて住んでいるんだ。

兄貴がいなくなってから、私は時折彼女の部屋を見守ったり、たまに遊びに行ったりしていた。

最初の1ヶ月ほどは特に怪しい行動は見られなかった。

これなら心配ないのではないかと思いましたが、兄の心配が的中してしまいました。

いつものように外から部屋をのぞいていると、中から見知らぬ男性が出てきました。

驚き、男性が出て行った直後に義姉の部屋に向かいました。

チャイムを鳴らすと、義姉はすぐにドアを開けましたが、男性が忘れ物をしたのかと勘違いしたようでした。

ドア越しに見た義姉は、パンティー1枚しか着ていないようでした。

私の顔を見た義姉は驚いた表情を浮かべましたが、すぐに通常の笑顔に戻りました。

逆に私は焦ってしまい、その場を逃げ出すように離れてしまいました。

部屋に入ったものの、義姉と話す内容が分からなくなってしまったのです。

やはり義姉は年上だけあって、こんな気まずい状況でも笑顔でいられる強い人でした。

それ以来、何度も異なる男性が部屋から出てくるのを見るようになりました。

最初は黙認していましたが、兄との約束もあります。

黙って義姉の浮気を見過ごすわけにはいきません。

浮気を止めるために説得しに行ったら、予想外の展開になってしまいました。

「絵里さん、もう浮気はやめてください。

私は浮気しているのを知っていても黙っていられません」 「でも、あなたの兄がいなくて寂しいのですもの…」 「それでも浮気はいけませんよ…我慢しましょう」 「え〜、そんなの無理〜」 「無理ではありません。

