【人妻体験談】30代の人妻にプールで中出し!旦那の前で寝取り体験

人妻体験談

夏休みの間、私は大学の休みで暇を持て余していました。

すると、姉から子供たちをレジャープールに連れて行ってほしいと頼まれました。

甥っ子たちは小学4年生と6年生で、つきっきりで見ている必要はありませんし、それほど手間もかからないので、私は暇だったこともあり、喜んで行くことにしました。

姉が車を貸してくれたので、久しぶりの運転で緊張しながらも安全運転で出発しました。

車の中で甥っ子たちは早くも大はしゃぎで、これからの様子が心配でしたが、私は甥っ子たちが嫌いではありません。

彼らとは赤ん坊の頃から遊んできたので、私にもすっかり懐いているし、姉に似て容姿も良く、可愛くてハンサムと言えるでしょう。

私も幸いにも姉に似てイケメンで生まれてきたので、人生は多少楽な方だと思っています。

コンビニに寄りながら、ついにプールに到着しました。

甥っ子たちはスライダーに大はしゃぎで何度も滑っていました。

私はとりあえず流れるプールで浮き輪に掴まり、のんびりと流れていました。

水着姿の若い女性たちを見ながら、なかなか楽しいかもしれませんね、と思っていたところ、異質な水着を着た一人の女性が目に入りました。

その女性は真面目そうな黒髪で、おそらく30歳前後に見えました。

彼女は流行りの過激なジュニアアイドルやエロデリックのような水着を着ていました。

チューブトップ風のブラは、乳輪が隠れるぎりぎりの幅で、まるでロープを巻きつけているように見えました。

地味な外見の彼女でしたが、胸の豊満さからは上下の胸が完全にはみ出ていました。

そして、下の部分はヘアを剃っていないために露出している範囲がわずかですごく狭い水着だったのです。

彼女を見て思わず二度見してしまいましたが、彼女が後ろを向いた時の姿はほぼ全裸に近い感じでした。

Tバックの水着でお尻が丸見えであり、チューブトップのブラは細い部分しかなく、背中側は本当に紐のようでした。

なんと、その女性は奇抜な水着姿で浮かれているわけでもなく、むしろ恥ずかしそうにしている様子が見受けられました。

私はプールで一人で過ごしている彼女を流れに身を任せながらしばらく眺めていました。

一体彼女は一人なのでしょうか?もしかしてAVや何かの撮影なのでしょうか?調教プレイなのかもしれません。

様々な疑問が私の頭に舞いました。

そして、私は勃起してしまいました。

私は既に童貞を卒業している身ですが、年齢を重ねた真面目そうな女性があんな過激な格好で恥ずかしがっている姿を見ると、変な興奮を覚えます。

ドキドキしながら一周すると、彼女はもう姿を消していました。

一体幻だったのでしょうか?そんな疑念が頭をよぎりながら、少し流れていました。

甥たちはまだまだ滑っている最中で唇が青ざめているので、私は一旦デッキチェアに横になって日焼けしようと思いました。

すると、突然声をかけられました。

「あのぉ、、、お一人なんですか?」 女性の声に驚いて振り返ると、先ほどの過激な水着の女性が立っていました。

真っ赤な顔をして、恥ずかしそうに尋ねてくる彼女に私は驚きつつも興奮しました。

逆ナンされることは時々ありますが、こんな年上の真面目そうな女性に声をかけられるのは初めてです。

「え?あぁ、甥っ子と一緒に来ていますけど?」と答えました。

「そ、そうなんですね、、」 彼女は言ったあと、困ったように黙り込んでしまいました。

しかたなく、私が話題を切り出しました。

「お姉さんは一人なんですか?」 「あ、、えっと、、はい、、そうです。」

「へぇ、女性が一人でここに来るなんて珍しいですね。」

「あ、はい、、たまに来ます、、」 「そうなんですか、、よかったら、お昼でも食べませんか?」 私はお腹が空いていたし、なぜ彼女がそんな格好をしているのかとても気になったので、彼女に誘ってみました。

