【人妻体験談】28歳の団地人妻と不倫体験!ディープキスからの挿入

人妻体験談

私には、約4年前から始まった不倫関係があります。

相手は、2歳年下の人妻で、私と同じ団地に住んでいます。

当時、私は30歳で、彼女は28歳でした。

私たちは団地内の公園で出会いました。

典型的な出会いですね。

彼女には子供が2人いるのですが、彼女の旦那さんが仕事でよく出張しているため、子育ての負担は彼女一人にかかってきます。

家に閉じこもっているとストレスが溜まるのでしょう。

私はよく公園で彼女が子供を遊ばせている姿を見かけました。

最初は狙っていたわけではありませんが、私も子供を連れて遊びに行くことが多く、よく顔を合わせるうちにお互いの家庭内の話をするようになりました。

彼女はカミさんとは違って、ヤセ型でひ弱な感じの人で、なんとなく「いいなあ」と思っていました。

しかし、近所の人たちの目が怖かったので、私はあえてアプローチしないでいました。

ある日、彼女から驚きの誘いがありました。

「今、旦那が出張でいないから飲みに行きませんか?」と。

私にとっては信じられない出来事でしたが、もちろん断る理由はありませんでした。

その日のうちに、「ちょっと友達と飲みに行くから」と適当に理由をつけて出かけることになりました。

彼女もいつもより早く子供を寝かしつけて待ち合わせ場所に来ました。

ただ、小さな田舎町では、知り合いに会ってしまっても困るということに、今更気付きました。

そこで急遽、ドライブデートに変更しました。

人気のない高台に車を停め、暗闇の中でしばらく無言の会話をしました。

会話が途切れた瞬間、私は彼女にキスをしました。

彼女は抵抗せず、なんと舌を絡ませてきました。

「前からあなたのことが気になっていて、家に帰っても忘れられなくて…でも、いつまで経っても誘ってくれないから、私から誘ったの」と彼女は照れながら言いました。

「どんな理由でも、飲みに行ったりドライブに行ったりしたかったのは、あなたと二人きりで会いたかったからです…」という思いで、私は彼女のスカートの中に手を滑らせました。

すると、その中はぬれており、彼女の愛液が私の中指に付着してきます。

ゆっくりと服を脱がせ、私も全裸になり、彼女の華奢な体を抱きしめました。

「嬉しい…」と彼女はしがみついて言います。

その一言で、私の最後の理性が飛び散りました。

興奮のまま彼女の胸から下腹部そしてアソコへと舌を這わせ、びしょびしょに濡れたアソコを舐め上げます。

彼女は「ひぃぃっ!」と歓喜の悲鳴を上げました。

彼女の感度はすごく高く、すぐにイってしまいそうな状態です。

旦那とは何ヶ月もセックスをしていないようです。

本当のようです。

「今度は僕のもして…」と言って、私は自分の肉棒を彼女の口に持っていきました。

彼女はぎこちないけれど、一生懸命小さな口で咥えてくれました。

本当は金玉まで舐めてもらいたかったのですが、彼女はそのテクニックを持っていないようです。

「まあ、それはこれから練習していけばいいことです」と、心の中の冷静な自分が囁きます。

彼女が一生懸命私の肉棒をしゃぶっている眼差しは、とろんとしています。

旦那さん以外の男性とのセックスに興奮しているようです。

私も妻以外の女性と関係を持つことはかなりご無沙汰だったので、もう我慢することができませんでした。

私は肉棒を彼女のアソコに当てがい、一気に突き刺しました。

「ズブッ!ニュリュッ!!」という卑猥な音が響き、私の肉棒は彼女のアソコに吸い込まれました。

彼女のアソコは、子供を生んだとは思えないほど締まっており、思わず私は「うっ!す、すごい…」と情けない声を上げてしまいました。

ピストンをするたびに彼女は「あっ、あん!いい、気持ちいい…」と小さな声で喘ぎます。

突然、私は思いつきました。

彼女にタブーな言葉を言わせてみたくなる衝動に駆られましたが、勇気を出して以下のように尋ねてみました。

「あなたの体の中には何が入っているのかな?」彼女は驚いたように「えっ?」と答えました。

私はわざと体の動きを止め、彼女の反応を見ることにしました。

すると、彼女は恥ずかしがりながら「ペニス」と言ってしまいました(私は「チンチン」という言葉を期待していましたが)。

もちろん、私はそんなことでは満足できませんでした。

「それがどこに入っているのか言ってごらん」と言い、わざと肉棒を抜いてから彼女の反応を見守りました。

彼女はためらいながらも、「お…お○んこ」と言いました。

彼女は私を怒っているように、そして恥ずかしがっているように見つめています。

「では、『れおのペニスをかなのお○んこに入れて』とおねだりしてごらん」と冗談を言いながら、私は夜の車内で彼女にそんなことを頼んでみました。

暗くて彼女の顔色はわかりませんが、おそらく真っ赤になっていることでしょう。

私は彼女の顔に手を触れ、彼女が火照っていることがわかりました。

「入れて…、かなのお○んこに、れおのペニスを入れて!」と彼女は完全に私の虜です。

私はご褒美として再び肉棒を入れてあげました。

そして、さっきよりも激しく突き上げました。

「ひっ、ひぃぃぃっ!気持ちいい、気持ちいいよ!もっと!もっと突いてぇっ!」と彼女は叫びました。

「かなのお○んこも気持ちいいよ」

「ああんっ!れおのペニス、好き、大好きィ!!」

「いいよ、れおのペニス、かなのモノにしていいよ」

「はあっはぁ…うれしい!!かなのおま○こも、れおの好きなようにしてぇ!」

その後は淫語が全開(笑)

思ってもいなかったほど彼女の反応が良かったため、私も我を忘れ、彼女の体を貪りました。

彼女を前から後ろから攻め立てると、彼女も積極的になり、お互いに求めあい、まるで野獣のようになりました。

何年ぶりかに経験するほど激しくて快感のある性行為でした。

そしてついに絶頂が近づいてきました。

「あぁ、出そう…」 「いいよ、私もイキそう…」 「出る!」 「イクぅ!」 彼女はコンドームを装着していたので、思い切り彼女の中に射精しました。

同時に彼女も絶頂したようです。

終わった後、彼女は戻ってきて 「どうしよう、ついに不倫してしまった…」と普段通りの自分に戻りましたが、もう後戻りはできません。

私が「また会ってくれる?」と尋ねると、彼女は「うん、またしよう。

こんなに気持ちいいのは初めてだから…家に帰ってからもう一度自分で触っちゃいそうなくらい」と、嬉しい言葉を言ってくれました。

こうして、私と彼女の不倫は始まりました…。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!