他の男性との浮気はやめてください」 「じゃあ、正樹くん。

私と付き合ってください…」 それはまずいでしょう… 兄の妻とセックスするなんて、浮気以上に許されないことです。

義理の関係でも姉と弟ですし、絵里さんの言葉にしばらく呆然としていましたが、ソファーに押し倒されました。

頭の中に兄の顔が浮かんできます。

なんとか冷静さを保ち、義姉を押しのけようとしました。

しかし、絵里さんのキスは一瞬早くて驚いた。

突然義姉に唇を押し付けられたが、その柔らかな感触には驚いた。

しかも、すぐに舌を絡められ、上手に舌を動かされた。

シャンプーの香りか香水の香りかわからないが、とても良い匂いがした。

義姉にキスされながら、あっという間に下半身が勃起しているのを感じた。

仕方がないと思うよ。

相手が兄貴の嫁さんだからといって、美人な女性にそういうことをされれば理性は吹っ飛ぶよ。

それにこれは許されてはいけない禁断の愛だ。

やってはいけないことの方が興奮するんだ。

気がついたら、絵里さんとのキスに夢中になっていた。

自分のキスがまだ幼稚なテクニックだったと思う。

義姉はキスの合間に時々笑った。

それがまた、年上の女性に誘惑されているようでたまらなかった。

「私まだ24歳なんだよ。

一人では寂しいよ…」 絵里さんの囁きに完全に舞い上がってしまった。

義姉の魅力にはかないません。

もうどうなってもいいや…兄貴、ごめんね… 覚悟を決めたからか、全身の緊張がほぐれていった。

それが絵里さんにも分かったのか、ジーンズの股間をやわやわとさすった。

「ねえ、いけないお姉さんになってもいいかしら?」 いつもとは違う、甘えるような口調だった。

何も答えられないまま、義姉の指がボタンを外し、チャックを下ろした。

ジーンズとパンツが同時に引きずりおろされると、僕のチ○コがバネのように跳ね起きた。

「まあ、とっても元気なのね…」 感心したように、僕のチ○コをじっと見つめた後、自然に下半身に顔を埋めていく。

勃起している肉棒に舌を絡ませ、先端を口に含んだりして大きさを確かめている。

僕には同じ大学の彼女がいるんだけど、エッチの時にはフェラもしてくれる。

しかし、絵里さんの行為は彼女とは比較にならないほど激しい快感を与えてくれました。

彼女は根元をしっかりと握りながら、唾液を垂らし、ジュボジュボと音を立てながら頭を上下させました。

お嬢様として上品な口調の彼女が、俺の黒く赤いペニスを受け入れながら、頭がくらくらしました。

「私はオチン○ンが大好きなのよ。

正樹君のは大きいし、挿入したらとても気持ち良さそう…」 普段の彼女からは想像もできない卑猥な言葉です。

彼女がおしゃぶりを美味しそうに続けているのを見ているうちに、もう絶頂してしまいそうになりました。

すると、彼女もそれを察したようでした。

「まだイッちゃダメ!」 彼女は立ち上がり、目の前でワンピースの中のパンティーを脱ぎました。

そして、ソファに横になりながら、股間を俺の顔に押し付けてきました。

「ねぇ、舐めっこしましょ…」 彼女が言うと、また俺のペニスにしゃぶりつき、ジュボジュボと音を立て始めました。

今、俺の目の前には、妖しく濡れて光る彼女の膣と、その上にある秘めたりした肛門がありました。

彼女は美しくて清潔なのに、彼女の秘所は濡れて光り輝き、俺を淫らに誘っていました。

俺は彼女の白い尻を両手で持ち上げ、クリからアナルまで何度も舐め上げました。

彼女はもっと舐めて欲しいように尻を振って俺を誘います。

次は尻の穴を広げ、アナルの中心に舌を突き刺しました。

彼女は驚いてお尻を引っ込めるかと思いましたが、逆でした。

むしろ彼女は大きな尻をくねらせて、アナルを俺の口に押し付けてきました。

「やんっ、そこ恥ずかしいけど感じるの…お尻の穴が感じるお姉さん、嫌い?」 「全然!アナルでいっぱい感じてほしいの…」 「あぁ…ダメ…そんなに深く舌を入れたら…変になっちゃうよ…」 俺が深く舌を入れているよりも、彼女自身がアナルを押し込んでくる感覚でした。