「い、いいんですか? 私と一緒にいるのに、嫌じゃないんですか?」

「どうしてそんなことを言うんですか?お姉さん、とても美人でスタイルも素晴らしいですよw」

「そ、そんなこと、ありませんよ」

女性は顔を手で隠しながら恥ずかしそうに言います。

確かに、彼女の大胆な水着には目を奪われますが、顔も悪くありません。

まるで吹石一恵を少し豊満にしたような感じです。

ただ、彼女の左手の薬指には光る指輪が見えました。

「今日は、旦那さんと一緒じゃないんですか?」

「えっ!?」

彼女は驚いて指輪を指差します。

 

「あぁ、はい、一緒じゃないんです」と彼女は答えます。

どうも歯切れが悪い様子です。

「それにしても、すごい水着ですね。

お姉さんくらいスタイルが良くないと、似合わないですよねw」

「こっ、これは、主人の趣味なんです」と彼女は言います。

「へぇ、、、あ、何か買ってきますね。」

そう言って、私は焼きそばやビールを買いに行きました。

戻ると彼女はまだいて、やはり恥ずかしそうにしていました。

「はい、これどうぞ。」

そう言って、ビールと焼きそばを彼女に手渡します。

「あ、お金、、」

「ごちそうしますよ。」

「そんな、ダメです、、」

「大丈夫ですよ。お姉さんのような美人と食べられるなんて、ラッキーですから!」

褒めると、彼女は顔を真っ赤にして照れます。

その、過激な格好と全くそぐわない感じです。

すると、甥たちが駆け寄ってきました。

「兄ちゃん、お腹すいた!!」

「うわっ!ヒモのお姉さんだ!」

「おっぱい見えてる!」

二人は大騒ぎしますが、私は慌てて静かにさせて、お金を渡して昼ごはんを買いに行かせます。

でも、彼女の顔は真っ赤で、耳まで赤くなってしまっています。

「ごめんなさい、小学生なので、見たままを言っちゃうんですよねw」

「いえ、全然大丈夫ですよ、、、」

彼女はうつむいたまま、真っ赤な顔のまま言います。

「それにしても、すごい水着ですよね。

彼女がそのスタイルで似合っているのは分かるけれど、その服を着ているとよく声をかけられるわよね?」 はい、その通りです。

たまに声をかけられます。

「本当に!?たまについてくる人もいるの?じゃあ、私にもついてきてよ(笑)」

ええ、ご迷惑でなければ…。

「本当に?それにしても、かなり遊んでいるみたいだね(笑)」

そんなことはありません!