それにもかかわらず、彼女はまるで俺がお尻の穴を苛めているように言っていました。

しかし、私はそのような言葉に興奮してしまいます。

実は、私はお尻での性行為が好きなんです。

しかし、あの人には言えずにいました… 「絵里さん、本当にお尻でエッチをしたことがあるんですか?」 「はい、あります。

あの人とお付き合いをしている前は、けっこう遊んでいたので…」 義姉のような清楚なお嬢様が、そんな変態なプレイをしていたなんて少し驚きました。

色素沈着の少ない小さな口が、何度も太いものを咥え込んでいたのでしょうか?想像がつきませんでした。

絵里さんからそんな告白をされて、驚きと同時に興奮が下半身に集まってきました。

「正樹君、ここ(股間)が硬くなってきていますよ。

私のお尻、試してみたいのですか?」 「はい…」 義姉の淫らな誘いに、震えるような興奮を感じました。

本当にこんな小さな穴に私のものが入るのでしょうか? 絵里さんのあそこから溢れ出ているヌルヌルした液体を、指先ですくって肛門に押し付けてみます。

ゆっくりと押し込んでいくと、何の抵抗もなく根元まで入り込んでしまいました。

入り口の輪っかのような締め付けを心地よく感じながら、出し入れをすると「あん…すごくエッチな感じ…もっとして…」と絵里さんがおねだりしてきました。

絵里さんは私におねだりしながらフェラチオを続けます。

指を2本にしても、それほど痛そうな様子も見せないでいます。

本当に入れても大丈夫そうです… そう思ったら、初めてのアナルセックスへの期待でいてもたってもいられなくなりました。

「絵里さん、もうここに入れてみたいです」 「いいですよ。

私も欲しくなっていたところです…」 近くにあった引き出しからローションを取り出し、私に渡してくれました。

「これを使ってください。

私の中と正樹君のオチン○ンにたっぷり塗ってください…」 言われるままに、たっぷりとローションを指先に出し、姉のアナルの中に塗り込みます。

ローションをお尻の中にまぶしている間も、気持ちよく感じている絵里さん。

あそこからは別のヌルヌルした液体が溢れ出ているのが分かります。

今度は私のチ○コに塗ってみます。

初めてこのような物を試してみましたが、感触が非常に滑らかで心地よいです。

これならば、この小さな穴に簡単に入れることができそうです。

「早く入れてみて。

もう待てないよ」と絵里さんが言い、私の上から離れて四つん這いになってお尻を突き出しました。

彼女自ら手でお尻を開き、テカテカと輝く肛門をさらしています。

私は絵里さんの突き出されたお尻に近づくと、期待に胸を躍らせているペニスを肛門に当てがいます。

狭い場所に通常出すことしかしない所に、こんな太く硬いものを押し込むことになりました。

義姉のアナルは拒否反応を起こし、急に力を込めて締め付け、排出しようとします。

「ううっ!すごい締まりだ!ほぼ折れそうだよ!」 「んんんんんっ!おおきいっ!く、苦しいっ!」 押し出される力に抵抗しながら、まだ深く突き入れていきます。

ローションの助けもあり、内部の抵抗に逆らってどんどん奥まで入っていきます。

絵里さんの苦悶の声を聞きながら、括約筋の輪を根元で感じるところまで進むことができました。

「はああっ、絵里さんのお尻に根元まで入れちゃったよ。

すごい締めつけだね」 「お尻にオチン○ンを入れたのは初めてだから、ちょっと苦しかったわ…」 初めて直腸内に入った感触を確かめるために、ペニスをグルグル回します。

入り口の締め付けは確かに厳しいですが、中はそこまでではありません。

むしろ膣内の方が感じがいいくらいです。

ただ、本来入れてはいけない場所に入れているという背徳感は非常に強いです。

「そんなに回したら広がってしまうわ!優しくして」 アナルセックスは初めてでしたが、私は何となく普通のセックスと同じようにピストン運動をします。

「こんにちは!えっ、すごく激しいです!めくれちゃう〜!」 絵里さんはその動きに驚き、髪を乱しながら悲鳴のような声を出しています。

美しい義姉がお尻を露出して、太い肉棒をアナルに挿入されて身をよじる様子が見えます。

とても信じられない光景です。

私の肉棒は滑らかで、ぎゅっと締め付けられていて常に勃ちっぱなしです。

絵里さんも待ち望んでいたアナルの快感に喘ぎ声を上げ続けています。

そこからは汁が溢れ出し過ぎて、私の睾丸はびちょびちょになってきます。

「ああ…気持ちいい。

やっぱり一人でアナルオナニーするよりも本物の挿入がいいですね」 絵里さんは私に快感を伝えながら、括約筋をきゅっきゅと締め付けます。

「しかも夫の弟にお尻でセックスされて喜ぶなんて…すごい変態ですね…」 本当に、その通りです。

義理の弟と義姉がアナルセックスするなんて、まるで漫画の世界のようです。

私は義姉とのつながりを見ながらますます興奮してしまっています。

「正樹くん、義姉さんの変態アナルはどうですか?気持ちいいですか?」 「はい、想像以上です。

射精のタイミングを迎えても絵里さんのいやらしいアナルは私を吸い込んできます」 「吸い込むわけではありませんが、でも…もっと欲しい!たくさん突いてください!」絵里さんは自らお尻を突き出して、結合をさらに深めようとしています。

先ほどまで小さかったアナルは、まるでもうひとつの性器のように私の根元を締め付けてきます。

そのうち四つん這いになっている義姉のお尻がブルブル震え始めました。

何か大きな波が押し寄せているようです。

このままアナルでイカせてしまおうと、ピストンのスピードを上げました。

「あああ、正樹くん、もうダメかもしれないです…」 どうやら絵里さんは絶頂寸前のようです。

アナルだけで絶頂することってあるんですね… しかも美しいお嬢様だった義姉さんが。

私は驚きながらも、腰だけを激しく動かし、追い込みをかけていきました。

アナルの収縮運動がますます激しくなり、私の男性器を興奮させました。

根元に加わる圧迫感と相まって、義姉が絶頂に達するまで私が我慢できないような感覚がしました。

「ねえ、正樹くん。

お義姉さん、絶頂しそうなの…イってもいい?」 普段聞かないくらいかすれた声に、私は強く首を縦に振りました。

「いいよ、でも私もすごくイキそうだよ。

絵里さんのお尻の中が気持ちよすぎて…」 「いいよ…お尻の中で出しても。

私もイっちゃうから…お尻でイっちゃう変態な私を見て嫌にならないで」 「嫌になんかならないよ。

イってよ。

俺の男性器でイッちゃってよ!」 「絵里、こんな女なの…お尻でイっちゃう変態なのっ!ああ、もうだめ、ああああああっ!」 お尻だけでなく、義姉は全身を震わせて大声で絶頂しました。

私の男性器が彼女の内部から強烈な締め付けを受けました。

アナルを思い切り締められて、私の限界を超えさせられてしまいました。

彼女が初めてアナルだけで絶頂してしまう様子に、私は驚きました。

しかも、それは私の義理の姉でした。

私の男性器で。

身体も精神も限界を超えて、精液が彼女の禁断の体内に注がれました。

激しい快感と驚きで、一瞬気を失いそうになりました。

アナルに根元がきつく締め付けられているため、精液が通過するときに少し痛みを感じました。

それが5〜6回続きました。

快感が強すぎてしばらく義姉のお尻から離れられませんでした。

「正樹くんもイッちゃったんだね…」 絵里さんがぼんやりとした目でそう言われると、やっと我に返りました。

初めてのアナルセックスで、しかも義姉が意外に乱れたことに私も振り回されてしまいました。

冷静な頭脳で考え直すと、何か少し恥ずかしい気がしました。

私は義姉がチ○コをゆっくりとお尻から引き抜いて、それが汚いはずなのに彼女がしゃぶってキレイにしてくれたことに感動しました。

これまでにこんなことをしてもらったことがなかったので、とても驚きました。

同時に、彼女の淫乱な一面を垣間見ることができました。

絵里さんはそういったことが好きなのだろうと思います。

彼女は舌を使って私のチ○コをすみずみまでキレイにして笑顔で「おいしかった」と言ってくれました。

彼女の顔はとてもきれいで、そしてエロく見えました。

義姉の顔を知っているのは兄貴だけなのかなと思ってしまいました。

何かすごい秘密ができてしまったなと感じました。

そんな風に考えていると、絵里さんが私のチ○コに手を伸ばして掴んできました。

「正樹君、次は私のおま○この中に入れてみる?私も味わってみたいでしょう?」と言います。

「いいんですか?」と私は尋ねました。

「いいわよ。

私の身体を思う存分味わって楽しんで!」と絵里さんは言いました。

彼女の卑猥な言葉に心臓が高鳴りました。

そして、私の勃起したもう一つの自我もその言葉に反応しました。

「ねぇ、今度は私のおま○こで逝かせて。

正樹君の元気な肉棒で私の子宮を突き上げて!」と彼女は言います。

そう言うと、絵里さんは再びお尻を私に向けて突き出しました。

両手で自分でおま○こを開いて、私の挿入を待っていました。

さっき放出した精液がアナルから滴り落ちて、広がったおま○こに流れていました。

「正樹君、ここにも入れてみたいんでしょ?その太いカリのオチン○ンを突っ込んで!」といやらしい義姉はお尻を振りながら私を誘っています。

もう我慢できません。

私は肉棒を掴み、そのピンクの割れ目に先端を押し付けました。

「あんっ、当たってる… 正樹君の先っちょが私のあそこに押し付けられてる…」と彼女は言います。

「絵里さん、入れるよ…」と私は言いました。

「うん… いっぱい突いて。

お義姉さんの身体で満足するまで…」と彼女は答えました。

腰を前に突き出すと、少し力を入れただけなのに滑りやすい義姉のおま○こは簡単に私の肉棒を受け入れました。

とても狭いスペースだな…。

そう感じた瞬間、肉棒全体が暖かい肉に包まれ、しっかりと締め付けられた。

絵里さんは「ああっ」と声を出しながらソファーに身を預けた。

私は両手で絵里さんのお尻を掴み、激しくピストン運動をした。

その激しいピストン運動に、すぐに反応する義姉。

私は今、義姉を愛撫している間に生で挿入し、セックスをしている状況だ。

そう思うと、義姉の中に挿入されている肉棒がますます硬くなっていくような気がした。

しかし、それだけでは義姉は満足していなかった。

「お願い… お尻の穴にもバイブを入れて欲しいの…」 通常のセックスをされながら、お尻の穴もバイブで責められたいようだ。

そんな淫らな行為を主張される兄貴の嫁さんに、私は大興奮した。

傍らに転がっていたアナルバイブを手に取り、ひくつくアナルに当てた。

先ほどまでより太い私の肉棒を受け入れていたためか、簡単に中に入り込んでしまった。

スイッチを入れると、絵里さんの体がビクンと跳ねた。

私は自分のもので激しくピストン運動しながら、アナルバイブをズボズボと動かした。

絵里さんは絶叫しながら身をよじった。

アナルへの刺激がそれを引き起こすのか、私の肉棒がもうすぐ千切れそうなほどに強く締め付けられる。

「ああっ、気持ちいい!2つとも塞がれてるっ!」 「義姉さんの穴、2つともエロく咥え込んでいるよ」 「だって両方とも気持ちいいんだもん。