「あるって(笑)。ちょっと、泳ごうか?」

はい、いいです。

彼女を引っ張って、流れるプールに入りました。

大きめの浮き輪に掴まって、二人で流れに身を任せます。

彼女の後ろから浮き輪に掴まり、体が密着しています。

彼女は思った通り抵抗しませんでした。

私は、勃起したアレを押しつけながら、プールの流れに身を委ねます。

「お姉さん、これってご主人の命令なの?」 はい、そうです。

「やっぱりね(笑)。

ご主人、きっとどこかで見ているでしょう?」 はい、見ています。

「それって、寝取らせの趣味なの?」 はい、そうです。

「じゃあ、セックスもするの?」 まだしていません。

お口なら1回だけ…。

「そうなんだ。

でも、水着、セクシーだよね。

乳首が透けて見えてるじゃん(笑)」 嫌です、言わないでください。

「これ、水着じゃなくて下着だよね(笑)」 ううん、下も透けちゃうんです… 「ねえ、お姉さん、こういうの好きなの?」 え、その…好きです。

その言葉を聞いて、私はすぐに彼女の股間に手を持っていき、下着の隙間から手を突っ込みました。

「ああっ!や、やめてください!」と慌てるお姉さんの声が上がった。

彼女の予想通り、アソコは水ではなく、ヌルヌルとした液体で覆われていた。

「ダメって言うけど、超濡れてるじゃん。

指を入れちゃうよ」と挑発的に笑いながら言うと、お姉さんは「ああっ、ダメぇ…ハグッ…」と声を必死に押さえ込んだ。

彼女は周りを気にしながらも、いきなり二本の指を挿入されても抵抗しなかった。

アソコはあまりにも濡れていて、中は熱くて締め付けが強かった。

「声出したら周りにバレちゃうよ」と囁くと、お姉さんは「だ、だってぇ…抜いてぇ…あくぅあ、あ…指はダメぇ…」とろけるような声で喘いだ。

周りには結構人がいるけれど、騒音があるからお姉さんの声に気が付く人はいないと思う。

ただ、彼女の姿勢が目立っているので、注目している人もいるだろう。

そこで俺は大げさに「横の人、超見てるよ」と言ってみた。

アソコが締まりすぎていて痛いくらいだ。

「ダメ…見られちゃう…聞かれちゃう…ああっ…」と、お姉さんは一生懸命に声を抑えようとするが、それがたまらなく可愛く見えた。

今まで2つ上の女性と関係を持ったことはあるけれど、基本的には年下が好みだ。

しかし、このお姉さんはかなり魅力的だ。

清純な雰囲気を持っていながら、とんでもない格好をして、しかも恥じらっている様子…イジワルしてしまいたくなるなあと思った。

俺は指を中でこねながら、Gスポットをこすり始めた。

お姉さんのスポットははっきりとわかり、すぐにピンポイントで攻撃することができた。

「おお、ふうあぁ…だ、めぇ…許してぇ…そこ…ダメなのぉ…」と泣きそうな顔で俺を見つめながら、お姉さんは首を左右に振った。

やばい、可愛い…ブラから透けて見える乳首を片手でつまんだ。

浮き輪に押しつけられている様子からは、周りの人には何をしているのかわからないかもしれませんが、お姉さんの表情を見れば、彼女の感じ方が一目瞭然だと思います。

「くひぃ、、ん、、、だ、、め、、、あ、、あ、、、、あぁ、、、ほんと、、に、、、あ、ひぃあ、、、イ、、イク、、、イッちゃう、、こんな、、こんなところでぇ、、あ、あぁっっ!イクっ!!!」という情熱的な喘ぎ声を聞いて、心配になりました。

彼女は体を震わせながら言いました。

「あーーあw イッちゃったwこんな人のいるところで、ご主人も見てるのに、イッちゃったw」と彼女が言うと、私の膣がキューーーと締まりましたw すると、突然お姉さんが私の男性器を握りました。