私、2つの穴で感じちゃう変態なの…」 「本当に義姉さんって変態だね…こんなに狂ってしまうなんて異常だよ」 義姉の淫らな言葉に引かれて、私も酷い言葉で責めた。

何と言うか、憧れの絵里さんがこんな変態セックス好きの女だったなんて。

想像していたのとはまったく異なる義姉の実態に、少しショックを受けた。

しかし、そのショックというのはがっかりしたわけではない。

逆に、何だか夢のような気分になった。

絶対にすべきではないセックス相手として、彼女よりも何倍も気持ちが良かったということを伝えたい。

私たちは変態なセックスをしていた。

私は彼女に対して、「もっと言って。

変態って言って!お尻で感じる変態女って!」と言った。

私は彼女を褒めながら、アナルバイブを激しく突き刺した。

絵里さんは変態という言葉に反応して高い声を上げた。

彼女は服を脱ぎ裸になった。

ソファの上で後ろ向きになっている絵里さんが自分から全裸になった。

私は初めて見る憧れていた義姉の裸を見た。

彼女の背中は白く透き通り、ウエストは引き締まっており、お尻は丸く艶やかだった。

私は彼女の美しい体に興奮した。

しかし、その美しい体にはアナルバイブが突き刺さり、私のものが出入りしている。

私はすでに一度発射したばかりだったが、もう2回目の発射が迫っていた。

私は彼女のお尻を叩き、「ああああっ!変態な絵里のお尻をぶって!お仕置きして!」と叫んだ。

私は自分の義姉である彼女に対してお仕置きをするつもりだった。

私は彼女のエロいお尻に激しく叩きを与えた。

その衝撃で彼女の膣が急激に締まった。

私は気持ちが良くて何度も彼女のお尻を叩いていたら、真っ白なお尻が次第に赤くなってきた。

アナルバイブはまだ振動しながら彼女の中に突き刺さったままだった。

義姉はもっと叩いて、もっともっとと叫びながら自分でおっぱいを揉みまくっていた。

すごい、絵里さん…義弟相手にこんなにも変態になるなんて…私は今まで経験したことのない変態なプレイに完全に興奮し、絶頂に達した。

「こんにちは、ちょっと聞いてください。

今日は排卵日で性行為すると妊娠しやすい日ですが、今日も性交渉を続けましょう!正樹君の精液を私の性器に注いでください、私は変態ですから」という大胆な言葉が、私たちにとっては決定的な言葉でした。

私は完全に理性を失ってしまい、喘ぎ声を上げながら、両手でお尻を抱えて激しく突きました。

そして通常は出さないような声を出しながら、義姉の膣内に射精しました。

「ああ~!危険日なのに、夫の精子ではない精液が入ってきます~!」と義姉は言いながら、絶頂の声を上げてお尻を震わせました。

義姉の性器がギュウッと締まっているのを感じました。

まるで私の肉棒の中にまだ残っている精液を一掃しようとしているかのようです。

同時に、肛門も収縮していて、挿入されていたバイブが激しく動くのが感じられます。

すごい絶頂のため、一緒に動くことができませんでした。

しばらくすると、アナルからゆっくりとバイブを抜き、肉棒も抜き出し、義姉は力なくソファに横たわりました。

彼女の顔はハアハアと荒い息をしていて、汗なのか唾液なのかわかりませんが、べとべとしています。

それでも、私にはとても美しく見えました。

いつもの義姉とは違う、美しい姿です。

私は改めて、こんな美しい人とセックスしていたことを実感しました。

私は許されないことをしてしまったにもかかわらず、幸せな気持ちになりました。

そのため、今でも時々義姉のところに行って、変態的なセックスを楽しんでいます。

「こんなに可愛くて変態な義弟が近くにいるから、男友達を呼ぶ必要はありません」と義姉は言います。

兄貴がいなくなって、義姉は欲求不満になりましたが、浮気することはなくなりました。

代わりに、私とは週に何回もセックスをすることになりました。

当然私は、さまざまなアナルプレイを覚え、義姉のお尻を楽しませるために様々なアナル責めを行っています。

兄貴が帰ってくるまでの間だけですが、私は心ゆくまで義姉の体を楽しむつもりです。

兄貴は私に義姉が浮気しないように見張ってほしいと頼んでいきました。

確かに、浮気はしていません。

ただし、私である義弟が義姉の体を可愛がっているだけです。

兄貴、申し訳ありませんが、現在とても幸せです。

私だけでなく、義姉もアナルの快楽を満たしていることでとても幸せなはずです。

心配なのは、兄貴が帰ってきた時に、この関係を終わらせることができるかどうかという点です。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!