水着の上からではありますが、屋外でこんな風に触られたので、少し驚きました。

私はこれまでたくさんの性交渉を経験してきましたが、屋外や車の中での経験はありませんので、かなり緊張しました。

「大きいですね、、、 硬いし、、素敵、、、」と、彼女は丁寧な言葉遣いでエロいことを囁きますと、私はかなり興奮しました。

「お姉さん、どこか移動しましょうよ。

入れてほしいです」と、私は思ったことを素直に言いました。

すると、お姉さんは後ろを向いたまま、巧みに私の水着の紐を解いていきました。

そして、あっという間に私の男性器が露出しました。

水の中とは言え、周囲の人々が気になって少しビビりました。

「ヤバい、移動しましょうよ!」と小声で叫びましたが、お姉さんはまったく無視して私の男性器を直接握りました。

彼女の柔らかい手が私の男性器を握った瞬間、プールの中にいることを忘れて声が漏れそうになりました。

すると、お姉さんは私に振り返り、ニコッと笑いました。

さっきまでの恥ずかしそうなお姉さんとは違って、こんなにエロい淫乱な表情を見せるお姉さんに出会ったことに、私はとてもドキリとしました。

それから、お姉さんは私に積極的に導いてきて、私の性器を挿入してしまいました。

彼女が着ていた水着は元々小さかったので、後ろからならズラす必要もなく中に入ってしまったようです。

お姉さんの膣は熱くてうねっていて、周りに人がいるという状況もあり、挿入した直後から私はイク寸前の感じになりました。

「大きい…あっ、ヒィ…あぁ」という言葉を口にしながら、お姉さんは浮き輪にしがみついたまま私に突かれ続けました。

旦那が見ているという状況下で、私は人妻の奥さんと生で交わってしまったのです。

しかし、お姉さんはそんなことをまったく気にしていないようでした。

「入っちゃったね笑 どう?気持ち良い?」と、妖艶な表情で私に問いかけました。

お姉さんは一度スイッチが入ると、大胆でエロティックな一面を見せるようです。

「ヤバいです…気持ち良くて…イキそう…」と私は言いました。

「もうイクの?どうしようかな笑 今日は危険日だから、妊娠しちゃうかも笑」と、彼女は楽しそうに言いました。

こんな信じられないことを楽しそうに言われてしまいました。

私は慌てて性器を抜こうとしましたが、彼女に後ろ手で体を掴まれてしまいました。

「だめっ笑 逃げないの笑 私のこと、イカせてくれたら、抜いてもいいよ」と彼女は言いました。

こんなことまで言われると、私は彼女の豹変ぶりにメンヘラではないかと怖くなりました。

すると、彼女はいきなり手を振りました。

私は驚いてプールサイドを見ると、40歳くらいの男性が手を振っていました。

そして、私と目が合うと、にやりと笑いました。

「旦那さんですか?」と私は尋ねました。

「そうだよ笑 旦那さんが見ている前で、私を妊娠させちゃうの?」と彼女は本当にエロい口調で言ったのです。

お姉さん、いや、奥さんが。

「ダメですって…」と私は完全におびえて性器を抜こうとしました。

「ほら、イカせてくれないと、妊娠しちゃうよ笑」と彼女は言いながら腰を左右に振りました。

その刺激で、私はますますイキそうな感覚が強まってしまいました。

私は一生懸命頑張って、アジアンやハリセンボンのような容姿を思い浮かべました。

その状況を抑えつつ、腰を動かし始めました。

ただし、目立つようなピストンはできないので、押し込むような動きです。

「あれ、すごいかもしれない…大きいものが…こすれているよ…あ、ああ…すごい…」奥さんは、周りの人に声が聞こえても気にしないような感じです。

「だめだって、声がデカいって!」と言います。

しかし、「だってぇ…お兄さんの大きくて気持ち良いからぁ…ああっ、んんっ!」と奥さんは反論します。

私はもうドキドキして、死にそうです。

しかしながら、この状況ではすぐにまたイキそうになってきてしまいます。

人の多い流れるプールの中で、堂々と行為している状況です…しかも、その光景を旦那が見ているのです…きっと、監視員なども気づいて見ているはずです…すると、奥さんが自分で乳首とクリトリスをいじり始めます。

ちょっと待って、本気で「バカッ!」と叫びそうです。

この状況で、自分で乳首とクリを触るなんて、頭が狂っているのではないかと思います。

「くヒィッ!アァァッ!すごい…本当…気持ちいい…お兄さんのおチンポ…ゴリゴリ来るよ…」奥さんは、場所も考えずに淫語を言い始めます。

ああ、ヤバいです…もうイキそうです…頭の中で九九の計算や彩芽を思い出しても、もうダメです。

「ダメ…奥さん…出る…ヤバい…」私は泣きそうに言いますが、奥さんは「イッてぇっ!そのまま中でぇ…妊娠させてぇっ!!」と叫びます。

あの言葉には私はもう限界でした。

思い切って奥さんの危険な日に、中に出しちゃいました。

「あぁ、ごめんなさい、、、」と謝りながらイクのは初めての経験でした。

「うぅあぁっ! イクっ!種付けセックスでイクっ!」奥さんは痙攣しながら絶頂しました。

そして、慌ててチンポを抜きましたが、「今さら焦っても同じだよw 凄かったw」と奥さんは嬉しそうでした。

「本当にごめんなさい」と謝る私。

すると、奥さんは水着を戻し、私の手を引いてプールサイドに上がりました。

すると、旦那さんがいました。

私は慌てて謝りましたが、「いや、いいよ、いいよ、、、それよりも、ちょっといいかな?」と旦那さんは優しい表情で言ってくれました。

そして、二人について歩いて行きました。

そのまま、有料の個室ブースに移動しました。

スペースは広くありませんでしたが、私はこんな場所があることを知りませんでした。

「あ、垂れてきちゃった」と奥さんが楽しそうに言いました。

奥さんを見ると、小さすぎる水着(実際は下着ですが)から、私の精子が太ももを垂れ流れていました。

「いっぱい出たねw 初めまして。

ミクはどうだった?」旦那さんが奥さんの感想を聞いてきました。

「それは、凄く気持ち良くて、美人で、スタイルも良くて、最高でした」

と奥さんが答えました。

「へへへw 照れちゃうなぁw」

と奥さんがおどけました。

「じゃあ、ここでもう一回いいかな?」

旦那さんがそんなことを言いました。

「えっ!?でも、危険日じゃないですか?」

「一回でも二回でも同じだよw 大丈夫、私が認知するからw」と旦那さんが言いました。

こんなことまで言われてしまいました。

世の中には、色々な愛の形があるんだと驚きました。

他人の精子で奥さんを妊娠させて、それを産ませて自分の子供として育てるの?信じられないです。

呆然としていると、奥さんが私の水着を脱がせ始めました。

すみませんが、この文章は不適切な内容が含まれているため、適切な対応ができません。

新しい内容でお手伝いできることがあれば、お知らせください。

「グゥッ! ヒィッ! あ、ヒィッん! ヒィん! ヒィん! ヒーーィンッ! おチンポ大っきいいぃっ!!」

奥さんがテーブルに手を付いて立ちバックで喘いでいる

旦那さんはテーブルの反対側に回り、奥さんを正面から見ている

その顔は泣きそうで辛そうだが、興奮していることもよくわかる

「ほら! 旦那見てるよ! 生チンポでヒィヒィ言わされてるの、じっと見てるんだよ!!」

そう言って、ガンガン突く。

 

「うわぁぁっ、、あなたぁ、、あなたじゃないチンポォ、、、生で入れられてますぅ、、、ゴメンなさぃぃ」

「あ、あぁ、、ミク、、そんな、」

旦那さんは泣きそうな顔で喘ぐが、股間を見るとズボンを突き破りそうなほど勃起している、、、

私は思わずニヤリと笑ってしまった

本当に変態だな

良い勉強になったわ

「ほら、旦那勃起してるよ! 奥さんが犯されてるのを見て、勃起してるんだよ!!」

「お、グゥッ!! あなたぁ、、ダメぇ、、、ああっ!! もう、、イッちゃうよぉ、、あなたのじゃないおチンポでぇ、、あぁ、、、イッちゃうよぉ、、、!」

奥さんは旦那さんを見ながら叫ぶ。

「お、俺のと、どっちが大きい?」 旦那さんが泣きそうな声で言う。

「ヤァァ、、、、そんな、、、言えないぃ、、、」 「言えよ!」 私が促すと、 「あ、、あなたのよりぃ、、、このおチンポの方が大きいッ! あなたのチンポより、このおチンポが気持ちいいっ!! このチンポの方が好きぃっ!!」 「う、あぁ、、」 旦那さんが変な風に喘いだ、、、 不思議に思って旦那さんを見ると、股間のところがビクンビクンと脈打っている、、、 しかも、シミが出てきた、、、「ハッw 旦那、イッたぞw」 私が半笑いで言う。

『私ももう絶頂です!この男性の性器で絶頂!!この男性の精子で妊娠します!!』と声を張り上げました。

ほとんど叫び声です。

私は限界に達し、「もう絶頂するわ」と言いました。

『絶頂です!中に出して!種付けして!たっぷりと中に出しましょう!!』と言って、私の体は震え始めました。

私はためらうことなく中に出し、一滴も残さず注ぎ込みました。

「ミク、、」とつぶやきました。

その光景を見ている旦那さんは夢心地のような感じでしたが、私は絶頂した瞬間に突然冷静になり、怖くなりました。

床に座り込む奥さんを見て、私は慌てて水着を着て「ありがとうございました。

では、失礼します」と言って個室から逃げようとしました。

すると、放心状態の旦那さんが名刺を渡してきました。

「いつでも、君がしたいときにしてもらっていいから、連絡してくれるかな」と弱々しく言ってきました。

私は名刺を受け取りながら「はい、わかりました」と言い、逃げるように出ました。

名刺を見て驚きましたが、弁護士であり、所長さんだったのです。

こんなものを渡すなんて驚きましたし、逆に怖くなりました。

プールに戻ると、甥達は相変わらずスライダーで大騒ぎしていました。

そして、帰る準備を始め、家に帰りました。

車の中で「あのお姉さん、変だったよね!」「胸が大きかったね!」と大騒ぎでした。

姉に、そのお姉さんのことは言わないように念を押しながら、家に帰りました。

とても強烈な経験でした。

少し、中毒になりそうですね(笑)。

 

PCMAXならエロ女をゲットできる!

 

人妻セフレを作る方法!不倫したい人妻とセックスする手順

人妻セフレの簡単な作り方!出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは?
人妻セフレの簡単な作り方を紹介しています。出会い系サイトで人妻と不倫をするために重要なことは何なのか?も解説!